Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年08月20日

12月に交通事故が多い理由7つ|12月の運転で注意すること5つ

12月に交通事故が多い理由7つ|12月の運転で注意すること5つ

12月は交通事故が多い時期です。12月は交通量や歩行者が増えたり、貨物が多いことで冷静さを欠き、交通事故を起こしやすくなっています。また、路面が天候での影響を受けやすいのでスタッドレスタイヤなどを装備することも大切になってきます。


交通事故は12月に多い?

12月に交通事故が多い理由7つ|12月の運転で注意すること5つ

車両の交通事故は12月に多くなります。12月は年末ということもあり、交通量が増えたり、人々が忙しくなるので冷静さを欠く人が増えて、運転をするときに安全への配慮ができないことがあるからです。

車を扱う仕事をしている人は、会社に迷惑をかけないためにも、年末は普段より事故への意識を高めて、安全運転をするようにしましょう。

12月に交通事故が多い理由7つ

12月に交通事故が多い理由7つ|12月の運転で注意すること5つ

12月に交通事故が多い理由が7点ほどあります。12月は運転する環境や路面の状態が車を走らせることに適していないことが多いので、他の季節より事故を起こしやすくなっています。そのため、一瞬の気の緩みで事故につながりやすくなっています。

運送会社を経営する人は、ドライバー一人一人に負担がかからないように仕事をさせながら、荷物の量や暖房の強さを見直すことで、事故の要因となるものをなくすようにします。

12月に交通事故が多い理由1:貨物が多い

12月に交通事故が多い理由7つ|12月の運転で注意すること5つ

12月に交通事故が多い理由に貨物が多いことが挙げられます。貨物が多いことで作業に余裕が持てなくなり、冷静さを欠くので、安全を意識して運転ができなくなるため事故につながることが多くなります。

運送会社を経営する人は、臨時での求人を募り、貨物の作業をさせることで、ドライバーが運転に集中できる環境を作るようにしましょう。

12月に交通事故が多い理由2:暗くなる時間が早い

12月に交通事故が多い理由7つ|12月の運転で注意すること5つ

12月に交通事故が多い理由に、暗くなる時間が早いことが挙げられます。12月は作業量が増えるので、暗い時間まで仕事をしていることが多くなり、他の仕事のドライバーも忙しくしているので交通事故が起きやすくなります。

12月の暗い時間に仕事をする人は、いつもより早めにヘッドライトを点灯させて、作業ごとに決められた休憩時間を取ることで交通事故につながらないようにします。

12月に交通事故が多い理由3:積雪がある

12月に交通事故が多い理由7つ|12月の運転で注意すること5つ

12月に交通事故が多い理由に雪が降ることが挙げられます。12月は雪が降ることが多いので、路面の状態が悪くなり、運転がしづらくなり事故を起こしやすいです。

12月に交通事故を起こしたくない人は、ニュースやネットで早めに積雪の情報を得ておき、早めにスタッドレスタイヤの装着を済ませておきましょう。

12月に交通事故が多い理由4:忙しい人が多い

12月に交通事故が多い理由に忙しい人が多いことが挙げられます。12月は忙しい時期なので、一般の運転手が運転に気を回せなかったり、歩行者も無理な横断をすることが多くなり交通事故が起きやすくなります。

12月に交通事故を起こしたくない人は、適度に休憩を取り、時間配分を考えた作業をすることで、焦る気持ちをなくし安全運転への意識を高めるようにします。

12月に交通事故が多い理由5:車道が混むことが多い

車道が混むことも12月に交通事故が多い理由となっています。12月はトラックだけでなく、タクシーや乗用車の数が増えるため、車道が混むことで事故につながることが多いです。

12月に交通事故を起こしたくない人は、混んでいる車道を避けて空いている道を走ったり、忙しくないときに別ルートでの道を探しておきましょう。

12月に交通事故が多い理由6:暖房による眠気

暖気による眠気も12月に交通事故が多い理由となっています。トラックやタクシーの車内の暖房が強いことで、眠気を誘うことがあるので、運転のとき動作に勘違いを起こしやすくなり、交通事故につながることがあります。

ドライバーとして仕事をする人は、暖房を控えめにしておき、厚めの防寒着を着ることで外との寒暖差をなくして仕事をするようにしましょう。

Bottom banner

12月に交通事故が多い理由7:歩行者が増える

12月に交通事故が多い理由に歩行者が増えることが挙げられます。年末は仕事も忙しくなり、またイベントごとも増えるので外出の機会が増えるので、歩行者が多くなり、車と事故を起こしやすくなります。

12月にドライバーの仕事をする人は、作業自体が差し迫っていても歩行者への安全を考えられるように、事故の悲惨さを学ぶ機会を増やすようにします。

12月の運転で注意すること5つ

12月に交通事故が多い理由7つ|12月の運転で注意すること5つ

12月の運転で注意することが5点ほどあります。12月は冬でも特に忙しい時期なので、運転手に余裕がなかったり、路面状態が悪いだけで、他の季節よりも事故につながりやすくなります。

ドライバーの仕事をする人は、本部でのミーティングなどで安全面の対策の話があった場合は、注意して聞き、自分の運転に取り入れるようにしましょう。

12月の運転で注意すること1:いつもより多い交通量

12月に交通事故が多い理由7つ|12月の運転で注意すること5つ

12月の運転で注意することに、いつもより多い交通量があります。年末は忙しい人が多く、また物資などの消費が増えるため、貨物などを運ぶ車の量が多くなります。

12月にドライバーの仕事をする人は、いつもより早くヘッドライトの点灯をして、右折やバック走行の際に注意を払うようにしましょう。

12月の運転で注意すること2:早めの点灯

12月の運転で注意することに、早めにライト点灯することが挙げられます。12月は早く日が暮れるだけでなく作業量も増えるので、点灯する時間が遅れて交通事故につながることがあるからです。そのため、普段より早めの時間帯にライトを点灯しておく必要があります。

12月にドライバーの仕事をする人は、日没の時間を把握しておき、スマホなどのタイマーで時間を管理して、ライトを点灯させるようにします。

12月の運転で注意すること3:スタッドレスタイヤの準備

12月の運転で注意することに、スタッドレスタイヤの装備があります。雪が降っていなくても、雨が降ることで路面が凍結することがあるので、道路に負担がかからないスタッドレスタイヤを常に装着しておくことで交通事故が起こりにくくなります。

12月にドライバーとして仕事をする人は、積雪の際は、スタッドレスタイヤを装着しておき、天候によってはチェーンを付けられるように準備しておきましょう。

12月の運転で注意すること4:歩行者

歩行者への安全を考えることも12月の運転で注意することです。12月はイベントや行事が多いので外出する人が増えるため、車と接触事故を起こしやすくなります。そのため、他の時期よりも安全に配慮した運転が必要になってきます。

12月にドライバーの仕事をする人は、子供の通行や右折の際に気を配るようにして、仕事が忙しくても歩行者優先の運転を徹底させるようにしましょう。

12月の運転で注意すること5:暖房の効かせすぎ

12月の運転で注意することに暖房の効かせすぎがあります。暖房を強くすることで眠気を誘うので、運転での誤動作が増えるため交通事故につながりやすくなっています。

ドライバーとして仕事をする人は、暖房を強くしないために暖房カイロを活用したり、温かい飲み物を飲むことで暖を取り、眠気を感じない環境を作りましょう。

交通事故の多い12月は安全に注意して運転しよう

12月に交通事故が多い理由7つ|12月の運転で注意すること5つ

交通事故の多い12月は安全に注意して運転をすることが大切です。12月は貨物の物量が増えたり、運転に暑影響を与える天候になりやすいので、他の季節よりも安全に対して敏感になっておく必要があります。

12月にドライバーの仕事をする人は、会社が年末に催すドライバー研修に積極的に参加をして冬場に気をつけることを把握しながら、運転技術を向上させて安全面を重視した運転を心掛けるようにしましょう。

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人