Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

オイル交換におすすめの頻度|マツダ/ディーゼル車/軽自動車

オイル交換におすすめの頻度|マツダ/ディーゼル車/軽自動車
車の性能を維持して長く乗るためにはメンテナンスが必要です。おおむね人間で言うところの血液に当たる部分がエンジンオイルです。走行性能を保つため、車の寿命を伸ばすためにオイル交換が必要になります。今回オイル交換の頻度はどのくらいが適正か今回調査しました。

初回公開日:2018年8月6日

更新日:2018年8月6日

記事に記載されている内容は2018年8月6日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


メーカー別オイル交換におすすめの頻度

車のメンテナンスでまず思いつくのがオイル交換です。ディーラーやカーショップで聞いてもまず必ず言われる車のメンテナンスがオイル交換です。ただオイル交換をするのにどのくらいの頻度で行えば良いかをメーカー別に紹介します。メーカーで多少は違いますが走行距離5,000㎞か6か月での交換がおすすめです。メーカー別にオイル交換の頻度についても説明します。

マツダ車

マツダ車のオイル交換の頻度はマツダが指定する交換時期の目安で見て見ると車種別にオイル交換の頻度が違っています。オイル交換をする頻度は通常はノーマルコンディションですが指定する車に負担が大きい使われ方をする場合はシビアコンディションとしてオイル交換の頻度を指定しています。

シビアコンディションは営業車として毎日車で活動し走行距離が多い場合、毎日自宅から10キロ程度の場所に買い物や送り迎えに行く短距離走行の繰り返しなどがあります。それ以外がノーマルコンディションでオイル交換の頻度を決めています。

ノーマルコンディションのオイルの交換頻度はディーゼル車やターボ車を除く車種で15,000㎞か6か月経過で行うことを推奨しています。シビアコンディションで7,500㎞か3か月の頻度の交換を推奨しています。

トヨタ車

トヨタ車のオイル交換時期は走行距離やオイルの汚れなどをチェックすることが重要です。

実際オイル交換の頻度は基本的にはガソリン車で15,000㎞か6か月に交換ディーゼル車は5,000㎞~20,000㎞かか6か月から1年で交換、ターボ車が5,000㎞か6か月での交換を推奨しています。

乗り方や乗る頻度によってオイル交換の頻度は違ってくるの次回のオイル交換時期を知る目安でメーターまわりに前回のオイル交換の日付を書いておくのがおすすめです。

日産車のオイル交換の頻度

オイル交換をすることのメリットはエンジンオイルはエンジンの動きを滑らかにするだけではあく、エンジン内部をキレイにしたり、温度の上昇を防ぐなど、いくつもの役割を果たしています。

よってエンジンオイルは走行距離に関わらず酸化劣化よってするのでエンジンを守るための力を100%発揮させるために、こまめな交換が必要となります。

日産車のオイル交換の頻度はガソリン車で5,000㎞か6か月に交換がおすすめです。またエンジンオイルをろ過する働きをするオイルフィルターもオイル交換2回に1回の割合での交換をおすすめします。

特徴別オイル交換におすすめの頻度

オイル交換をどのくらいの割合で行ったら一番適切かを特徴別に紹介します。ガソリン車ではないディーゼル車は燃料がガソリンでなく軽油なのでガソリン車のオイル交換と違うため頻度も変わってきます。スーパーチャージャー車もエンジンの燃焼行程がガソリンエンジンと違いオイル交換の頻度も違います。真空ポンプのオイル交換の頻度について説明します。

ディーゼル車のオイル交換の頻度

ディーゼル車とはディーゼルエンジンを搭載した車ですが、ディーゼル車の燃料は軽油になります。ディーゼル車は軽油で動作するエンジンを搭載した車ということになります。ディーゼル車は燃費がガソリン車に比べていいのが特徴です。

ディーゼル車は軽油を燃料としていますが、ガソリン車よりもオイル交換を行う頻度を多くする必要があります。

ディーゼル車のオイル交換のおすすめの頻度は10,000㎞か1年、エンジンに負荷がかかる走行が多い場合は、5,000㎞か6か月になります。

できるだけこまめに点検して、早めの交換を心がけることが大切です。オイル交換費用は、3,000円~12,000円程度が目安となります。

スーパーチャージャーのオイル交換の頻度

スーパーチャージャーはターボより歴史が古く、すでに戦前にはレースカーに採用されていました。 スーパーチャージャーとターボの違いは、ターボが排気熱でタービンを動かすのに対し、 スーパーチャージャーはエンジンの動力でコンプレッサーを動かします。

現在スーパーチャージャー専用のエンジンオイルはありませんが、ターボ用のオイルが最適です。純正品もでもスーパーチャージャ用のオイルがあります頻度は3か月に一回か3,000㎞になります。

真空ポンプオイルの交換頻度

エアコンの配管内部を真空にする際に使うのが真空ポンプです。真空ポンプは2種類あってドライ式はオイルは必要ありませんが、油回転式の真空ポンプに使われるオイルは定期的に交換が必要になります。交換頻度は20時間稼働で交換が必要です。

箇所別オイル交換におすすめの頻度

オイル交換と言えばエンジンのオイル交換が一般的ですが、車の部品に関わるオイルはいろいろあります。エンジンだけでなくブレーキやエアコンのコンプレッサー、オートマチックのオイルなど車部品で使うオイルの交換のおすすめ頻度を紹介します。

コンプレッサーのおすすめオイル交換の頻度

オイル交換はエンジンのオイル交換はもちろんですがそのほかにもオイルの交換が必要な個所があります。使っているときにオイルが足りなくなることはありません。

配管が原因の漏れの場合はオイルとガスが抜けるのでエアコンが冷えなくなります。また通常の点検でオイルの量の減り具合などわかりづらく、エアコンを分解しないとオイル量を見ることはできないです。

コンプレッサーのオイル交換は通常1年に1回か100時間で行います。どちらにしてもエンジンオイルの交換と同じで小まめにおこなうことをおすすめします。

ブレーキオイルの交換のおすすめ頻度

オイル交換でエンジンオイルの交換ほどではありませんが、ブレーキオイルの交換も定期的に交換することをおすすめします。ブレーキオイルの交換はブレーキの効きを左右するのでとても重要です。ブレーキオイルがないとブレーキが利かなくなりますので定期的にオイル交換をおすすめしまおすすめします。交換頻度は基本的には車検のある2年に1度が交換の頻度になります。

オートマティックオイルの交換の頻度

エンジンオイル、ブレーキオイルの次に定期的に交換しておきたいのがオートマチックオイルです。オートマといえばマニュアルのように自分でギアを変える必要がなく、走行状況に応じて自動的に最適のギアに切り替わるようになっています。

オートマオイルはギアの切り替え動作やエンジンの動力をタイヤに伝えるという重要な役割を果たしています。つまり、このオートマオイルがないとオートマのシステムは成り立たないという事になりまになります。

その他にも、作動油や潤滑油としての役割も果たしています。エンジンオイルはエレメントと呼ばれるフィルターが付いていますが、オートマオイルにはフィルターが付いていません。なので汚れやすいのですが、自分でいつ交換すればいいかわかりまわかりません。

オートマチックオイル交換の頻度は一般的に走行距離が2万㎞~3万㎞毎で交換するのがおすすめです。

種類別オイル交換におすすめの頻度

車の種類別にオイル交換のおすすめ頻度を説明します。車種によってオイル交換の頻度は異なります。排気量の多い車や、外車、軽自動車、軽乗用車、ミニバン、SUV車などいろいろな車種のオイル交換のおすすめな頻度を紹介します。

軽自動車のオイル交換のおすすめの頻度

軽自動車は排気量が660ccと車の中では最も小さな車になります。最近車の販売台数は軽自動車がセダンタイプやワンボックス車の販売台数を上回っています。理由は車自体が安く燃費もよく維持費や税金も安く済むので最近はファミリー層でもミニバンやSUV車より軽自動車に人気が出てきているからです。

そんな軽自動車のオイル交換のおすすめの頻度は4,000㎞に1度か6か月に1度がおすすめです。

軽乗用車のオイル交換のおすすめ頻度

軽自動車より馬力があり高速走行に安定感がある車、トヨタのビッツやホンダのフィット、日産のマーチなど1,000ccから1,300ccクラスの軽乗用車もコンパクトで燃費が良く経済的で人気があります。

オイル交換の頻度は5,000㎞か6か月に交換が一般的です。ただノーマルコンディションの場合で、営業用として使用や毎日送り迎えで使用のシビアコンディションの場合はもう少し小まめな交換がおすすめおすすめです。

オイル交換はこまめにすることが大事です

車のエンジンオイルを交換することで車の寿命を長く伸ばすことができます。特にエンジンオイルは車の心臓部であるエンジンの血液とも言えるものでオイル交換を小まめにすることはとても重要です。

今回オイル交換の頻度について調査しましたが、車の性能を保つため、こまめにオイルを交換してください。車は人間と同じで長く乗るのに定期的なメンテナンスが必要です。最近オイル交換していない人はすぐにオイル交換してみてください。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related