Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

効率的な地図の覚え方10個|記憶力をよくする食べ物3種類

効率的な地図の覚え方10個|記憶力をよくする食べ物3種類
地図を覚えるのは得意ですか。新しい土地に来たとき、早くその地に慣れようと地図を覚えようとしてもなかなか覚えられないという人も多いのではないでしょうか。この記事では、効率的な地図の覚え方や記憶力を良くする食べ物を紹介していきます。

初回公開日:2019年4月19日

更新日:2019年4月19日

記事に記載されている内容は2019年4月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


効率的な地図の覚え方は自分で工夫するしかない

地図を覚えるのは得意ですか。新しい土地に来たとき、早くその地に慣れようと地図を覚えようとしても、なかなか覚えられないという人も多いのではないでしょうか。この記事では、効率的な地図の覚え方や記憶力を良くする食べ物を紹介していきます。

実際のところ、効率的な地図の覚え方は自分で工夫するしかありません。自分にあった地図の覚え方は何なのか模索していきましょう。

効率的な地図の覚え方10個

効率的な地図の覚え方を10個紹介していきます。新しい土地に慣れる一番早い方法は、地図を覚えることです。地図を覚え道がわかるようになることで親しみがわきます。

ここでは10個の地図の覚え方を紹介してきますが、自分にあった覚え方を選びましょう。人によって自動車で移動する人、徒歩の人、記憶力のいい人、覚えるのが苦手な人などさまざまです。早速見ていきましょう。

覚え方1:目標物を覚える

1つ目の効率的な地図の覚え方は「目標物を覚える」です。道路や風景の中で目印となる目標物を覚えましょう。

目標物とするものは何でも構いません。特徴的な家やビル、コンビニやスーパーなど目印となるものを見つけましょう。目標物を基準に、この道を真っすぐ行けば大通りに出る、この道を曲がればコンビニがあるなどプラスの情報を付与していきます。これを積み重ねていくことで自然と道が覚えられるようになります。

覚え方2:信号の名前を覚える

2つ目の効率的な地図の覚え方は「信号の名前を覚える」です。信号の名前を覚えて、信号を基準に地図を覚えていきましょう。

交差点にある信号には一つ一つ名前がついています。信号の上の標識は信号の名前を指していますが、信号の名前の由来は道の名前だったり観光地の名前だったりします。信号の名前を基準に曲がった後の道や目的地にはどの信号を基準にするなどを決めましょう。

覚え方3:道や通りの名前を覚える

3つ目の効率的な地図の覚え方は「道や通りの名前を覚える」です。道や通りの名前を覚えて、まだ覚えていない土地の地図を覚えていきましょう。

すべての道や通りには名前がついています。道の名前は地図に記載されていたり、道路の標識に表示されたりしていることもあります。この通りの次の次の道を曲がる、この通りを過ぎたところに目標物があるなど、覚えた道の名前を基準に少しずつ道を覚えていきましょう。

覚え方4:車から降りて景色を確認する

4つ目の効率的な地図の覚え方は「車から降りて景色を確認する」です。車で走りながら道を覚えている人は、一度車から降りてその地の景色をゆっくりと眺めてみましょう。

車で走っているとその土地の景色は一瞬しか見ることができません。しかし車から降りて見渡すことで、じっくり観察することができます。新たな目標物が見つかったり、気になる風景が見つかったり、よりその土地について知ることができます。

覚え方5:実際に何度も走ってみる

5つ目の効率的な地図の覚え方は「実際に何度も走ってみる」です。覚えたい土地の道路を何度も走って、体に道を覚えさせましょう。

何度も走っていると、曲がる信号や目立つ目標物などが自然と頭に入ってきて道を覚えやすいです。また、何度も走ることで新しい道を見つけたり、最短ルートを発見できたりする可能性もあります。時間に余裕のある人にはおすすめの地図の覚え方です。

覚え方6:1度走った道を復習する

6つ目の効率的な地図の覚え方は「1度走った道を復習する」です。1度走った道を復習して、頭や体に記憶を定着させましょう。

人は一度切り走っただけでは道を覚えることは難しいです。走ったきりにせず、復習を行いましょう。もう一度走ってみる、携帯や本などの地図で走った道を確認するなど、復習の方法はさまざまあります。自分にあった振り返り方法を実践し、地図を覚えていきましょう。

覚え方7:地図に印をつける

7つ目の効率的な地図の覚え方は「地図に印をつける」です。一度通ったことのある道や訪れたことのある場所に印をつけて、地図を覚えていきましょう。

ネット上の地図でも紙媒体の地図でも構いません。通った道や目印となる建物に印をつけて、一度通ったことのある道の印象を記憶に定着させましょう。頭の中に記憶が残りやすいため、次に通ったときにその時の記憶が戻ってくるでしょう。

覚え方8:道や景色に対して抱いた気持ちを書き留める

8つ目の効率的な地図の覚え方は「道や景色に対して抱いた気持ちを書き留める」です。初めて通った道に対して抱いた気持ちをノートに書き留めて残していきましょう。

道にもいろんな道があり、その道の周りにある景色も多様にあります。細い道や車線の多い道、インパクトのあった建物や景色など、自分の受けた印象を書き留めておきましょう。目で見たことを言葉にすることで、記憶に残りやすくなります。

覚え方9:新しい道を積極的に走る

9つ目の効率的な地図の覚え方は「新しい道を積極的に走る」です。新しい道を積極的に走り、その土地の道を覚えましょう。

いつも同じ道を走っていては、その土地全体の地図は覚えられません。道を覚えるために積極的に新しい道を走ることに挑戦しましょう。ここを抜ければいつもの道に出る、この通りとあの通りはつながっているなどと、新しい気付きや発見もあることでしょう。

覚え方10:行き止まりなど失敗を重ねる

10個目の効率的な地図の覚え方は「行き止まりなど失敗を重ねる」です。失敗を重ねて、道を覚えていきましょう。

何事も失敗から学ぶことは多いですが、地図に関しても同じです。新しい道を走ってみたら行き止まりだったり、かえって遠回りになっていたりと失敗をすることもあります。しかし、その失敗は無駄ではありません。失敗をすることで記憶に残り、地図としても鮮明に覚えていけるようになります。

記憶力をよくする食べ物3種類

続いて、記憶力をよくする食べ物を3種類紹介していきます。頭や体で記憶しようとしても、限界はあります。記憶力をよくする食べ物を摂取することで、内から地図を覚える能力を身に着けましょう。

記憶力をよくする食べ物を摂取するとともに、日頃からさまざまなことを考えることをおすすめします。脳を使う癖ができ、物事を覚えやすくなるからです。早速見ていきましょう。

種類1:ブドウ糖を多く含む食べ物

1つ目の記憶力をよくする食べ物は「ブドウ糖を多く含む食べ物」です。米や小麦、イモなどブドウ糖が多いとされる食べ物を積極的に摂取しましょう。

糖質であるブドウ糖は、脳の働きに大きく影響します。ブドウ糖摂取量が少ないと、脳の働きが低下し、集中力や記憶力が下がってしまいます。ブドウ糖を多く含む食べ物を摂取して脳の働きを活性化させましょう。

種類2:DHAやEPAを多く含む食べ物

2つ目の記憶力をよくする食べ物は「DHAやEPAを多く含む食べ物」です。イワシやサバの青魚などDHAやEPAが多いとされる食べ物を積極的に摂取しましょう。

脂肪酸であるDHAやEPAは記憶力を良くする成分として有名です。青魚の他にもマグロのトロの部位にも比較的多く含まれていることを知っておきましょう。また、摂取しやすい魚の缶詰やサプリなどもおすすめです。

種類3:レシチンを多く含む食べ物

3つ目の記憶力をよくする食べ物は「レシチンを多く含む食べ物」です。卵黄や穀物、大豆製品などレシチンが多いとされる食べ物を積極的に摂取しましょう。

レシチンは脳細胞の抗生物質のため、脳の活性化に大きな役割を果たします。記憶力を良くする成分として理解し、地図を覚えやすくするためにも、レシチンを多く含む食べ物の摂取を心がけましょう。

効率的な地図の覚え方をマスターしましょう

いかがでしたでしょうか。この記事では、効率的な地図の覚え方や記憶力を良くする食べ物を紹介してきましたが、参考になったでしょうか。

ぜひ自分にあった地図の覚え方をマスターしましょう。地図の覚え方は多様にあり、工夫次第で覚えられるようになります。記憶力の良くする食べ物を食べて、地図を覚えられるように努力しましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related