Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

オーバーヒートが起きた時の症状10個|オーバーヒート時の対処5つ

オーバーヒートが起きた時の症状10個|オーバーヒート時の対処5つ
車のエンジンを上手に冷やすことができないとオーバーヒートの原因になることがあります。そうならないためにも普段から消耗品の交換を定期的にするようにしましょう。もし、オーバーヒートが起きてしまったら、どのように対処したらいいのかなどをご紹介します。

初回公開日:2019年6月3日

更新日:2019年6月3日

記事に記載されている内容は2019年6月3日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


オーバーヒートとは何か

オーバーヒートとは車のエンジンが高い熱を発することで起きるトラブルです。エンジンの冷却水が循環していなかったり、放熱ファンが稼働しないことが原因でオーバーヒートを起こすことがあります。

車を運転する人は、エンジンの冷却水やエンジンオイルを定期的に交換して、車を最適な状態にしておきましょう。

オーバーヒートが起きた際の症状10個

オーバーヒートが起きた際にはさまざまな症状が出ます。その症状に合わせて、処置をしなければ車を運転できないばかりか事故に繋がることもあるので、オーバーヒートの症状に合わせて対応するようにしましょう。

自分の乗っている車がオーバーヒートを起こした場合は、安全な場所でエンジンを停止して、症状に合った対応をするようにします。

オーバーヒートが起きた際の症状1:水温がHマーク近くを示す

オーバーヒートが起きた際の症状に水温計がHマークを示すことがあります。ガソリンメーターの水温計がHマークを示していると、エンジン自体は120度以上の熱を持っていることになるので、オーバーヒートを起こしていることになります。

自分で普段から、ガソリンメーターのそばの水温計をチェックするとともに、Hマークを示したら車を停めてボンネットを開けてエンジンを冷やしましょう。

オーバーヒートが起きた際の症状2:思うようにスピードアップしない

オーバーヒートが起きた際の症状に思うようにスピードアップできないことが挙げられます。車のエンジンが高い熱を持つことで、エンジンの中のピストンが正常に作動しなくなり、スピードアップすることが難しくなります。

自分が運転している車がスピードアップしなくなったら、オーバーヒートの状態になっているか疑ってボンネットを開けて、エンジンの状態を確認するといいでしょう。

オーバーヒートが起きた際の症状3:アクセルを踏むとノッキング音がする

オーバーヒートが起きた際の症状にアクセルを踏むとノッキング音がする問題があります。エンジンを点火する前にエンジン内で燃焼が起きているので、ピストンがぶつかりあい鳴っていることがあります。

自分の車の点火プラグを定期的に交換したり、ハイオクのガソリンを入れて点火前の燃焼を防ぐようにします。

オーバーヒートが起きた際の症状4:エンジン回転数が不安定になる

オーバーヒートが起きた際の症状として、エンジンの回転数が不安定になる問題があります。エンジンが高熱を持つことで、正常に作動しなくなり、回転数を上げることができないからです。

自分が乗っている車のエンジンの回転数が不安定になったら、その場はアクセルを吹かしすぎないように運転をして、帰宅後、専門家に見てもらうことをおすすめします。

オーバーヒートが起きた際の症状5:エンジンから水蒸気が上がってくる

オーバーヒートが起きた際の症状として、エンジンから水蒸気が上がることがあります。エンジンがオーバーヒートすることで、高い熱を持つことになり、その熱で冷却水が蒸発して水蒸気となることがあります。

自分が運転しているエンジンから水蒸気が上がってきた場合は、ボンネットを開けてエンジンを冷やし、必要ならば冷却水の補充をするようにします。

オーバーヒートが起きた際の症状6:オイル焼けの匂いがする

オーバーヒートが起きた際の症状にオイル焼けの匂いがすることがあります。エンジンがオーバーヒートすることが高い熱を発するので、オイルが焼けることがあります。

自分の車をオーバーヒートさせたくない場合は、オイルが古くならないうちに交換をして、エンジンに負担がかからない運転をするようにします。また、普段からラジエーターや冷却ファンが作動しているかを確認するようにしましょう。

オーバーヒートが起きた際の症状7:エンジンの冷却水が漏れる

オーバーヒートが起きた際の症状にエンジンの冷却水が漏れることがあります。ウォーターポンプが破損することで、冷却水が漏れてしまうのでオーバーヒートの原因となってしまいます。

オーバーヒートが心配な人は、ウォーターポンプを点検して、破損していれば交換するようにします。また、異物でラジエーターを塞いでいないかをチェックすることも忘れてはいけません。

オーバーヒートが起きた際の症状8:エンジンが停止する

エンジンが停止してしまう場合は、オーバーヒートが起きている可能性が高いです。エンジンが高い熱を持つことで、冷却水が蒸発してエンジンを適度な温度に保てなくなり、正常に動かなくなるためです。

自分の車がオーバーヒートでエンジンが停止した場合は、安全な場所へ車を移動させて、レッカー車で整備工場へ運び整備を依頼するようにします。

オーバーヒートが起きた際の症状9:エンジンルームが異常に熱くなる

エンジンルームが異常に暑くなるのもオーバーヒートの際の症状の一つです。エンジンルームが熱くなる場合は、エンジン自体が高い熱を発しているので車が正常に動かないことが多くなります。

オーバーヒートを起こしたくない人は、普段からエンジンオイルの点検と交換をして、ウォーターポンプの破損がないかをチェックするようにしましょう。

オーバーヒートが起きた際の症状10:冷却の電動ファンが止まる

オーバーヒートが起きた際の症状に冷却の電動ファンが止まることが挙げられます。冷却の電動ファンが停止することでエンジンを冷やすことができなくなり、オーバーヒートを起こしていることがあるからです。

自分の車の冷却水を適度に交換するようにして、冷却の電動ファンが正常に動いているかをチェックするようにしましょう。

オーバーヒートが起きた時の対処5つ

車のエンジンがオーバーヒートを起こしたら、その場でできる対処をする必要があります。その場で対処することで大きな事故を防いだり、車に負担をかけないためにも、出来る範囲で対処するようにしましょう。

自分の車がいつオーバーヒートが起きても良いように、車の知識を高めておくように心掛けましょう。また、普段から消耗部品の交換は忘れないようにします。

オーバーヒートが起きた際の対処1:安全な場所に停車する

オーバーヒートが起きた際の対処として、安全な場所への停車があります。オーバーヒートが起きた場合、運転での移動が難しいこともあるので、他の車との事故を避けるためや車の状態を知るためにも安全な場所へ停車をするようにします。

自分の車がオーバーヒートを起こした場合は、停止表示板や発煙筒を使い、安全な場所へ移動させます。その際にボンネットを開けてエンジンのチェックをするようにしましょう。

オーバーヒートが起きた際の対処2:アイドリング状態で水温を確認する

オーバーヒートが起きた際の対処の仕方にアイドリング状態で水温を確認するようにします。オーバーヒートが起きた際にアイドリング状態にしておくことで、ラジエーターや冷却の電動ファンを作動させて水温を下げることができます。

オーバーヒートが起きたと感じた人は、アイドリング状態で水温を下げることを覚えておき、長く駐車してエンジンの熱を上げないようにしましょう。

オーバーヒートが起きた際の対処3:ボンネットを開けて冷やす

オーバーヒートが起きた際の対処にボンネットを開けて冷やす対処法があります。オーバーヒートはエンジンの熱が高くなることで起きるので、ボンネットを開けて冷やす必要があるからです。

自分の車のボンネットを開けて冷やしても、エンジンの状態が良くならないときは冷却水が漏れていないかチェックをして、改善しない場合は整備士を呼ぶようにします。

オーバーヒートが起きた際の対処4:ラジエーター等を確認する

オーバーヒートが起きた際の対処にラジエーターの確認があります。ラジエーターは冷却水や冷却ファンを動かすためのパーツなので、エジエーターホースを確認してラジエーター自体が正常に機能しているかをチェックするようにします。

自分が乗る車のラジエーターホースを定期的に交換して、冷却システムを正常に保つようにします。

オーバーヒートが起きた際の対処5:専門業者を呼ぶ

専門業者を呼ぶこともオーバーヒートが起きた際の対処法となります。知識がない人がオーバーヒートしたエンジンを扱うには危険が伴うので、安全を考えて専門業者に対処を依頼するようにします。

自分が運転をしていてオーバーヒートを起こした場合は、安全な場所へ車を移動させておき、あらかじめ探しておいた専門業者を呼ぶようにします。

オーバーヒートが起きないように注意しましょう

車に乗る際はオーバーヒートが起きないように注意することが大切になります。オーバーヒートを起こさないように車を管理しなければ、車を長持ちさせることや安全を考えた走行をすることはできないです。

自分でオーバーヒートが起きる仕組みを理解して、事故の簡単な対処法を覚えておき、レッカーサービスに加入するようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related