Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

トラックの配車に便利な配車システム10個|利用するメリット4つ

トラックの配車に便利な配車システム10個|利用するメリット4つ
この記事は、トラックの配車を担当している人を対象にしたもので、トラックの配車に関する理解を深めることから、さまざまな配車システムの紹介、配車システムをを利用することによるメリットなどを紹介しています。そして、トラックの配車の便利さなどを説明します。

初回公開日:2019年5月17日

更新日:2019年5月17日

記事に記載されている内容は2019年5月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


トラックの配車システムとはどのようなもの?

トラックの配車システムとは、GPSや地図ソフトを使用して、配車計画や運行計画を管理することで、配送や輸送といった業務を最適化するシステムのことを言います。

地図上で配車ルート、走行ルートの指定、運行チャートを作成し管理者とドライバ-を効率的に行うことができる可能性があります。

この記事では、トラックの配送システムのメリットや実際のサービスをご紹介していきます。

トラックの配車に便利な配車システム10個

これからはトラックの配車に便利な配車システムを10個ご紹介していきます。それぞれの良さや違いを把握して、活用する際に参考になるようにしっかり学んでいきましょう。そして、違いを理解したうえで、配車システムの導入を検討してみてください。

システム1:Cariot

Cariotの特徴は、車両データを一元に管理し、車両の無駄を排除し、運用までしっかりサポートしてくれるというものがあります。

Cariotは、フレクトが提供するリアルタイム車両管理ツールです。車両管理台帳をWeb化して効率的な配車管理ができるようになりました。また、危険運転の検知もできるので、安全運転にも役立ちます。

システム2:SmartDrive Fleet

SmartDrive Fleetの特徴には、GPS管理機能でリアルタイムで位置を把握できること、走行履歴・日報機能でコンプライアンスを強化、車両の稼働率を可視化することでコスト管理するといったものがあります。

SmartDrive Fleetは、社用車や従業員にまつわるさまざまな業務や管理を効率化してくれる車両管理システムとなっています。

システム3:日立配車管理システム

日立配車管理システムの特徴には、配車業務を効率化すること、車両の削減や積載率、実車率が向上すること、結果に基づいて計画や分析を行うというものがあります。

日立配車管理システムは、日立物流ソフトウェアが提供する配車管理システムです。配車の割り付けなどは、ドラッグ&ドロップで行うことができるため、誰でも簡単に計画を立てることが可能です。

システム4:ライナ2

ライナ2の特徴には、ワンクリックで配車計画を作成することができ、誰でも簡単に操作することができるというカスタマイズする必要がないといったものがあります。

ライナ2は、ワンクリックで配車計画を最適化することができる自動配車システムとなっています。配車の管理に慣れていない初心者でもおすすめすることができるシステムです。

システム5:簡易配車システム

簡易配車システムの特徴には、短時間に自動で車両割り付けすることができ、画面上で車両の最適なルートを計算してくれる、4ウィンドウ連動表示といったものがあります。

簡易配車システムは、短時間に自動で車両の割り付けやシュミレーションができる最適な自動配車システムとなっています。業種関係なく効率的な配車体制を確立することができます。

システム6:トラックメイト配車Pro

トラックメイト配車Proの特徴には、ドラッグ&ドロップによって簡単に操作することができます。また、運用方法に合わせて配車をスケジュールしたり、労務管理とも連携しているといったものがあります。

トラックメイト配車Proは配車担当者の使いやすさを重視した受注配車システムとなっています。総合管理システムの「トラックメイトPro3」と連携ができるため、配車システムの枠を超えたシステム化ができます。

システム7:POT配車

POT配車の特徴には、セミオート配車で共同配送を効率化することができ、配送先マスタを自動で生成してくれる配送ルートのマニュアル設定が可能といったものがあります。

POT配車は、熟練ドライバ-の経験を活かすことができるセミオートの配車システムとなっています。POT Managerと連携することで、荷受けから配送計画まで一元で管理することが可能です。

システム8:配車支援システム

配車支援システムの特徴には、見やすい配送表示である採算を意識した配送計画をすることができる自動計画のオプションといったものがあります。

配車支援システムは、富士通が提供する配車支援システムとなっています。採算を意識して計画を立てることができるため、経営者にとっても嬉しいシステムです。

システム9:PRIME TMS

PRIME TMSの特徴には、クラウド型配車システムである、拘束時間を加味した配車計画を立てることができる、GPSによる全車監視といったものがあります。

PRIME TMSは、クラウド型の配車システムとなっています。サーバーを購入したり導入するといったことがないため、コストを抑えて規模の小さな企業でも利用することができ、安心して配車をすることができます。

システム10:デシナプス

デシナプスの特徴には、手書き黒板を意識したシステムのことです。運転手の拘束時間を考慮する運輸基幹業務システムと自動連動することができるといったものがあります。

デシナプスは、業者にとって馴染み深い、手書き黒板の配車板を意識して作られたシステムとなっています。多くのパターンの配車画面を用意することができたり、配車をすぐに変更することができたりします。

配車システムを利用するメリット4つ

トラックの配車システムを利用することには、4つのメリットがあります。人がやる管理には限界がありますが、配車システムを利用することで難しい管理も簡単にすることができるようになります。

これからご紹介するメリットをしっかり理解して、トラックの配車システムを導入て、配車システムを活用していきましょう。

メリット1:配車をリアルタイムで管理できる

トラックの配車システムは、配車をリアルタイムで管理することができるので、急な予定変更などにも柔軟に対応することができます。

利用するサービスによっても異なりますが、荷物の割り当ても自動ですることができます。運輸業者は大幅に業務を削減することが見込まれます。削減された時間は他の業務に充てたりすることができるため、業績の向上につながります。

メリット2:配車業務が効率化できる

トラックの配車システムは人の手ではなく、システムが管理してくれるため面倒な作業を省略することができます。既存のシステムと連携可能なものが多いため、円滑に導入することや利用することができます。

トラックの配車システムには、配車システムが作成した配車は管理簿というもので、配車表や運行指示書などをレポート化して出力するといった機能があるため、配車業務を可視化し分析することができます。

メリット3:不要な車両が削減できる

トラックの配車システムは、必要な情報だけを登録することによって、不要な車両を削減することができたり、正しい積載量での運行ができるようになります。結果、車両への負担や燃費を抑えることにもつながります。

無駄な車両を減らすことで、会社のコストとなっていた部分も改善されて業務の向上にも良い影響を与えてくれることが期待できます。

メリット4:配車コストが軽減できる

トラックの配車システムは、天気や交通状況に応じた最良な配送ルートの選択が可能になることで配車コストが軽減できるということにもつながります。

渋滞や工事などによる迂回ルートの提示、地域の天気の状況などをあらかじめ連携させることによって、リアルタイムでの最短ルートを選択できるようになります。そして、安定した配送を維持できるため、顧客満足度の向上につながるということが期待できます。

トラックの配車に配車システムを活用しましょう

トラックの配車システムについて概要やシステムを導入することのメリット、実際の便利な配車システムをご紹介してきました。

これまでは人の力で行ってきたトラックの配車管理をITシステムと連携させて自動化することで、効率的で安全な車両管理、配車管理をすることができるようになります。

トラックでの配送業者の方は、多くのメリットを享受して、この機会にトラックの配送管理システムを導入することを検討してみてください。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related