Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

長時間運転を快適にするコツ11|長時間運転の影響と疲れをとる方法

長時間運転を快適にするコツ11|長時間運転の影響と疲れをとる方法
タクシーの運転手やトラックドライバーの仕事をしていると、日常的に長時間運転をすることになります。長時間運転は心身に大きな負担がかかるため、自分に合った方法で快適にしたいものでしょう。この記事では長時間運転を快適にするコツをご紹介しています。

初回公開日:2019年6月19日

更新日:2019年6月19日

記事に記載されている内容は2019年6月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


長時間運転の影響

タクシー運転手はトラックドライバーなど、車の運転を生業にしている方にとって、長時間運転はつきものだと言えるでしょう。

ですが、長時間運転は心身に大きな負担をかけるものであり、日常的に長時間運転を繰り返すととても大変な思いをしてしまいます。

この記事では長時間運転の悪影響をできるだけ少なくし、快適に過ごすためのコツをご紹介しているので、長時間運転をすることが多い方はぜひご参考ください。

長時間運転の危険性

まずは、長時間運転の危険性について確認しておきましょう。長時間運転をすると体に大きな負担がかかり、眠気や疲れ目を招くため、それによって事故のリスクが高まってしまいます。

とりわけ、寝不足状態での長時間運転は非常に危険です。また、同じ姿勢で長時間運転することによって、つらい肩こりや腰痛に悩まされることもあるでしょう。

このように、長時間運転にはさまざまなリスクがあると言えます。

長時間運転を快適にするコツ11

仕事柄、日常的に長時間運転をせざるを得ないという方も少なくないことでしょう。ですが、無防備な状態で長時間運転を続けると心身に大きな負担がかかりますし、それによって事故の確率もアップしてしまいます。

ですが、少しの工夫をするだけで、長時間運転の負担を軽減することができます。ここからは、長時間運転を快適にするコツをご紹介していきますので、長時間運転をされる方はぜひ取り入れてみてください。

長時間運転を快適にするコツ1:運転の前に睡眠をしっかりとる

長時間運転を快適にするコツとしてまずご紹介したいのが、事前に睡眠をしっかりとっておくということです。

寝不足な状態で長時間運転をするといつも以上に疲れを感じやすくなりますし、眠気によって事故の確率がアップしてしまうので、このような危険性を防ぐためにも、長時間運転をする前は質の良い睡眠をたっぷりととることが必要です。

長時間運転を快適にするコツ2:休憩場所を事前に調べておく

休憩場所を事前に調べておくというのも、長時間運転を快適にするコツとして挙げられるでしょう。

長時間ぶっぱなしで運転し続けると心身に大きなストレスがかかるため、適度に休憩を取ることが不可欠ですが、休憩場所が見つからないと余計にストレスがたまるので、これを避けるために事前に休憩場所を調べておくことをおすすめします。

長時間運転を快適にするコツ3:車の点検をしておく

長時間運転を快適にするコツのひとつとして、車の点検をしておくということも挙げられます。

車の調子が悪かったり故障を起こしてしまうと予定が狂ってしまいますし、修理サービスを呼ぶのにお金も時間もかかって大変なことになるので、あらかじめ車に異常がないかどうかチェックしておきましょう。

長時間運転の前に日頃から車の点検をする癖をつけておけば、事故の確率も低くなります。

長時間運転を快適にするコツ4:ガソリンを満タンにする

ガソリンを満タンにしておくというのも、長時間運転を快適にするための知恵だと言えるでしょう。

長時間運転するとガソリンが足りなくなってしまうことが多いですが、いちいちガソリンスタンドで給油するのも面倒で時間が取られるので、あらかじめガソリンを満タンにしておけば楽ちんです。

ただでさえ大変な長時間運転の最中に余計なことで手間を取られないよう、気を付けたいポイントです。

長時間運転を快適にするコツ5:ガソリンスタンドの場所を調べておく

長時間運転を快適にするコツのひとつとして挙げられるのが、ガソリンスタンドの場所を事前に把握しておくということです。

あらかじめガソリンを満タンにしておいても、長時間運転をするとガソリンが足りなくなることもあるので、このような不測の事態に備えて、運転するルート上で利用できるガソリンスタンドを複数チェックしておくとよいでしょう。

長時間運転を快適にするコツ6:シートの調整を念入りにする

シートの調整を念入りにするというのも、長時間運転を快適にするコツとして挙げられます。

シートが体に合っていないと、長時間運転によって余計に首や腰などに負担がかかってしまうので、自分の体形に合わせてシートの調整をすることをおすすめします。

また、肩こりや腰痛がすでにあるならば、ほどよい弾力があり体圧をスムーズに分散してくれるドライバー専用のシートマットなどを利用してみてはいかがでしょうか。

長時間運転を快適にするコツ7:お菓子やドリンクを準備しておく

長時間運転を快適にするコツとして、お菓子やドリンクを準備しておくということも大切でしょう。

小腹がすいたときやのどが渇いた時、すぐにパーキングエリアやコンビニが見つかるとは限らないので、あらかじめ車内に飲み物や軽食・スナックなどを載せておくのがおすすめです。

また、長時間運転につきものである眠気を覚ますためにも、ガムや缶コーヒーなどを用意しておくとよいでしょう。

長時間運転を快適にするコツ8:好きな音楽などの準備

好きな音楽などを準備するというのも、長時間運転を快適にするための知恵です。全く何の刺激もない中で長時間運転をするのは、とても苦痛なことでしょう。

長時間運転の精神的なストレスを和らげ、テンションを上げて楽しい気持ちで運転ができるように、お気に入りのアップテンポの音楽を準備してみてはどうでしょうか。

長時間運転を快適にするコツ9:適度な休憩

長時間運転を快適にするコツのひとつに、適度な休憩を取るということも含まれるでしょう。長時間運転をし続けると精神的にも肉体的にも負担がかかるので、少しでもこのようなストレスや疲れを軽減するために、適度に休憩を取ることが必要です。

無理をせず、疲れを感じる前に定期的に休憩を取るように心がけてみてはいかがでしょうか。

長時間運転を快適にするコツ10:休憩時にストレッチをする

休憩時にストレッチをするというのも、長時間運転を快適にするためにぜひ実践したいポイントです。

長時間同じ姿勢で運転をすると体の節々が凝ったり痛んだりするので、それを防ぐためにもストレッチをして凝りをほぐしましょう。

また、ストレッチをすることで血流がよくなり、長時間運転のリスクのひとつであるエコノミー症候群を防ぐことにもつながります。

長時間運転を快適にするコツ11:眠くなる前に仮眠をとる

長時間運転を快適にするコツのひとつとして、眠くなる前に仮眠をとるということも挙げられるでしょう。

眠気を感じてからではなく、眠くなる前に余裕をもって休憩をして仮眠を取ることで、居眠り運転のリスクを減らすことができます。

快適に仮眠がとれるように、アイマスクや車内用のカーテン、簡易マットレスなどを準備しておくのもよいでしょう。

長時間運転の疲れをとる方法4選

長時間運転をすると、体のさまざまなところに疲れが出てしまいます。その疲れを放置しておけば後々になって尾を引くことになりますし、何よりも事故のリスクが上がってしまいかねません。

ここからは、長時間運転の疲れを取るための方法をご紹介していますので、疲れを感じる前にぜひ試してみてください。

長時間運転の疲れをとる方法1:目の疲れをとる方法

長時間運転をすると、どうしても目が疲れてしまいます。目の疲れを取るためには目薬をこまめにさすこと、休憩時に蒸気で目元を温めてくれるリラックス用のアイマスクを使うことがおすすめです。

また、紫外線を浴びることも疲れ目の原因になりますので、これを防ぐために、UVカット効果の高いサングラスをかけて運転をするようにしてみてはいかがでしょうか。

長時間運転の疲れをとる方法2:足の疲れをとる方法

長時間運転をしていると、足がむくんでしまいがちです。足のむくみなどの疲れを取るためには、足の指を動かして血流をよくしたり、ふくらはぎをマッサージするのが効果的です。

また、むくみやすい体質の方は、むくみの防止・改善に効果のある着圧ソックスを履くようにしてみてはどうでしょうか。

長時間運転の疲れをとる方法3:手の疲れをとる方法

では、長時間運転によって疲れた手を癒すためにはどうすればよいのでしょうか。手の疲れを取るためには、足の疲れと同様に、マッサージをするのが一番効果的です。

また、長時間ハンドルを握ることで筋肉痛になるといけないので、湿布などを貼ったりするのもよいでしょう。

長時間運転の疲れをとる方法4:体の疲れをとる方法

長時間運転による体の疲れを取るためには、こまめに休憩を取ること、同じ姿勢で凝り固まった全身の筋肉を軽いストレッチでほぐすことが効果的です。

また、長時間運転を終えて帰宅したならば、温かいお湯にゆっくりと使って体を温めるのもよいでしょう。

長時間運転を安全に乗り切ろう!

今回は長時間運転を快適にするコツについて特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。少しの工夫で長時間運転の負担を軽減し、快適にすることができます。

長時間運転が楽になれば、その分事故の確率も下がり、安全運転につながると言えるでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related