Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシーに行き先を伝える時のコツ10個|伝え方が下手で起こる影響3つ

タクシーに行き先を伝える時のコツ10個|伝え方が下手で起こる影響3つ
タクシーへの行き先の伝え方が下手だと、目的地までの料金は高くなり、到着時間は長くなり、事故の危険が生じるなど3つの影響があります。行き先を伝える10個のコツを身につけ、タクシーへの行き先を上手に伝えるようになりましょう。

初回公開日:2019年5月31日

更新日:2019年5月31日

記事に記載されている内容は2019年5月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


ドライバーの転職や就職ノウハウを知るなら『はこジョブ』へ!

ドライバーの転職や就職するときに、福利厚生や給料が良い会社位に行きたいという人も多いでしょう。

今すぐ転職しないとしても、知識をつけておけば無駄になることはありません。


ドライバー転職専門のアドバイザーがいる『はこジョブ』なら今より好条件な企業に転職するためのノウハウを得られます!
ドライバーの転職や就職ノウハウを知るなら『はこジョブ』へ!

普段タクシーに乗らない人は行き先を伝えることに慣れていない?

普段タクシーに乗らない人は、運転手に対して行き先を伝えることに慣れていない方が多いのではないでしょうか。

今回は、「タクシーに行き先を伝える時のコツ10個|伝え方が下手で起こる影響3つ」について解説していきます。

「タクシーに乗らないと行き先を伝えるのに慣れない」という悪循環

普段タクシーに乗っていない人は、行き先を伝える機会が少なく、慣れていない人が多くいます。

普段移動で利用する電車やバス、飛行機、自家用車などの乗り物は目的地を決めて乗車しますが、タクシーは運転手さんに目的地まで連れて行ってもらう必要があり勝手が違うからです。

行き先を伝えることに慣れていないためタクシーを敬遠し、行き先を伝える機会がさらに少なくなり、さらにタクシーを敬遠するという悪循環に陥りがちです。

タクシーに行き先を伝えるコツを身につけて悪循環を断ち切りましょう

タクシーに行き先を伝えることに慣れるには、何度もタクシーに乗車して運転手に行き先を伝える方法を身につけていくしかありません。

行き先を伝えるコツを覚えてからタクシーに乗るようにすれば、むやみにたくさん乗車するよりも慣れていくスピードもあがりますし、行き先を伝えられなくて困ることもなくなります。

まずは10個のコツを身につけて、行き先を伝えられずタクシーを敬遠するという悪循環を断ち切りましょう。

タクシーに行き先を伝える時のコツ10個

タクシーに行き先を伝える10個のコツを紹介します。

10個のコツを実践することで、タクシーに行き先を伝えるのがかなり楽になるはずです。いちばん目的地になりそうな「自宅」の場所を思い浮かべながら読んでいけば、慣れるスピードも上がりますし、実用的で即効性のあるノウハウが身につきます。

タクシーに行き先を伝える時のコツ1:下車する場所をあらかじめ指定する

タクシー乗車時には、下車する場所をあらかじめ指定するようにしましょう。

「当たり前でしょう?」と思いがちですが、行き先がうまく伝えられない人は無意識に「とりあえずまっすぐ進んで下さい。」などと曖昧な伝え方をしていたりします。

あらかじめ目的地を伝えることで、運転手は安心して運転に集中できますし、スタートからゴールまでを経験豊富な運転手に任せられるので、抜け道などスムーズな経路でたどり着けます。

タクシーに行き先を伝える時のコツ2:事前に目的地の住所を調べておく

タクシー乗車時には、最低限目的地の住所を調べておきましょう。

カーナビを搭載したタクシーでない場合、住所が直接役に立つことは少ないですが、運転手によっては目的地のだいたいの場所が伝わる場合もあります。

目的地の住所は簡単に調べられますし、最低限のマナーとして住所を調べておくようにしましょう。目的地について会話をしていて、運転手から「目的地の住所わかります?」と聞かれることもあります。

タクシーに行き先を伝える時のコツ3:有名な建物を告げる

タクシー乗車時には、近所にある有名な建物を告げるのも効果的です。

例えば、東京タワーやスカイツリー、東京ドーム、札幌時計台などのランドマークです。遠くからでもはっきり見える建物や有名な建物なら、運転手に目的地が簡単に伝えられます。

ただし、最終的な目的地がランドマークなら良いのですが、ランドマーク付近の建物が目的地の場合はもうひと工夫伝えるコツが必要になります。他のコツと組み合わせて伝えましょう。

タクシーに行き先を伝える時のコツ4:通りの名前を告げる

タクシー乗車時には、通りの名前を告げるのも効果的です。

通りは大きければ大きいほど伝えやすくなります。通りを告げるメリットは、通りは多くの地域にまたがり延びているため、土地勘のない運転手にも伝わりやすい事です。

ランドマークを伝えても目的地がうまく伝わらない場合は、「青梅街道を新宿方面へ」というように、目印となる通りの名前と進む方向を伝えることで、目的地にぐっと近づくことができます。

タクシーに行き先を伝える時のコツ5:最寄り駅の名前を告げる

タクシー乗車時には、最寄り駅の名前を告げるのも効果的です。

鉄道路線は通りほど地域を網羅していませんが、より広い地域にまたがり延びているため、通りの名前よりもさらに運転手に伝わりやすくなります。

「山手線の有楽町駅の方向」というように、路線名と駅名を伝えることで、目的地にぐっと近づくことができます。

通りの名前と最寄り駅の名前を組み合わせて使えば、目的地により早く正確にたどり着けるようになります。

タクシーに行き先を伝える時のコツ6:スマホのマップで目的地周辺を見せる

タクシー乗車時には、スマホのマップで目的地周辺の地図を見せるのも効果的です。

タクシーの運転手に土地勘が全くないと、通りの名前や最寄り駅、有名な建物で近くまでたどり着けても、最終目的地を伝えるのに手間取ってしまうことがあります。

スマホで目的地を検索して、周辺マップをタクシーの運転手さんに見せるひとで、正確な目的地を伝えることができます。

タクシーに行き先を伝える時のコツ7:電車だった場合の帰宅経路を伝える

タクシー乗車時には、電車だった場合の移動経路を伝えることも効果的です。

路線と駅名を告げるのと似ていますが、乗換路線をふくめた電車での移動経路を伝えることで、運転手がどのようなルートを辿れば良いかを判断する材料になります。

鉄道路線の経路は自動車の経路と比べれば遠回りになってしまいがちですが、進む方向や目的地が明確になるため、経験豊富な運転手なら最短距離のルートで目的地までたどり着けます。

タクシーに行き先を伝える時のコツ8:近い順に数カ所挙げる

タクシー乗車時には、目的地から近い順に数カ所行き先を伝えるのが効果的です。

目的地までの距離が長くなれば長くなるほど、道に詳しい運転手でなければ目的地が伝わりにくくなります。目的地から近い順に数カ所行き先を告げることで、「そこなら知っている」という場所が出てきます。

目的地の近くまで来れば、ランドマークが見えたり、標識が出ていたりと、行き先を伝える手段が多くなり、行き先を伝えるのが楽になります。

タクシーに行き先を伝える時のコツ9:信号の個数を覚えておく

目的地に近づいたら、右左折までの信号の個数を伝えるのが効果的です。

有名な建物や、通りの名前、路線や駅名など組み合わせれば、目的地へ近づくことはできますが、たいていの場合、最後のランドマークから目的地にたどり着くまでは細かな説明が不可欠です。

「東名出口手前の信号を右折して3個目の信号を左折して停めてください。」などと伝えられれば、確実に降りたい場所まで行き先を伝えることができます。

タクシーに行き先を伝える時のコツ10:タクシーアプリを使う

ここまででいろいろなコツを紹介してきましたが、最近はタクシーアプリが普及してきています。タクシーアプリを使えば、現在地と目的地を設定して待つだけでタクシーに乗ることができますし、目的地まで正確にたどり着けます。

タクシーアプリが使える地域が限られていたり、利用者が殺到していて捕まえられない場合は、コツを駆使して行き先を伝える必要がありますが、タクシーアプリが使えるなら使わない手はありません。

タクシーへの行き先の伝え方が下手で起こる影響3つ

タクシーへの行き先の伝え方が下手だと、色々な影響が発生します。今回は、タクシーへの行き先の伝え方が下手で起こる影響として「料金が余計にかかる」・「到着まで時間がかかる」・「事故を誘発する」の3点をご紹介していきます。

タクシーへの行き先の伝え方が下手で起こる影響1:料金が余計にかかる

タクシーへの行き先の伝え方が下手だと、最短経路で到着するよりも余計に料金がかかってしまいます。

直線で行けるルートを大きく迂回して進んでしまったり、目的地をとおり過ぎて引き返すはめになり最短経路から離れれば、走行距離が増えるので、到着までに料金が多くかかってしまいます。

タクシーへの行き先の伝え方が下手で起こる影響2:到着まで時間がかかる

タクシーへの行き先の伝え方が下手だと、最短経路で到着するよりも余計に時間がかかってしまいます。

料金が余計にかかってしまうのと同じで、大きく迂回して進んだり、目的地をとおり過ぎて引き返すはめになってしまうと、到着までに余計な時間がかかってしまいます。

「次にどこを曲がればいいか?」など確認する回数が増えるので、運転手の注意力を欠いてしまったり、小さな時間の積み重ねが、時間のロスへと繋がってしまいます。

タクシーへの行き先の伝え方が下手で起こる影響3:事故を誘発する

タクシーへの行き先の伝え方が下手だと、事故を誘発してしまいます。

行き先がうまく伝えられず、「次の交差点を左へ」とか「この辺りで左に曲がるのですが・・・」などと急な方向指示や曖昧な伝え方をしていると、運転手の注意力が散漫になり、事故を誘発してしまいます。

急な左折は巻き込み事故の危険がありますし、急停止や急な進路変更などでは後続車両から追突される危険もあります。

タクシーへの上手な行き先の伝え方を覚えましょう

タクシーの運転手へ行き先がうまく伝えられないと、到着までに余計な料金と時間がかかってしまいます。最悪は交通事故を招く危険な運転につながることもあります。

行き先を上手に伝えられるようになると、目的地まで最安値の最短経路でたどり着くことができます。交通事故の危険も減り安心して目的地まで移動することもできます。

10個のコツを覚えて、タクシーへ行き先をうまく伝えられるようになりましょう。

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related