Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

ピストン輸送とは|引っ越しにおけるピストン輸送のメリット3つとデメリット3つ

ピストン輸送とは|引っ越しにおけるピストン輸送のメリット3つとデメリット3つ
引越しを考えている人に、引越し費用を安く抑えることのできるピストン輸送をご紹介します。ピストン輸送を利用した場合のメリットとデメリット、利用するための条件などを参考にして引越しプランを考え、より良い新生活への第一歩を踏み出しましょう。

初回公開日:2019年6月21日

更新日:2019年6月21日

記事に記載されている内容は2019年6月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


ピストン輸送とは?

ピストン輸送という言葉を聴いたことはありますか。ピストン輸送というのは輸送方法のひとつで、車や船などを利用して2つの場所を行き来して、たくさんの荷物や人を次々と送っていく輸送方法のことです。

今回は、そんなピストン輸送を、引越しに応用した方法をご紹介します。これから引越しを検討されている方は、ピストン輸送を参考にしてスムーズに、少しでも損をしないように引越しを完了させましょう。

引っ越しにおけるピストン輸送

引越しにおいてのピストン輸送というのは、引越しする際に運ばなければならない全ての荷物に対して、積載量の少ないトラックを利用して、新居と旧居を往復して荷物を運ぶ輸送方法のことを言います。

大きなトラックを利用して1度に運ぶよりも、小さなトラックでピストン輸送を利用することでいろいろな利点を得ることができます。

ここではピストン輸送の詳細や、通常の引越し方法との違いについてご紹介します。

引っ越しにおけるピストン輸送のメリット3つとデメリット3つ

ピストン輸送を引越しに応用したとして、実際にどんな利点があるのか、またどんな欠点があるのか疑問が浮かぶ人が多いでしょう。

今回は引越しをする際ピストン輸送を利用した場合のメリットとデメリットを3つずつご紹介します。

メリット・デメリットをしっかりと理解して引越しのプランを練っていきましょう。

引っ越しにおけるピストン輸送のメリット1:引っ越し費用が安くなる

引越しの料金はトラックの大きさや作業をする人数、作業時間など、色々な要素で計算されています。大きなトラックを1台使ってピストン輸送せずに1度で終わらせようとするのに、6人の人が必要だとします。

ピストン輸送では小さなトラックを使って往復して同じ人が輸送するので、引越しの作業をする人数を半分の3人で終わらせることができます。

作業をする人の数を抑えることができるので引越し料金が安くなります。

引っ越しにおけるピストン輸送のメリット2:作業の丁寧さ

ピストン輸送は引越しの作業時間が長くなることから、時間に余裕がある際に利用される方法です。ですので引越しの作業をする人も、作業に集中してあたることができます。作業時間を気にして荷物が乱雑に扱われる可能性を減らすことができます。

利用者と作業をする人、両方が心に余裕を持つことで気持ちよく引越し作業を進めることができます。

引っ越しにおけるピストン輸送のメリット3:狭い路地でも入ることができ効率的に輸送できる

ピストン輸送では大きなトラックを使わず、小さなトラックを利用するので小回りが利きます。大きな道で遠回りをすることなく、狭い路地などをりようして作業時間の短縮をすることができます。また、狭い路地などに住んでいる方の引越しにもオススメです。

こうした方法で作業時間を短縮することで、引越し料金を抑えることにも繋がります。

引っ越しにおけるピストン輸送のデメリット1:立会人の人数が増える

ピストン輸送では、複数回の搬入と搬出の作業を行うことになるので、新居と旧居でそれぞれの作業に立会人が必要になります。家族が居る方や引越し作業の際に手伝ってくれる方が居るなら新居と旧居に1人ずつ、居ないのであれば1人で往復して立会いを行なわなければなりません。

新居と旧居を往復することが手間に感じる場合は、立会いに協力してもらえる方を探しておきましょう。

引っ越しにおけるピストン輸送のデメリット2:時間がかかる

ピストン輸送のメリットである作業人数が少ないという点によってどうしても1度に大きなトラックで運ぶよりも時間がかかってしまいます。

ただし梱包などの作業はをスピーディに1度で終わらせてしまうので、長くなってしまうのは往復しなければいけないピストン輸送の時間が主になります。

引っ越しにおけるピストン輸送のデメリット3:周囲への配慮が必要になる

ピストン輸送による引越しをした場合、引越し先には何度もトラックが通ることになります。通常の引越しの音でも気にする方はいらっしゃるので、引越し中や引越し後に近隣の方との関係が上手くいくように、周囲へ配慮しておくことが後の生活を向上させることになります。

引越し経費を抑えるだけでなく、その後の生活も上手くいくように気をつけましょう。

ピストン輸送をした場合の具体的な引っ越し費用の比較

ピストン輸送での引っ越しのメリットとデメリットを理解したところで、実際に引越しをした場合の料金について、通常の引越し方法とピストン輸送の差についてご紹介します。

通常かかる費用

通常一人暮らしで引越し業者にかかる費用は荷物が少なくて3万円、多ければ4~5万円かかるといわれています。家族で引越しをする場合はそれ以上の金額が掛かってしまいます。

繁忙期になると追加で料金を取られることもあるので、そういった点にも注意をしていきましょう。

ピストン輸送をした場合の費用

ピストン輸送の経費は、業者の方が明確に料金プランを提示していません。単純計算で引越しのアルバイトで時給が約1000円だとします。3時間の引越し作業で6人の作業員を3人に減らすことができれば1万円近く人件費を抑えることができます。

引越しに利用するトラックの大きさを小さく、台数も少なくなるので人件費と合わせて経費を抑えることができます。

引っ越しにおけるピストン輸送には条件がある

ピストン輸送は料金を抑えて引越しをすることができる方法になります。しかし、幾つかの条件を充たさなければ利用することができません。どのような条件があるのかご紹介していきます。

自分の引越しの条件と照らし合わせてみましょう。

旧居と新居が近いこと

ピストン輸送は近距離の引越しでのみ利用することができます。移動距離が長い引越しだと、往復をするのに時間がかかってしまい、ピストン輸送をすることで効率が悪くなってしまうからです。

引越し業者の判断によって距離に差はありますが、およそ5~6kmの間がピストン輸送を利用できる距離になります。

引越しの際には、きちんと引越しする距離を調べてから引越し業者と話し合ってプランを決めていきましょう。

作業時間に制限がないこと

メリット・デメリットの話でピストン輸送には作業時間に余裕があると説明をしたとおり、作業時間に制限がないことも条件になります。ピストン輸送は早急に引っ越さなければならない場合には不向きなプランになります。

作業時間があまりにも短い場合は断られてしまうことも考えられるでしょう。利用する場合は早めに引越しを始めたり、早いうちに引越し業者と相談をしておくと良いでしょう。

引越し費用を抑えたいならピストン輸送を利用しよう

いかがでしたか。近場で引越しをする際には、費用を抑えられるピストン輸送を利用した引越しをしてみましょう。その際にはきちんと条件を充たしているか、自分たちが損をするようなことがないかを確認しましょう。

引越しを考えている方がこの記事を参考にしてより良い引越し作業を終えられること、そして新たな生活を気持ちよく始められることを祈っています。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related