Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年09月17日

新聞配達の勤務時間は?|新聞配達の仕事の流れ8つとメリット

新聞配達の勤務時間は?|新聞配達の仕事の流れ8つとメリット

新聞配達は学業などと両立しやすいバイトとも言われています。しかし、朝が早くて大変そうというイメージの方も多いのではないでしょうか。この記事では新聞配達バイトの勤務時間や仕事の流れまで紹介します。新聞配達のバイトに興味がある方はぜひご覧下さい。


新聞配達の勤務時間

勤務時間に関しては、新聞配達のバイトの最も特徴的な点ともいえます。

勤務時間は朝刊配達と夕刊配達の2つの時間帯に分類されています。新聞配達は早朝に行われるイメージが強く持たれていますが、実際はどのくらい早く集合してどれくらいの時間働くことになるのでしょうか。

また、夕刊配達の場合の勤務時間も紹介していきます。

朝刊の勤務時間

朝刊の配達は明け方の3時から6時頃までが比較的多いです。

会社によっては2時半に出勤するところもあります。いずれにしても勤務時間は3時間から長くても4時間程度となっています。

新聞配達のバイトと言えば、この早朝の朝刊配達を想像される方が多いのではないでしょうか。

夕刊の勤務時間

夕刊の配達は午後3時頃に出勤して、5時頃に退勤する販売所がほとんどです。

夕刊配達時の勤務時間はおよそ2時間です。新聞配達は朝刊を読む人が圧倒的に多いため、夕刊に関しては配達する件数も減り、朝よりも早く仕事が終わります。

また、夕刊配達も朝刊配達と同じように配達準備から始める販売所では、これよりも勤務時間が長くなることがあります。

自分が働きたい販売所の勤務時間を確認してみるとよいでしょう。

新聞配達の仕事の流れ8つ

新聞配達の主な仕事の流れについてご紹介します。

新聞配達のバイトは昔からあり、実際に配達に出向きポストに投函している姿のイメージを強く持たれる方が多いですが、実際はただ配達をするだけでなく配達前の準備から仕事は始まっています。

その準備ではどのような作業を行っているのか、実際配達はどのようにするのかなど、詳しく説明していきます。

新聞配達の仕事の流れ1:出勤

出勤時間は平均的に朝の3時頃が多いです。

新聞配達はまだ外も暗い明け方の3時にスタートします。

早起きが苦手な方にとってはこの時間に出勤することが一番大変ですが、続けていくと早起きも慣れていきます。また、早起きは三文の徳ともいわれるほど、早起きをすることは一日のスタートにおいて非常に大切なことです。

最初は辛くても慣れるまでまずは頑張ってみましょう。

新聞配達の仕事の流れ2:荷下ろしと仕分け作業

印刷所からトラックで運ばれた朝刊を販売所の中へ運びます。

販売所に届く新聞の数は膨大なので、一人で無理をせず何人かで協力しながら運んでいきましょう。

また、荷下ろしをすると同時に一般紙、スポーツ紙、専門誌などの種類別に分類された新聞を、担当エリアごとに部数を分配します。こうすることで、よりスムーズに配達ができるような環境が整えられます。

新聞配達の仕事の流れ3:チラシの折り込み

配達をする新聞にチラシを挟み込みます。

この作業は単純作業のようで意外に時間がかかるため、チラシの折り込みを専門とする従業員を雇っている販売所もあります。

チラシは曜日や季節によって量が異なり、特に土日や年末年始などは非常に多くなります。しかし、勤務時間はほとんど一緒なのでこの作業に時間をかけてしまうと、配達時間が短くなってしまい大変です。

枚数が多い日には特に時間に注意しながら、作業を行いましょう。

新聞配達の仕事の流れ4:配達用の車に積む

準備が終わり次第、配達する新聞を配達用の車に積み込んでいきます。

配達前の最後の準備です。配達する新聞が汚れたり、破れてしまうことがないように細心の注意を払って、丁寧に取り扱いましょう。

新聞配達は悪天候の中でも毎日欠かさずに行われます。雨の日や強風が吹いているときには特に気を付けながら積み込む必要があります。

新聞配達の仕事の流れ5:雨天の場合は雨対策

Bottom banner

雨の日には、配達する新聞に事前に一部ずつビニール袋をかぶせ、濡れないようにします。

ビニール袋は専用の機械を使用して一部ずつ包みます。お客様の手元にきれいな状態でお届けするために大切な準備なので丁寧に行いましょう。

配達は自転車やバイクですることが多いため、濡れないように念入りに対策をしていくことが大切です。また、雨の日にはこの作業が加わるため、通常よりも少し手間がかかることもあります。

新聞配達の仕事の流れ6:配達開始

ここまで準備ができたらいよいよ配達です。

配達は主に自転車かバイクで行いますが、地域によっては自家用車での配達を許可している販売所もあります。

新聞配達にあたる時間は自分が担当する地域によっても異なりますが、平均的に配達時間はおよそ2時間となっています。

始めたばかりで要領がつかめず、配達が進まない時はこれ以上かかってしまうこともありますが、回数を重ねるごとに慣れ、スムーズに配達が進むようになります。

新聞配達の仕事の流れ7:配達終了

自分の担当のエリアの配達が終わり次第、新聞配達は終了となります。

配達を終えたら1度販売所に戻ります。そして、配達の漏れや間違いがないかなどを再度確認します。そして問題がなく配達ができていたら、最後に後片付けをしてようやく配達の作業は終了となります。

スムーズに配達を終えるためにも、間違いのないように確実にこなしていくことが大切です。

新聞配達の仕事の流れ8:退勤

朝刊の配達では朝の6時半頃に退勤できることが多いです。

販売所によっても異なりますが、6時頃に配達が終了し配達後の確認作業や後片付けまでが約30分ほどかかり、退勤するのは6時半頃になることが多いです。

新聞配達のスタートは朝早いので、退勤してからも1日の時間はたくさんあります。せっかくですから、退勤後の時間も有効活用しましょう。

新聞配達バイトのメリット3つ

主な仕事の流れの見て、忙しそう、大変そうと思った方もいらっしゃるでしょう。しかし、新聞配達のバイトならではのメリットもあります。

ここでは新聞配達のバイトのメリットを3つ挙げています。

これらはどれも他のアルバイトでは実現することが難しいメリットとなっており、新聞配達バイトの最大の魅力ともいえます。他のアルバイトとの違いに注目しながらご覧ください。

新聞配達バイトのメリット1:拘束時間が短い

拘束時間は他のアルバイトよりも比較的短くなっています。

例えば、朝刊の配達のバイトをしたとき、多くは3時から6時の3時間程度です。これはその他の飲食店などでのアルバイトと比較しても非常に短いです。

朝刊を配達する場合、朝の2時半には起きなくてはならないので、早起きが苦手な人は最初は辛いでしょう。しかし、その分他の時間は自由に使えるので、他のアルバイトや学業との両立が可能というメリットがあります。

新聞配達バイトのメリット2:未経験から始められる

新聞配達のバイトは初心者が多いです。

このバイトの業務は誰でも簡単にできるものが多いため、新聞配達の経験がない方でも気軽に始めることができます。実際に、中学生や高校生でもある一定の条件をクリアしていれば働くことができます。

最初は効率よく配達することが難しいですが、先輩方に教えてもらいながら少しずつ要領を把握して慣れていくにつれて自然に効率よく配達できるようになる方が多いので、安心してください。

新聞配達バイトのメリット3:配達地域の地理に詳しくなる

配達を続けていくと徐々に配達地域の地理に詳しくなっていきます。

このバイトでは自分の担当の地域が割り振られます。そのため、何度も同じ地域に配達に行っているうちにその地域の地理に詳しくなります。

新しくオープンしたお店を発見したり、時には同じ景色を見続けることで、四季の移り変わりを感じることもあるでしょう。

飲食店のように、毎日同じ店内で同じ景色を見ているのとは異なり、働きながらも気分転換になります。

新聞配達は知の源泉となる重要な仕事

今回は新聞配達のバイトについてご紹介しました。新聞配達のバイトは昔からあり知名度は高いものの、朝が早くて大変そうというイメージの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、この新聞配達という仕事は現在の国内外のさまざまな情報を地域の方々にお届けする役割を担っており、非常に重要な仕事です。

気になった方は、これを機にぜひ新聞配達のバイトを始めてみてはいかがでしょうか。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人