Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年08月20日

安全運転のための運転手の心得10個|役員付運転手のやりがい3つ

安全運転のための運転手の心得10個|役員付運転手のやりがい3つ

事故を起こさないためには、運転手が常に安全運転ができるよう心得ることが求められます。この記事では、どのような心得を持てば安全運転ができるのか、運転手が持ちたい安全運転をするための心得を10個ご紹介します。さらに、役員付運転手のやりがいも3つお伝えします。


事故を起こさないためには常に運転手としての心得を持つことが必要

事故を起こさないためには、常に運転手としての心得を持つことが必要です。運転によって人の命を奪うことにもなりかねません。

ですから、道路の状況をいち早く把握し、交通ルールを守って運転することが大切です。事故を起こさないためには焦らず冷静な判断をし、渋滞していても心を落ち着かせて運転しましょう。

安全運転のための運転手の心得10個

車を安全に運転するために、多くの運転手はどのような心得を持って運転しているのでしょうか。安全運転をするために運転手が考えるべきこと、実行すべきことなど、大切にしたい心得を10個ご紹介します。

心得1:人の命の尊さを覚える

人の命の尊さを覚えることが安全運転のために運転手が持ちたい心得です。人の命は一つしかなく、事故で失えばその人の人生は運転手によって終わります。

人には帰りを待つ家族がおり、亡くなった時は家族がどれだけの悲しみに包まれるかを考えて運転することが大切です。

未来ある人の命の尊さを覚え、事故を起こさないよう万全の注意を払い、運転しようとの気持ちを強く持つことで人の命の尊さを考えることができます。

心得2:交通ルールを覚えて守る

交通ルールを覚えて守ることが安全運転のための運転手の心得です。安全運転をするには、道路の速度制限を確認して走行することで急に飛び出してきた車や人に対応できるようになります。

一方通行である道路か標識をチェックする、歩行者優先道路なのかなど、素早く交通ルールを認識することが大切です。

日頃から教材や講習で交通ルールを学び、多くの交通ルールを覚える努力をすることでよりルールを守れるようになります。

心得3:運転には人格が出てしまうことを肝に銘じる

運転には人格が出てしまうことを肝に銘じることが事故を起こさず、安全運転ができる運転手の心得です。

普段は冷静沈着、穏やかな人であったとしても、ハンドルを持つと人柄が変わり荒っぽくなり、気持ちが大きくなるなど人柄が出ます。

悪い人柄が出ればスピードを出す、割り込まれるとイラついて追い越してやろうと感じるなど事故につながる恐れがありますので、肝に銘じて運転することが安全運転のポイントです。

心得4:集中して運転する

集中して運転することが安全運転のための運転手の心得です。運転に集中することでよそ見をしたり、仕事を考えてボーッとしなくなります。常に前方、左右、後方まで安全確認しながら運転しましょう。

音楽を流さない、人と会話をしない、スマホの着信を音なしにするなどちょっとしたことで集中できます。

また、集中して運転すれば走行速度を守れますし、急なトラブルにも素早く対処できるようになり、事故を防ぐことができます。

心得5:心に余裕を持つ

心に余裕を持つことが運転手の安全運転における心得です。時間に間に合わないと焦って運転すれば信号機が赤なのに見落としたり、車線変更する車に気付かないなど事故に繋がります。

日頃から時間に余裕を持って行動をすることで焦らず、穏やかな気持ちで運転できるでしょう。常に穏やかな気持ちであれば心に余裕を持つこともでき、運転をしていてパッシングをされても追い越しをされてもイライラすることもなく、安全運転ができます。

心得6:最悪の事態や危険を予測する

最悪の事態や危険を予測することが安全運転をするための運転手の心得です。新車であっても、メンテナンスされている車であっても操作ミスで事故を起こしてしまうことがあると予測します。

車を運転するということは人が飛び出してきて轢いてしまうこともある、と常に最悪の事態を予測して運転することが大切です。

対向車線からスピードを出したまま車が突っ込んでくることもある危険を予測することで、注意して運転するようになります。

心得7:心の状態を平静に保つ

Bottom banner

心の状態を平静に保つことが安全運転をするための運転手の心得です。平静さが無ければパッシングされればイライラし、前の車の走行速度が遅ければイライラしてしまうでしょう。

ですが、常に心が平静な状態であれば、パッシングされても走行速度が遅くても広い心で状況を受け止めることができます。

車を運転するときは、常に平静であることで渋滞で時間に間に合わなくてもパニックにならず、冷静に対応や安全運転ができます。

心得8:自分の運転能力を過信しない

自分の運転能力を過信しないことが安全運転のために運転手が持ちたい心得です。人よりも運転技術が高いし、上手いとよく褒められる自分は運転能力に優れているから事故は起こさないと考えます。

ですが、この過信がスピードを出しても大丈夫と考えてしまう要因となり、事故に繋がる恐れがあります。

ゴールド免許証だから事故は絶対起こさない、運転歴が長いから事故を起こさないとの自意識過剰は交通ルールを見逃す原因です。

心得9:運転に不向きな服装や履物で運転しない

運転に不向きな服装や履物で運転しないことが安全運転のための運転手の心得です。車に乗ることはハンドル操作がしやすく、安全に運転できるようドアに引っかからない長さ、お腹を圧迫して苦しくならない服装を選ぶことが大切です。

足は動かしやすいように、そしてしっかりアクセルやブレーキを踏むためにヒールが引っかかったり、すぐに脱げたりしないようスニーカーや革靴を選ぶことが運転するうえでの心得となります。

心得10:決して油断しない

決して油断しないことが安全運転をする運転手の心得です。油断したときに限って車や壁にぶつけてしまうなど事故を起こしてしまうことがあります。

いつも通っている家の近くの道路だから人は飛び出してこないだろう、この道路からは車が出て来ないだろうと考えてしまうのは危険です。

一方通行であっても車がくる、子供がいきなり横断してくるなど常に頭の中で考えるようにして、油断しないようハンドルを握るようにしましょう。

役員付運転手のやりがい3つ

役員付運転手は、社長や部長など、企業や公的機関に勤める重要職にあたる人の運転手として働くことが仕事ですので、雇われれば一日一緒に行動することになります。では、役員付運転手は働いているとき、どのようなやりがいがあるのか3つご紹介します。

やりがい1:役員たちに名前を憶えてもらえる

役員たちに名前を憶えてもらえるのが、安全運転して働く心得を持つ役員付運転手のやりがいです。重要職である役員に長いこと雇われる役員付運転手の場合、初めて担当する日に名前を憶えてもらえます。

何度も顔を合わせていることで親近感がわき、まるで、秘書の名前を呼ぶように名前で電話をしてきたり、行き先を指示してくることもあるのが役員付運転手は嬉しい気持ちになり、やりがいを感じるところです。

やりがい2:ビジネスマナーを身に付けることができる

役員付運転手が安全運転の心得を持って働くときのやりがいとは、心配りや礼儀作法、落ち着きなどのビジネスマナーを身に付けることができるところです。

車に乗せる時は失礼のない角度でお辞儀し、丁寧な挨拶をしてドアを開けるマナーが身に付きます。

丁寧な敬語で落ち着きある話し方、上品な身の振る舞いと運転など重役職を乗せて運転手をすれば自然とビジネスマナーが身に付くのがやりがいを感じます。

やりがい3:困ったときに便宜を図ってもらえる

困ったときに便宜を図ってもらえるのが、安全運転の心得を持って働く役員付運転手のやりがいです。仕事も少なく、給料も低くて困っていると担当する重役職に相談すればお金になる仕事を紹介してもらうことができます。

また、給料を約束する重役職の役員付運転手として働けるように頼んでもらうことも可能です。特別な計らいや大きな利益になる仕事を任せられるなど、役員付運転手はやりがいのある仕事なのでやりがいがあります。

安全運転のための運転手の心得を一通り把握しましょう

安全運転のための運転手の心得を把握しましょう。安全運転を常に意識する、交通ルールを守る、集中して運転するなど初めて運転した時の初心を今一度思い出してみてください。

長年、運転していると忘れてしまいがちになる安全運転のための運転手の心得を紙に書き、車に乗る前に読んでから乗れば、より良いでしょう。人の命の尊さを常に意識し、最悪の事態や危険も予測しながら運転することが大切です。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related