Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

トラックのアルミホイールの磨き方・コツ・おすすめ磨き剤・道具

トラックのアルミホイールの磨き方・コツ・おすすめ磨き剤・道具
トラックのアルミホイールは磨き上げることで新品の輝きを取り戻すことができます。トラックでも乗用車でもアルミホイールは、市販の磨き剤を使うことで鏡面仕上げの美しさが得られますし、ポリッシャーやクリーナーパフを使えば楽に磨き作業を行うことができます。

初回公開日:2018年8月10日

更新日:2019年11月28日

記事に記載されている内容は2018年8月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


ドライバーの転職や就職ノウハウを知るなら『はこジョブ』へ!

ドライバーの転職や就職するときに、福利厚生や給料が良い会社位に行きたいという人も多いでしょう。

今すぐ転職しないとしても、知識をつけておけば無駄になることはありません。


ドライバー転職専門のアドバイザーがいる『はこジョブ』なら今より好条件な企業に転職するためのノウハウを得られます!
ドライバーの転職や就職ノウハウを知るなら『はこジョブ』へ!

ホイールについて

ホイールの種類は素材から大別すると、スチール製とアルミニウム合金製に分かれます。

アルミホイールは、もちろんアルミニウム合金でできたホイールのことになりますが、アルミニウム合金が軽いことによるメリットと、金属としてスチールより柔らかいので加工しやすいことからデザインが豊富になることがメリットとして大きいです。そして、アルミホイールとスチールホイールには以下のような特徴があります。

スチールホイールの特徴

スチールホイールの特徴として、素材が丈夫なため衝撃に強いことがメリットです。そして素材が安いので製造コストが低く抑えられるため安価な製品として製造できることもメリットとして挙げられます。

反面、素材が丈夫なためデザイン性が悪く、同じような製品になってしまい個性が出しにくいのがデメリットです。また、素材が重いので重いホイールになってしまい、車の走行性能を左右するばね下荷重が大きくなり、結果として車の走行性能が悪くなることもデメリットです。

デザインはホイールカバーによってある程度は変化が与えられますが、走行性能の悪化は避けられないためスチールホイールは下位グレードの車種に多く使われています。

アルミホイールとは

アルミホイールとは、ホイールを構成するリムやスポークやフランジのすべてか大部分をアルミニウム合金によって作られているホイールです。英語ではアロイホイールとも言われていて、これは合金ホイールの意味になっています。そのため、輸入車のカタログにはアロイホイールと書かれているものもあります。また、アルミホイールは磨くことで光沢が出せるホイールです。

オートバイ用のアルミホイールは、マグネシウム合金ホイールを含めて、形状からキャストホイールと呼ばれている製品が多くなっています。

アルミホイールの特徴

アルミホイールの特徴として、素材が錆や腐食に強いことがメリットで、またスチールに比べて軽いことで車のばね下重量が少なくできて走行性能が良くなることもメリットです。他にもアルミニウムは柔らかいので、加工しやすいためデザインが豊富にできることもメリットです。また、磨くことで光沢の出せるホイールになります。

しかし、スチール素材と比べてアルミニウム素材は価格が高いことがデメリットになりますし、素材が頑丈でないためスチール製に比べ耐久性に難点があることもデメリットです。ホイールの重量が軽くなると走行性能が良くなるうえに、燃費の向上も期待できるのもアルミホイールのメリットです。

アルミホイールはスチールホイールよりどうしても高価なホイールになってしまうため、下位のグレードの車種ではなく上位グレードの車種に標準装備となります。

アルミホイールのタイプ別

アルミホイールにはいくつかのタイプがあります。クラシカルなものがスポークタイプで、中心からスポークが放射状に延びている製品です。軽量にすることが可能なうえ、放熱性が良く冷却性に優れているのが特徴です。

このスポークタイプの発展型がフィンタイプと呼ばれるもので、スポークを細くて増やしたタイプです。さらにメッシュタイプと言って網目状の形状になっていて、スポークタイプよりも剛性が高くなっています。ディッシュタイプもあってお皿の形状をしているものですが、強度は一番高くできますが重量は最もかさんでしまいます。

形状以外での分け方もあって、製造方法によって鋳造と鍛造に分類されますし、ホイールの構造によってワンピース、ツーピース、スリーピースタイプに分類される場合があります。

トラックのアルミホイール

トラックでは燃費向上のために、アルミホイールが装着される場合が多いですが、近年はJIS方式のアルミホイールではなく、新ISO方式のアルミホイールの方が推奨されています。トラックほかのアルミホイールでは、アルミホイール専用のボルトを使用することになっています。

トラックのアルミホイールの磨き方

経年変化でトラックのアルミホイールは、購入時の輝く光沢が失われてきますが磨くことで光沢を復活させることができます。アルミホイールは合金のためまったく同じ素材ではないので、磨く際に決定的と言える方法はなく、磨き方がそのアルミホイールに適合しているかは相性があります。

トラックのみならず自動車のアルミホイールの磨き方には、相性があることから、ピカール、青棒、ケミカル他に各種の磨き方がありますが、最終的には、「自分のアルミホイールにはこの磨き方」を発見するしかありません。

今回各種の磨き方を紹介しますが、最悪の場合、磨く効果が無いばかりか変色を引き起こすことさえあり得ます。自分のトラックのアルミホイールを磨き上げるときは自己責任で磨き方を試してください。

トラックのアルミホイールも乗用車と違いはないので、青汁他の相性が良いものを見つけて愛車のアルミホイールを磨き上げます。

トラックのアルミホイール磨きのコツ

トラックほかのアルミホイール磨きのコツを紹介します。アルミホイール磨きは何で拭けば良いかですが、マジックポリッシュや青汁他の磨き剤を塗るときは、目の細かいタオルがおすすめです。そして、磨いた後に吹き上げるには、マイクロファイバーのタオルがおすすめになります。安いマイクロファイバータオルで大丈夫です。

腐食したトラックほかのアルミホイールの磨き方は、サンポール他の薬品が有効ですが、サンポール他の薬品は強力なので、安全策を取るのならば、磨き方のおすすめはヤスリや120番程度のサンドペーパーで腐食した部分を少しずつ削り落としていくという作業がおすすめです。

削る方法でのトラックほかのアルミホイール磨きは、手作業だと時間もかかり大変な作業になりますので、電動ドリルにホイールワイヤー他をセットして磨く手法が楽になります。

箇所別アルミホイールの磨き方

トラックほかの車輪の外周のことをリムと言いますが、磨きやすい部分といえます。汚れの具合を確認することで、他の部分を磨きあげる参考にします。なお、ボルトの部分は磨きにくいので電動ドリルにパフ他を付けて磨き上げると楽に磨くことができます。

おすすめトラックほかのアルミホイール磨き剤

トラックほかのアルミホイールの磨き方では、磨き剤に各種のものがありますので使い方や特徴を紹介します。

ハイトレール

ケミカルの磨き剤でトラックほかのアルミホイールのサビ他を浮かせてくれる薬剤で、特殊洗剤と言われます。ほかの磨き剤を使う場合にもハイトレールはひどいサビの下地処理に使うことができますのでおすすめです。

ブルーマジック

ブルーマジックもトラックほかのアルミホイール磨きに人気のある磨き剤です。使う場合の注意点としてはトラックのアルミホイールを濡らしてから使うことです。ブルーマジックはメタルポリッシュクリームというアイテムです。

青汁

ここで言う青汁は飲み物の青汁ではありません。トラックほかのアルミホイール磨き剤のことで、青棒を灯油に混ぜて磨き剤として使用します。金属磨きのピカールと同じくアルミホイールを新品のとおり磨き上げることができます。

青棒はそのままではアルミホイールを磨けず、台所のおろし金を使って削って細かくし、削った青棒と灯油を1:3で混ぜると磨き剤の青汁になります。ドロドロの形状の磨き剤になり目の細かいタオルに付けてトラックほかのアルミホイールを磨き上げていきます。磨き上げた後の仕上げは安いマイクロファイバーの布がおすすめです。

最近は灯油がない家庭が増えていて、トラックほかのアルミホイールの磨き剤の青汁をつくるためだけに灯油を買うのは大変です。そんな場合は灯油の代用に家庭にある接点復活剤でもある呉工業のKURE-CRC556が使えます。

サンポール

サンポールは酸性の液体で強い洗浄作用を持っています。トラックほかのアルミホイールを磨き上げるのに効果がありますが、酸性が強いのでアルミホイールにダメージを受けることもあります。

使い方はサンポールをまんべんなくアルミホイールにかけて、約5分放置してからスポンジで磨きます。すぐにピカピカなアルミホイールになってしまいますので、サンポールの威力はすごいといえるでしょう。特に酸性のためにホイールに付着したブレーキの削れた鉄粉は跡形もなくなってしまいます。

ピカール

鏡面加工用の金属磨きでもっとも有名なのがピカールで、乳化した液状の金属磨き剤のことです。研磨用の粒子がトラックほかのアルミホイールを削ってくれるので新品のホイールに戻ります。

使い方はピカールを柔らかい布に付けてトラックほかのアルミホイールを磨きあげます。アルミホイールがピカピカに磨けたら、ピカールをついていない柔らかい布できれいに拭き取りましょう。

研磨の粒子が細かいのでひどいサビの除去には時間がかかりますが、磨き続ければ新品同様のホイールに戻りますし、鏡面仕上げになります。

トラックのアルミホイール磨きおすすめ道具

トラックのアルミホイール磨きおすすめ道具には、電動で磨き作業ができるポリッシャーやクリーナーパフがありますので、使うことで磨き作業が楽にそしてきれいに行うことができます。

ポリッシャー

電動で磨きをかける道具にポリッシャーがあります。単純に回転するだけのシングルアクションポリッシャーと回転に加えて上下の運動も行うダブルアクションポリッシャーがあります。

シングルアクションポリッシャー

シングルアクションポリッシャー単純に回転をするポリッシャーですが、一般的にカーポリッシャーとして売られているポリッシャーがこちらです。電動でしかも抑えることができるので、トラックほかのアルミホイールをきれいに磨き上げる作業が楽に行えます。

しかしシングルアクションポリッシャーは単純な回転で磨き上げるために、磨き跡が目立ちやすいので使い方に注意が必要です。シングルアクションポリッシャーを購入する場合は、コンパクトで100V電源のものがおすすめです。

同じバフと磨き剤を使用して、磨き上げるときシングルアクションポリッシャーの方がダブルアクションポリッシャーよりも早く磨き上げることができます。使用するパフは状況に応じて数種類用意するのがおすすめです。

ダブルアクションポリッシャー

ダブルアクションポリッシャーは、回転運動と同時に上下運動の2つの動きをすることで、単純な回転運動のシングルアクションポリッシャーよりも、技術が不要できれいな磨きが可能です。パフの使用跡がつきにくいのもメリットですので、素人でもトラックほかのアルミホイールをきれいに磨くことができます。

磨き上げる作業スピードはシングルアクションポリッシャーより遅くなりますが、素人では使いやすさと仕上がりの安定性が高いのでおすすめです。ダブルアクションポリッシャーも家庭用100V電源のコンパクトな製品が使いかってが良くなります。

クリーナーバフなど

クリーナーパフを電動ドリルに付けることで、トラックほかのアルミホイールを手磨きよりも短時間で細かいところまで磨き上げることができます。特にキノコパフと呼ばれるスポンジ製のパフはボルト周りまできれいに磨き上げることが可能です。その際、ボルトのでっぱりで多少パフが痛みますが再度使用することができます。

アルミホイールは磨くときれいにできる

トラックほかのアルミホイールは使っているうちにくすんだ色に変色してしまいます。しかし市販の磨き剤を使って磨き上げると新品のアルミホイールに戻すことができます。

アルミホイールを磨き上げるときに磨き剤を使用するときれいに磨くことができますが、磨き剤とアルミホイールには相性があるので自らの責任で最適の磨き剤を見つけることが必要です。なお、磨き上げる際にポリッシャーやクリーナーパフ他の磨き上げる用具を使うことで磨く作業を楽に行うことができるのでおすすめです。

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related