Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

車をGPS追跡するアプリ・装置一覧|リアルタイム/バレない

車をGPS追跡するアプリ・装置一覧|リアルタイム/バレない
皆さんこんにちは、今回は「車をGPS追跡するアプリ・装置一覧|リアルタイム/バレない」と題して、「車をGPS追跡するアプリ・装置一覧」についての詳細情報のご紹介をはじめ、さまざまな分類別の「車をGPS追跡するアプリと装置一覧」をご紹介します。

初回公開日:2018年8月1日

更新日:2020年1月29日

記事に記載されている内容は2018年8月1日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


ドライバーの転職や就職ノウハウを知るなら『はこジョブ』へ!

ドライバーの転職や就職するときに、福利厚生や給料が良い会社位に行きたいという人も多いでしょう。

今すぐ転職しないとしても、知識をつけておけば無駄になることはありません。


ドライバー転職専門のアドバイザーがいる『はこジョブ』なら今より好条件な企業に転職するためのノウハウを得られます!
ドライバーの転職や就職ノウハウを知るなら『はこジョブ』へ!

特徴別車をGPS追跡するアプリ一覧

GPS追跡を測定するアプリケーションは現代においてかなり多く作られており、その多くは車の現在位置、特定の所有物の特定位置、あるいは人間の所定位置までを探知できる優れた追跡型GPS機能を持ち合わせています。

「その探知距離がわずか数センチしかない」というのが驚異的な数字であり、この探知機能はすべて衛星電波受信によってなされているという、まさに次世代型の探知測定器の1つとして認められます。

iPhone用GPS追跡

iPhone用GPS追跡のご紹介ですが、まずiPhone用GPS追跡というのは基本的に「探知性能がよくない」という噂が飛び交っている側面があるため、この携帯用GPS追跡の機能を見誤っている人も多いでしょうか。

確かに携帯用GPS追跡の場合は、携帯電話そのものの性能キャパシティ(容量)がそれほど大きくないため、その探知機性能にもかなり無理があるのは確かです。しかし、その探知機能そのものの精度が悪いということはなく、受信機能・データ処理機能の容量が大きい携帯電話である場合は、かなり高性能なGPS追跡が約束されます。

iPhoneそのものを探す/友人を探す/携帯電話追跡/モバイルセキュリティの充実/Life360

上記のように、iPhone用GPS追跡アプリとしてそれぞれの機能が発揮されます。

スマホ用GPS追跡

スマホ用GPS追跡の場合も先述のiPhone用アプリ(GPS追跡)の場合と同じく、「携帯電話をもって、どこに何があるか」を測定することができる追跡型アプリとなります。特に「目的地まで行く際のナビゲーションシステム」に優れている点が魅力で、まったく知らない土地に行った際などには、このGPS追跡の機能が役立ちます。

この場合のGPS追跡機能にもタイプが分けられてあり、GPSnext、Type-A、Type-B、Type-C、Type-miniなどとそれぞれの機能に見合わせて機能が設定されているため、どんなユーザーにも特典となる、使いやすさが見受けられるでしょう。

小型GPS追跡

小型GPS追跡というのは基本的に「モバイルデバイス専用アプリ」として設計された「小型のGPS機能が設定されたデバイス」のことを指します。

この場合でも先述しました「Type-mini」に見られるような「携帯用GPS追跡機能」が特典としてあり、これは徒歩の場合も車に乗っている場合でも、特にどんな状況にある場合でも使用できる非常に利便性が高いGPS追跡機能となります。

無料GPS追跡

無料GPS追跡というのはその名前のとおりに、「無料で利用できるGPS追跡機能」のことを指します。これはすでにiPhoneやスマートフォンなどでも使用されている「グーグルマップ」において検索できる衛星電波を利用した場所特定機能のことを指し、誰でも・いつでも利用できることが最大の魅力の、モバイルデバイス用アプリとしても有名です。

android用GPS追跡

android用GPS追跡というのは、スマートフォン機種でも有名なandroidデバイスマネージャーの設定によって機能を発揮できるGPS追跡機能のことを指します。特にandroid機種のスマートフォンはこの「GPS追跡機能が非常に優れている」という特典があるため、この機能を目当てに購入する人も少なくありません。

この場合でも特に多く利用されているのは「グーグルマップで使用される位置情報」の機能となり、マップ上にある特定位置を衛星電波によって確認することに優れているという大きな特典があるとともに、その照準誤差がかなり絞られて検索されるという嬉しい魅力が付いてきます。

いろいろなGPS追跡

先述では主に「携帯電話用・モバイルデバイス専用のGPS追跡機能」についてご紹介しましたが、このGPS追跡機能にはいろいろな分野で使用されている特典があるため、特に衛星電波を使用するデバイスであればそのほとんどの機種において利用されます。

多くのGPS追跡機能に見られる能力というのは「位置情報の特定」であり、これはグーグルマップで見られる「ある程度の位置情報の特定」ばかりではなく、「ピンポイントで確定できる位置情報」という、どこからでもその特定位置を発見できる優秀な機能に恵まれています。

Runtastic ランニング&ウォーキング

「Runtastic ランニング&ウォーキング」というのは基本的に「GPSによって得られたマップ上で、ランニングしたりウォーキングしたりする場合に、その測定位置・歩行位置・地点を特定できる上で記録できるGPS追跡機能」のことを指します。

これは主に、屋外を移動する際に使用されるGPS追跡機能となるため、どこかに拠点を定めてじっとして利用するGPS追跡機能のタイプではなく、移動しながらリアルタイムで特定位置を測定・特定するタイプのGPS追跡機能となります。

バス停マップGPS追跡

「バス停マップGPS追跡」というのはその名のとおりに「バスの時刻表」の確認や、「バスがどこまでバス停に近付いているか」などを測定できる、その接近情報や運行状況を特定し、確認するためのGPS追跡機能のタイプとなります。

このバス停マップGPS追跡を利用する場合も「自宅にじっとしていながら利用する固定タイプのGPS追跡機能」ではなく、屋外へ出て、ストリートビューなどを確認しながら「移動時に使用するタイプのGPS追跡機能」となります。

Commander Compass

「Commander Compass」というのは一般的に「地図やコンパスが付属された位置情報特定機能」が施されたGPS追跡機能のことを指し、方向指示をその都度出してくれる、これも「リアルタイムで利用できるGPS追跡機能」のタイプとなります。

この場合でも主に、グーグルマップで自分の所定位置や特定の建物や乗り物などの位置情報を確認するためのGPS追跡機能となるため、移動しながら効率よく位置状況を確認できる画期的なGPS追跡機能として利用できるでしょう。

携帯電話追跡型GPS追跡

「携帯電話追跡型GPS追跡」というのは一般的に「GPS Phone Tracker」とも呼ばれ、GPS追跡機能においてフォローした特定の人の位置情報を簡単に割り出せる優れもののGPS追跡機能のことを指します。

基本的に「人がいる位置を特定する」というピンポイントでの位置情報の取得が可能であるため、他のグーグルマップなどで使用されている位置情報を示す場合よりも、ややテクノロジー的に優れているという特徴があります。

ランニングトラッカー

「ランニングトラッカー」というのはその名が示すとおりに、「車や公共の乗り物に乗って走行している(移動している)途中で利用できる、自分の居場所の特定位置を検索できるGPS追跡機能」のことを指します。

これはGPS追跡機能のうちでも最も利用者が多い機能と言われており、特にグーグルマップ使用時においてもこの「ランニングトラッカー」が日常的に利用されています。

GPS-R

「GPS-R」というのは基本的に「どこかに所有物を置き忘れたりした場合に、その忘れ物をGPS追跡機能によって特定できる・探し出せる機能」のことを指します。目的地まで移動する際に、たとえば定期券やデパート商品を忘れてしまった場合、このGPS-Rの能力によってGPS追跡機能を発揮し、その置き忘れた物を特定できます。

Spyglass GPS追跡

「Spyglass GPS追跡」というのは「地図上の方向を示す際に非常にその能力を発揮してくれるGPS追跡機能」のことを指します。たとえば、周囲が川や山に囲まれており、その先に進むべき道路がない場合でも、その方向指示によって「目的地がどの方角にあるか」ということを衛星電波によって指定することができます。

バストレースGPS追跡

「バストレースGPS追跡」というのは「携帯電話で話している相手の位置を特定できるGPS追跡機能」のことを指し、これもGPS追跡機能の中ではかなり使われる機能の1つとなります。

ただしこの場合は、相手も電話をしていることが大前提となるため、単純に(一方的に)GPS追跡機能を利用して「特定の相手がどこにいるか」を割り出すことはできません。

Ship Finder Free

「Ship Finder Free」というのはその名が示すとおりに、一般的には「特定の船が現在停泊中、あるいは走行中の位置情報を確認するためのGPS追跡機能」のことを指します。これは主に航海中に使用されるGPS追跡機能としてあるため、日常生活で使われる場面は限られるでしょう。

Map My Run

「Map My Run」というのは一般的に「Map My Run by Under Armour」とも呼ばれ、特に旅行時や外出時にリアルタイムで利用されるGPS追跡機能のことを指します。

この「Map My Run by Under Armour」に搭載されたGPS追跡機能は非常に優れており、特に「動いている物の位置」でも正確に割り出すことができるため、多くの場面で利用されています。

GPS日誌

「GPS日誌」というのは基本的に「携帯電話使用時ならそのユーザーの足跡を正確にたどる・記録できるGPS追跡機能」のことを指します。

たとえば、一度行った公園や遊園地、あるいは国内旅行・海外旅行時に訪れた場所をGPS追跡機能にインプットさせておくことによって、再びその場所を訪れる際にはその情報を呼び出すことで正確にその場所までの順路が表示されます。

みまもりGPSアプリ

「みまもりGPSアプリ」というのは一般的に「グーグルマップをはじめ、外出時に特定エリアで活動する人や物の位置情報を特定するためのGPS追跡機能」のことを指し、ソフトバンクから提供された、非常に有能な位置情報取得機能となります。

この場合も「現在地から特定の目的地までの移動手段や順路」などを検索することができ、グーグルマップで位置情報を特定する場合と同じく、最短ルートで目的地までたどり着くことができる優れもののGPS追跡機能となります。

ドコナノGPS追跡

「ドコナノGPS追跡」というのはその名のとおり、「なくしてしまった物の位置情報を特定するためのGPS追跡機能アプリ」を指します。

この場合でも屋外・屋内を問わず、衛星電波によって探知できる物であれば(その環境にあれば)あらゆる物の位置を測定することができるため、「物をなくす」ということがかなり減らしてくれることでしょう。

GPS鬼ごっこ

「GPS鬼ごっこ」というのは「GPS追跡機能を利用したゲームアプリ」のことを指し、特にグループで遊ぶことができる「位置特定情報を確認しながら遊べる、鬼ごっこ」のスタイルが取られます。

従来の鬼ごっこやかくれんぼでも、このGPS追跡機能を使用した上での遊びはやはり「現代版鬼ごっこ」とされる上で驚異的であり、その分だけ「面白い遊び」が瞬時にできてしまうという、まさに現代文明の利器をふんだんに活用した「3次元型ゲーム」として楽しめるでしょう。

Map Life

「Map Life」というのは従来の位置特定情報検索システムと同じく、「グーグルマップやグーグルアースなどを利用した上での、衛星電波によって位置特定をもって場所や建物を確認できるGPS追跡機能」のことを指します。

この「Map Life」の特徴は「自分がそれまでに行ったことがある場所を確定・特定できる」というポイントであり、一度GPS追跡機能にインプットしてしまえば、その後は二度と迷うことなくその場所までたどり着くことができるという、その後の生活においてもかなりプラスになる特典が付いてきます。

WISTIKI

「WISTIKI(ウィスティキ)」というのも「GPS追跡機能が設定されたアプリ」の1つで、基本的にその機能も「衛星電波によって物や建物、特定の人や場所などの確定ができる」という特典を兼ね備えています。

「WISTIKI」の有力な利点としては、「スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス用アプリにおいても、そのバッテリーをほとんど使用せずに利用できる」という点で、比較的かなり長時間に渡ってGPS追跡機能を使用できるという点です。

ランニングマンGPS追跡

「ランニングマンGPS追跡」の特徴は、「ハイキングやサイクリングなどのレジャー時に活用できる」という利点が魅力的であり、その上で「あらゆる環境においても衛星電波をキャッチできる」というGPS追跡機能を使用する際には非常に大きな特典があるところです。

それまでに自分が訪れた場所や環境をGPS追跡機能にインプットさせることも可能で、その上でまったく知らない土地に行った場合でも、その地形を素早くインプットさせてくれるという何とも優れもののGPS追跡機能となります。

駐車地点を探すアプリ

GPS追跡機能を使用する際にはもちろん「自分の車をどんなレジャー時にでも駐車できる駐車場を検索できるアプリ」が必要となるため、それ用の駐車場を特定できるGPS追跡機能の活性が求められます。

この「駐車地点を探すアプリ」は基本的にiPhone、android機種の携帯電話など、多くのモバイルデバイス用アプリにも多く取り入れられているため、どんなモバイルデバイスを使用していても、そのほとんどの機種で簡単に利用することができます。

中には「現在、空いている駐車場を検索・特定できるアプリ」などもあるため、「Smart.Park 最安 空車 駐車場検索アプリ」などを利用してみるのもよいでしょう。

Touring Messenger

「Touring Messenger」というのはも主に「レジャー時に活躍してくれる移動用GPS追跡機能アプリ」のことを指し、主に「自分が来ているその場所の周辺地域の情報を迅速に測定してくれる位置情報アプリ」となります。

その名のとおりに「ツーリングしている最中でも相手の位置情報を素早く確認できる」という非常に優れたGPS追跡機能になるため、ツーリング時にはぜひこの「Touring Messenger」を利用してみましょう。

車をGPS追跡する装置一覧

車をGPS追跡する装置一覧についてのご紹介ですが、これは先述してきました「GPS追跡機能」によって賄われる「位置情報特定機能」を活用・流用した場合の装置機能の一覧となります。

グーグルマップで位置情報/駐車場を検索・特定できる/相手と自分の位置情報を確認/いま来ている場所の周辺地域の位置情報/通話している相手の位置情報の特定/探し物を検索できるGPS追跡機能

上記のGPS追跡機能を状況に合わせて利用していくことによって、車に乗っているときでもそのレジャー時に「非常に有効活用できるGPS追跡機能」の利用が確約されます。

ドライブレコーダーGPS追跡

ドライブレコーダーGPS追跡というのは基本的に、「自分が今どこを走っているか」、「一緒にツーリングしている相手の現在位置はどこか」、また「今すぐに利用できる駐車場はどこか」などといった、ドライビングに必要とされるあらゆる物事の特定情報を瞬時に検索できるGPS追跡機能のことを指します。

「ドライブレコーダー」というのはそもそも「ドライビング中(走行中)の車の状況・状態を映像をもって確認できる装置」のことを指すため、このドライブレコーダーを利用して事故防止や事件の重要資料などにそのまま活用されることがあります。

このドライブレコーダー機能に搭載されたGPS追跡機能を利用して「自分や、特定の相手の現在位置の確認」をしたり、あるいは「ドライビングに必要な情報取得」に役立てたりと、かなり多くの分野でGPS追跡機能の活用・利用が見られています。

バレないように車をGPS追跡する方法

バレないように車をGPS追跡する方法についてですが、基本的にGPS追跡機能というのは衛星電波を利用していることにより、その公共電波によって「相手方にもその位置情報の確認ルート」が簡単にバレてしまう可能性が高いです。

しかし、このGPS追跡機能の設置の仕方にもいろいろと工夫がなされており、特に小型GPS追跡機能の搭載や、あらかじめ傍受信されにくい「電波シールド付きのGPS追跡」などを行なうことによって、「バレにくいGPS追跡」が可能となる場合があります。

リアルタイムで車をGPS追跡する方法

リアルタイムで車をGPS追跡する方法についてですが、基本的にGPS追跡機能システムというのは「すべてリアルタイムで衛星電波から位置情報を受信し、それによって特定の物や人の位置情報を確認する」という姿勢と取るため、あらゆる状況においてGPS追跡機能を使用する場合は「リアルタイムで追跡する」という形になります。

「ドコモ・システムズ」や「ゼンリンデータコム」などを利用して「地図上を走行する特定の車の位置情報を確認する方法」が有名ですが、どの場合でも衛星電波が受信されにくい場所では「完全なGPS追跡」は不可能となります。

GPSは追跡するためのアプリ

GPS追跡機能というのはその名のとおりに「特定の場所・環境・物・人の位置情報を追跡するためのアプリ」となります。その「特定位置の追跡」のために衛星電波から位置情報の基準となる電波受信を行ない、周辺にある雑多の情報から「特定の事物の位置情報」を特定することができます。

GPSは追跡にも限界はある

GPS追跡機能を利用する上では、「あらゆる事物がどこにあろうとも、その特定位置を衛星電波によって割り当てること」が可能になります。ただしこの場合でも、周辺・環境が「電波を受信しづらい環境・多くの建物や自然物などで覆われている状況」である場合は、この特定位置を割り出すというGPS追跡機能本来の機能は発揮しづらくなります。

地上にある物を特定できるGPS追跡

基本的にGPS追跡機能というのは「地球上にあるすべての物を、その特定位置情報から割り出すこと」が可能となります。

しかし、その場合でも衛星電波を傍受できない物体については特定することが不可能であり、たとえば、動物や人間などの場合でも、携帯電話を使用している場合や探知用チップが埋め込まれていない場合などは、その特定位置の割り出しはできません。

リアルタイムで検索可能なGPS追跡

「リアルタイムで検索可能なGPS追跡」というのは、基本的にGPS追跡機能を利用する上では最も理想的な効果と言えます。とにかくGPS追跡機能の特徴は「瞬時に特定の物や人の情報位置を確認できること」となるため、その上で衛星電波の受信を利用することによる「地球上にあるすべての事物の割り出し」が求められます。

理想的なGPSの追跡

理想的なGPS追跡機能というのは先述のように、「ほしい情報がすぐに手に入る」という言葉どおりに「特定の事物の位置情報を瞬時に確認できる・獲得できる」という点です。その上でいろいろなGPS追跡機能の利用方が工夫され、中には「相手にバレずにGPS追跡が可能」なステルス性のGPS追跡などが検討されることがあります。

探したいときに探せるGPS追跡

やはりGPS追跡機能の特徴や利点というのは「探したいときに探せる」というもので、たとえば迷子になった子どもを探す場合でも、その子どもにあらかじめ「携帯電話を持たせておく」などの工夫をしておき、その携帯電話を特定位置の情報発信元として「子どもが今いる位置を割り出す」という利用法が検討されます。

この利用法をさらに発展させることによって、いろいろな所有物(特に必需品)にもあらかじめ何らかの電波受信できる物を取り付けておき、それをなくした場合でも「すぐに探し出せる・その物がある位置を特定できる」という日常的な活用方法が検討されています。

飛行機のGPS追跡

飛行機(航空機)専用のGPS追跡機能装置というものもあり、これは通常のGPS追跡機能の場合よりもさらに高度なシステムによってGPS追跡機能が設置されています。

この場合は「飛行機の現在位置や航空路・飛行路の特定」をはじめ、「現在の特定の飛行機の飛行状況の確認」もできるシステムで、現代でも多くの航空機システムに利用されています。

この航空機の場合でもボイスレコーダーやフライトレコーダー、トラックレコーダーなどのオプション的機能でありながら飛行時には常に利用されているGPS追跡機能などがあり、これによって航空機の飛行状況をリアルタイムで確認することが可能になります。

車のGPS追跡

主にGPS追跡機能の利用については、身近なところでは「車の走行時に活用されるGPS追跡機能」であり、この場合はグーグルマップで位置情報を特定したり、そのツーリング時¥・レジャー時に確認できる走行状況の確認に利用されます。

車を走らせる場合でも、飛行機の飛行時と同じく「リアルタイムで状況確認ができること」が最大のポイントとなるため、常に衛星電波を受けながら「位置情報」や「建物の利用状況」などをGPS追跡機能によって確認できることが重点となります。

人間用GPS追跡

これは主に「次世代型のGPS追跡機能」において語られていますが、特にアメリカや北欧などでは「人間の体内に衛星電波を受信できる非常に小型のマイクロチップ」など埋め込むことで、その人間が「常にどこにいるか」や「どんな状態で確認されるか」などといった、人間用GPS追跡機能の研究が進められています。

この新しいGPS追跡機能の開発によって、たとえば誘拐されたり遭難してしまう可能性が激減し、それによって事故防止にも役立てることができるという画期的な期待がなされています。

動物用GPS追跡

先述の続きのようになりますが、「人間用のGPS追跡機能」の開発と同じく、「動物専用のGPS追跡機能の開発」も同時に行なわれている状況が認められます。この場合でもペットが迷子になったり自然災害に見舞われたりした場合に、衛星電波の利用によって瞬時にその位置を特定し救助できるといった、事故防止に役立てる試みがなされています。

所有物のGPS追跡

これは先述でもご紹介してきましたように、人間用のGPS追跡機能やペット用のGPS追跡機能などの設置・搭載よりも前に、日常生活で活用できるGPS追跡機能利用の類に含まれます。

この場合は「グーグルマップでのGPS追跡機能の活用」はもとより、とにかく「地球上にあるあらゆる物の位置情報を特定する機能」に基づくものとなり、自分の所有物・必需品(銀行のキャッシュカードや免許証など)を瞬時に探し出すことができる機能を指します。これによって「物をなくす」ということをさらに減らせることに役立たせます。

「GPS追跡」に関する英語表記と意味

「GPS追跡」に関する英語表記についてですが、この場合は思い「GPS」に関連する言葉群の中からピックアップする形で、「GPS追跡機能」という言葉の意味合いを示す関連語のご紹介となります。

・GPS tracking(GPS追跡)
・GPS tracking function(GPS追跡機能)
・Global Positioning System(GPSの正式名称)
・pursuit(追跡、トラッキング、追究)
・chase(追跡、追撃)
・search(検索、探す、探求)
・search system(検索システム、検索機能)
・pursuance(追跡、追究、追撃)
・specific(特定、対応、特殊)
・quest(冒険、探求、追跡)
・seeking(検索、追究、探求)

「GPS追跡」に関する英語表現と意味(1)

先でご紹介しました「GPS追跡」の英語表記を参考にして、「GPS追跡」の意味合いを含めた英語の例文をいくつかご紹介します。

・Identification of location information using the GPS tracking function is done all over the world.
「GPS追跡機能を使用した位置情報の特定は世界中で行なわれています。」
・The most important feature of the GPS tracking function is that "I want to find instantly".
「GPS追跡機能の最も大きな特徴は、「探したい物が瞬時に見付かる」という点です。」

「GPS追跡」に関する英語表現と意味(2)

先述しました「GPS追跡」の英語表現に引き続き、さらに具体的な「GPS追跡」の例文をご紹介します。

・In "GPS tracking research", "GPS function exclusively for human beings and dedicated to animals" is beginning to be developed.
「GPS追跡の研究では「人間専用・動物専用のGPS機能」が開発され始めています。」
・The feature of the GPS tracking function exclusively for aircraft is that you can check "flight status of the plane" in real time.
「航空機専用のGPS追跡機能の特徴は、リアルタイムで「その飛行機の飛行状態」を確認できるという点です。」

「GPS追跡」に関する英語表現と意味(3)

先述の具体的な「GPS追跡」の英語表現に引き続き、今度はいろいろな場面で使われる「GPS追跡」の例文をご紹介します。

・The word "GPS tracking" began to evolve rapidly since 2000 and in modern times it is running the leading edge of the next generation search system.
「「GPS追跡」という言葉は2000年を超えてから急速に発展し始め、現代では次世代型のサーチシステムの先端を走っています。」
・Two features required for "GPS tracking" are "accident prevention" and "search system that makes use of life".
「「GPS追跡」に求められる2つの特徴は、「事故防止」と「生活に役立てるサーチシステム」です。」

GPS追跡はアメリカ発祥

「GPS追跡機能」というのは、そもそもアメリカの研究開発チームによって研究されたものであり、基本的には「軍事用機器」として使用されることが目的とされていました。しかし、その「GPS追跡機能」を開発するに当たり、その性能があまりにも優れているため、その効果・成果を日常生活に有効活用する方法へと次第に変遷しました。

グローバル・ポジショニング・システム

先述で「GPS追跡機能」はアメリカで開発された軍事用機器として利用されていた経緯をご紹介しましたが、その際に付けられたこの「GPS追跡機能」の正式名称は「グローバル・ポジショニング・システム」といいます。

この「グローバル・ポジショニング・システム」の特徴は、「世界各国のどこにいても、その事物が衛星電波を傍受できる場合は瞬時にその位置情報を確認できる」という位置情報の特定にポイントが置かれ、その機能を利用した上で、他国による侵略を防ぐことに役立てられていました。

当然その位置情報確認(特定)システムの活用は自国の利益にも活用され、自国の軍機や軍用車両などがどこにいるかを確認できる、位置情報の確認とともにその軍機・車両の安全確認にも役立てられました。

軍事用に開発されたGPS追跡

先述で「GPS追跡機能」の軍事用途についてご紹介しましたが、現代でもアメリカ軍の地上部隊などではこの「GPS追跡機能」による「事物の位置情報の特定機能の活用」によって、自国の利益になるGPS利用が継続的になされています。

このGPS追跡機能はもともと軍事用途機器として開発・生産されたものであるため、この軍用機器としてのGPS追跡機能の利用方法はかなり広い分野に渡って用意されています。

たとえば、このGPS追跡機能から免れるために造られたのが「ステルス戦闘機」などであり、現代ではこのステルス戦闘機用に向けてのGPS追跡機能の開発などもなされています。

GPS追跡の精度

GPS追跡機能が開発された当初では、まだ「位置情報を正確に特定すること」は不可能でした。しかし時代が進むにつれて、次第にその位置情報特定機能の精度が向上していき、現代では「数センチ程度の誤差によって、事物の位置情報をほとんどピンポイントで特定できる機能」が持たされています。

カーナビ探知機で使用されるGPS追跡

カーナビ探知機で使用されるGPS追跡についてですが、これは先述でもご紹介しましたように、現代でも非常に多く利用されている「日常的なGPS追跡機能の活用方法」として知られています。

特にこの場合は、「屋外での移動時においてリアルタイムで事物の位置情報を特定できる機能」が効果的であり特典とされ、多くの日常生活の場面においても主にレジャー時やツーリング時、あるいは「なくした物の位置情報を特定する機能」として親しまれています。

グーグルマップでのGPS追跡

グーグルマップでのGPS追跡機能についてよく誤解される点ですが、「GPS衛星そのものがグーグルマップを作成し、そのマップ内の特定位置を検索している」ということはありません。基本的に「GPS衛星」というのは「衛星電波を傍受している情報発信元を探知しているだけ」に過ぎなく、それ以上の特典・機能は搭載されていません。

ノートパソコン用GPS追跡

ノートパソコン用GPS追跡についてですが、ノートパソコンにGPS追跡機能が搭載されている場合にはまず「そのデバイス(パソコン)を利用している現在地を衛星電波によって特定することが可能となり、その上でさらにリカバリーサービスによって、周辺位置情報の取得も詳細にできる」という特典が付きます。

つまりこの場合も「ノートパソコンがある位置を特定する機能」のことを意味し、たとえば所有のノートパソコンが持ち去られたりした場合には、そのGPS追跡機能を利用することによって簡単にそのパソコンの位置情報を確認することができます。

タブレット用GPS追跡

タブレット用GPS追跡の場合も先述の「ノートパソコン用GPS追跡」の場合と同じく、自分が所有しているタブレットが誰かに持ち去られたり、あるいはどこかに置き忘れてしまった場合には、衛星電波を傍受することによって、GPS追跡機能の利用による情報位置の特定が可能になります。

基本的にパソコンをはじめモバイルデバイスなどのOS(オペレーションシステム)には、このGPS追跡機能を利用できる情報端末が搭載されている場合が多いため、デバイス系の探索においては「GPS追跡機能を利用すること」で簡単に位置情報を割り出すことができるでしょう。

スポーツ用GPS追跡

スポーツ用GPS追跡というのはこの場合、「登山」や「レジャースポーツ」などの屋外で行なうあらゆるスポーツのことを指します。この場合のGPS追跡機能の利用特典については、主に「遭難にあったり事故に遭ったりした場合に、迅速に特定の人物の位置情報を割り出せる」という特典となります。

ただしこの場合でも、衛星電波を傍受できるデバイスをその人物が持っていればの話になるため、あらかじめ遭難したときに備えて「GPS追跡機能を利用できるデバイス・端末を携帯しておくこと」が大切になるでしょう。

登山用GPS追跡

登山用に使用される場合のGPS追跡機能利用では、主に先述のように「遭難にあった場合」があげられます。登山する場合はニュースでも報道されているように、「移り変わりやすい山の気候によってクライマーを囲む環境・状況が変わりやすく、そのため想定外の危機的状況に陥りやすい」という難点が見られます。

そんな場合に備えて「GPS追跡機能」をあらかじめいつでも利用できる状態・環境を設定しておき、遭難や事故に遭ってもよいように事前の調整をしておくことが大切になります。

遭難用GPS追跡の限界

登山時には、遭難用に備えてGPS追跡機能を利用する場合が非常に多く見られますが、その場合でも「衛星電波を傍受できる環境に常にいること」が好ましい状態となるため、GPS追跡機能を利用しているからと言って「万事安全」ということはありません。

そのため、GPS追跡機能を携帯しておくことは飽くまで「保険」程度に捉えておき、登山時やレジャー時などには、あらかじめそれぞれのレジャーに見合った安全面の確保が必要となります。

ゴルフ用GPS追跡

ゴルフ用GPS追跡というのは一般的に、「ゴルフコースを一緒に回っている人たちの位置情報を特定したり、自分が今ゴルフ場のどの位置にいるかを把握したり、あるいはゴルフボールがどの位置にあるかを確認したりすることができる」という、ゴルフをする場合には打って付けのGPS追跡機能利用の特典となります。

この「ゴルフ用GPS追跡」というのは基本的に「GPS腕時計」として使われることが多く、携帯する場合でも非常に身軽であるため、多くのゴルフプレイヤーに利用される人気商品となっています。

エリア用GPS追跡

この場合の「エリア用GPS追跡」というのは先述しました「グーグルマップ上での位置情報を特定する場合のGPS機能」と同じく、「自分が今いる位置の特定」や「相手がどこにいるかを特定するかを確認するためのGPS追跡機能」のことを指します。

もちろん建物や目的地までのルート検索も可能となりますが、それぞれのGPS追跡機能が「各エリアごとに分けられて探索・特定される」という形になるため、ピンポイントで位置情報を確認するという程の機能は持ち合わせていません。

フィールド用GPS追跡

この「フィールド用GPS追跡」の場合も先述の「エリア用GPS追跡」の場合と同じく、「自分や友だちの現在の位置情報」や「目的地までのルートや特定の建物の位置情報」などを瞬時に検索できるシステムを指しますが、ピンポイントでの位置情報を割り出すシステムではありません。

主にレジャー時や屋外ツーリング時などに使用されるGPS追跡機能であるため、「大まかな位置情報を検索し、その検索された目的地・位置情報」を基準にして移動するという、きわめてグーグルマップでのGPS追跡機能利用の場合と同じようなシステムとなります。

船舶用GPS追跡

先述で「航空機表GPS追跡機能」についてご紹介しましたが、この「航空機専用GPS追跡機能」と同じく「船舶専用GPS追跡機能」もきちんと開発されています。

その名のとおりに「船舶専用GPS追跡機能」であるため、空路ではなく航路における位置情報特定システム機能を持つことになり、「自分の船が今どこにいるか」や「仲間の船の特定位置情報」を割り出すためのGPS追跡機能となります。

防犯用GPS追跡

防犯用GPS追跡は「ココセコム」でもそのセキュリティ面での充実さで有名な「GPS追跡機能を利用した防犯用装置」のことを指し、主に「人や物の現在位置をGSP追跡機能システム」によって特定する緊急対処用サービスで有名です。

この場合も衛星電波を傍受することによって人の現在位置や所有物の位置情報の特定を行ない、その上で誘拐防犯やなくした物をすぐに見付けられるという優れた機能を発揮してくれます。

GPS追跡のメリットとデメリット

先述してきましたように「GPS追跡機能のメリット」としての大きな特徴は、まず「人や物を遠隔操作によってすぐに特定できること」と、「屋外を移動している際に迷子にならないこと」や「目的地までのルート検索」が瞬時にできることによって、無駄な時間・労力を使わないで済む点と言えるでしょう。

特に最近のGPS追跡機能のメリットとして言えるのは「バッテリー消費が少なくてもGPS追跡機能の活用ができるようになった点」で、いつ・どこでも誰にでもGPS追跡機能の活用が可能な、非常に日常生活においても役立つ機能に成長したことがあげられます。

電波が届きにくい場所でのGPS追跡

先述の続きとなりますが、コンピューター機能にはやはりメリットがればデメリットもあり、GPS追跡機能の活用する際に見られるデメリットとしてあげられるのは「衛星電波が届きにくい場所・環境ではその効果が十分に発揮されない」という点になります。

最近のGPS追跡機能の性能は開発された当時から比べればかなり向上しましたが、それでもやはり「周囲が高い建造物に囲まれた地域」や「木々や山々に囲まれた密集した地帯」においては、そのGPS追跡機能が本来持つ効能を発揮しづらくなってしまいます。

家屋ではGPS追跡に必要な受信不可能

先述のように「衛星電波が届きにくい場所・環境」ではGPS追跡機能の発揮が十分に見られない点においては、この「家屋でも同じく、衛星電波を傍受できない場所においては使えない」というデメリットがあります。

最近の建物の家屋ではたいていWi-Fiなどが普通に使えることにわかるように、ほとんどの住宅でも衛星電波を使用できる情報交信ツールの完備がなされていますが、場所によっては電波が届きにくい場合も出てくるため、そういった環境においてGPS追跡機能の活性は十分に期待できなくなります。

分厚い雪に囲まれた場所

これは主に登山時に使用する場合のGPS追跡機能についてになりますが、どんな山に登る際にも「衛星電波が届きにくい環境」になってしまう場合があります。

これは主に「自然物(木々・森林・滝つぼなどを含め)に囲まれた密集地帯が多いこと」が理由にあげられ、そうした電波を流通しない物体に囲まれた場所においてはGPS追跡機能が使えない場合が多く見られます。

障害物が多い山奥

先述のように、山奥などに分け入っていく場合には特に「木々や岩山などの自然物に大きく囲まれた環境」が想定されることになるため、GPS追跡機能を存分に活用できなくなります。

特に携帯電話を使用する際にも地方によっては電波が届きにくい場所があるのと同様に、衛星電波を受信する場合でも「GPS追跡機能を利用する場合において限界がある」ということになります。

滝つぼなどの水の障害が多い場所

障害物が多い場所ではGPS追跡機能の活性が望めないのと同じく、滝つぼや川など、水が周囲に多く広がっている場所は電波を受信できるアンテナを建てられない環境となるため、衛星電波を受信して利用するGPS追跡機能を扱えない場合が増えてきます。

とにかく周囲に電波受信を妨害する障害物が多い地点・環境においては、GPS追跡機能を発揮させるための情報源の供給ができなくなるため、電波を利用して位置情報を確認するということ自体が不可能となってしまいます。

GPS追跡のメリット

先述でもご紹介しましたが、まずGPS追跡機能のメリットとしてピックアップされる点は「特定の人・物の位置情報を素早く特定できること」で、この位置情報確認の特典を利用する形で「目的地までのルート検索」も容易にできてしまいます。

さらに遠隔操作によって電波受信することによって、「まだ行ったことがない場所」でもあらかじめその周辺地域の状況がわかるため、この点においてもレジャー時の大きな特典情報として扱われます。

すぐに位置情報を確認できる

衛星電波を利用する場合は通常の電波よりもさらに強い電波供給によって情報交換がなされるため、遠隔操作による位置特定機能も素早くなります。この「すぐに特定の人・物の位置情報の確認ができる」という点で、GPS追跡機能の活性はますます日常生活において重要視されていくでしょう。

ドローンの発展とGPS追跡

無人飛行機として有名なドローンですが、このドローンにもGPS追跡機能を搭載させることが可能となります。この場合の利点としても、やはり遠隔操作によってさまざまな土地・地域・環境の探索がデータに記録できる形で可能となるため、戦略兵器としての活用から日常生活での安全面の確保に至るまで、いろいろな分野での活躍が期待されています。

携帯用GPS追跡の欠点

iPhoneやandroid機種の携帯電話をはじめ、もともと携帯電話は「GPS追跡機能専用のデバイス」としては設計されていないため、GPS追跡機能を使用する場合はかなりバッテリー(ギガ数)を消耗してしまうという欠点があります。

たとえばWi-Fiを使用せずに携帯電話でグーグルマップやグーグルアースなどを使用した場合、通常のギガ使用数よりもさらに大きな消耗が認められ、かまわずに使っているとすぐにバッテリー切れを起こしてしまいます。

電池がすぐになくなる

先述しましたように、携帯電話やタブレットなどのモバイルデバイスでこのGPS追跡機能を利用した場合、そのバッテリー消耗は通常の5倍から6倍(あるいはそれ以上)の速さで課されることになります。

そのため携帯電話使用時に、衛星電波をメインに使用してGPS追跡機能を活用するグーグルアースなどを使用する場合は、あらかじめWi-Fiを使用できる環境に設定しておくか、または携帯電話ではなくノートパソコンなどを使用し、電力供給源をきちんと確保する工夫が必要となるでしょう。

携帯電話はもともとGPS追跡専用ではない

先でもご紹介しましたが、モバイルデバイス系として扱われるiPhoneやandroidやタブレットなどの携帯電話の類は、もともとGPS追跡機能を搭載でき、それを日常的に使用するだけのキャパシティ(OS容量)が設定されていません。

そのため、携帯電話などのモバイルデバイスを使用する際には「GPS追跡機能を活用するための専用アプリを携帯しておくこと」が大切で、GPS追跡機能を利用する際になるべくバッテリーを消耗させない環境設定をしておくことが重要となります。

どんどん精度がよくなるGPS追跡

先述までに「GPS追跡機能」についていろいろな分野での活用法や、GPS追跡機能そのものの利点や欠点などを多角的にご紹介してきましたが、GPS追跡機能の性能はそれでも現在進行形でかなり向上し続けています。

まさに次世代型のデバイスとして万人が認めるほどの「情報ツール」としてあるため、その上で開発余地はまだたくさん残されています。このGPS追跡機能を活用したデバイス利用をはじめ、パソコンやタブレット、携帯電話利用時においても、いつ・どこでも普遍的に利用することができる進化はすべての人にとっての知的財産となるでしょう。

GPS追跡機能の利点と種別を把握しましょう

いかがでしたか。今回は「車をGPS追跡するアプリ・装置一覧|リアルタイム/バレない」と題して、「車をGPS追跡するアプリ・装置一覧」についての詳細情報のご紹介をはじめ、さまざまな分類別の「車をGPS追跡するアプリと装置一覧」をご紹介しました。

GPS追跡機能というのはもともとアメリカで開発された「衛星電波によってなされる遠隔性の位置情報特定システム」を指し、これはそもそも軍事用途で開発された位置測量機として認められていました。

しかし現代までに開発・改良がなされ、日常生活において実に有効的な活用方法が検討された上で、「いつ・誰でも・どこでも使うことができる安全確保のための情報ツール」として作り変えられた機器類として存在します。ぜひこのGPS追跡機能を生活で有効に使い分け、生活をさらに豊かなものにするための工夫をしていきましょう。

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related