Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

スマホをドライブレコーダーにする方法・グッズ・熱対策|アプリ

スマホをドライブレコーダーにする方法・グッズ・熱対策|アプリ
まさかの交通事故の際に重要な証拠となる動画ですが、専用のドライブレコーダー装置を取り付けるのは躊躇してしまう場合に、手軽に装着できるのがスマホのドライブレコーダー化です。スマホにドライブレコーダーアプリをインストールするだけで簡単に装着できます。

初回公開日:2018年7月23日

更新日:2018年7月23日

記事に記載されている内容は2018年7月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


ドライバーの転職や就職ノウハウを知るなら『はこジョブ』へ!

ドライバーの転職や就職するときに、福利厚生や給料が良い会社位に行きたいという人も多いでしょう。

今すぐ転職しないとしても、知識をつけておけば無駄になることはありません。


ドライバー転職専門のアドバイザーがいる『はこジョブ』なら今より好条件な企業に転職するためのノウハウを得られます!
ドライバーの転職や就職ノウハウを知るなら『はこジョブ』へ!

スマホをドライブレコーダーにする方法

ドライブレコーダーで撮影された事故の映像をテレビの番組などで見たことがある方も多いことでしょう。こうした、ドライブレコーダーの映像は、自分自身が関わる事故での証拠になるのは間違いありませんが、自身は全く関係していない事故であっても、その場に居合わせれば、あなたのドライブレコーダーの映像が関係証拠にもなり得ます。

それゆえに、最近では「交通事故の事実内容」などをわかりやすく明確化できるということで、テレビやウェブページ・雑誌などの報道媒体で紹介され、ドライブレコーダーが注目されています。

ここでは、使わなくなったスマホなどをドライブレコーダー代わりに利用する方法についてわかりやすく説明します。

ドライブレコーダーの価格はピンキリ

一般に販売されているドライブレコーダー専用機には、色々な種類があり、GPSと連携して簡単な動画を残すといった機能に限定されている小型ドライブレコーダーであれば、5000円程度で販売されています。

しかし、これら簡易機能の製品では、夜間走行中などで、目の前の車のナンバープレートも認識できないような低い性能しか備えていない場合が多く見られます。しかし、これではドライブレコーダーとしの役割を十分に満たすものではありません。

また、「停車していればナンバープレートも読み取ります」という商品は、つまりは走行中の車のナンバーは読み取れませんということでしょう。これでは、事故を起こした車両が猛スピードで逃亡した場合には、ナンバーを読み取れず役には立ちません。

一方で、無線LAN内蔵で、スマホで画像を確認できるような製品もありますが、こうした製品はやはり金額が高くなってしまいます。

超簡単にスマホをドライブレコーダー化する

こうした状況のなかで、皆さんが当たり前のように持っている電子機器のうち、スマホをドライブレコーダー代わりに使う事ができます。近年のスマホは画素数もさることながら、動画撮影機能も高度化しており、ドライブレコーダーとして使うにも十分な性能を持っています。

ただし、カメラの広角については、ドライブレコーダーに比べると範囲が狭く(機種により差異はあります)、ドライブレコーダーとして利用するにはスマホ専用の広角レンズなどを使うことで広域録画に対応することが可能です。

このように、スマホ利用でドライブレコーダー代わりを行えば、通常は乗らない車でも付け替えが簡単にでき、通勤用・休日用の車でも共通して利用することができます。

スマホのドライブレコーダー化手順

スマホをドライブレコーダー化する手順は至って簡単です。まずは、アプリをダウンロードします。ドライブレコーダーになるアプリは何個もありますが、使い勝手がよく無料で多くの機能があるアプリを選択します。

次に、スマホを車に取り付けるのですが、これも至って簡単に取り付けられます。市販のスマホ設置用ホルダー(安いものであれば千円以下で購入可能)を車内の運転のさまたげになることはない場所に設置しましょう。

ホルダーの種類はサイズで選ぶ

ホルダーの種類については、スマホのサイズによって適合する製品が異なるので、利用するスマホの種類を確認してから購入することをおすすめします。

ここまで準備ができたら、動画録画アプリを起動してあげれば、無事にスマホのドライブレコーダー化が完成します。なお、アプリによりまして少しずつ機能や操作方法が異なっていますが、多くは車間距離の表示や画像録画、GPSとの連携などが可能です。

連結

次に、スマホをドライブレコーダー代わりに使う際の、スマホの固定器具について説明します。まずは、運転席と助手席のヘッドレストのアーム部分を連結するタイプです。

このタイプは、後部座席でのタブレットやスマホの閲覧に最適で、両面カメラを備えたタイプのスマホであれば、前後両方を撮影できるドライブレコーダーとしても利用可能です。具体的には、運転席と助手席の間を、ヘッドレストを使って連結します。

Wietus 車載スマホ/ipadホルダー

Wietus製の車載スマホホルダーです。運転席と助手席のヘッドレストのアームを連結することで、スマホやiPadといったタブレットを固定することが可能です。これにより、後部座席でスマホやタブレットの利用がしやすくなると共に、前後のカメラを使ってドライブレコーダー代わりとしても利用が可能になります。

適用サイズとしては、3.5~6.0インチのスマホと7~10インチのタブレットに対応しています。

私は普段毎日家で子供の世話するの日々です。子供の目が悪くなるのが心配で、テレビも見ませんでした。この商品を購入して携帯を立て、横にして使えるので、好きな音楽のムービーや映画が見れるので、つまらない生活が楽しくてなりました^_^。いいと思いますよ。

出典: http://amzn.asia/eELQP69 |

固定

平日は電車通勤で、ドライブは週末中心という方には、ドライブレコーダー専用機より、スマホでドライブレコーダーを代用させるという方法が向いているでしょう。そういった場合に便利なのが、固定タイプの車載ホルダーです。

固定タイプの車載ホルダーを選ぶ際には、熱対策やダッシュボードの形状によって異なる吸着、操作ボタンに鑑賞しないかなど、色々とチェック項目があり慎重な選択が必要です。

固定ホルダーで万能に

スマホ車載ホルダーがあれば、車にスマホを置いて、カーナビとして利用したり、音楽を聞くなど、ドライバーの都合が良いように固定し色々な用途に利用することが可能です。

そのうえ、複数の設置によって、多くのスマホをドライブレコーダーやナビゲーション用として使い分けることもできます。したがって、大画面化が進むスマホにおいて、固定型ホルダーのホールディングの性能が優れていることも重要になってきます。

WK2 車載ホルダー

WK2が販売している固定タイプスマホホルダーです。この製品の特長は、スマホを接続する際に、ホルダー部分を主導で操作することなく、赤外線センサーによってスマホを検知し、ホルダーのグリップが自動開閉しますので、グリップが開いた時にスマホを置くだけで、自動キャッチしてくれます。

逆に、スマホを取り出す際には、サイドセンサーにタッチするだけで、クリップが自動的に開いてくれますので、簡単に取り出せますので、スマホをドライブレコーダー代わりに使う際には、運転への支障を軽減してくれるので便利です。

また、ワイヤレス充電機能も備えているので、ワイヤレス充電対応のスマホであれば、置くだけで簡単に充電ができますので、ドライブレコーダー代わりに利用する際には、バッテリー残量を気にすることなく、安心して利用可能です。

この商品の発想は最高だと思います、センサーにより開いて自動で閉まる。自分が求めていたホルダーでした!

出典: http://amzn.asia/dJKgo5l |

ドライブレコーダーになるスマホアプリ

まさかの事故に備えて、ぜひ装備しておきたいのがドライブレコーダーです。最近では、多くの種類の製品が発売されており、機能や値段もさまざまで、正直どれを選ぶか悩んでしまう方も多いことでしょう。

また、ドライブレコーダー専用機だけでなく、高性能になったスマホをドライブレコーダー代わりに使うという方法もあります。ここでは、スマホのドライブレコーダー化に欠かせない「スマートフォンドライブレコーダーアプリ」について説明します。

スマホドライブレコーダーアプリの傾向としては、無料だったり、料金はかかっても安価で使えるもので、機能は充実しており、利用方法も簡単なため、ドライブレコーダー専用機に比べても手間やコストを抑えることができるといった製品が好まれています。

初めてのドライブレコーダーとして

スマホをドライブレコーダー代わりにする場合のきっかけとして、「ドライブレコーダーを使ったことはないけれども、昨今の車社会の状況からまずは挑戦してみたい」という方や「最低限の仕組みさえあれば、それで十分」という理由があります。

いきなりドライブレコーダー専用機を購入するのではなく、まずは手持ちのスマホにアプリをインストールするだけで、代用できるスマホのドライブレコーダー化がおすすめです。

ここでは、ドライブレコーダー専用機の代用として利用できるドライブレコーダーアプリケーションについて説明します。

導入コストが安い

スマホのドライブレコーダーアプリの多くは、無料で利用できるというメリットがあります。それゆえに、初めてのドライブレコーダーとして手軽に利用することが可能です。こうした特性とスマホの高性能化がドライブレコーダー化を後押ししています。

しかし、当然のことながら、ドライブレコーダーアプリにも有料の商品がありますが、とはいえ、その価格は安価で、ほとんどのドライブレコーダーアプリは数百円で手に入れることが可能です。

しかも、有料版では、広告が表示されることもなく、無料版には無い高度な機能を持っているものも多く見受けられます。

簡単に付け替え

スマホドライブレコーダーのもう一つの特徴としては、ドライブレコーダー専用機では、一度車内に設置してしまうと、取り外しや場所の移動が難しくなってしまいますが、スマホドライブレコーダーでは、ホルダーから取り外せばすぐに付け替えが可能なことがあげられます。

また、車の買い替えや、乗換の際にも手間暇をかけずに付け替えが可能ですので、この点もスマホのドライブレコーダー化をおすすめする理由といえます。

おすすめスマホアプリ Safety Sight

ここからは、おすすめスマホドライブレコーダーアプリを具体例を挙げて紹介します。まずは、Safety Sightです。このアプリは、iPhoneなどアップルOSの端末と、Android端末双方で利用可能です。また、価格は無料で、購入は、アップル、Googleなどのアプリストアにて購入が可能です。

販売元は、損保ジャパン日本興亜が販売しているドライブレコーダーアプリですが、損保ジャパンと契約していないユーザーにおいても、無料で使うことができます。

このアプリは、App Storeの無料ユーティリティ部門で1位を取引するなどドライブレコーダーアプリの常連ともいえる商品で、iPhoneとアンドロイド双方での利用可能な点でもおすすめです。

事故対応ケア機能もおすすめ

基本機能として、衝撃を検知して前後10秒間の映像を記録化するシステムや、走行距離やルートを計測ができるなどのドライブレコーダーとしての基本機能はもちろん揃えています。

加えて、前方の車両の接近を知らせる「前方車両接近アラート」や、渋滞中などに前方車両が発信したことを知らせる「前方車両発進アラート」など、レコーダーの他の機能も充実しており、満足いくドライブレコーダーアプリケーションです。

万が一の事故発生時には映像を記録するだけではなく、110番や119番、さらには保険会社の事故連絡先など、事故が発生して慌てている運転手や当事者をサポートしてくれる機能も搭載されています。

おすすめスマホアプリ Driver Mate

次に、おすすめドライブレコーダーアプリ、DriveMate SafetyCamを紹介します。基本機能として、ドライブレコーダーおよび、前車接近アラート機能を持ち合わせています。扱えるOSはiOSのみで、価額は無料です。購入はアプリストアからになります。

このドライブレコーダーアプリは、iPhoneで一押しの人気のドライブレコーダーアプリです。走行後の「運転診断」が充実しており、特徴のひとつとなっています。そのうえ、車間距離やハンドル操作、さらには、アクセルの踏み具合などをもとに、ドライバーの運転傾向をキャラクターをもとに診断してくれます。結果も点数制で興味深い点です。

「Safety Sight」と同じく、衝撃を検知して録画するシステムや、「前方車両接近アラート」「前方車両発進アラート」「走行距離&ルート記録」などの機能も充実しています。

おすすめスマホアプリ ドライブレコーダーZ

最後に、ドライブレコーダーZの紹介です。扱えるOSはiOSで、価格は無料で、購入はアプリストアです。「ドライブレコーダーZ」の最大の特徴は、シンプルな画面でわかりやすい操作にあります。ドライブレコーダー初心者の方でも、直感的に操作が可能な設計がおすすめです。

そのうえ、グーグルMapと連動しており、地図表示の状態での走行が可能です。また、ルート設定などもできてくるのでカーナビ代わりとして、両方の機能を同時に利用可能です。

ただし、唯一の難点は、衝撃検知後の録画しかできず、事故の証拠映像としての利用はできません。あくまで、常時録画のシンプル機能アプリを求める方におすすめです。

スマホをドライブレコーダーにするグッズ

次に、スマホをドライブレコーダーとして利用する際に必要なおすすめグッズを紹介します。おおまかには、ホルダー、広角レンズ、バッテリー、さらにはシガーライターからの給電ケーブルなどがあります。

ここでは、おすすめの製品を含めて、スマホのドライブレコーダー化におすすめのグッズを紹介します。

ホルダー

まずは、スマホを固定するホルダーの紹介です。ホルダーを選ぶ際には、カメラ部分がホルダーに隠れてしまわないことが重要です。また、ホルダーの可動域が、設置予定場所の目線にマッチするかも重要です。さらに、180度の調整が可能で、大型スマホやタブレットタイプの装着が可能であれば言う事はありません。

SmartTap HLCRIO121

SmartTap製の車載ホルダーです。この製品は、オートホールドタイプの人気モデルとなっており、Amazonでも人気製品となっています。ホールドタイプなので、スマホをガッチリと固定してくれるばかりではなく、可動範囲も広く、取り付けも柔軟性があり、おすすめのスマホホルダーです。

スマホを固定する時に押し込むことで固定できるのが楽でいい。
個人的には購入して満足。

出典: http://amzn.asia/3ANnWyB |

Nikatto 車載ホルダー 三軸アーム

Nikatto製の三軸アームを持つ、おすすめの車載ホルダーです。ショベルカー風の三軸アームデザインで角度調整が自由にでき、さらにはダッシュボードに固定しても運転の邪魔にはなりません。

また、ホルダー部分は115mmから185mmまで伸縮可能で、iPhone8 PlusやiPhoneXなどの大型スマホだけではなく、iPadなどのタブレットタイプにも対応可能です。

以前から気になっていた車載ホルダーをついに購入致しました( ;∀;)!これ一個で運転中にスマホを探す必要がなくなります

出典: http://amzn.asia/cMQZ2Ag |

スタンド

次に、スタンドタイプのスマホ車載グッズを紹介します。スタンドタイプの特徴はシンプルな構造で、設置場所に困らず、視界の邪魔にもなりにくい点です。

Mpow マグネット式 スマホ車載ホルダー

Mpow製のマグネット式スマホスタンドです。固定力が強く250gまで対応可能です。さらに、片手でも装着ができますので、運転の支障にはなりません。また、斜めのボードにも装着可能ですので、設置場所を選びません。

そのうえ、360°回転のボールジョイントを備えているので、目線に合わせたポジションをキープできます。さらには、コンパクトなデザインですので、スマホを付けていない時にもインテリアとして利用可能です。

取り付け用のプレートが大小二枚入っているのでスマホとタブレットどちらでも使えると思います。

出典: http://amzn.asia/7vYwzzM |

Siensync カーマウント スマホスタンド

Syensync製のおすすめのスマホスタンドです。HUD式の安全設計でダッシュボードのエッジに挟み込むことで利用可能です。利用しない時には、3cm程の厚みになりますので、視界を遮る事はありません。

また、車内の高温環境に対応するために、高強度ABS材料を採用しているので、25℃から85℃までの環境下での利用が可能です。

コンパクトで車を乗り換えて使う場合にも手軽に取り付けられて便利です。

出典: http://amzn.asia/4ZL4ZSc |

ドライブレコーダー向け広角レンズ

次に、スマホカメラレンズを補う広角レンズの紹介です。スマホをドライブレコーダー化するには、広い範囲の撮影が必要です。そのため、一般のスマホに広角レンズを装着することで、対応します。ここでは、おすすめの広角レンズを紹介します。

AUKEY スマホレンズ PL-WD06

AUKEY製のスマホ広角レンズです。このレンズの口径が大きいので、取り込める光の量も多くなり、より明るい画像を取り込めます。また、画像のボケも少なくなり、解像度を上げることにもつながります。さらに、イメージサークルを大きくすることができるので、歪曲収差が少なくなります。

外観は結構しっかりしていて、ケースなどの付属品もいいです。

出典: http://amzn.asia/2ks1eY1 |

Mactrem スマホ用 0.45倍広角レンズ

Mactrem製の0.45倍広角レンズです。手ぶれによる画像のブレが発生しにくく、5cmの超大口径で、画像の角がゆがむ現象を最小限に抑えています。

また、取り付けも簡単でスマホのカメラレンズを挟み込むように取り付けます。ほとんどのスマホデバイスに対応しておりおすすめです。

ディズニーシーに行く際、自撮り棒が禁止なので購入しました。

出典: http://amzn.asia/cCNvwXt |

ドライブレコーダー必須バッテリー

次に、ドライブレコーダーアプリを起動することによる、バッテリー消費を補うための、モバイルバッテリーを紹介します。

アプリもスマホもバッテリーが無くなっては役に立ちません。配線の納まりもよいモバイルバッテリーを接続することで、長時間撮影も可能にします。

Anker PowerCore 10000

Anker製のモバイルバッテリーです。10000mAhの大容量にも関わらず、コンパクトで軽量なモバイルバッテリーです。iPad Airには約1回、Galaxy S8に約2回半の充電ができます。

ある程度、容量のあるこちらを(リーズナブルだったこともあり) 選びました。

出典: http://amzn.asia/iRDZNTX |

KEDRON モバイルバッテリー

KEDRON製のおすすめ大容量モバイルバッテリーです。24000mAhの大容量タイプで、iPhoneを8.5回、Galaxy S6を7回以上フル充電が可能です。

また、ソーラーパネルを搭載しているので、ACコンセントがなくても太陽光での充電も可能です。

できるだけ大容量のモバイルバッテリーを探していてこの商品を見つけました!

出典: http://amzn.asia/eQHBi07 |

カーチャージャー

次に、シガーライターなどからのカーチャージャーを紹介します。有線タイプですと、運転席周りの見た目は悪くなりますが、確実に給電してくれるため、スマホドライブレコーダーには力強い味方です。

シガーライターに差し込むとUSB給電が可能になるタイプは汎用性があり、また見た目も悪くないのでおすすめです。

Anker PowerDrive 2

Anker製のUSBカーチャージャーです。PowerIQとVoltageBoostの組み合わせによる急速充電が可能です。また、Anker独自の多重保護システムにより、安心して利用できます。

また、コンパクトなデザインで社内のインテリアにもマッチするおすすめのUSBカーチャージャーです。

今まで使用していたメーカー名不明の製品が不調になり購入しました。
Ankerを選んだ理由は、既に使用している他の製品が優秀だから・・・

出典: http://amzn.asia/8jCLwkq |

BUFFALO USBカーチャージャー

BUFFALO製のUSBカーチャージャーです。iPhoneとAndroidを自動判別し、最適な急速充電を自動的に行います。また、過電圧や過電流などの異常を自動検知し、スマホを保護する安全設計でおすすめです。

コンパクトで使いやすいです、スマホとタブレットの同時充電もできました。

出典: http://amzn.asia/0l2FzJ6 |

スマホでのドライブレコーダー時の熱対策

スマホをカーナビやドライブレコーダーの代わりとして利用する際に気を付けたいのが熱対策です。スマホなどの精密機械では、継続的に利用すると熱を放出してしまいます。さらに、バッテリーの老朽化により、さらに熱を持ちやすい状況になってしまいます。

さらに、スマホカバーをしてると熱を放熱しくいので、スマホが熱を持ちやすい状況になるのは想像しやすいでしょう。また、防水機能を備えたスマホは放熱性が損なわれ、熱を持ちやすくなるという点にも納得がいきます。

処理速度も低下

スマホが熱を持つとどんな影響がでるかといえば、まずは、処理速度が落ちます。さらに、バッテリーも早く消費してしまいます。

それだけではなく、過熱が続いて、スマホに熱暴走が起きると、ディスプレイが突然フリーズしたり、スマホ自体がダウンしてしまうだけではなく、高温になったまま放置していると、ディスプレイやバッテリー自体が変形してしまう可能性すらあります。

こうした状態では、スマホをカーナビやドライブレコーダーとして利用するには欠陥がある、というだけに留まらなくなってしまうでしょう。機械の破壊にもつながってしまいます。

カーナビやドライブレコーダーとしての利用目的だけでなく、スマホの熱対策は重要ということがわかります。

スマホの熱対策

スマホをカーナビやドライブレコーダーとしてスマホを使用する際は、スマホを手に持ったまま利用することはできないので、専用のスマホスタンドやスマホホルダーを利用することになります。実は、このスタンドなどの設置方法によって熱対策を実施することも可能です。

スマホの車載ホルダーは、フロントガラスに設置するタイプやダッシュボードの上に設置するタイプ、さらにはドリンクホルダーに設置するタイプなど、色々なタイプがあげられます。

ここのの車載ホルダーの中には、ファンが付いていてスマホの熱を放熱させるための機能を持ったものもあります。また、エアコンの吹き出し口にスマホを設置できる車載ホルダーもあり、熱対策には便利な製品といえます。

結露に注意も必要

ただし、エアコンの吹き出し口で急激にスマホを冷やしてしまうと、スマホの内部に結露が発生して水没と同じ現象がおこりますので注意が必要です。

スマホが熱を持った場合は、風当たりのよい場所で送風して冷やすのがおすすめです。スマホ用の冷却シートや冷却シールを直接貼ることやも、スマホの熱対策には効果的です。

カーナビの熱対策

スマホと同じく精密機械であるカーナビ専用機の場合の熱対策は必要ないのかといえば、カーナビの場合、熱対策や振動、さらには高気温や真冬の寒い車内での利用、悪路での走行など、さまざまな環境での利用に耐えられるよう、高い基準の製品品質を達成しています。

しかし、予想外の環境もあるため、カーナビの熱対策を実施しておくに越したことはありません。真夏の炎天下で野外に駐車する場合には、フロントガラスにサンシェードを立てておいて直射日光が社内の温度を上昇させることを防いだり、ポータブルナビであれば、取り外して室内に持ち込んで保管しておくような対策を実施するのもおすすめです。

修理は専門家にお任せ

そうした対策にも関わらずカーナビが発熱により故障してしまった場合には、自分自身で修理しようとしてはいけません。カーナビも精密精密機器なので、簡単には手を出せるものではないので、専門店に話し合い・修理を実施してもらうことをおすすめします。

以上のことから、スマホをカーナビやドライブレコーダーの代わりに利用することは、短時間や平地での走行であれば手軽で安心だといえます。

しかし、正規のカーナビやドライブレコーダーと比べるとシステムや性能には劣る部分があるため、熱対策なども含め充分な対応が必要です。

スマホをドライブレコーダーにする設置方法

スマホをドライブレコーダーにするために必要なものは、これまで説明してきたとおり、車載用のホルダーなどの固定器具と、スマホ用のドライブレコーダーアプリのインストールです。

なかでも、スマホの設置方法については、法律もからんでくるので重要です。まずは、固定器具ですが、これについては、種類も金額もさまざまですが、通常はAmazonなどのネットショップなどで、1,000円~3,000円程度で購入可能です。

ちなみに、スマホホルダーを購入する際には、次の点に注意が必要です。まずは、スマホのサイズに合ったホルダーを選択します。ホルダーによっては対応していないスマホサイズもあるため、確実に本体サイズを調べることが必要です。

ダッシュボードの色との調和も考えて

次に、ダッシュボードの色合いに合わせることも重要です。お使いの車がどんなダッシュボードの色合いかによって購入すべきホルダーは変わります。

ダッシュボードの表面がどういうな色合いなのか、またどういう素材なのか(ザラザラしたりするのか、ツルツルしたりするのか)も事前に確認してから購入することをおすすめします。

カメラやケーブル差し込み口が隠れない

ドライブレコーダーアプリではスマホのカメラを使って運航情報を録画します。ですので、このカメラのレンズが隠れないタイプのホルダーを購入することが重要です。

また、充電の減りが早くなるので、充電しながら使用する場合も考えて、充電ケーブルの差し込み口が隠れないものを選んでおくと無難です。

法律による設置場所の規制

次に設置場所についての法的な制限ですが、これはスマホホルダーというより、スマホの利用規制について、道路交通法第71条5の5において、運転中にスマホの操作や、注視が禁じられていますし、保安基準にてフロントガラスには、車検シールとETC、さらには冬目のTVアンテナ以外の貼付が禁じられています。

したがって、フロントガラス以外の場所で、禁止操作のできない位置と仕掛けを含めて設置することになります。

ドライブレコーダーでまさかに備える

ここまで、スマホをドライブレコーダーとして利用する方法や、そのために必要なグッズを紹介してきました。

近年の交通事故では、まさかと思うような状況で発生する難しい事故も多く見られます。こうした場合に、重要な証拠となるドライブレコーダーの画像ですが、いきなりドライブレコーダー専用機を取り付けるのも、躊躇してしまいます。

そうした場合に、手軽に、そして安価で装備できるのが、スマホとドライブレコーダーアプリです。まずは、お手軽な装備で、まさかの事故に備えながら、必要に応じて専用機へとシフトするのも良いでしょう。

どちらにしても、交通事故に巻き込まれないのが一番ですが、まさかの時の備えとしてドライブレコーダーを装備しておくのが賢い選択です。

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related