Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

トラックの乗り心地よくする方法10個|トラックの乗り心地が悪い理由3つ

トラックの乗り心地よくする方法10個|トラックの乗り心地が悪い理由3つ
普段トラックの乗り心地が悪いと感じることはありませんか?トラックの乗り心地が悪い理由や、トラックの乗り心地をよくする方法をご紹介していきます。トラックの乗り心地が気になる方や、トラックの乗り心地を改善したいという方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

初回公開日:2019年6月21日

更新日:2019年6月21日

記事に記載されている内容は2019年6月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


トラックの乗り心地が悪いと感じているドライバーは少なくない

普段トラックの乗り心地が悪いと感じることはありませんか。運送業などの仕事でトラックに乗る人にとって、トラックの乗り心地は非常に重要です。

実際に、トラックの乗り心地が悪いと感じているドライバーは少なくないといわれています。では、どのような工夫をしたらいいのでしょうか。こちらでは、トラックの乗り心地をよくする方法やトラックの乗り心地が悪い理由をご紹介していきます。

トラックの乗り心地をよくする方法10個

トラックの乗り心地を少しでも良くするためには、どのような方法があるのか理解しておきましょう。以下の10個の方法から自分に合った方法を選んでみてはいかがでしょうか。

例えば、サスペンションを交換したり、ショックアブソーバーを交換するなどの方法を試してみるのはいかがでしょうか。また、座席シートや蓄冷式クーラー、エアヒーターなどの空調を管理することに気を配るのもいいでしょう。

トラックの乗り心地を良くする方法1:サスペンションを交換する

トラックの乗り心地を良くする方法1つめは、サスペンションを交換する方法です。サスペンションは、トラックタイヤと車体をつなぐ車軸の間に装備されていて衝撃や車体の傾きを吸収して、走行時の車体を水平に保つ役割をしています。

サスペンションは使い続けていくうち固さが増していくため、それにともなって乗り心地も悪くなります。もし、異音が発生する場合は交換した方がいいでしょう。

トラックの乗り心地を良くする方法2:ショックアブソーバーを交換する

トラックの乗り心地を良くする方法2つめは、ショックアブソーバーを交換する方法です。ショックアブソーバーはダンパーとも呼ばれています。車体のスプリング部分の内側には棒状のパーツがありますが、その棒状のパーツがショックアブソーバーです。

車種によってはスプリングの外側に配置されていることもあります。ショックアブソーバーは、スプリングの動きを抑制する働きがあるため交換によって乗り心地が改善するでしょう。

トラックの乗り心地を良くする方法3:座席シートをスポーツシートに交換する

トラックの乗り心地を良くする方法3つめは、座席シートをスポーツシートに交換する方法です。スポーツシートといえばモータースポーツなどを中心に使われてきたシートですが、近頃トラック向けのスポーツシートが注目されてきています。

座り心地だけでなく、ホールド感や乗降時の負担を軽減することにこだわっています。座席シートをスポーツシートに交換することで乗り心地がよくなるでしょう。

トラックの乗り心地を良くする方法4:蓄冷式クーラーを導入する

トラックの乗り心地を良くする方法4つめは、蓄冷式クーラーを導入する方法です。蓄冷式クーラーは走行中に蓄冷材を車両エアコンの冷気で冷やします。

そして、エンジン停止中に蓄冷材に風を当てて冷気を吹き出すという仕組みです。蓄冷式クーラーを導入することによって、車内の空調を快適に保つことができるでしょう。

トラックの乗り心地を良くする方法5:エアヒーターを導入する

トラックの乗り心地を良くする方法5つめは、エアヒーターを導入する方法です。エアヒーターとは、エンジン停止状態で使用できる暖房機器のことです。

トラックなどの長時間アイドリングをすることがある車両に装着することができます。エアヒータを導入すれば、エンジンをかけずに車内を暖めることができます。仮眠中にアイドリング音に悩まされることもありません。

トラックの乗り心地を良くする方法6:休憩の回数を多くする

トラックの乗り心地を良くする方法6つめは、休憩の回数を多くする方法です。トラックの設備を改良しても、トラックを運転する上では個人に合った適切な休憩が必要です。トラックの運転は長時間の運転によって体に負担がかかります。

放置すると体の負担が原因となり心身ともにストレスが溜まります。意識して休憩の回数を増やし、コンディションを整えることが、快適な乗り心地を維持することにつながるでしょう。

トラックの乗り心地を良くする方法7:シフトノブを手になじみやすくする

トラックの乗り心地を良くする方法7つめは、手になじみやすいシフトノブを選ぶという方法です。シフトノブはネジで留まっているため簡単に交換することができるパーツですが、最近の大型トラックは車種によって交換の際にスムーサー用のアダプターも必要です。

シフトノブは種類も豊富ですが握った時の太さによって操作の安定性が変わってきます。ギアチェンジの操作にも影響が出るため手になじみやすいシフトノブを選びましょう。

トラックの乗り心地を良くする方法8:シートベルトストッパーにこだわる

トラックの乗り心地を良くする方法8つめは、シートベルトストッパーにこだわる方法です。シートベルトストッパーは自分に合えば圧迫感をやわらげることができます。

シートベルトストッパーは、シートベルトの巻取り部分につけておくだけで、圧迫感をやわらげてくれます。妊婦の方や肥満体型の方などシートベルトを装着しづらい人でも快適に使えるようにと作られていますが、トラック運転手の方にもオススメです。

トラックの乗り心地を良くする方法9:バックアイカメラをカスタム装着する

トラックの乗り心地を良くする方法9つめは、バックアイカメラをカスタム装着する方法です。大型トラックは全長が長いため、バックをする際など運転操作でストレスを感じる機会も多いです。

バックアイカメラをカスタム装着することによって、運転操作のストレス軽減につながるでしょう。後ろの確認が楽に行えるようになり、安全性にも期待ができます。

トラックの乗り心地を良くする方法10:オーディオやスピーカーにこだわる

トラックの乗り心地を良くする方法10個めは、オーディオやスピーカーにこだわる方法です。こちらは、運転時の精神的なストレスを軽減するための対策方法です。

トラック車内のオーディオやスピーカーを質の良い製品にこだわることで運転時の気分転換にもつながるでしょう。このような対策も乗り心地をよくするために必要なことです。

トラックの乗り心地が悪い理由3つ

トラックの乗り心地が悪い理由には、どのような点が挙げられるのでしょうか。こちらでは、トラックに乗り慣れていないことによる違和感や、段差を走行するときの衝撃などの他に、アイドリングを止めたときの暑さや寒さといった3つの原因について詳しくご紹介していきます。

ご自身がどのような点でトラックの乗り心地が悪いと感じているのか、参考にしてみてはいかがでしょうか。

理由1:乗りなれていないことによる違和感

1つめの理由は、乗り慣れていないことによる違和感です。トラックに乗り慣れていないと、多くの人が乗り心地が悪いと感じてしまうことでしょう。

トラックに乗っていることに慣れている人でも、トラックの車種が変わったりするとに違和感を感じてしまいます。これは、継続して運転することによって解消される場合があります。

理由2:段差を走行する時の衝撃

2つめの理由は、段差を走行する時の衝撃です。トラックの運転の中でも、段差を走行するときの衝撃は誰もが嫌がる点だといえるでしょう。

段差による衝撃を感じることによって乗り心地が悪いと感じる方も多いです。トラックを運転していると、どうしても段差を乗り越える必要があります。これは慣れる場合もありますが、場合によっては座姓シートをスポーツシートに変更するなどの対策をとるといいでしょう。

理由3:アイドリングを止めた時の暑さや寒さ

3つめの理由は、アイドリングを止めたときの暑さや寒さです。空調が適切でない場合も乗り心地の悪さの原因となります。トラックは車体が広いということもあり、一度アイドリングを止めてしまうと空調管理が難しくなります。

対処法としては、エアヒーターを導入するなどしてアイドリングを止めても快適な空調を維持できるような工夫が必要です。

トラックの乗り心地をよくする方法を工夫しましょう

いかがでしたか。トラックの乗り心地が悪いと感じる理由には、個人の慣れの問題や運転時の衝撃などが関係していることがわかりました。場合によっては温度変化などの空調がストレスとなることもあります。

トラックの乗り心地は、パーツの交換や座席シートの交換によって乗り心地が快適になる場合があります。少しでも乗り心地を良くする方法を自分なりに工夫してみるといいのではないでしょうか。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related