Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

ペットと乗る時の注意点10個|「ペットタクシー」の特徴3つ

ペットと乗る時の注意点10個|「ペットタクシー」の特徴3つ
「ペットタクシー」とは、どのようなものなのでしょうか。また、利用時の注意点などはあるのでしょうか。このページでは、「ペットタクシー」をテーマにして、特徴や利用時の注意点などについて、考察・ご紹介しています。ご興味がある方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

初回公開日:2019年4月19日

更新日:2020年1月29日

記事に記載されている内容は2019年4月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


近年はペット専用のタクシーもある

近年は、空前のペットブームだと言われており、犬や猫などを中心に、ペットに対するサービスやペットと一緒に利用できる施設なども増えてきました。

タクシー業界でもまた、ペットブームの流れを受けた新たなサービスを展開している会社もあり、ペットと一緒に乗ることができるタクシーやペット専用のタクシーもあると言われています。

今回はそんな「ペットのタクシー」をテーマにして、特徴などを考察・ご紹介していきます。

ペットと一緒にタクシーに乗る時の注意点10個

ペットと一緒に乗ることができるタクシーが、ペットを飼っている方からは大人気だと言われていますが、ペットが乗れるからと言って、好き放題にして良いというわけではありません。

ペットと一緒に乗る時は、タクシー運転手や後からタクシーを利用するお客さんに不快感や迷惑をかけないようにして乗る必要があります。

そこで続いては、ペットと一緒にタクシーに乗る際の注意点をご紹介していきます。

注意点1:毛落ちに注意する

種類にもよりますが、犬や猫などの毛が生えているペットは、毛が抜けたり落ちたりすることが多いためタクシーに乗る際も毛落ちしないよう、注意する必要があります。

タクシーの座席に毛を落としてしまうと、後から乗るお客さんが不快に感じる可能性もあり、タクシー会社の評判などにも影響を与えてしまう危険性があります。

ですから、ペットと一緒にタクシーに乗る場合は、毛落ちしないように配慮することが大切です。

注意点2:汚れに注意する

ペットは時に、よだれを垂らすことがあります。また、乗車中にペットがトイレをしたがることもあると考えられます。

上記でご紹介した毛落ちの場合と同様ですが、座席をペットが汚してしまいそのままにすると、タクシー運転手や後から乗るお客さんに迷惑をかけてしまう危険性があります。

そのため、ペットのよだれやトイレはしっかり対策し、車内を汚さないように利用するのがマナーだと言えそうです。

注意点3:吠えないようにする

犬や猫などの鳴くペットと一緒にタクシーを利用する場合、ペットが吠えないようにすることも、マナーだとされています。

ペットが急に吠えると、運転手を驚かせてしまい、事故などの原因になることもあります。また、あまりうるさくすると、運転手も気が散るため、トラブルの原因になる可能性もあると考えられます。

注意点4:暴れないようにする

ペットが暴れて、運転手に飛びかかったり車内を動き回ったりすると、運転に影響を与えてしまう危険性があります。ですから、ペットと一緒にタクシーに乗る際は、運転に影響を与えることがないよう、ペットを大人しくさせておくことがマナーだと言えます。

普段は大人しいペットも、タクシーに乗り慣れていないと、いつもと違う環境に驚き、暴れてしまう危険性もあるので、その点も注意する必要がありそうです。

注意点5:車内でフリーにしない

上記でも述べたように、どんなに大人しいペットでも、予想外の行動をしたり吠えたりする可能性は、ゼロではありません。ペットの行動がタクシー運転手の運転に影響を与える危険性があるため、車内では必ず、飼い主が制御できるようにしておくのがマナーです。

ペットと一緒にタクシーに乗る際は、ペットをフリーにせず、異変があっても飼い主が止められるよう、準備しておく必要があります。

注意点6:トイレを済ませておく

上記でも触れましたが、ペットによってタクシーの座席や車内が汚れると、別の利用者からの苦情の原因となる可能性もあり、運転手やタクシー会社に迷惑を掛けることになります。

ですから、ペットを連れてタクシーに乗る場合は、なるべく乗車前に、ペットのトイレを済ませるようにしておくことも大切です。また、万が一乗車中にペットが用を足したくなった場合の準備も、しておくことをおすすめします。

注意点7:車内に傷を付けないようにする

猫などの爪が鋭いペットとタクシーを利用する場合は、座席などを引っかいたり噛みついたりして、車内に傷を付けないよう、配慮することも大切です。

座席などに傷を付けると、設備の破損の原因にもなります。ですから、引っ掻いたり噛み付いたりする可能性のあるペットとタクシーに乗る際は、座席に傷を付けないようにケースに入れるなどの対策をする必要があります。

注意点8:臭いに気を付ける

ペット特有の臭いは、多少は仕方がありませんが、あまりにも臭いが気になる場合は、タクシーの利用を諦めるか、臭いの対策をしてタクシーを利用する必要があると考えられそうです。

強烈な臭いが車内に残ってしまうと、別の利用客がタクシー会社に苦情を入れる可能性もあり、タクシー運転手やタクシー会社に迷惑をかけることになる危険性があります。

ですから、ペットとタクシーに乗る際は、臭い対策も意識することが大切です。

注意点9:ペットの体調に気を付ける

ペットを病院に連れていく際に利用できるタクシーもありますが、ペットが嘔吐などをした際、タクシーを汚さないように気を付ける必要はあります。

また、他のペットに感染する可能性のある病気を患っている場合は、なるべくペットを連れてタクシーに乗らない方が良いと考えられます。

注意点10:居心地が良いケースなどを準備する

いつでもどこでもペットに触れていたいという飼い主も多いと考えられますが、タクシーに乗る際はキャリーケースなどに入れて乗車するのが、一般的なマナーです。

ペットも、慣れないキャリーケースだと機嫌が悪くなったり、不安になったりする可能性があります。タクシーに乗る予定がある際は、あらかじめペットが大人しく入っておけるケースを用意し、ペットを慣れさせておくことも大切です。

「ペットタクシー」の特徴3つ

マナーを守る必要はあるものの、ペットとお出掛けしたい場合やペットを病院などへ連れていきたい場合は、タクシーを利用できると大変便利です。

マナーや注意点を理解したところで、続いてはペットタクシーの特徴について、考察してきます。

ペットタクシーの特徴を把握することで、さらに効率的にタクシーを利用できる可能性もあります。

特徴1:普通のタクシー料金で乗れる

タクシー会社やサービス内容にもよりますが、ペットと飼い主が一緒にタクシーに乗る場合は、料金は飼い主の分だけで良く、メーターも通常どおりのため、一般的なタクシー料金で利用できると言われています。

ペットだけが乗るケースにも対応しているタクシーもありますが、その場合は通常とは料金の計算が変わる可能性があります。ですから、ペットタクシーを利用する際は、料金システムについて確認することをおすすめします。

特徴2:清掃代がかからない

タクシー会社の方針やサービスの内容によって変わる可能性がありますが、車内をよほど汚したり破損させたりしない限りは、清掃代がかからないペットタクシーも存在しています。

中には、ペットのための清掃用具を搭載しているタクシーもあるので、ある程度の汚れや毛落ちには対応していると考えられそうです。

タクシーを利用したいものの、汚れなどが気になる方は、清掃に特化しているペットタクシーを利用すると良いでしょう。

特徴3:病院にもスムーズに行ける

タクシー会社の中には、ペット用の119番として、動物病院への送迎に対応している企業もあると言われています。

あらかじめ動物病院を登録しておくことで、スムーズにペットを動物病院へ連れていくことができるため、万が一に備えておきたい飼い主の方から、高い人気を誇っていると言われています。

ペットとタクシーに乗る時はマナーを守りましょう

いかがでしたでしょうか?今回は、「ペットのタクシー」をテーマにして、特徴や利用する際の注意点などについて、考察・ご紹介しました。

タクシーは乗車拒否をすることができないため、ペットもタクシーに乗ることができると言われています。しかし、ペットの毛や臭いは、後から利用する方に不快感を与えるケースもあり、運転手や他の利用客に迷惑をかける危険性もあります。

ですから、マナーを守って利用することが大切です。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related