Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

おすすめの運転支援付きドライブレコーダー・機能例・必要なのか

おすすめの運転支援付きドライブレコーダー・機能例・必要なのか
昨今、あおり運転や運転者側のマナーによる事故が増えてきた結果、ドライブレコーダーで録画し証拠として残す時代になりつつあります。さらに安全運転支援機能つきのドライブレコーダーをうまく活用すると事故を未然に防ぐことができ、快適なドライブを楽しむことができます。

初回公開日:2018年7月20日

更新日:2018年7月20日

記事に記載されている内容は2018年7月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


ドライブレコーダーの普及

最近の車は、電気自動車や自動走行車も登場してきました。自分で運転する必要がなくなる時代がくるのも遠い未来ではないでしょう。でも、それまではまだ自分で運転しないといけません。ドライバーの中には、技術不足や体調不良からくる運転ミスが原因で、事故を引き起こしてしまうことも多いでしょう。そのため、各会社も日々便利なシステムを開発しています。

例えば日産の「自動ブレーキシステム」や「アラウンドビューモニター」(バックモニターを見ながら駐車する)トヨタの「セーフティセンスC」(衝突回避・ライト制御・車線逸脱警報)などです。昔では考えられないくらいに技術は進化してきました。

運転者の高齢化・あおり運転などの事件を通して、ドライブレコーダーの装着がタクシーだけでなく、一般車にも普及してきています。今回は、安全運転支援機能付きドライブレコーダーを紹介していきます。

おすすめの運転支援付きドライブレコーダー

ここからは、おすすめの付き安全運転支援付きドライブレコーダーを紹介していきましょう。どの会社の製品もユーザーからの口コミや人気が高かった製品なので、自分の車にピッタリの商品を見つけてみましょう。

ケンウッド

ケンウッドはカーナビやオーディオ製品を販売している有名なメーカーです。最近ではドライブレコーダーを多種類揃えています。方衝突・車線逸脱・発進遅れした時に警告音を鳴らしてくれる3つの安全運転支援機能がついています。前3点を見張り危ない運転をした際に危険を知らせてくれるので安心です。

ケンウッドのドライブレコーダーDRV-W630には無線LAN搭載なのでSNSにアップロードして仲間と共有したり、記録として保存することもできます。また、駐車監視機能、GPS内臓、加速度センサー搭載なのでお得な製品となっています。

取付後、1ヶ月経ちましたが凄く良いです。
画像が綺麗でナンバーの識別等役に立ちそうです。

静止画なスマホ転送など使ってみました。良く出来てます。画像も綺麗で満足です。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%82%A6%E3%8... |

ユピテル

ユピテルのドライブレコーダーは2017年の「BCN AWARD」ドライブレコーダー部門において最優秀賞を受賞しています。さらに2016年には年間販売台数1位のメーカーになりました。

ユピテルの ドライブレコーダーDRY-ST7000Cには3つの安全運転支援機能が搭載されています。発進遅れ・前方衝突防止・車線逸脱です。おもに表示とブザーで知らせてくれます。

録画方法も3点あります。自動で録画オンオフする「常時録画」・衝撃を検知した際に映像が上書きされないように専用フォルダに保存する「G(衝撃)センサー記録」・手動で撮影した映像をフォルダに保存する「ワンタッチ記録」です。高画質でGPSによって撮影場所も記録できるのは高い証拠となります。

さらにセットでUSB電源直結コードと電圧監視機能付電源直結ユニットを購入すると駐車場監視、動体検知ができるので夜でも安心な製品です。

画質が素晴らしく良い!
そして本体がコンパクトなので取り付け場所で悩むことがありませんでした。

写りは綺麗です。パソコンで無料ソフトをダウンロードして簡単に画像を見る事が出来ます。
ナビやフルセグ、ETCに対しての電波干渉が心配でしたが、今のところ全く問題ありません。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A6%E3%83%94%E3%83%86%E3%8... |

コムテック

コムテックは、レーダー探知機、ドライブレコーダー、エンジンスターター、バックカメラや車載用セキュリティ機器、車載地デジチューナー・ECOアイテムを製造販売しています。
コムテックのドライブレコーダーZDR-015は、前後にフルHD200万画素のカメラがあり走行時と駐車中も監視・録画かできます。また、録画した映像はその場で液晶画面で確認することができます。

そして、6つの安全運転支援機能がついています。①先行車発進お知らせ機能②先行車接近お知らせ機能③前方信号お知らせ機能④車線逸脱お知らせ機能⑤ドライブサポート機能⑥車速アラーム機能です。これだけの性能を備えた製品があればドライブがさらに快適になること間違いなしです。

前後カメラのドライブレコーダーが欲しかったので購入しました。取り付けは自分で行い、配線を内張の中に通しながら苦労しました。映像もきれいに録画出来てるので大変満足です。前後あると安心感が違いますね。

バックモニターが付いていることと安全対応型なので有用性が高い製品だと思います。画質も良好。

つけている車には、安全機能がついてません。
衝突の警告や車線離脱、前方発信のお知らせと、充実した機能、しっかりと動作しています。取り付けも自分でやりました。前後のセットなので、繋げるだけで簡単でした。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B3%E3%83%A0%E3%83%86%E3%8... |

セルスター

セルスターのドライブレコーダーCSD-790FHGには2台のカメラで前方・後方を同時に録画きる機能がついています。後ろからのあおり運転にも安心です。さらに、GPSおしらせ機能がついており、10種類39000件以上のGPSデータ件数を内臓しているので、前もって危険なエリアを音と画面表示で教えてくれます。

安全運転支援機能として前車発車警告・車間距離保持警告・車線逸脱警告がついています。
さらに動体検知を新搭載し、常に録画・カメラが動作を検知した場合に録画するモード・衝撃がある場合に録画するという3つのモードに対応し、イタズラや車上荒らしなどもしっかり対応できます。

同社のCSD-670FHをつけていましたが、昨今の危険運転(煽りなど)の報道にリアも録画したくなり同じく同社のCSD-610FHRにしようかと迷っていました。そんな中この製品が発売されたのを知り早速購入。まだ仮取り付け状態ですが前後の同時録画ができるので安心できます。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%8... |

パパゴ

SONYが製造した前後2つのカメラがついている「GoSafe S36GS1」は、夜間撮影に強いのが特徴です。広角140°で明るいF1.8レンズ、衝撃センサー、全国LED信号機対応など記録する力に優れている商品です。前後の2カメラによって走っている時の映像を記録できるこの製品は、事故を確実に撮影することが可能です。

速度制限標識警告、速度超過警告、出発遅延警告、ドライバー疲労警告、ライト点灯忘れ警告、車線逸脱警告、前方衝突警告という7個の安全運転支援機能つきです。撮影力・技術力・耐久力の3つの力を備えた人気商品のドライブレコーダーです。

トランセンド

トランセンドはメモリ製品のスペシャリストとして有名です。GPS対応で便利なスナップショット機能や緊急録画モードつきです。安全運転支援機能としては、車線逸脱防止支援システム・前方衝突警報システム・ドライバー疲労警告がついています。手頃な価格でドライブレコーダーを購入できるので初心者モデルとしておすすめです。

撮影はフルHDで録画することができますが、本体の液晶画面は2.4インチQVGAでドットの荒い液晶です。ですので本体の液晶画面ではQVGAとして鑑賞することはできますが、フルHD動画として鑑賞することはできません。フルHDとして鑑賞するには、スマホやPCに動画を転送する必要があります。

出典: https://www.amazon.co.jp/Transcend-DrivePro-230-1080p-GPS... |

ガーミン

ガーミンのドライブレコーダーは、2つのカメラを搭載して超広角の視野角200度を実現しました。映像の記録が事故の時に提出する貴重な証拠となるのでこれは嬉しいです。

さらに高画質・高解像度・感度切り替え機能つきのGセンサ・GPS機能はもちろんのこと、安全運転支援機能としてスピードカメラアラート・FCWS(前方衝突警告)、パーキングモード(電源直結タイプ)も追加となりました。

GPSは、位置情報の他に走行ルート・前後・左右・上下の衝撃センサーで計測したものによって衝撃の強さと報告がわかります。さまざまなドライブレコーダーを使用してきたユーザーがおすすめする製品です。

ドライブレコーダーを選ぶ際に万が一の際にきちんと録画ができていることが最低限だと思い、視野角が最も広いこの製品を購入しました。値段はドライブレコーダーの中でも高く手を出しにくいですが、2つのカメラを使った視野角200度は車のAピラーを超えて両サイドのドアミラー全てをカバーして動画が保存されます。これだけの視野角を確保できると、自転車の飛び出しの場合もどのような状況で起こっているのかが、挙動前から記録されることになります。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E5%9... |

運転支援付きドライブレコーダーの機能例

これまで人気の製品を紹介してきましたが、運転支援付きのドライブレコーダーとはどんな機能が付いているのでしょうか。機能について詳しく見ていきましょう。

前の車両が発進したことをお知らせする

渋滞でゆっくり進んでいる時に、同乗者の家族と話をしていたり、オーディオを操作したり、探し物をしていて前の車両が発進していることに気づかない場合があります。気づいた時には前の車両との間がかなり開いていたり、しびれを切らした後ろの車からクラクションを鳴らされて驚いたこともあるでしょう。

そんな時、慌てて行動すると事故を起こしかねません。安全運転支援機能は、前の車が発進したことを音でお知らせしてくれる機能が付いているので、余裕を持って運転できます。

接近し過ぎ

思わず前の車両と近づきすぎた時に、衝突しないように警告音を鳴らしてくれます。警告音を聞いて運転者は、車間距離を意識して運転することができます。運転支援機能のおかげで前後の車間距離を保った安全運転が可能になります。

車線はみ出し

雨の日や霧が出ている日、または睡魔に襲われた時など、一瞬のすきに車線からはみ出して走行している場合があります。トンネル内の車線はみ出しの衝突事故も、新聞でよく目にします。そんな事故も運転支援機能があれば避けることができます。車線はみ出しを音でお知らせしてくれる運転支援機能は、第2の目を持っているようで心強いです。

速度超過する

高速などでカーブも少なく、景色も変わらない運転が続くと、知らず知らずに速度が出てしまい、気づかないうちに速度超過することが多いでしょう。そんな時にこそ安全運転支援機能付きのドライブレコーダーがあれば速度超過による事故を未然に防ぐことができます。制限速度を超えると音でお知らせしてくれる機能です。

ドライブレコーダーに運転支援は必要なのか

ここまで安全運転支援つきドライブレコーダーを紹介してきました。とても便利ですが、まだ精度に問題があり、誤った時に音が鳴ったりすることもあります。しかし、運転する時がいつも完璧とは限りません。

同乗者がいない場合は、長距離運転や見通しが悪い場所など、自分一人の運転では緊張状態が続きます。運転支援機能は助手席で見守るように運転をサポートしてくれます。

安全運転支援機能付きドライブレコーダーは、自分では見えない所をみてくれる第2の目として活躍してくれるでしょう。よって、高齢社会になっていく今後、より必要になってくるでしょう。

今の時代に必要な運転支援付きドライブレコーダー

いくら技術が進歩しても、運転をするのは人間です。もちろん完璧ではありません。調子がいい時も悪い時も、天気が良い時も悪い時も、運転しなければいけない日もあります。

今後安全にドライブを楽しむためには、安全運転支援付きドライブレコーダーの導入が必要になってくるのではないでしょうか。少しでも運転に不安がある人や、巻き込まれた時に不安を抱えたくない人などは、ぜひこの機会に安全運転支援付きドライブレコーダーの購入を検討してみましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related