Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月10日

トラックのタイヤ交換時期に関する基礎知識5つ|交換時期を延ばす方法

トラックのタイヤ交換時期に関する基礎知識5つ|交換時期を延ばす方法

トラックのタイヤにも交換時期があります。スリップサインが現れていたり、3年から4年使っているタイヤならば交換時期に来ています。トラックは普通乗用車と違い、車体が大きいので、自分で責任を持ちタイヤや消耗品の点検をするようにします。

トラックタイヤの特徴

トラックのタイヤ交換時期に関する基礎知識5つ|交換時期を延ばす方法

トラックタイヤには特徴があります。トラックの車体を支えるためタイヤは大きくなっており、耐久性や摩擦に強くなっています。また、デメリットとしては悪路に弱く、交換が容易ではない点が挙げられます。

トラックドライバーの仕事をする人は、常にタイヤの状態を確認して交換時期かどうか見極めてトラックを走らせるようにしましょう。交換時期を早めないためにも無理な運転は避けるようにします。

トラックタイヤの種類

トラックのタイヤにも種類があります。トラックのタイヤはラグタイヤやブロックタイヤ、ミックスタイヤ、スタッドレスタイヤがあるので路面や用途に合わせてタイヤを選ぶようにします。

トラックドライバーの仕事をする人は、天候や路面に合わせてタイヤを選び、出来るだけ使い慣れたタイヤを装着しておくようにしましょう。

トラックのタイヤを交換しないとどうなるか

トラックのタイヤ交換時期に関する基礎知識5つ|交換時期を延ばす方法

トラックのタイヤを交換しないと安全な運転ができなくなり、事故を起こしやすくなります。磨耗した古いタイヤをつけて走行することで、少しの雨や長時間の運転に耐えられなくなり、事故を起こしやすくなるからです。

トラックで仕事をする人は、トラックのタイヤが交換時期かどうかを確認して必要ならば新しいタイヤに交換するようにします。また、タイヤ以外の消耗パーツなどの確認なども忘れないようにしましょう。

トラックのタイヤ交換時期に関する基礎知識5つ

トラックのタイヤ交換時期に関する基礎知識5つ|交換時期を延ばす方法

トラックを扱う仕事をしている場合、交換時期に関する基礎知識を持っておくことが大切です。ある程度の目安がなければ、そのままで良いと考えてしまうので運転をして危険を感じたり、交換時期が来たら新しいものへ交換をするようにします。

トラックの仕事をする人は、タイヤを定期的に交換して事故を未然に防ぐ意識を持つようにしましょう。そのためには事故の悲惨さを学ぶ機会を持つようにします。

トラックのタイヤ交換時期に関する基礎知識1:スリップサイン

スリップサインが出たらトラックのタイヤの交換時期です。タイヤのトレッド面が磨耗して、溝の深さが1.6mmとなればスリップサインが出てくるので、タイヤの交換時期になります。トラックを走らせるには、常にスリップサインが出ているかチェックすることが大切です。

トラックドライバーの仕事をする人は営業所から出発する前に、スリップサインが出ているかチェックをして交換時期に来ていれば交換するようにします。

高速道路を走行する場合

トラックのタイヤ交換時期に関する基礎知識5つ|交換時期を延ばす方法

高速道路を走行する場合はスリップサインが出ているかチェックしましょう。スリップサインが出たままで走行して事故やトラブルが起きた場合、責任を負う場合もあるのでタイヤの状態を確認する必要があります。

高速道路を走行する人は、スリップサインの確認だけではなく、日頃不安に感じている部分のパーツを交換して高速道路を走るようにします。

スリップサインが出てからでは遅い

トラックのタイヤはスリップサインが出る前に交換するのがベストです。スリップサインが出ている状態で運転していると危険な場面に遭遇することが多くなるので、スリップサインが出ていなくてもタイヤの異常を感じたら交換時期に来ていると考えましょう。

トラックドライバーの仕事をする人は、毎日タイヤの状態を確認しながら、使っているタイヤの交換時期を把握しておくことが大切です。

トラックのタイヤ交換時期に関する基礎知識2:タイヤの製造年による目安

タイヤの製造年を把握することも、トラックのタイヤ交換時期に関する基礎知識です。トラックのタイヤは4年から5年で交換が必要になり、5年以上経てば日々の点検が必要になります。また、古いタイヤを装着していることで道路交通法違反となることもあります。

自分が扱っているトラックのタイヤの製造年を確認するとともに、タイヤ自体が使って3年を過ぎていた場合タイヤを交換するようにしましょう。

トラックのタイヤ交換時期に関する基礎知識3:走行距離による目安

トラックのタイヤ交換時期に関する基礎知識5つ|交換時期を延ばす方法

トラックのタイヤの交換時期は走行距離を目安に考えることもできます。トラックのタイヤは32,000km走行すればスリップサインが現れるので、28,000kmから30,000kmを走れば交換時期に来ていることになります。

自分が扱うトラックの走行距離を把握しておき、タイヤの状態を点検するようにして必要ならば交換をしましょう。

トラックのタイヤ交換時期に関する基礎知識4:亀裂や傷など

タイヤに亀裂や傷があった場合、トラックのタイヤの交換時期に来ていることを覚えておきましょう。亀裂や傷があった場合、スリップサインが現れていることが多く、車体の管理もずさんなことが多いのでタイヤを含めた消耗品の交換が必要になります。

トラックを扱う人は、大きな車体を扱うことの責任を認識して、仕事をするようにします。また、道路交通法違反となるのでタイヤに傷や亀裂があったまま走行しないようにしましょう。

トラックのタイヤ交換時期に関する基礎知識5:滑りやすいと感じたとき

トラックのタイヤ交換時期に関する基礎知識5つ|交換時期を延ばす方法

タイヤが滑りやすいと感じたらタイヤの交換時期に来ています。タイヤが滑りやすいと感じている場合は、タイヤの溝が減ってきているので地面を掴むグリップ力が弱っている証拠です。

自分が運転するトラックのタイヤが滑りやすいと感じたら、交換時期に来ているかどうかに関わらずタイヤを交換しましょう。

トラックのタイヤ交換時期を延ばす方法5つ

トラックのタイヤ交換時期に関する基礎知識5つ|交換時期を延ばす方法

トラックのタイヤの交換時期を延ばす方法があります。タイヤへの負担が減らせるだけでタイヤを交換しなくてはいいということではないので、常に安全運転のためにトラックの点検をすることが大切になります。

トラックドライバーの仕事をする人は、タイヤ交換時期を延ばす方法を試しても、交換時期に来たらタイヤの交換をするようにします。

トラックのタイヤ交換時期を延ばす方法1:空気圧

トラックのタイヤの交換時期を延ばす方法に空気圧の維持があります。タイヤを適正な空気圧に維持することで、タイヤに与える負担を減らすことができます。

トラックドライバーの仕事をする人は、扱っている車体専用の空気圧を使い、値を調べて充填機などで空気の補充をしましょう。

トラックのタイヤの交換時期を延ばす方法2:タイヤローテーション

トラックのタイヤの交換時期を延ばす方法にタイヤのローテーションがあります。一つのタイヤではなく複数のタイヤを利用することで、タイヤの寿命を延ばすことができます。また、路面に合わせた特殊なタイヤでもタイヤローテーションの方法が使えます。

トラックの仕事をする人は、複数のタイヤを用意して、それぞれのタイヤの状態を把握してタイヤローテーションの方法を試すようにしましょう。

トラックのタイヤ交換時期を延ばす方法3:紫外線を避ける

トラックタイヤの交換時期を延ばす方法に紫外線を避けることが挙げられます。タイヤに使われている樹皮は紫外線に弱いため、駐車している際や仕事をしていない場合に日光に当てないことで交換時期を延ばすことができます。

トラックドライバーの人は、屋内駐車の場所を確保して、タイヤの交換時期を延ばすようにしましょう。また、タイヤに断熱材を被せて直射日光を避けることもできます。

トラックのタイヤ交換時期を延ばす方法4:スピードを出さない

トラックのタイヤ交換時期に関する基礎知識5つ|交換時期を延ばす方法

トラックのタイヤの交換時期を延ばす方法にスピードを出さないことが必要です。スピードを出しすぎることでタイヤにかける負担が増えるので、スピードを抑えることで交換時期を延ばすことができます。

トラックドライバーの仕事をする人は、タイヤの寿命だけでなく、燃費節約や安全のためにもスピードを出し過ぎないようにしましょう。

トラックのタイヤ交換時期を延ばす方法5:急ブレーキや急ハンドルをしない

トラックのタイヤの交換時期を延ばす方法に急ブレーキや急ハンドルをしないことが挙げられます。急ブレーキや急ハンドル操作でタイヤに与える負担が大きくなるので、そのような運転をしないことでタイヤの交換時期を延ばすことができます。

トラックドライバーの仕事をする人は、タイヤの寿命だけでなく、駆動系の部品への負担や荷物を壊さないためにも急ブレーキや急ハンドル操作を避けるようにしましょう。

トラックのタイヤ交換時期を知ろう!

トラックのタイヤ交換時期に関する基礎知識5つ|交換時期を延ばす方法

トラックで仕事をする人は、安全のためにトラックのタイヤの交換時期を知るようにしましょう。タイヤの製造年やタイヤの種類を知ることで、交換時期を割り出すこともできます。また、スリップサインが出たらタイヤの交換をするようにします。

トラックドライバーの仕事をする人は、タイヤを良い状態で維持する運転をしながら、日頃の車体の点検を怠らないように心掛けましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related