Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年09月02日

雨天時の安全運転のポイント10個|雨天時の運転で注意すべきこと

雨天時の安全運転のポイント10個|雨天時の運転で注意すべきこと

雨天時の車の運転は、運転がしづらく事故が発生する確率も高くなります。運転をする際は、晴天時よりも一段と注意しなければいけません。今回は、雨天時の安全運転のポイントと、雨天時のおすすめ商品をご紹介します。雨天時の安全で快適な運転に、お役立てください。


雨天時に起こる事故の特徴

雨天時の安全運転のポイント10個|雨天時の運転で注意すべきこと

車を運転している際、事故が起こりやすいシチュエーションの一つに雨天時が挙げられます。天候が悪いと、晴天時には起こらないアクシデントが発生し、事故に繋がる危険性が高まります。

雨の日にはどんな事故が多く発生するのでしょうか。雨天時に起こる事故の特徴を3つに分けて、詳しく説明していきます。雨の日の事故について一緒に勉強していきましょう。

雨天時に最も多い事故原因

雨天時に最も多い事故原因は、スリップです。路面が雨で濡れていることでタイヤが滑って、ハンドル操作が不能となり事故が発生します。

カーブや追い越しをする加速時や水溜りにはまった際に、スリップすることが多いようです。路面が濡れているとブレーキが効きにくいため、停止するまでに時間がかかってしまうことも衝突する原因となっています。

雨天時の命に係わる事故件数

雨天時の事故発生率は、晴天時の4〜5倍と言われています。雨天時はスリップしやすいなどコンディションが悪くなるためでしょう。

雨天時の方が、夕方から夜間にかけての命に係わる事故発生件数が多くなっています。これは暗闇と雨による視界不良が原因です。

特に、右折する際に横断する歩行者に気づかず、接触する事故が多く発生しています。

晴れの日との違い

雨天時が晴天時と異なる点として、視界、路面、音の3つが挙げられます。

1つ目の視界は、ガラスやサイドミラーに雨粒がつき、晴天時よりも視界が悪くなってしまいます。

2つ目の路面は、路面が雨で濡れるため水たまりにはまったり、スリップしやすく走りづらくなります。

3つ目の音は、近くを通る車のエンジン音や歩行者の声が、雨や風の音で掻き消されて聞こえづらくなってしまうためです。

雨天時の安全運転のポイント10個

雨天時の安全運転のポイント10個|雨天時の運転で注意すべきこと

雨天時に安全に運転するためには、晴天時とは異なった対策を行わなければなりません。安全運転するには、運転手のコンディションや車の運転方法など、どんな対策が必要になるでしょうか。

雨天時の安全運転のポイントを10個に分けて、解説していきます。既に雨対策をされている方も、この機会に見直しをしてみてください。

雨天時の安全運転のポイント1:車の点検

安全運転をするためには、運転前に点検を行うことが重要となります。雨天時にポイントとなるのは、ワイパーとタイヤの状態です。

ワイパーのゴムが擦り減ってしまうと水滴を弾きにくくなり、視界不良の原因となります。カー用品店などで新しいゴムを購入し、定期的に交換しましょう。

また、タイヤは擦り減って溝がなくなっていないかがチェックポイントです。溝がないとスリップし、事故に繋がる危険性が高くなります。

雨天時の安全運転のポイント2:運転時の距離

雨天時の安全運転のポイント10個|雨天時の運転で注意すべきこと

雨天時は、車間距離を多めに取ることがポイントです。雨で視界が悪く、いつもより障害物や歩行者に気づくことが遅れる可能性があります。

もし、前を走る車が急ブレーキをかけても余裕を持って止まれるように、十分に車間距離を保つ必要があります。車間距離を保つことは玉突き事故の防止策として、後続車の安全にも繋がると言えるでしょう。

雨天時の安全運転のポイント3:運転時の速度

雨天時は、運転速度がポイントとなります。スピードの出し過ぎは事故の原因となりますので、晴天時でも気を付けるべきポイントです。

雨の日は特にハイドロプレーニング現象に注意しなければなりません。路面に溜まった水でタイヤが滑り、ハンドル操作やブレーキが効かなくなってしまう現象です。

タイヤが磨耗していたりスピードを出すほど、この現象が起きやすくなります。高速道路ではいつにも増して慎重に走行しましょう。

雨天時の安全運転のポイント4:視界の確保

雨天時には、視界の確保をすることが安全運転のポイントとなります。ワイパーの点検と同じく、ガラスのくもり対策も重要です。雨が降ると外と車内の温度差により、ガラスがくもってしまいます。

まずは、外気循環にして外と車内の温度差をなくしましょう。次にエアコンをオンにして、フロントガラスへ風向きを設定すれば、くもりを解消できます。エアコンによる乾燥が苦手な方は、くもり止めの使用がおすすめです。

雨天時の安全運転のポイント5:歩行者の行動を予測

雨天時の安全運転のポイント10個|雨天時の運転で注意すべきこと

雨天時は、歩行者の行動を予測することが安全運転のポイントです。歩行者は、傘を差したりレインコートを着ていたりと、いつもより視界が狭くなりがちです。更に雨音によって、車が近づいていることに気づいていない場合もあります。

歩行者や自転車の運転手は、水たまりを避けるために車道にはみ出たり、左右を確認せずに道路を渡ることも考えられます。事故の加害者にならないよう、歩行者の動きを良く見て走行しましょう。

雨天時の安全運転のポイント6:早めのヘッドライト点灯

雨天時には、早めのヘッドライト点灯が安全運転のポイントとなります。日中でも薄暗く視界が不明瞭となるため、周囲の車が見づらくなっています。

そんな時は、ヘッドライトを早めに点灯するよう心がけましょう。ヘッドライトの光で、周囲の車や歩行者に、あなたの車の存在をアピールすることができます。周囲に車の存在を気づかせることで、未然に事故を防ぐ効果があります。

雨天時の安全運転のポイント7:こまめな休憩

雨天時の安全運転のポイント10個|雨天時の運転で注意すべきこと
Bottom banner

こまめな休憩も安全運転のポイントです。雨天時は晴天時の時よりも運転に集中力が必要となります。特に長距離を走る場合は、晴天時の時よりもこまめに休んでコンディションを整えましょう。

雨天時は車のスピードを出せないため渋滞になることも多く、苛立ったり慌ててしまうこともあるでしょう。コンビニなどで雨やどりができるくらい時間と気持ちに余裕を持って、予定を立てることも重要です。

雨天時の安全運転のポイント8:自身の体調確認

雨天時の安全運転には、自身の体調確認もポイントです。集中力が必要な雨天時の運転は、体調が思わしくない時には更なる負担になってしまうことがあります。

無理をせずに電車やバスといった公共機関を使ったり、大事をとって休む、もしくは遅れていくなど、自身の安全や健康を考慮することが大切です。体調不良や睡眠不足の時は、晴天時であってもなるべく運転は控えるようにしましょう。

雨天時の安全運転のポイント9:早めのブレーキ

雨天時には、早めのブレーキが安全運転のポイントとなります。濡れた路面に磨耗しているタイヤでブレーキをかけると、晴天時よりも制動距離が数m伸びる実験結果が報告されています。

雨天時はスリップや大きな水たまりにはまってしまうなど、イレギュラーなことが起こりやすいです。スピードを控え、早めにブレーキを踏むことで、周囲のドライバーの安全にも気を配れるようになりましょう。

雨天時の安全運転のポイント10:サングラス等グッズの使用

雨天時に役立つのが、偏光サングラスです。サングラスと言っても、黒や茶色の暗い色は選んではいけません。黄緑色など明るい色の偏光サングラスを試してみてください。

偏光レンズは雨で濡れた路面の反射をカットし、周囲の車や道路の白線をハッキリと見せてくれます。雨の日に視界を良好にしたい方におすすめのアイテムです。

雨天時の運転におすすめ商品3選

雨天時の安全運転のポイント10個|雨天時の運転で注意すべきこと

雨天時の運転を快適にするためにカー用品を使用してみてはいかがでしょうか。ガラスやミラーに付く雨の水滴を弾く撥水アイテムがとても役立ちます。

撥水アイテムは、カー用品店やネットショッピングで様々な商品が販売されています。数多くの商品の中から、おすすめの3品をご紹介します。

雨天時の運転におすすめ商品1:TideMC カーバックミラー 防水フィルム

TideMC カーバックミラー 防水フィルムは、サイドミラーに貼って使用するフィルムです。雨だけでなく霧と後続車のライトの光も防ぎ、視界を良好にしてくれるアイテムとなっています。

水だけで簡単に貼り付けられるので、気軽に試すことができます。夜間はライトの光が雨で反射して見づらいですが、このフィルムを使用すれば解決することができるでしょう。

中々、雨が降らなかったのですが最近の雨の夜に買って良かったと痛感しましたミラーとサイドガラスに貼りましたけど左サイドの確認がハッキリと見えて楽でした

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1KXRF9S0QWM... |

雨天時の運転におすすめ商品2:SOFT99 ウィンドウケア 超ガラコ

SOFT99 ウィンドウケア 超ガラコは、通常のガラコよりも1年間の耐久率が6倍アップした商品です。ガラコはフロントガラスに塗布すると、ワイバーの水切れが良くなり、視界を良好にしてくれます。

下処理をしっかりと行なった後に、このガラコを塗布すればかなり長持ちしますので、塗り直す手間が省けます。耐久性を重視したい方におすすめの商品です。

雨の日にワイパーを使っても視界がいまひとつで、何かいい商品はないかなあと思って、試しに購入していました。

いやあ、、、、、ビックリ。25年乗っているカローラの窓が見違えるようになりました。笑手間もかからず、こんなに改善されるならもっと前に探して購入すれば良いと思いました。おススメです!!

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1L36CWEEBRD... |

雨天時の運転におすすめ商品3:[CarZootプロ仕様] 窓ガラス用撥水コーティングキット

[CarZootプロ仕様] 窓ガラス用撥水コーティングキットは、プロ仕様の撥水力と耐久力を持ち合わせています。コーティングに必要なクロスとスポンジがセットになっており、写真付きのマニュアルも同梱されていて良心的です。

時速30km/hの走行でもワイパーなしで雨粒を弾きますので、快適な走行が実現できるでしょう。全て国内で製造され店舗でも使用されていますので安心できる商品です。

今まで量販店で売っている安い撥水を使っていましたが、プロ仕様の言葉に引かれて買ってみました。使い心地は、安いものに比べて拭き取りがかなり楽でした。ワイパーを回してみましたが、ビビることなくスムーズに動いてました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2PQ6EHNMQMU... |

雨天時は晴天時の倍以上注意が必要

雨天時の安全運転のポイント10個|雨天時の運転で注意すべきこと

ここまで、雨天時の安全運転のポイントとおすすめ商品を紹介してきました。雨天時の運転の危険性と注意すべきことを再確認できたのではないでしょうか。

雨天時の事故発生率の高さを考えると、運転には晴天時の倍以上の注意が必要です。安全運転のポイントに気を配り、おすすめ商品で雨の日に備えて、安全で快適な運転を心がけていきましょう。

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人