Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年08月20日

ラッシングベルトの種類別使い方の手順9|ラッシングベルトの種類

ラッシングベルトの種類別使い方の手順9|ラッシングベルトの種類

今回は「ラッシングベルトの種類別使い方の手順9|ラッシングベルトの種類」と題して、「ラッシングベルトの種類別使い方の手順」をはじめ、ラッシングベルトの種類や使い方を覚える際の注意点・コツについてご紹介します。ぜひご参考下さい。


ラッシングベルトとは?

ラッシングベルトの種類別使い方の手順9|ラッシングベルトの種類

ラッシングベルトというのは一般的に「荷物を固定するために締め付けをするための用器具」を指し、別名として「ガッチャ」と呼ばれる場合もあります。

現代では主に産業分野・工業分野だけでなく、モーターボート・バイクなどといった個別で
搬送用に使用する種類の物も用意されています。ぜひこのラッシングベルトの使い方を覚えましょう。

ラッシングベルトの別名

ラッシングベルトの種類別使い方の手順9|ラッシングベルトの種類

先述でもご紹介しましたが、このラッシングベルトの別名では「ガッチャ」と呼ぶことが多く見られ、これはラッシングベルトを締める時にそのとおり「ガッチャ」と音がすることに由来します。

ラッシングベルトの使い方を覚える際に、ラッシングベルトに関するいろいろな情報を取得しましょう。ラッシングベルトの使い方は比較的簡単ですが、ラッシングベルトを応用して使う場合にはいろいろな方法があるため調べることが大切です。

ラッシングベルトを使う意味

ラッシングベルトの種類別使い方の手順9|ラッシングベルトの種類

次に「ラッシングベルトを使う意味」についてですが、このラッシングベルトを使う際には「特定の荷物をある位置に固定する場合・荷物を縛る場合の固定に使う紐を取り付ける場合」などがあげられるでしょう。

基本的には「荷物を縛り上げるためのベルト」としてラッシングベルトは使われますが、その使い方にはバリエーションによっていろいろあるため、その使い方をそれぞれの用途に沿って確認することが大切です。

ラッシングベルトの種類3種

ラッシングベルトの種類別使い方の手順9|ラッシングベルトの種類

さて、ここからは「ラッシングベルトの種類3種」と題し、ラッシングベルトの種類や、その種別によって変わるラッシングベルトの使い方を詳細にご紹介していきます。

ラッシングベルトの使い方を覚える際には、荷物の縛り方やその荷物のあり方(形状)などをはじめ、どのような用途で使うかという点に注目する必要があります。つまり用途を調べる上で、ラッシングベルトの使い方を円滑に覚えることが必須となります。

ラッシングベルトの種類1:ラチェットバックル式ラッシングベルト

ラッシングベルトの種類別使い方の手順9|ラッシングベルトの種類

まず「ラチェットバックル式ラッシングベルト」の使い方についてです。この場合は、調節用ベルトの長さを先に調整し、たるみを取ってハンドルを反復させ、それによってベルトが次第に締まっていく形になります。

この際、ベルトは最低でも、2回以上は巻き取るようにしましょう。さらに解除レバーを引きながらハンドルを180度倒してロックが解除されるのを確認し、ベルトが緩んだ時点で引いてほどきます。

ラッシングベルトの種類2:オーバーセンターバックル式ラッシングベルト

ラッシングベルトの種類別使い方の手順9|ラッシングベルトの種類

次に「オーバーセンターバックル式ラッシングベルト」の使い方についてです。この場合はまずベルトのゆるみを取っておき、次にラッシングベルトを引っ張りながらハンドルを倒しましょう。その上で「カチッ」という音とともにロックされ、操作は完了します。

そして、ラッシングベルトにあるロックボタンを押しながら、既定のハンドルを上に持ち上げる形にすることでベルトが緩む仕掛けになります。

ラッシングベルトの種類3:カムバックル式ラッシングベルト

ラッシングベルトの種類別使い方の手順9|ラッシングベルトの種類

次に「カムバックル式ラッシングベルト」の使い方についてです。この場合は調節側ベルトを矢印の方に強く引っ張ることによってベルトが締まります。この際には「カチッ」という音が聞こえない感じになるため、目視によってベルトの締まり具合を確認しましょう。

ラッシングベルト部分にある解除レバーを押すことによってベルトが緩むため、それを確認した上でベルト自体を上に持ち上げる形になります。

ラッシングベルトの種類別使い方の手順9

ラッシングベルトの種類別使い方の手順9|ラッシングベルトの種類

さて、ここからは「ラッシングベルトの種類別使い方の手順9」と題して、さまざまな用途で使われるラッシングベルトの具体的な使い方をご紹介していきます。ラッシングベルトの使い方を覚える場合は規定の手順さえ覚えれば良いため、比較的簡単になります。

それぞれの用途に沿ってラッシングベルトの使い方を覚え、ラッシングベルトの関連物品の扱い方も同時に確認しておきましょう。

ラチェットバックル式ラッシングベルトの使い方の手順

ラッシングベルトの種類別使い方の手順9|ラッシングベルトの種類

まず「ラチェットバックル式ラッシングベルトの使い方の手順」についてです。この場合は「トレーラー用ラッシングベルトの使い方」がメインになりますが、操作方法の豆知識としては「荷物全体のバランスに配慮して縛り付けること」が重要です。

荷物全体とラッシングベルトで縛る際の重点をあらかじめ目視で確認しておき、後はベルトを荷物の要所に縛り付け、特定の荷台から落ちないよう配慮しておきましょう。

ラッシングベルトの種類別使い方の手順1:ベルトの調整

まずラチェットバックル式ラッシングベルトの使い方で覚えるべき「ベルト調整の仕方」です。この場合は「ガチャガチャ」という音によってベルトの締まり具合が確認できるため、その音を基準にしてロックを引き上げ、ベルトを引っ張る形で締め上げましょう。

この場合のラッシングベルトの使い方は一般の荷物を縛る際の紐の使い方と同じで、その紐をベルト金具で縛る・固定する形による取り付け(固定)になります。

ラッシングベルトの種類別使い方の手順2:ハンドルを反復

ラッシングベルトの場合、先述のように「ベルトを締め上げるためのハンドル」という物が取り付けられてあり、それを反復する形で締めることにより、荷物を固定することができます。その使い方にしても、通常のベルトの使い方と同じで、特に難点はないでしょう。

ベルトの先端を遊びがなくなるまで引っ張り、ハンドルを反復して締めあげます。取り外す際は、ハンドルの根元にあるロックを引っ張り、ベルトを引っ張って外します。

ラッシングベルトの種類別使い方の手順3:ハンドルを倒して固定

ラッシングベルトで荷物を特定の荷台などに締め付けて固定する場合には、ベルトに取り付けられているハンドルを倒して固定する形が一般的になります。ハンドルを倒すことによってベルトそのものが縛り付けられ、それによって荷物がさらに固定できます。

ハンドルを倒す際には「ガチャガチャ」という音で確認する場合と、目視でベルトからスライドさせて固定する場合とがあるため、その使い方を用途によって覚えましょう。

ラッシングベルトの種類別使い方の手順4:緩め方

Bottom banner

これはラッシングベルトの使い方全般の基本となりますが、ベルトを一度締めて緩める場合、そのベルトを一度持ち上げる形で上向きにし、その状態でベルトそのものを引っ張って緩める形になります。

つまり、ズボンのベルトを緩める場合の使い方と同じになり、一度締めたベルトをベルト金具の部分を少し持ち上げ、ベルトそのものを上向きに引っ張り、ベルト固定を緩める使い方になります。

オーバーセンターバックル式ラッシングベルトの使い方の手順

ラッシングベルトの種類別使い方の手順9|ラッシングベルトの種類

さて、次は「オーバーセンターバックル式ラッシングベルトの使い方の手順」についてご紹介します。

オーバーセンターバックル式ラッシングベルトの使い方では、ラチェットバックル式の場合と違い、ベルトを通す金具部分がやや小型になるため、ハンドルを徐々に倒す形でベルトを締めたり緩めたりする形になります。

ラッシングベルトの種類別使い方の手順5:ベルトの調整

この場合のラッシングベルトの調整の仕方・使い方ですが、この場合のバックルは基本的に「スライド式による調整」がメインとなるため、ベルトそのものを引っ張ったりベルト調整を緩めたりすることで、ベルトの長さを理想の長さに合わせることになります。

先述と同じくベルトのゆるみを取っておき、そのベルトを引っ張りながらハンドルを倒すことによって「カチッ」という音がし、それとともにロックされて操作完了になります。

ラッシングベルトの種類別使い方の手順6:ハンドルを倒す

ラッシングベルトというのは、その緩め方・締め方に際する使い方は「ハンドルを倒すこと」がメインとなり、それによってベルトそのものの長さを自由に調整することが可能になります。

ロックボタンを押しながらハンドルを倒す(上に上げる)ことによってベルトが緩み、それによってベルトの遊びの長さを調整することができます。

ラッシングベルトの種類別使い方の手順7:緩め方

ベルトの金具(バックル)の部分を持ち上げ、ベルトを必要な程度に引っ張って締め上げ、ハンドルを倒すことによってベルトは固定されます。これもスライド式のバックルでベルトの長さ(遊びの長さ)を調整する形での使い方となり、操作は簡単になります。

バックルは主に「ベルトを通してロックボタンを押しながら調整する」という形での使い方となるため、その使い方を覚えておくことでどのような荷物も固定できるでしょう。

カムバックル式ラッシングベルトの使い方の手順

ラッシングベルトの種類別使い方の手順9|ラッシングベルトの種類

次にカムバックル式ラッシングベルトの使い方とその手順」についてのご紹介です。カムバック式ラッシングベルトというのはその名のとおりに、「一度バックルによって調整したベルトをまた引っ張ることにより、その遊びの部分の長さをさらに調整する形になります。

つまり、一度締め上げたベルトの長さが足りなかったり長すぎた場合、もう一度バックル部分を持ち上げてベルトを調整しておき、荷物を縛るのに丁度良い長さにします。

ラッシングベルトの種類別使い方の手順8:調整ベルトを引っ張る

ラッシングベルトの調整の仕方(ベルトそのものの使い方)としては、先述のように基本的には「バックル部分に付いているロックボタンを押しながら調整する」という形での使い方になります。

カムバック式バックルの場合でも「解除レバー・固定用のロックボタン」があらかじめ取り付けられているため、その2つの器具を使い分け、ベルトの遊び部分の長さを理想の長さに調整しながら荷物を縛るのに最適な状態にします。

ラッシングベルトの種類別使い方の手順9:緩め方

ラッシングベルトを緩める場合には、ラチェットバックル式、オーバーセンターバックル式、そしてカムバックル式の場合でも、一度持ち上げてベルトを引っ張り出し、その際に必要なベルトの遊びの長さを調整する形で緩めるという使い方になります。

荷物の大きさや固定する荷台の幅の広さなどによって条件が変わるため、それぞれの状況に合わせる形でバックルを緩め、ベルトの長さを荷物に丁度良くしておきましょう。

ラッシングベルトの保守点検のポイント5つ

ラッシングベルトの種類別使い方の手順9|ラッシングベルトの種類

次に「ラッシングベルトの保守点検のポイント」について必要なことを、5点ピックアップする形でご紹介していきます。ラッシングベルトを使う場合でも、やはりベルトを理想的に使うためにはメンテナンスをしておくことが大切です。

バックルの部分が具合よく調整できるかどうかの点検をはじめ、ベルトそのものの状態・傷の有無、ほつれの有無、金具のサビ付きなどを含め、それぞれのチェック項目を点検しましょう。

ラッシングベルトの保守点検のポイント1:擦り傷や切り傷が無いか

これは基本的なチェック項目になりますが、ラッシングベルトそのものに擦り傷や切り傷があるかどうかを点検しておき、ベルトそのものの強度がしっかりしているかをチェックしておきましょう。

いくらしっかり荷物を固定した場合でも、このベルトそのものに傷があった場合、またほつれがたくさんある場合には、ベルトが切れる恐れがあるため、さらに大変な事態を招いてしまうことがあります。

ラッシングベルトの保守点検のポイント2:毛羽立ちが無いか

このチェック項目にしても先述の場合と同じく、ベルトそのもののメンテナンスとなる上でベルトそのものの強度をしっかりチェックしておき、荷物を特定の位置に固定した場合にベルトが切れないかどうかを確認するためのチェックポイントになります。

荷物が大きい場合・重量がある場合には、この毛羽立ち(ほつれ)の有無によってラッシングベルトそのものの強度が低くなるため、それによって事故につながることがあります。

ラッシングベルトの保守点検のポイント3:縫い目が切れていないか

これはラッシングベルトに限らず、ベルト全般のチェックポイントとして大きく取り上げられる点となるでしょう。ベルトの縫い目というのはおのずから「ベルトそのものの弱点」となりやすく、使う頻度が高ければ高いほど、その縫い目のほつれが見られます。

特に縫い目が切れてしまえば、その部分から派生する形で他のベルト部分も切れて(裂けて)いくことがあるため、この点は十分点検しておき、ほつれがないよう注意しましょう。

ラッシングベルトの保守点検のポイント4:金具が破損や変形していないか

次はバックル部分のチェック項目についてですが、金具の部分は非常に破損しやすいので注意しましょう。ベルトを締める際に最も力が加わり、そのため破損しやすい箇所になるため、このバックル(金具)部分のメンテナンスは1週間に1度はしておきましょう。

使う頻度が高ければ高いほどこの場合も破損の確率は高まるため、特に業務用でこのラッシングベルトを使用する場合には3日に1度のペースでチェックしましょう。

ラッシングベルトの保守点検のポイント5:耐用年数を超えていないか

既製品にはすべてこの「耐用年数」というものが記載されていますが、ラッシングベルトの場合でも同じく、この耐用年数(製品向けの賞味期限)が記されています。ラッシングベルトの使い方を覚える際には同時に、この耐用年数への配慮もしておきましょう。

一般的には、耐用年数から1年前の年度に交換することが必要となり、なるべく早めの交換をメンテナンスの基準にしておきましょう。

ラッシングベルトの使い方を理解しよう

ラッシングベルトの種類別使い方の手順9|ラッシングベルトの種類

いかがでしたか。今回は「ラッシングベルトの種類別使い方の手順9|ラッシングベルトの種類」と題して、「ラッシングベルトの種類別使い方の手順」をはじめ、ラッシングベルトの種類や使い方を覚える際の注意点・コツについてご紹介しました。

コラッシングベルトの使い方は普通のベルトと同じくその操作は簡単ですが、特にメンテナンスをはじめ、正しい手順と用途を覚えることが必須となるでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related