Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年09月26日

ドライバーの人材集めをする7つの方法|うまくいかない原因5つ

ドライバーの人材集めをする7つの方法|うまくいかない原因5つ

ドライバーの人材集めにもさまざまな方法があります。転職サイトを活用したり、紹介制度を取り入れることも大切ですがドライバーがメリットを感じることができなければ、効率的な人材集めはできません。自社のドライバーの意見を取り入れて人材集めの方法を考えてみましょう。


人手不足が解消しないドライバー業界

ドライバー業界の人手不足はなかなか解消しづらくなっています。労働人口が減っていたり、免許を所有している人が少なくなっているため、ドライバーの人材集めがうまくいかない状態が続いています。

経営者でドライバーの人手不足に悩んでいる人は、他の運送会社よりも労働環境や待遇を良くすることを検討しながら、人材集めの方法を考えることが大切です。

ドライバーの人材集めをする7つの方法

ドライバーの人材集めをする7つの方法があります。ネットやハローワークに求人を掲載する際に、ドライバーの興味を引くような労働条件や労働環境を用意することができなければ、人手不足の解消には繋がりません。

ドライバーの人材集めの方法に悩んでいる人は、雇い入れているドライバーの意見を集めたり、仕事をしていく際に必要な手当を支給することで人手不足の解消を目指しましょう。

ドライバーの人材集めをする7つの方法1:自社ホームページで募集する

ドライバーの人材集めをする方法に自社ホームページで募集する方法があります。自社のホームページで募集をかける場合は、求人サイトやハローワークを経由しなくて済むので、ダイレクトにドライバーの募集がしやすく優秀な人材を見つけやすくなります。

自社ホームページで人材集めをする人は、ホームページを見た人が分かりやすいように求人コーナーを作り、労働条件などを明確にすることが大切です。

ドライバーの人材集めをする7つの方法2:自社ホームページで有益な情報を配信する

ドライバーの人材集めをする方法に自社ホームページで有益な情報を配信する方法があります。自社ホームページで有益な情報を配信することで、ドライバーが頻繁にホームページをチェックする機会が増えるので募集を募りやすくなります。

運送会社を経営している人は、自社で働くドライバーの体験談を載せたり、他の運送会社にない労働環境をホームページに載せることで応募を募りましょう。

ドライバーの人材集めをする7つの方法3:求職者にとってのメリット整理する

ドライバーの人材集めをする方法に求職者にとってのメリットを整理することが挙げられます。自社でドライバーの仕事をする場合、求職者にとってどのようなメリットがあるか整理できなければ多くの募集を募ることが難しくなります。

運送会社を経営する人は、自社ホームページやハローワークの求人票などにドライバーに向けたメリットを分かりやすく載せるようにしましょう。

ドライバーの人材集めをする7つの方法4:福利厚生をアピール

ドライバーの人材集めをする方法に福利厚生をアピールすることが挙げられます。ドライバーにとって条件の良い福利厚生をアピールすることで、求職者は求人に魅力を感じるようになり、多くの応募を募ることができます。

経営者で福利厚生をアピールする人は、求人票に福利厚生のメリットを分かりやすく載せることで他の運送会社と差別化を図りましょう。

ドライバーの人材集めをする7つの方法5:紹介制度の活用

ドライバーの人材集めをする方法に紹介制度の活用があります。ドライバーの仕事に就いている人は、腕の良い運転手の知り合いが多いこともあるので、上手に紹介制度を活用できれば、人手不足の解消に繋がります。

経営者でドライバーの人材集めに困っている人は、紹介した際の手当を充実させて、人材集めに取り組みましょう。

ドライバーの人材集めをする7つの方法6:転職情報サイトの活用

ドライバーの人材集めをする方法に転職情報サイトの活用があります。ドライバー専門の転職サイトは多くの人が目にしているので、魅力的な求人票を載せることができれば応募を募ることができます。

経営者で転職情報サイトを利用する人は、ドライバーに特化したサイトを選び、サイト自体のメリットを活かしながら求人情報を載せましょう。

Bottom banner

ドライバーの人材集めをする7つの方法7:営業所別・車種別・職種別に募集要項を細分化する

ドライバーの人材集めをする方法に営業所別・車種別・職種別に募集要項を細分化する方法もあります。営業所別・車種別・職種別を細分化することで求職者はどのような仕事をすれば良いのか理解しやすくなり、多くの応募を募ることができます。

経営者で募集要項の細分化を検討している人は、それぞれの応募別に採用担当者を決めておき、求職者が迷わないように求人情報を載せることが大切です。

ドライバーの人材集めがうまくいかない原因5つ

ドライバーの人材集めがうまくいかない原因があります。ドライバーの立場を考えた求人情報でなかったり、会社自体が人材集めに諦めて取り組んでしまえば、良い待遇や労働環境を用意できないので人が集まりにくくなることがあります。

運送会社を経営する人は、運送業界が置かれている状況や社会情勢を考えながら、求人票を作成するようにしましょう。

ドライバーの人材集めがうまくいかない原因1:他業種との差別化が図られておらず魅力を感じない

ドライバーの人材集めが上手くいかない原因に他業種との差別化が図られていないことがあります。ドライバー職の独自性を打ち出さないと他の業種との差別化を図ることができないので、人を集めるには魅力的な労働条件や待遇を用意する必要があります。

運送会社を経営する人は、自社でドライバーの仕事をすれば、どのようなメリットがあるかを明確にして、採用時の祝い金などの支給を検討しましょう。

ドライバーの人材集めがうまくいかない原因2:求人募集のメッセージを出す方向性を間違っている

ドライバーの人材集めが上手くいかない原因に求人募集のメッセージを出す方向性を間違えていることが挙げられます。運送会社の求人なのに事務職の人に特化した求人であったり、ドライバーの仕事をする人を無視した求人内容であれば応募を募ることができません。

運送会社を経営する人は、職種別に求人を別にしながら、ドライバー職に就く人を考慮した労働条件や待遇を載せた求人票を作るようにしましょう。

ドライバーの人材集めがうまくいかない原因3:全体的に求人倍率が高いため人が集まらないと諦めている

全体的に求人倍率が高いため人が集まらないと諦めていることもドライバーの人材集めが上手くいかない原因です。人事部などが初めから人が集まらないと諦めた状態で求人票を作ることで、ドライバーにとって魅力がある求人を作ることができず、結果的に人が集まりません。

運送会社を経営する人は、求人倍率が高いという悪条件に打ち勝つために、魅力的な待遇や労働環境を準備して求人を出すようにしましょう。

ドライバーの人材集めがうまくいかない原因4:未経験者や女性へのサポートが明確でない

ドライバーの人材集めが上手くいかない原因に未経験者や女性へ向けたサポートが明確に打ち出せていないことが挙げられます。未経験者や女性のドライバーのためのサポートを明確に打ち出せれば、多くの採用が見込めることになり人手不足を解消できます。

運送会社を経営する人は、免許取得のための助成金を支給したり、育児、出産の際の手当や休暇が完備されていることを求人票に明記して応募を募りましょう。

ドライバーの人材集めがうまくいかない原因5:ドライバーの立場に立った待遇や労働環境が用意できていない

ドライバーの人材集めが上手くいかない原因に運転手の立場に立った待遇や労働環境が用意できていないことが挙げられます。労働時間に見合った給与が準備できていなかったり、作業自体がハードすぎると人が集まりにくくなります。

運送会社を経営する人は、自社のドライバーの意見を集めて、労働環境や待遇を整えた上で求人票を作るようにしましょう。

ドライバーの人材集めについての方法を知り参考にしてみよう!

運転手を確保するためには、ドライバーの人材集めについての方法を知り参考にする必要があります。ネットやハローワークで応募を募る場合でも、他の運送会社にはないメリットを提示して、他業種との差別化ができていないと人が集まりにくくなります。

運送会社を経営する人は、ドライバーが運送業に夢が持てるような待遇や労働条件を準備して、ドライバー職にメリットを感じるような求人を載せるようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は業界最大数の案件を持つドライバーワークスへ!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人