Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年06月13日

トラックの警告音が鳴る原因10個|エンジン警告灯が点灯した時の対処3つ

トラックの警告音が鳴る原因10個|エンジン警告灯が点灯した時の対処3つ

トラックの警告音は大きな故障やトラブルの原因を事前に知らせてくれています。しかしトラックの警告音について詳しいドライバーはあまりいません。そこで今回は、トラックの警告音が鳴る原因10個とエンジン警告灯が点灯した時の対処3つについてご紹介していきます。


トラックの警告音が鳴る原因には様々なものがある

トラックの警告音が鳴る原因10個|エンジン警告灯が点灯した時の対処3つ

トラックの警告音が鳴る原因はいろいろです。

トラックの警告音が鳴ったら無視せずに、車体のどこかに故障や不備があるのだと認識しておきましょう。できればすぐに対処してください。原因がわからないときは取扱い説明書を読んだり、ディーラー・整備工場などに相談してみましょう。

メーターパネルに警告灯が点いていないかどうかも確認してください。トラックのコンディションは常に快適に保てるように注意しておきましょう。

トラックの警告音が鳴る原因10個

トラックの警告音が鳴る原因10個|エンジン警告灯が点灯した時の対処3つ

トラックの警告音が鳴る原因10個をご紹介していきます。

トラックの警告音は車体の以上を教えてくれる装置です。警告音が鳴る原因にはいろいろな要素があります。そのときどきに提示される警告灯に従ってメンテナンスをおこなってください。

取り扱い説明書などを読んで・ディーラーに電話して指示通りに対処してもトラックの警告音が鳴りやまない場合は、早急に専門家にトラックを修理してもらう必要があります。

トラックの警告音が鳴る原因1:エア不足

トラックの警告音が鳴る原因がエア不足の場合は、エアタンクの中のエアが不足している・もしくはエレメントの掃除をする可能性があります。

エア不足はブレーキ・エアサスペンションがきかなくなる、クラッチペダル・シフト操作が重くなるなどの現象に繋がる怖い状態です。

エアメーターの針がレッドゾーンを指していたら、しばらくアイドリングをしてエアを貯めます。それでも警告音が鳴る場合はすぐに点検に出しましょう。

トラックの警告音が鳴る原因2:オイル不足

トラックの警告音が鳴る原因10個|エンジン警告灯が点灯した時の対処3つ

トラックのエンジンオイルが極端に少ないときに警告音が鳴る場合があります。

エンジン内に送るオイルが減るとエンジンが焼き付いてしまう可能性があります。トラックのエンジンオイルの低下は、運転席に取り付けられている油圧警告灯で確認できます。すぐに対処しましょう。

トラックの警告音が鳴る原因3:油圧が低下している

トラックの油圧が低下した場合、走行中に警告音が鳴りますので、速やかに安全な場所や整備工場・スタンドなどへ移動して対処しましょう。場合によっては、自社やレンタカー会社へ連絡しておきましょう。

エンジンオイルの油圧の低下による警告音の原因が、オイルの量ではなくポンプの故障や配管の詰まり、掃除などのメンテナンス不足という場合もあります。

トラックの警告音が鳴る原因4:バキューム圧が低下している

トラックの警告音が鳴る原因10個|エンジン警告灯が点灯した時の対処3つ

バキューム圧とは燃料をトラックのエンジンに送り込むための装置で、不具合があると警告音が鳴ります。

バキューム圧は燃料を送る以外に油圧ブレーキの倍力装置などの機能も有しています。バキューム圧が低下すると油圧ブレーキのききが悪くなるのでたいへん危険です。車種によってはバキューム圧が低くなるとブレーキ警告灯が点灯する場合もあります。

バキューム圧低下の原因は、バキュームのホースの不具合かエンジンの故障です。

トラックの警告音が鳴る原因5:架装が格納されていない

トラックの警告音は、架装などの格納忘れによる警告として鳴ることがあります。

架装の格納忘れは、トラックのうっかりミスとしてよく挙げられています。トラックの架装の格納はしっかりと確認してから運転してください。

トラックの警告音が鳴る原因6:燃料フィルター水抜き

トラックの警告音が鳴る原因10個|エンジン警告灯が点灯した時の対処3つ

トラックのセジメンター付燃料フィルター内に水が溜まっていると警告が発せられます。

警告を無視して走り続けると燃料噴射ポンプ・燃料噴射システムを破損する恐れがあるので、すぐに停車して処置をしてください。

トラックの警告音が鳴る原因7:エンジントラブル

Bottom banner

走行中に警告された場合は、エンジンシステムに異常があると認識してください。スタータースイッチをONにしたときに警告され、約5秒後またはエンジン始動後に異常音が鳴らなければただの誤作動という可能性があります。

もしも警告がなくならない場合は、ただちに脇か安全な場所へ停車して会社・ディーラー・整備会社・ロードサービスなどへの連絡、説明書を読むなどの適切な処置を行ってください。

トラックの警告音が鳴る原因8:ヘッドランプオートレベリング

トラックの警告音が鳴る原因10個|エンジン警告灯が点灯した時の対処3つ

スタータースイッチをONにした時にヘッドランプオートレベリングシステムに異常があると警告されます。トラックをすみやかに安全な場所へ移動して適切な処置を取ってください。

ヘッドランプオートレベリングシステムとはヘッドライトの光軸を自動で調整する装置です。荷物を積んだときにリヤが下がりフロントが浮いてヘッドランプが上がってしまうので、それを補正するためについています。

トラックの警告音が鳴る原因9:アンチロックブレーキ装置に異常

アンチロックブレーキ装置に異常がある時に、警告がおこなわれます。

走行中に警告がされた時はすぐに安全な場所へ停車してエンジンを一度、停止させます。エンジンを再始動させてから警告灯の点灯・消灯の状態を確認してください。

正しく点灯できて消灯もできれば問題はありませんが、点灯または消灯しない・たびたび点灯する場合はすぐにトラックを点検に出してください。

トラックの警告音が鳴る原因10:エアバック

トラックが万一の時にプリンテンショナー付シートベルト・SRSエアバッグが作動しない恐れがあるときに、警告がされます。

エアバックが動作しない原因としては、エアバッグ駆動回路の異常、電気系統の異常、シートベルトプリテンショナーの故障、シートベルトバックルの故障、バッテリー容量不足などが考えられます。

バッテリー不足はカーナビやスマホなどさまざまな機器への電力供給なども考えられますので、気をつけましょう。

エンジン警告灯が点灯した時の対処3つ

トラックの警告音が鳴る原因10個|エンジン警告灯が点灯した時の対処3つ

トラックのエンジン警告灯が点灯した時の対処3つをご紹介していきます。

現在国内のトラックのメーターパネルには表示灯や警告灯が搭載されています。メーカーや年式・型式などで若干の違いはありますが一般的に30前後の種類があります。

警告灯はドライバーに、トラックの基本機能になんらかのトラブルが発生していることを知らせてくれる機能です。警告灯の警告を見逃すことなく正しい対処法を学んでいきましょう。

対処1:ディーラーへ連絡する

トラックのエンジン警告灯が点灯したときは、購入したディーラーへ連絡して指示を仰ぎましょう。トラックを中古で購入した場合にエンジン警告灯が点灯した場合は、最寄りのディーラーを検索して電話をかけてみましょう。

エンジン警告灯が点灯したトラックは車両に異常が発生しているわけですから、エンジンがかからなくなる可能性があります。エンジンを切る前にディーラーへ電話して応急処置を教えてもらうことをおすすめします。

対処2:整備工場へ連絡する

トラックの警告音が点灯したら、すぐに整備工場で点検しましょう。

エンジン始動後に警告灯が消えれば正常ですが、エンジン警告灯が点灯してしまった場合は色で緊急性が変わってきます。

赤色は危険・黄色は注意・緑色は安全です。赤や黄色の警告灯が灯ったら、トラックを安全な場所へ移動してから整備工場へ連絡して対処方法をすぐに教えてもらいましょう。

整備工場が休みの場合は取り扱い説明書・ロードサービスの利用も有効です。

対処3:問題なさそうなら運転を続ける

トラックのエンジン警告灯が点灯してディーラーへ連絡して問題がないといわれたら、そのまま運転を続けて仕事を終わらせましょう。後日、時間を見つけて整備工場などでトラックの点検をしてもらうと安心です。

エンジンは空気を取り入れながら燃料を燃やして排気をしながらトラックを走らせています。トラックのエンジン警告灯は燃料噴射・排気・吸気に問題があるときに点灯する仕組みになっています。警告は重く受けとめましょう。

トラックの警告音が鳴る原因を一通り把握しましょう

トラックの警告音が鳴る原因10個|エンジン警告灯が点灯した時の対処3つ

トラックの警告音についてよく把握しておくと、咄嗟のときにあわてなくてすみます。

ドライバーは意外とトラックの警告音や警告灯について詳しく知りません。しかしいざトラックに故障や不備があった場合に、その原因がわからないと時間もロスしますし仕事にも影響がでます。

トラックの警告音は大きなトラブルが起きる前に知らせてくれるありがたいお知らせです。警告灯も合わせて内容をよく理解しておきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related