Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
PR
2019年08月02日

圧倒的な花の取扱量が自慢。会社の顔として誇りを持って働けるPREMIERGARDEN

圧倒的な花の取扱量が自慢。会社の顔として誇りを持って働けるPREMIERGARDEN

株式会社PREMIERGARDENはネット通販に特化したフラワーギフト専門会社。お店の開店や開業、コンサート、誕生日などお祝い用の花を自社で活け、届けています。贈り手の思いを贈り先に手渡す大事な存在である「ギフト配送専任ドライバー」にお話を伺いました。

高品質のフラワーギフトを届ける

圧倒的な花の取扱量が自慢。会社の顔として誇りを持って働けるPREMIERGARDEN

株式会社PREMIER GARDEN(プレミアガーデン)は、2010年創業。店舗を持たず、ネット通販に特化することで、低価格で高品質なフラワーギフトを実現しています。東京本社のほか、大阪、福岡、名古屋にも支店があり、社員は60名あまり。サイト構築に関わるWeb担当スタッフや花を活けるフラワーデザイナーなど、多彩な人材が活躍しています。

一般的にフラワーショップでは、デザイナーが配達も行うことが多いので、両方を兼任するスタッフもいますが、プレミアガーデンには15名ほど専任ドライバーが在籍。ドライバーの経験の有無にかかわらず、ギフトという喜びを届ける仕事に関心を持って入社し、やりがいを持って仕事に取り組んでいます。

株式会社PREMIERGARDENの強み

圧倒的な花の取扱量が自慢。会社の顔として誇りを持って働けるPREMIERGARDEN

品川区にある本社は、花きを取り扱う大田市場へのアクセスもよく、市場から買い付けた新鮮な花を使い、お客様のご要望にあったフラワーギフトを制作しています。本社のほとんどは、花の保管と制作に関わる作業スペースになっているので、デザイナーは豊富な数量・種類の中からより美しい花を選ぶことができます。作業スペースの確保によって、高品質なギフトを実現し、多くのお客様から喜ばれているのです。

また社長との距離も近く、毎朝社内メールで社長コラムが送られてくるとのこと。日々の連絡事項やメンタルケアに関するアドバイスなど内容も充実しており、社員の一体感を深めています。

働いている人の声

フラワーデザイナーとして入社して5年。現在デザイナーのほか、ドライバーの統括マネージャーも務める平塚貴英さんにプレミアガーデンの魅力について語っていただきました。

ico人物紹介:平塚貴英さん
前職もフラワーデザイナーで、ブランドショップのディスプレイや雑誌・CM・映画等に使われるフラワーデザインを主に担当していました。仕事内容としては充実していたものの、働き方や会社の安定性等を考え、2014年にプレミアガーデンに入社。

人生の数多くのシーンを祝い、彩るフラワーギフト

圧倒的な花の取扱量が自慢。会社の顔として誇りを持って働けるPREMIERGARDEN
Bottom banner

――フラワーギフトにはどんなものがありますか。

平塚:店舗やオフィスの開店祝いや開業祝い、コンサート、演劇の楽屋・ロビーを飾るスタンドなどが挙げられます。また、選挙事務所に選挙応援や当選祝いで贈られる胡蝶蘭を活けることも。誕生日のお祝いも含め、入学、結婚、その他の祝い事、そして死に至るまで、人生の数多くのシーンで贈られるのがフラワーギフトなんです。

――ギフトを運ぶ際、どういったことに気をつけているのでしょうか?

平塚:本社で仕上げられた形を崩さず、そのまま届けることに気をつけていますね。そのため、積み込み作業や配送の時に花が一輪も折れないように、安全運転はもちろん慎重さも求められます。

また、贈り手の思いを伝える名札やメッセージカードは、到着した現地でドライバーが取り付けます。ギフト本体とカードを正しく組み合わせることや、曲がらないように真っすぐに差すことも重要です。

――細かな気配りが大切になるのですね。仕事を通してやりがいを感じることはありますか?

平塚:贈り先の方から笑顔と「ありがとう」をいただけることが、一番嬉しいですね。贈り手の方がインターネットで注文されて、受注処理をして、デザイナーが花を活ける。贈り手の思いがバトンのように引き継がれ、届け先に花と一緒に贈り手の思いもお届けするのが、ドライバーの役割だと思っています。

ドライバーは会社の顔。気持ちよく笑顔でお渡しすることは欠かせません。お届けすれば、本当に喜んでいただけるので、いい仕事をしていると手応えを感じる瞬間ですね。

一人ひとりの声を逃さずに、すぐに改善する働きやすい職場

圧倒的な花の取扱量が自慢。会社の顔として誇りを持って働けるPREMIERGARDEN

――入社後はどのように仕事を覚えますか。

平塚:先輩との同乗指導が基本です。届け先で名札の取り付けをする以外は、配達のみの仕事になります。ルート配送のように、届け先ごとの細かなルールを覚える必要もないので、何回か指導を受ければ、一人で回れるようになりますよ。

――先輩にはどんな人が活躍していますか。

平塚:他社でのドライバー経験者もいれば、前職は販売や介護ヘルパー等で未経験の方もいます。女性で活躍されている方も多く、デザイナーで配達まで行う人も少なくありません。花が好きで、人に喜ばれる仕事をしたいと入社した人ばかりです。

圧倒的な花の取扱量が自慢。会社の顔として誇りを持って働けるPREMIERGARDEN

――社内の雰囲気はどんな感じですか。

平塚:デザイナーが一生懸命に花を活けている脇で、ドライバーは車に積み込んで出かけますから、お互いの仕事が見えているので一体感があります。

また社長から送られてくるメールで、新人の入社や仕事の状況などを情報共有できるので、スタッフ同士の連携もとりやすいです。自分が把握できていないスタッフの動きを知ることは、チームワークの良さに繋がっているのかもしれません。

――社長との距離も近いんですね。

平塚:「一人の声はみんなの声」として捉え、常に社員の働きやすさを考えて行動する人です。ちょっとした困りごともすぐに改善してくれますね。配送データを見やすくしたり、届け先で手直しをするための七つ道具が用意したり、働きやすい環境をつくろうとする姿勢があります。

――とても働きやすそうですね。

平塚:はい、配送先も一人あたり無理のない件数なので、渋滞などにあわない限り残業もありません。残業代ももちろん支給されます。会社としては365日動いていますが、社員はシフト制の週休2日で休めますし、夏冬の連続休暇も取得可能です。

株式会社PREMIERGARDENの仕事内容、働き方

圧倒的な花の取扱量が自慢。会社の顔として誇りを持って働けるPREMIERGARDEN

朝、半日分の荷物を積み込み、首都圏を回ります。受注内容によって配送先は毎日変わりますが、同じ方面の配送先を組み合わせて、ルートを設定します。日々いろいろな方面に向かうので、首都圏の道路事情にも詳しくなる方も多いです。

昼は一旦もどり、休憩をしたあと、午後のルートを回ります。ギフトを届けるだけでなく、会場に設置したスタンドの回収を行います。また、夕方から営業する飲食店に届けるために、遅番勤務をする方も。使用する車はワゴン車や2トントラックなので、普通免許で対応可能です。

気持ちも仕事もゆったりとしたワークスタイルを求めるのなら

人の人生の節目に贈られるフラワーギフト。花と一緒に贈り手の思いを届けることで、より大きな喜びを与えることができる仕事といえます。残業、休日、福利厚生などの体制もしっかりしているので、ワークスタイル全体として、無理せず働けます。仕事も丁寧に指導してくれるので、ドライバー業が初めての方でも安心です。配達を行う女性デザイナーもいれば、花を活ける男性デザイナーもいるので、男女の関係なく働きやすい会社といえるでしょう。

Bottom banner

Related