Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年06月10日

トラックが雪道を安全に走行する方法10個|スタックしたときの対処法3つ

トラックが雪道を安全に走行する方法10個|スタックしたときの対処法3つ

トラックが雪道を走行する場合、安全対策を取り入れることが大切です。どのような安全対策をしたらいいのか、トラックが雪道を安全に走行する方法を10個ご紹介します。さらに、トラックがスタックして困った時の対処法もお伝えしますので、是非、参考にしてみて下さい。


トラックが雪道を走行する場合は通常感覚の運転は禁物である

トラックが雪道を安全に走行する方法10個|スタックしたときの対処法3つ

トラックが雪道を走行する場合は通常感覚の運転は禁物です。通常感覚で走行しようと運転しても、左右にタイヤをとられてしまい、車体が揺れるので真っ直ぐに走行することができません。

また、雪道はブレーキがかかり難くなるので、停まりたいところで上手く停まれず、停止線よりもはみ出てしまうこともありますので危険です。

慎重な運転操作を心がけ、ハンドルが雪道に持っていかれないようしっかりと握ることが大切でしょう。

トラックが雪道を安全に走行する方法10個

トラックが雪道を安全に走行する方法10個|スタックしたときの対処法3つ

トラックを運転していると、雪道を安全に走行するにはどのようにしたらいいかと考えてしまうことはありませんか。初めて雪道を走行する人は上手く走行するコツが分からず、雪道で危険なことがあってヒヤッとしたことでしょう。

では、トラックが雪道をトラブルなく安全に走行するには、どのようにすればいいのか10個ご紹介します。

トラックが雪道を安全に走行する方法1:車に積もった雪を落としておく

車に積もった雪を落としておくことでトラックが雪道を安全に走行することができます。屋根に積もった雪を落とさないで走行したとき、溶けた雪がいきなりフロントガラスに滑り落ち、驚いてハンドル操作を誤り、事故を起こすことがあります。

また、いきなりブレーキをかけた際にも屋根の上に積もった雪が落ちてきては視界を防いでしまうと大変危険です。積もった雪は走行の妨げになりますので、しっかり落としておきましょう。

トラックが雪道を安全に走行する方法2:スタッドレスタイヤを装着する

スタッドレスタイヤを装着することで、トラックが雪道でスリップすることなく安全に走行できるでしょう。通常のタイヤの溝では浅いので雪道の地面をとらえることができず、走行中や停止した際に滑ることがあり危険です。

溝が深く、雪道でもしっかり地面をとらえることができるスタッドレスであれば、雪が溶けてアイスバーン状態でも安全に走行できます。機能性の高いスタッドレスタイヤを調べて装着してみましょう。

トラックが雪道を安全に走行する方法3:車間距離を通常の2倍あける

トラックが雪道を安全に走行する方法10個|スタックしたときの対処法3つ

車間距離を通常の2倍あけることで、トラックが安全に信号の前で停まることができます。雪道はブレーキがかかり難い状態であるので、車間距離が短いと前の車にぶつかってしまうことがあるので危険です。

車間距離を通常の2倍あけておくと、停まれない時でもブレーキを何度も踏んで停めることもできます。また、スリップしてもハンドル操作をして前方の車を避けることができたり、ぶつからないように対策ができるでしょう。

トラックが雪道を安全に走行する方法4:急発進・急停車をしない

急発進や急停車をしないことで雪道をトラックで安全に走行できます。水分の多い雪道はブレーキが利き難い状態ですから、急に発進をしてしまうとタイヤが空回りしてしまい、前方に走行しなくなってしまいます。

また、急停車をすると四駆であればタイヤがブロックされた状態となり、雪の上を滑ってしまうから危険です。ゆっくりと発進し、停車をする時は手前で何度かブレーキを踏んでゆっくりと停車しましょう。

トラックが雪道を安全に走行する方法5:急ハンドルを切らない

トラックが雪道を安全に走行する方法10個|スタックしたときの対処法3つ

急ハンドルを切らないことが雪道でトラックを安全に走行させる方法となります。急にハンドルを切ってしまうとタイヤが滑りにくくなり、トラックがスピンしてしまい、対向車線をはみ出して車にぶつかってしまう恐れがあります。

また、ブレーキを何度踏んでも停止しないこともありますし、トラックを正しい位置へと立て直すことが難しくなって危険ですので辞めましょう。

トラックが雪道を安全に走行する方法6:常にゆるやかな運転を心がける

常にゆるやかな運転を心がければトラックが雪道を安全に走行することができます。常にゆるやかな運転であれば停止する時も急ブレーキをかけなくてすみますし、急ハンドルをかける必要もなくなるでしょう。

ずっとゆるやかな運転をすれば坂道でもカーブもゆっくり運転して走れますので、安全に走行ができます。

また、雪道でもブレーキが利きやすくなり、急に車が出てきても車線変更や、停止ができるので安心です。

トラックが雪道を安全に走行する方法7:橋梁区間やトンネルではスピードを落とす

トラックが雪道を安全に走行する方法10個|スタックしたときの対処法3つ
Bottom banner

雪道の橋梁区間をトラックで安全に走行するには、スピードを落とすことが大切です。夜間は気温が低くなる橋梁は、橋の下から熱が奪われて、路面の温度が低下します。

すると、昼間溶けた雪がアイスバーン状態になり、路面が滑りやすくなりますので、慎重に走行することが大切です。

また、昼間でも日陰になりやすいトンネルは、明るい時間帯でも路面が滑りやすくなっていますので、落ち着いて走行しましょう。

トラックが雪道を安全に走行する方法8:曇り止め気能を使う

曇り止め気能を使うことで安全にトラックでも雪道を走行することができます。気温が低いときは車内との温度差によってフロントガラスが曇りやすくなってしまうことがあるでしょう。

曇って視界が見えにくくならないように、曇り止めスプレーをフロントガラスの内面に吹きかけるだけではなく、デフロスターを使い、常に曇らない対策をしておくことが大切です。よく機能が働きやすくするように、ガラスに付いている水分を拭き取っておきましょう。

トラックが雪道を安全に走行する方法9:坂道ではペダルの踏み加減を考える

トラックが雪道を安全に走行する方法10個|スタックしたときの対処法3つ

トラックで坂道を走行するときは、アクセルを一定に保つことで安全に走行できるようになります。坂道は、平らな道路よりもべダルの踏み加減により加速してしまったり、上手く登り坂を走行できずに後退してしまうことがありますので、注意が必要です。

ですから、下り坂では、極端にエンジンブレーキをかけないようにして走行することが大切となります。登り坂では、一定を保ってアクセルを踏み、走行することがコツです。

トラックが雪道を安全に走行する方法10:タイヤチェーンを装着する

タイヤチェーンを装着すれば、大雪のために走行しにくい往路でも安全にトラックで走行できます。大雪で走行しにくく、ブレーキが利きにくい雪道を安全に走行するために、トラック用のチェーンを装着して走行しましょう。

タイヤにチェーンを装着するのは大雪特別警報が出た時や、大雪になる緊急発表があった時です。。規制区間の手前でチェーンを装着することが、大雪道路を安全に走行する方法です。

トラックが雪道でスタックしたときの対処法3つ

トラックが雪道を安全に走行する方法10個|スタックしたときの対処法3つ

雪道をトラックで走行しているとタイヤがハマってしまい、スタックしてしまうことがあります。どのようにしたらトラブルを改善すできるのか、トラックが雪道でスタックしたときの対処法3つをご紹介します。

トラックが雪道でスタックしたときの対処法1:車体を前後に揺さぶる

車体を前後に揺さぶることがトラックが雪道でスタックしたときにできる対処法となります。スタックしてしまったときはギアを入れ、半クラッチ状態にしてからアクセルを少し踏んでみましょう。

車体が前に出ようとしたらクラッチを切れば車体が反動で下がります。このセットを何度か繰り返していればトラックが雪道でスタックしても抜け出せるので、根気よくやってみましょう。

トラックが雪道でスタックしたときの対処法2:周囲の雪をかく

トラックが雪道を安全に走行する方法10個|スタックしたときの対処法3つ

トラックが雪道でスタックしたときの対処法は、周囲の雪をかいて抜け出す方法があります。雪に埋もれたタイヤは、雪をどこかさないとタイヤの溝が雪にとられて上手く抜け出せません。

ですから、エンジンを切り、4つのタイヤの周囲にある雪をしっかりかいてどかしてからアクセルを踏めば走行できるようになるでしょう。

トラックが雪道でスタックしたときの対処法3:周囲に助けを求める

トラックが雪道でスタックしたときは、周囲に声をかけて助けを求めれば解決できるでしょう。タイヤの雪かきもできない、トラックを前後に揺さぶることもできない場合は、周囲に早く助けを求めることが大切です。

周囲の力を借りて雪かきをしてもらったり、トラックを揺さぶれるように手伝ってもらえば、上手くスタックから抜け出せるようになります。

トラックが雪道を安全に走行する方法を押さえておきましょう

トラックが雪道を安全に走行する方法10個|スタックしたときの対処法3つ

トラックが雪道を安全に走行する方法を押さえておきましょう。車に積もった雪を落としておいたり、スタッドレスタイヤを装着する、急発進・急停止をしないなど、きちんと安全対策を取り入れることでトラブルが起こりにくくなります。

トラブルが起きてからはでは遅い雪道を走行する際には、一人一人のドライバーの安全対策により、スリップ事故やスタック渋滞が頻繁に起こらなくなります。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related