Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
PR
2019年09月27日

【みつばコミュニティ(埼玉川口オフィス)】職場の自慢は同僚や上司、乗客のみんなの良さ 

【みつばコミュニティ(埼玉川口オフィス)】職場の自慢は同僚や上司、乗客のみんなの良さ 

送迎バス専門の運行管理サービスを一括提供する株式会社みつばコミュニティ。ドライバーの教育・研修体制をしっかりと整え、地域からの信頼度No.1の会社を目指しています。今回は、5年目ドライバーの長谷川泰裕さんにインタビューいたしました。

運ぶのは、「お客様」と「想い」

【みつばコミュニティ(埼玉川口オフィス)】職場の自慢は同僚や上司、乗客のみんなの良さ 

東京に本社を持つ株式会社みつばコミュニティは、1994年創業で今年25年目。従業員数は1,400名、一都三県のほか、北関東・東北・中部・九州など全国各地に拠点を構えています。送迎バスの運行管理を専門とし、地域からの信頼度ナンバーワンの会社を目指しています。

手厚い研修制度でドライバーをサポート

株式会社みつばコミュニティは、送迎バスの運行管理サービスの専門会社。運ぶものが「人」であるため安心・安全な運転が必須となりますが、それを支える手厚い研修制度を行っています。机上研修・実車研修・配属後研修・技術研修はもちろん、万が一に備えた事故・クレーム後研修など、就業前および就業後共にドライバーをサポートする体制も整っています。丁寧な研修制度を行うことで、送迎委託する取引先もドライバー本人も安心できるでしょう。

同社の求人は、第1種運転免許で始められる送迎バス業務になります。2種免許を取得していない方でも就業できますので、事前に資格取得する必要はありません

働いている人の声

ドライバーの研修体制を整え、送迎バスの運行管理を専門に行う株式会社みつばコミュニティ。今回は、5年目ドライバーの長谷川泰裕さんにお話を伺いました。

ico人物紹介:長谷川 泰裕(はせがわ やすひろ)さん
株式会社みつばコミュニティ 圏央ブロック埼玉グループ所属。2019年現在で入社5年目を迎え、企業の送迎バス運転手を担当している。

「実家の家業を手伝う」など、中抜け時間を上手に活用

【みつばコミュニティ(埼玉川口オフィス)】職場の自慢は同僚や上司、乗客のみんなの良さ 

――入社の決め手やきっかけを教えてください。

長谷川:前職は、雑誌の流通関係の会社で送迎ドライバーをしていました。前の会社では運転だけではなく、送迎の合間にフォークリフトの作業に時間を割くこともしばしば。フォークリフトの作業が多くなるにつれて、「純粋に運転業務だけができる仕事に就きたい」と思い、転職することを決めました。そんなとき、みつばの求人の折込チラシを見つけたんです。

給与について、前職は拘束時間の割に安く、休日出勤や残業もあったので、給与面と業務時間について改善したいと考えていました。みつばでは給与条件が良くなり、勤務時間は時間通りなので、中抜けの時間に実家の家業を手伝ったりしています。「運転業務だけであること」「給与」「勤務時間」の3点が自分の意向と合致したので、入社を決めました。

同僚や上司との良好なコミュニケーション

Bottom banner
【みつばコミュニティ(埼玉川口オフィス)】職場の自慢は同僚や上司、乗客のみんなの良さ 

――この仕事や職場の好きなところは何ですか?

長谷川:私は運転業務が大好きです。車から見える景色が好きで、構造や車種によって見える景色が変わることも楽しんでいます。バスの運転をしていると安全運転の習慣になり、プライベートで運転するときも自然と意識できます。送迎するお客様は気持ちが良い人ばかりで、皆さん「お願いします」「ありがとうございました」とちゃんと挨拶をしてくれることが嬉しいですね。

上司の今井さんはとても気が利く方で、業務をスムーズに進めることができています。一緒に仕事をしてまだ3ヶ月くらいですが、素晴らしい上司に巡り会えたと思っています。また、同僚とも常にコミュニケーションをとっており、バスの中や外で話すことが多いですが、休みが合えば一緒に飲みに行くことも頻繁にありますね。

やりがいを支えるのは、乗客の人の良さ

【みつばコミュニティ(埼玉川口オフィス)】職場の自慢は同僚や上司、乗客のみんなの良さ 

――この仕事のやりがいを教えてください。

長谷川:気が知れたお客様が、退職される際に丁寧に挨拶をしてくださることがあり、そういう時はやはり嬉しいですね。あとは、乗られる方が皆様良い方ばかりです。

以前、送迎中に道路で横たわっている人を見かけたことがあって。早く救護しないと二次災害にもなりうる、と使命感に駆られて歩道に寄せて車を止めて、救急車を呼びました。救護をしたせいで到着が遅れてしまったのですが、苦情をいう方は1人もいらっしゃいませんでした。自分の対応を受け入れてくださったことは、とてもありがたく思います。

――運転する上で気をつけていることはありますか?

長谷川:安全確認はもちろん大事です、乗客の安全をいつも心がけています。常にミラーで乗客の動きを見て、できる限り重力のかからない運転をしています。いつも通るルートはほぼ変わらないので、マンホールの位置や段差、アスファルトの継ぎ目などを覚えて、ブレーキをかけるときもお客様にストレスがかからないようにしていますね。

【みつばコミュニティ(埼玉川口オフィス)】職場の自慢は同僚や上司、乗客のみんなの良さ 

――運転業務において、前職との違いはどういったところですか?

長谷川:前々職では10トン車で、バッテリーやテレビなどを運んでいました。人を扱うことは、物を運ぶのとは勝手が違いますし、重みがあります。初めて人を運ぶ仕事に就いた時には、最初は不安や緊張がありましたし、今でも緊張することは少なくありません。緊張しすぎは良くないかもしれませんが、この仕事を続ける限り、忘れてはいけない感覚だと思っています。

――今後の仕事での目標を教えてください。

長谷川:尊敬される運転手になりたいです。入社した時に研修してくれたみつばコミュニティのインストラクターのように、常に目を配らせて、丁寧で穏やかな運転手を目指しています

――これから同僚になる方へのメッセージはありますか?

長谷川:皆さんには、乗客の安全を第一に考える運転手になって欲しいです。常に車両は綺麗に清潔に。特に窓は重要です。窓から見える景色は、乗っている人の気持ちを変えてくれますからね。

株式会社みつばコミュニティの仕事内容、働き方

【みつばコミュニティ(埼玉川口オフィス)】職場の自慢は同僚や上司、乗客のみんなの良さ 

面接後、本社の運転指導スタッフによる座学やバスを使った教習があります。採用が確定したら現場に配属され、先輩の運転に同乗してコースを覚えます。その後、自分が運転する際、先輩に同乗してもらい指導を受けます。

一日の流れとして、出社したら担当の車を清掃し、運転前点検します。時間になったら工場と駅を2往復。夕方も同じ流れで、清掃してから2往復し、日報を書いて終業となります。※流れは現場により異なります。

地域No.1の信頼ある会社を目指す

送迎バス専門の運行管理サービスを提供している株式会社みつばコミュニティ。研修制度も充実しているので、ドライバー業務や送迎業務が初めての方でも安心して働けます。また「自宅の近く」や「働く時間」など、自分の希望にあった求人を見つけることができるでしょう。

人と人の想いを運ぶ業務のやりがいを感じ、地域からの信頼度No.1の会社を目指すメンバーの一員になってみませんか?

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人