Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年06月11日

長距離運転で疲れないようにするコツ10個|オススメのグッズ4つ

長距離運転で疲れないようにするコツ10個|オススメのグッズ4つ

1日に何百キロもの距離を運転していると、腰が痛くなったり、眠気に襲われ運転の妨げになることも多い傾向にあります。長距離運転をする場合は疲労感を癒すグッズや日々の健康管理が重要です。今回は長距離運転におすすめのグッズやポイントをご紹介いたします。


長距離運転における最大のコツは平静を保つことである

長距離運転で疲れないようにするコツ10個|オススメのグッズ4つ

長距離トラックなどの仕事や遠方に車で出かける際は1日の何百キロもの距離を運転しなければならないことがあります。長距離運転は同じ姿勢で運転をし続けるため、腰を痛めたり、眠気が襲ってきたりとさまざまな問題が生じることが多い傾向にあります。

長距離運転でもっとも大切なことは、色々なことを考えたりせず平静を保つことです。長距離運転でも精神的に落ち着いていればあらゆるトラブルを回避することができます。

長距離運転で疲れないようにするコツ10個

長距離運転で疲れないようにするコツ10個|オススメのグッズ4つ

何百キロもの長距離運転する場合は誰しも疲労を感じる傾向にあります。しかし、長距離運転の疲れを軽減させることができるポイントはいくつかあり、1つ気をつけるだけでも長距離運転をもっと楽に運転することができます。

長距離運転は事故を起こす可能性も高い傾向にあるため、できる限りこまめに休憩をとることが大切です。では長距離運転で疲れないようにするコツをいくつかご紹介いたしましょう。

長距離運転で疲れないようにするコツ1:事前に道のりの計画を立てる

長距離運転の中でもプライベートでどこかに出かける場合は、事前に目的地までの行先を調べておくことが大切です。長距離運転で出かける場合の多くは普段行かない場所に行くことが多い傾向にあります。

目的地までの道のりがわからないと、道を間違えさらに走行時間が長くなっていまいます。長距離運転でどこかに出かける際は必ず事前に道のりをチェックし、しっかり計画を立てるようにしましょう。

長距離運転で疲れないようにするコツ2:体調を万全にしておく

長距離運転で疲れないようにするコツ10個|オススメのグッズ4つ

長距離運転で重要なことの1つが「自分の健康管理」です。長距離運転をする場合は、前日は早めに就寝し、健康状態を万全に整えておくことが大切です。

たとえば、睡眠不足で長距離運転をした場合は途中で眠気が襲ってきたり、頭がボーっとして注意散漫になる傾向にあります。また体調が悪いからといって薬を服用しての運転は大変危険です。体調が悪い場合は他の人に運転を変わってもらうようにしましょう。

長距離運転で疲れないようにするコツ3:ドライビンググッズを活用する

長距離運転をする上でおすすめなのがとラビンググッズを活用することです。長距離運転をする場合は長時間同じ姿勢でいるため、腰やお尻に痛みを感じることが多い傾向にあります。

そのような場合は、腰などの負担をカバーしてくれる「バックサポーター」を使用することをおすすめします。また休憩時に疲れた目を癒すアイマスクなどの人気の高いドライビンググッズの1つです。

長距離運転で疲れないようにするコツ4:疲れたと思ったらすぐに休憩をとる

長距離運転で疲れないようにするコツ10個|オススメのグッズ4つ

長距離運転では何時間も同じ体勢で運転するため疲れを感じやすくなります。運転中に疲れを感じたら無理をせず近くにパーキングなどでしっかり休憩を取ることが大切です。

疲れを感じているのにそのまま運転を続けると、思わぬ場所で具合が悪くなったり、眠気が襲ってくる場合もあります。高速道路などで休憩所を見つけたら無理をせず少し休憩をしてから運転を続けることをおすすめします。

長距離運転で疲れないようにするコツ5:自分のペースで運転する

高速道路では一般道路より走行速度の設定が早い傾向にありますが、長距離運転をする場合は自分のペースで運転することが大切です。

たとえば、早いスピードで運転することが苦手な方が無理をして早いスピードで運転すると、手や体に力が入り余計に疲れを感じやすくなります。早いスピードが苦手な方は左側のレーンを走行し、周囲の車に迷惑にならない程度の速度で走行することをおすすめします。

長距離運転で疲れないようにするコツ6:ガソリンは早めに給油する

長距離運転で疲れないようにするコツ10個|オススメのグッズ4つ

長距離運転でどこかに出かける場合は、都市などから離れたところへ行くことも多い傾向にあります。都市から離れた場所ではガソリンスタンドを見つけることが難しい場所もあるため、こまめにガソリンをチェックし給油しておくことをおすすめします。

長距離運転の場合はガソリンがなくなるスピードも速いため、ある程度の距離を走行したら近くのガソリンスタンドで休憩もかねてガソリンを補充するようにしましょう。

長距離運転で疲れないようにするコツ7:好きな音楽を聞く

長距離運転で事故を起こす原因の多くが「眠気」や「わき見運転」などです。長距離運転をする場合は同じような景色の中で長時間走行するため注意散漫になることが多い傾向にあります。

自分の精神状態をノーマルに保つためにも、好きな音楽をかけてリラックスしながら運転することが大切です。長距離運転を一人でする場合は、音楽に合わせながら歌を歌うのも眠気が覚めるのでおすすめの方法です。

Bottom banner

長距離運転で疲れないようにするコツ8:ゆったりとした服装にする

長距離運転で疲れないようにするコツ10個|オススメのグッズ4つ

長距離運転では同じ姿勢で長時間いるため、運転する際の服装選びも重要です。長距離運転をする場合は、できる限りゆったりとした服装で、ストレスを感じない服装を選ぶことをおすすめします。

たとえば、少しタイトなボトムスなどを着用した場合は、足やウエスト部分が圧迫され、運転中に不快感を感じることもあります。自分の着慣れた服装でリラックスできる服装で出かけるようにしましょう。

長距離運転で疲れないようにするコツ9:ガムやアメを常備しておく

長距離運転では注意散漫にならないように集中力をキープすることも重要な要素の1つです。長距離運転で集中力を高めるには、ガムやアメなどを口に含みながら運転するのもおすすめです。

ガムやアメを食べることで脳に刺激が伝わり、眠気対策にも効果があります。アメやガムにはさまざまなフレーバーがあるので、自分の好みに合わせて車に常備しておくといいでしょう。

長距離運転で疲れないようにするコツ10:同乗者と話しをする

長距離運転で疲れないようにするコツ10個|オススメのグッズ4つ

長距離運転で誰か同乗者がいる場合は、同乗者と話しをしながら運転するのもおすすめです。同乗者と話しをする際は話に夢中になると運転が疎かになる傾向にあるため、あまり深刻な話をしないようにするのがポイントです。

会話の返答に困るような話や深く考えなければならない話の場合は運転の妨げになるため、話の内容を選んで会話するようにするといいでしょう。

長距離運転にオススメのグッズ4つ

長距離運転で疲れないようにするコツ10個|オススメのグッズ4つ

長距離運転の疲れを少しでも軽減するためには、快適な走行をサポートしてくれるグッズを利用することをおすすめします。

たとえば、走行中の腰通を軽減する「バックサポーター」や走行中の日差しを避けるための「サングラスクリップ」などが挙げられます。長距離運転する場合だけでなく、長距離運転を誰かにお願いする場合は同乗者が気をつかって用意してあげるのもいいでしょう。

長距離運転にオススメのグッズ1:バックサポーター

長距離運転でおすすめしたいグッズの1つ目は、「バックサポーター」です。バックサポーターとは、腰やお尻の痛みを軽減するために開発されたアイテムで、シート同じような形をしたクッションのようなアイテムです。

バックサポーターは長距離運転だけでなく、長時間にわたるデスクワークなどにもおすすめのグッズです。同じ姿勢で長時間いる場合は痛みや疲れを軽減させてくれるので重宝します。

長距離運転にオススメのグッズ2:サングラスクリップ

長距離運転に限らず日中運転する場合は、陽射しが強く降り注ぐためサングラスは必要なアイテムの1つです。長距離運転の場合は、長い時間走行中にサングラスをかけたり外したりするのは少し手間がかかります。

そこで便利なのが「サングラスクリップ」です。サングラスクリップは、運転席の上部についているサンシェード部分に装着することで、いつでも簡単にサングラスの取り外しができる優れたアイテムです。

長距離運転にオススメのグッズ3:スマホホルダー

長距離運転に限らずよく運転をする方には、「スマホホルダー」を装着しておくことをおすすめします。スマホホルダーはスマホ画面が見えるように運転席と助手席の間に設置するホルダーのことを意味します。

現在は運転中にスマホから音楽をブルートゥースで同期して聴く方も多く、また道がわからない場合にナビとしても利用できるのでとても便利なグッズです。

長距離運転にオススメのグッズ4:ホットアイマスク

長距離運転の場合は長時間を目を凝視した状態が続くため、目に疲れが出やすい傾向にあります。長距離運転で目の疲れを感じた場合におすすめなのが「ホットアイマスク」です。

ホットアイマスクはほんのりと温かさを感じるアイマスクで、市販ではアロマの香りがプラスされたものも販売されています。パーキングなどで少し休憩する際に目の疲れをとるのにおすすめのグッズです。

長距離運転で疲れない方法を工夫しましょう

長距離運転で疲れないようにするコツ10個|オススメのグッズ4つ

1日に何百キロも走行をする長距離運転では、さまざまなトラブルが発生する可能性が高い傾向にあります。たとえば、同じ姿勢を長時間しているため腰痛を感じたり、目の疲れを感じやすくなります。

長距離運転を少しでも快適にするには、まず自分の健康管理に気をつけ、疲れを感じたら休憩をとることが大切です。また現在はさまざまなドライブグッズが販売されているので、自分の好みに合わせて事前に準備しておくといいでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related