Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年05月14日

自分でできる!エンジンルーム洗浄のポイント8つ|便利アイテム

自分でできる!エンジンルーム洗浄のポイント8つ|便利アイテム

エンジンルームの洗浄について洗浄をするメリットや、洗浄をする際におさえておきたい大事な注意点やポイントを紹介します。またエンジンルーム洗浄専用のオススメグッズをご紹介します。エンジンルームの洗浄をお考えの方はぜひ参考にしてご覧ください。


エンジンルームを洗浄する目的

自分でできる!エンジンルーム洗浄のポイント8つ|便利アイテム

皆さんは車のエンジンルームを洗浄したことがありますか。エンジンルームは自分でもやり方をしっかりと守れば洗浄することが出来ますし、業者に頼んで洗浄してもらうこともできます。

エンジンルームの洗浄をすることで清潔に保つことができます。またメンテナンスもしやすくなったり故障の原因を防ぐことも出来るため、普段見えないところも清潔に保っておくことが大切です。

メンテナンスし易い

エンジンルームは意外とメンテナンスのしやすい箇所で、車が動く際にとても大事な部分になるためメンテナンスは大切です。エンジンルームの洗浄で水や洗浄剤を使用して洗浄する際、養生をしてバッテリーに水がかからないようにすることが大事です。

エンジンルームは多少の水には濡れても大丈夫なつくりになっていますので、そこまで神経質にならずともメンテナンスができるので作業がしやすいと言えるでしょう。

エンジンルームの洗浄を業者に頼む場合の費用

エンジンルームを洗浄する際に、業者に頼む方法もあります。自分ですることも可能ですが長い期間メンテナンスしていないときや汚れが頑固なとき、他のメンテナンスの際についでに頼むこともあるでしょう。

業者に洗浄を頼んだ際のエンジンルームの洗浄費用は、車の大きさ、車種にもよりますが8000円前後となっています。軽自動車は5000円前後でできるところもあります。

エンジンルーム洗浄のポイント8つ

自分でできる!エンジンルーム洗浄のポイント8つ|便利アイテム

エンジンルームを洗浄する際の大事なポイントを紹介していきます。エンジンルームは車にとってなくてはならない大事な部分にあたるのでメンテナンスはしやすいものの、気を付けて扱わなければならないポイントがあります。

次項から詳しく説明していきますので、しっかり理解し、安全に快適にエンジンルームの洗浄を行いましょう。

1:エンジンが止まっていることを確認する

エンジンが動いているままエンジンルームを触ることはとても危険です。そのまま洗浄するのはもってのほかです。必ずエンジンを停止させてある程度エンジンルームの熱が冷めてから洗浄を行います。

エンジンの熱は高温になっていることもあり直接触れることで怪我に繋がってしまうため確認が大事です。

2:エンジンルームが熱くないことを確認する

エンジンを停止してからのすぐに洗浄したい場合などには特に注意したいポイントです。エンジンが停止して間もない場合はまだエンジンは非常に熱いため、すぐに触ってしまうと火傷をする恐れがありとても危険です。

必ずエンジンルームを触る際にはエンジンが停車してから時間がたっているか、熱くないかしっかりとチェックしてからメンテナンスを行いましょう。

ケガなどに注意

エンジンが熱い状態で直接触れることの危険性は、高温による火傷の恐れがあります。またエンジンルーム内のラジエーターキャップを開けた時に、高温の蒸気が発生する可能性があります。

蒸気に触れる事でも火傷などの怪我に繋がることがあるので十分に注意が必要です。またエンジンルーム内を触るときは、なるべく素手で触らないように軍手などで作業をすることで大きな怪我を防ぐことができるでしょう。

3:エンジンルームの軽い汚れは拭き取る

エンジンルームの洗浄をする際、水で洗浄することが多いですが、軽い汚れやメンテナンスして間もないうちの洗浄時は拭き取りシートでサッと拭き取るだけで充分綺麗になります。

ウェットシートなどでも良いですが、専用の拭き取りシートも売っていますのでそちらでふき取るとより綺麗になります。

業者に頼む際はしっかり水を使い洗浄することになりますが、自分で手軽にできる方法としては、拭き取りがおすすめです。

4:エンジンルームの頑固な汚れは専用洗浄剤

拭き取りでは取れない汚れや、頑固な汚れには専用の洗浄剤を使用しましょう。こちらは専用というだけあって頑固な汚れにもしっかりと綺麗になります。またエンジンルームの機械部分にも安心して使用できます。

専用洗浄剤は車用品店やホームセンターなどで購入することができます。値段は1,000円~2,000円で買えて1回に使う量も少量で充分なので、何度も使えてコスパも良いです。業者に任せるより断然お安く洗浄できます。

5:水洗いする場合はバッテリーを外す

エンジンルームにはとても大事なバッテリー等があり、洗浄する際には濡れてしまわないようにバッテリーを外します。

これは洗浄の下準備になります。洗浄をする前に養生したり、濡れてはいけないバッテリーは取り外すことで、洗浄の際に大事な機器を故障から守ることができます。

6:電気系統には養生をする

エンジンルーム内の大事な電気系統には養生をして水濡れを防ぎます。直接水に濡れてしまうとデリケートなため故障の原因になります。電気系統自体を洗浄する際には、ウェットシートや専用の拭き取りシートで綺麗にします。

少し手間に感じることもありますが下準備をしっかりとする事が大事なポイントになります。

7:洗浄後は水分をよく拭き取る

Bottom banner
自分でできる!エンジンルーム洗浄のポイント8つ|便利アイテム

エンジンルームに多少の水が入っても大丈夫ということが分かりましたが、エンジンルーム内部に水分がある状態は望ましくありません。洗浄が終わった後は、しっかりと乾拭きでエンジンルームの水分を拭き取りましょう。

水分をしっかり拭き取ることで故障の原因をなくすことに繋がります。また仕上げに拭くという意味では汚れも落ちて綺麗になります。

8:エンジンをかけて乾燥させる

エンジンルームに水分が残る状態は良くないので、洗浄後水分がある場合にエンジンをかけて乾燥する方法もあります。エンジンをかけてアイドリング状態にして、水分を乾燥させます。乾拭きで水分を取った後に行うのがおすすめです。

洗浄後の乾燥などを考えると、エンジンルームの洗浄には時間の余裕があるときに作業する事をお勧めします。

エンジンルームを洗浄するときの便利アイテム3つ

エンジンルームの洗浄に便利な3つの商品を紹介します。いずれの商品を使用しても構いませんが、用途に合わせることが大切です。また使いやすさも考慮に入れましょう。

エンジンルームの洗浄専用のアイテムなので高い効果が期待できます。初めてエンジンルームの洗浄をする人や、車に詳しくない人におすすめします。今回紹介するものはカー用品などを扱っているお店やホームセンターで購入することができます。

1:フクピカ エンジンルーム専用拭くだけシート

エンジンルーム専用の拭き取りシートです。値段は500円以内で安いですが、大判シートが10枚入っています。

エンジンルーム内の油汚れも簡単に落ちるので、洗浄効率が非常によいです。ウェットシートのように、持ち運びが便利です。持ち運びが便利なので、外出時に洗浄することが可能です。

一念発起して、10年を過ぎた愛車のエンジンルームの掃除に使用。1枚で相当使えるし、結果1パック使ってしまったが本当にキレイになった。

出典: https://www.amazon.co.jp/SOFT99-%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%... |

2:KUREフォーミングエンジンクリーナー

エンジンルーム専用の洗浄クリーナーです。このクリーナーは、エンジンルームの頑固な汚れをしっかりと落とします。

洗浄剤が泡になって出てくるので、効率的な洗浄が可能です。スプレーの後、水で洗い流すだけなので、力の弱い女性におすすめです。

値段は1000円以下で、コスパが高いです。手の届かない箇所の油落としに、非常に便利です。このスプレーがあれば、外出時でも簡単に洗浄できます。

洗浄力が強いのか砂ぼこりはもちろんの事、トランスミッションやセルモーターに付着していた油汚れも落ち、新車の時のようにキレイに仕上がりました。
施工から半年が過ぎましたが電装品等とくに問題はおきていません。

出典: https://www.amazon.co.jp/KURE-%E5%91%89%E5%B7%A5%E6%A5%AD... |

3:HOTOR 洗車タオル

洗浄専用のマイクロファイバータオルは、厚手で耐久性も抜群です。水分をサッと拭くだけで、しっかりと乾燥させます。急いでいるときに、大変便利で、細かな汚れまでもマイクロファイバーで取ることができます。

カラフルなタオルで気持ち良く洗浄できます。車の洗浄用ですが、家事などの一般の目的にも使用できます。

かなり使いやすい。サイズもちょうど良いです。このタオル一枚とバケツ一杯の水で洗車したあと、水を拭き取らずにプレクサスを絞ったタオルにつけ吹き上げながらコーティングするのに使い勝手が良いです。かなり洗車する方ですが5枚もあると数年は困らない気がします。

出典: https://www.amazon.co.jp/HOTOR-%E6%B4%97%E8%BB%8A%E3%82%B... |

エンジンルームを洗浄しよう!

エンジンルームの洗浄について理解はできたでしょうか。エンジンルームを綺麗に保つことのメリットや注意点をしっかり知ることで、安全に快適に洗浄できることが分かったと思います。

専用の商品も多く販売しており、また手に入れやすいので、初心者の方は専用商品を使って洗浄しましょう。またエンジンルームを触るときには怪我の恐れもありますので大事なポイントをしっかりとチェックして取り掛かるようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related