Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

車のキーの電池交換方法・電池切れ時の症状・洗濯した時の対処法

車のキーの電池交換方法・電池切れ時の症状・洗濯した時の対処法
皆さんこんにちは、今回は「車のキーの電池交換方法・電池切れ時の症状・洗濯した時の対処法」と題して、「車のキーの電池交換方法・電池切れ時の症状・洗濯した時の対処法」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「車のキー」に関する「お役立ち情報」をご紹介します。

初回公開日:2018年8月22日

更新日:2018年8月22日

記事に記載されている内容は2018年8月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


リモコンキーとは

リモコンキーというのは、一般的に「遠隔操作によって、車のドアのキーの開閉ができてしまう」という、とても魅力的かつ便利な車のキーのことを指します。特に最近ではこのリモコンキータイプの車のキーが増えてきているため、あらかじめ「リモコンキーの操作方法」や「このタイプの車のキーの破損時の修理方法」などを知っておくと便利でしょう。

最近の車のキーはリモコンキーが多い

先述しましたように、この「遠隔操作によって車のドアの開閉ができるリモコンキータイプの車のキー」は非常に増えてきていて、トヨタ車や日産車を買うときでも、あらかじめ既製品としてリモコンキータイプの車のキーが付いてくることが多くなっています。

そのため、そのリモコンキータイプの車のキーをどのように扱うべきか、ということを念頭に置く上で、修繕方法や寿命の見方などをしっかり把握しておくといざと言うときに助かります。

丸形の電池

このリモコンキータイプの車のキーは電池で作動しています。そのため、このタイプの車のキーの効きが悪くなっている場合はほとんどの場合「電池がなくなっているとき・電池がなくなりかけているとき」となります。

リモコンキータイプの車のキーで使用されている電池は基本的に「丸形の電池」となり、この電池が市販されているお店も非常に増えてきました。そしてこの丸形電池にもいろいろと用途に分かれて種類があるため、事前にその種類について確認することが大切です。

いろいろな種類の電池がある

先述の続きとなりますが、リモコンキータイプの車のキーで使用される丸形電池には用途に分かれていろいろと種類があります。基本的に「CR2032」、「CR2016」、「CR1632」、「CR2025」という4つの品番が施された丸形電池が使用されているため、間違って別の電池を購入しないように注意しましょう。

車のキーの電池交換方法

ここからは、リモコンキータイプの車のキーの電池交換の方法についてご紹介していきます。一般的にこのリモコンキータイプの車のキーで使用する電池の寿命は、だいたい「1年から2年程度」とされているため、その年間をメドにしておくことが大切です。

リモコンキータイプの車のキーを使用し始めてだいたい1年半程度が過ぎた頃から、電池の交換時期を見定めておき、その時期に合わせる形で「正確な電池交換方法」を把握しておきましょう。

ドライバーセットを購入しておくとよい

リモコンキータイプの車のキーの電池交換では、一般的にプラスドライバーが使用されます。この場合でも「それぞれの車のキータイプに見合ったドライバーを使うこと」が求められるため、あらかじめ「ドライバーセット」を購入しておくと便利でしょう。

ドライバーセットには、ほとんどのネジに対応できるだけのドライバーが用意されているので、このリモコンキータイプの車のキーの電池交換の際でも、困ることなく交換できるでしょう。

該当する電池を購入

先述でもご紹介しましたが、リモコンキータイプの車のキーで使う丸形電池には「用途別に分かれた種類」があるため、あらかじめ「自分が使っている車のキーで使用している電池の種類」を把握しておくことが必要です。

基本的には先述の「4つのタイプの電池」が主流に使われるため、そのうちのどれかを確認しておけばOKです。

スライド式でケースが外れる場合がある

これは「ネジを取り外して車のキーのケース開ける場合」とは違ったタイプの交換方法になりますが、車のキーのタイプによっては、付随しているキーホルダーをすべて取り外し、それからケースの電池部分をカバーしている蓋を取り外して交換するタイプの物があります。

この場合は、まずキーホルダーをすべて取り外した後、そのキーホルダーを取り付けていた上位部分に溝のような窪みがあり、その窪みを確認した後でケースを上方へスライドさせることでケースのカバーが外れる仕組みになります。

この際の注意点として、「力任せにスライドさせたり、乱暴にこじ開けようとはしないこと」が重要です。一般的にこのタイプの車のキーのカバーはプラスチック製であるため、無理にこじ開けようとすると割れてしまう場合が多く見られます。

車のキーが電池切れの時の症状

リモコンキータイプの車のキーの電池が次第になくなっていく際の症状としては、まず「反応がにぶくなること」、その「反応がにぶくなる時期を過ぎるとまったく反応しなくなること」という順番で表れてきます。

そのため、「反応がにぶくなった時点」をメドにしておき、「無反応になる前」に電池交換をしておくことがベストとなります。その際、あらかじめ予備の電池をいつでも携帯しておくことによって困窮する場面を回避することができるため、そのための電池の購入も事前に検討しておきましょう。

車のキーの電池の寿命

先述しましたが、リモコンキータイプの車のキーの電池の寿命は一般的に「1年から2年程度」と言われています。ただしこれは「平均的な車のキーの使用によって得られるデータ」となるため、場合によってはそれ以前に電池がなくなってしまったり、あるいはそれ以上の寿命を持つ場合があります。

リモコンキーのタイプによっては、ボタンが少ない場合と多い場合とがあるため、それぞれの車のキーのタイプによって、この電池の減りは変わってきます。

反応がまばらになってくる

先述しましたが、このリモコンキータイプの車のキーの電池の寿命を確認する際には、まず「そのキーの反応」によってわかります。まず「あれ、ボタンを押したと思ったのに」という感覚をもって「それでもキーが反応しない」という状況が訪れます。

このときの「ボタンを押したと思ったのに」という直感に近い感覚をまず大事にしましょう。これを「気のせい」程度に見てしまうことで、本当に電池がなくなってしまうケースが多々あります。

反応しないなど

先述の「あれ、ボタンを押したと思ったのに、反応がやっぱりにぶくなってる」という時期を過ぎ、それでも電池交換をしていなかった場合には、「ボタンを押しても完全に反応しない」という状況に陥ります。

この場合は完全に「電池交換」の時期に差し掛かっていることになるため、早期の電池交換が必要です。この際の注意点ですが、どこかへレジャーや買い物に行っている際に電池が切れてしまった場合を想定しておき、その場合の対応の準備をしておくことが重要になります。

この場合のためにも「予備の電池」をあらかじめ携帯しておくようにしておき、電池がなくなっても「すぐに交換できる状態」にしておきましょう。その際には、「車の中に予備の電池を置かないようにしておくこと」が肝心です。

自信がないときは専門ショップへ

先述では、リモコンキータイプの車のキーの電池交換についてご紹介しましたが、それでも「その電池交換に自信がない」と言う場合は、迷わず専門ショップやディーラーに相談するようにしましょう。

よくある例ですが、無理に電池交換をして余計にキーを破損してしまったり、あるいは不適切な修繕処理を施してしまったことによって、せっかく修理したのに(電池交換したのに)すぐにまた寿命がきてしまった、などというケースが目立つことがあります。

このような残念な結果にならないためにも、然るべきところできちんと修理や電池交換をしてもらい、確実に作業を行なうよう配慮することが大切です。

車のキーを洗濯・水没してしまった場合の対処法

たいていのリモコンキータイプの車のキーの場合は「水侵防止」として「水耐性」の物が多くありますが、中には「水耐性ではないタイプのキー」もあるため、その辺りの正確な情報を把握しておく必要があります。

この場合の対処法としては「まず乾燥させてみること」が大切で、しばらく水を切って寝かせておいて、完全に乾いてからもう一度使用してみるという確認方法が大事です。水に濡らしてすぐに使うことで漏電してしまう可能性が高く、それによって余計に破損してしまうケースにつながります。

つまり、電気回路がショートしていなければOKで、その回路の修復が可能かどうかの確認が大事になります。乾燥させても直らない場合は迷わず新しく購入するか、その購入前にディーラーなどで相談しましょう。

車のキーが抜けないときの対処法

車のキーが抜けないときの対処法についてですが、多くの場合はキーが抜けなくなっても、別の角度(方向)にキーをゆっくり回してみるや、慌てずにいろいろな角度から車のキーそのものに力を加えて抜いてみる、などの方法によってキーは大人しく抜けてくれます。

しかし、そのような対応をしても抜けない場合には、キーの先端部分が何らかの力によって曲がってしまっているか、あるいはキーと鍵穴の間に何かが挟まって動かなくなっている、あるいはキーインターロックが掛かっている、などのケースが想定されます。

そのためまずはパニックにならずに、ハンドルを左右にゆっくり動かしてみてキーの固定された力の具合を確認し、キーが抜けそうになるタイミングをみることが大切です。特にAT車の場合はキーインターロックによって抜けなくなっている場合があるため、周囲の環境確認が重要になります。

車のキーをなくした場合の扉の開け方

車のキーをなくした場合の扉の開け方についてですが、これは「車のキーを紛失した後、すぐにドアを開閉できる」とは考えないことが大切です。車のキーを紛失した場合にはまず「JAFやディーラーに連絡し、状況を伝えてカーショップやオートバックスなどの専門ショップに牽引してもらうこと」がステップになります。

JAFやディーラーに連絡後、もし両者がその車に見合うキーを所有している場合はその場でドアの開閉が可能ですが、そんな場合はきわめて稀なケースです。

スペア

先述の続きの内容となりますが、このように車のキーを紛失した場合に効果を発揮してくれるのが「スペアキー」の存在であり、特にリモコンキータイプの車のキーを所有している場合はこの「スペアキー」を必ず常備しておくことが勧められます。

スペアキーを持っている場合はその場で問題解決となり、スムーズに車に乗って帰宅したり、次のスペアキーを購入しに出掛けることが可能となります。

スペアキーを作る

先述のように、スペアキーを持っているだけで「車のキーを紛失した場合の対処」はまったく違ってくるため、リモコンキータイプの車のキーを使う場合には迷わずその購入時に「スペアキー」の購入も検討しておくことが重要です。

この「スペアキーを作っておく」ということを多くのドライバーが忘れているケースも見られており、いざ車のキーを紛失した場合の対処に困ってしまうケースが多々見られています。たとえば新しく車を購入する際に気分が浮かれてしまって、スペアキーの購入を忘れてしまう場合が多く見られます。

スペアキーの存在価値を改めて再確認しておき、いざと言うときに困らないよう十分配慮しておきましょう。

車のキーの修理方法

先述で「リモコンキータイプの車のキーの修理方法・電池の交換方法」についてご紹介しましたが、特にリモコンキータイプの車のキーの故障原因として多いのは、「水に濡らしてしまって故障する」や「強い外部的刺激によって破損する」などのケースが多々見られます。

一般的には「水耐性の車のキー」が多く製造されていますが、それでも完全に水没させてしまったり、特にリモコンキーの場合はそのキーの内部に水が十分に浸透してしまった場合には、水耐性のキーでも故障する可能性はあります。

これらの故障・破損時の対処方法ではまず、電気回路の復興と現状の確認が必要となるため、素人感覚で修理することを考えずに、専門ショップやディーラーに連絡し、確実な修理方法を検討することが大切です。

車のキーの電池交換方法を正確に把握しましょう

いかがでしたか。今回は「車のキーの電池交換方法・電池切れ時の症状・洗濯した時の対処法」と題して、「車のキーの電池交換方法・電池切れ時の症状・洗濯した時の対処法」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「車のキー」に関する「お役立ち情報」をご紹介しました。

リモコンキータイプの車のキーは現在でも実に多く使用されており、トヨタ車や日産車をはじめとする、人気の高い車メーカーでもほとんどの車のキーに流用しています。そのため、リモコンキータイプの車のキーを所有するドライバーが増えており、その車のキーの修理方法についてもしっかり把握しておくことが大切になります。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related