Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月22日

トレーラーの運転技術や現象9つ|トレーラーに関する本3冊

トレーラーの運転技術や現象9つ|トレーラーに関する本3冊

トレーラーは車体も長く重量も大きいため、その運転には高度な運転技術が必要とされています。この記事ではこれからトレーラー運転手を目指される方のために、トレーラーに関する既存的な運転技術や現象を詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

トレーラーについて

近年、年収アップを見越して普通の会社員からトレーラーの運転手に転職をする人の割合が増えてきていると言われています。トレーラーの運転手の年収は、勤務形態や距離数にもよりますが、平均で400~600万円ほどであり、頑張り次第では中小企業の平社員よりも稼ぐことが可能です。

ここではまず、トレーラー運転手への転職をお考えの方のために、トレーラーに関して知っておきたい基本情報をご紹介していきます。

トレーラーが運ぶ荷物

そもそも、トレーラーとは具体的に何を運ぶのでしょうか。セミトレーラーやポールトレーラーなどその大きさや種類にもよりますが、トレーラーは大型トラックで運搬が難しい大型貨物を運ぶためのものであり、大型トレーラーだと新幹線や橋・マンションの鉄骨などを運ぶこともあります。

特に新幹線などを運ぶ超大型トレーラーの場合には、かなり高い運転技術が求められるため、その運転手は通常よりもずっと稼ぐことが可能です。

トレーラー運転に必要な免許

一般的にトレーラー運転手は稼ぎがよく、また高い運転技術と必要な免許さえあれば、学歴や経歴に関わらず活躍することが可能です。トレーラー運転手への転職をお考えの方にとって一番気になるのが、どのような免許が必要になるのかということでしょう。

トレーラー運転のためには、けん引免許を所得しておく必要があります。

ちなみに、この免許があればトレーラーだけでなくタンクローリーなどの運転も可能です。

トレーラーの知っておくべき運転技術や現象9つ

トレーラーの運転技術や現象9つ|トレーラーに関する本3冊

トレーラー運転に必要なけん引免許は、普通免許などを既に取得しており、一定の視力と深視力などを有していることが条件になりますが、教習所で実習をきちんと受けて運転技術を身につけさえすれば、さほど取得が難しいというわけではありません。

ここからは、これからトレーラー運転手を志す方のために、トレーラーについて知っておきたい運転技術や現象について詳しく解説していきます。

1:直進の注意点

トレーラーの最も初歩的な運転技術としてまず挙げられるのが、直進です。トレーラーはけん引物が長く、トラックの運転とは勝手が違うので、後ろにけん引物があるということを十分に意識したうえで直進をすることが必要です。

トレーラーは最低でも前兆10mを超えるものがほとんどですので、特に交差点を直進する場合は連結状態を意識し、後ろの長さを意識しましょう。

2:左折の運転技術

トレーラーに関して知っておくべき運転技術として、スムーズな左折の仕方も挙げられるでしょう。

左折をする際には、普通車を運転する時よりも前方にやや深めに進み、その上で旋回をすればスムーズかつ安全にトレーラーを回すことができます。

やや深めに進入しておくことで、大回りをせずに安全に左折することができるでしょう。安全運転のために必須の運転技術ですので、確実にマスターしましょう。

3:右折の運転技術

では、右折に必要な運転技術とはどのようなものなのでしょうか。左折時と同様に、右折をする時もやや前のめりで進入しておき、内輪差に注意しながら対向車や周囲の障害物に当たらないよう、細心の注意を払う必要があります。

なお、ブレーキを踏みすぎるとロックがかかってしまい、立ち往生してしまいますので注意しましょう。

4:バックの運転技術

トレーラーの運転技術で多くの人が難儀するのが、バックです。そこでここでは、バックの運転技術のポイントについて見ておきましょう。

トレーラーは直進バックをすると左右のどちらかに連結部分が折れてしまいますので、その都度ハンドルを適切にきり、折れた部分を修正しながらバックをするのがポイントです。

なお、トレーラーの角度を伸ばす運転技術を身につければ、左右に折れるのを防ぐことができるので直進バックも可能です。

5:車庫入れや方向転換の運転技術

トレーラーをスムーズに運転するためには、車庫入れや方向転換の運転技術も必須です。車庫入れ時に直進バックをすると連結部分が左右に折れやすいため、ハンドルを左右に切り戻し、車体後半の微調をして方向転換をながら、車庫に入れるようにしましょう。

ハンドルを切るタイミングが遅いと車体がずれて車庫入れが難しくなってしまいますので、教習所ではハンドル操作の運転技術をよく学ぶことも大切です。

6:トレーラーのジャックナイフ現象

トレーラーに関する現象で知っておきたいもののひとつが、ジャック・ナイフ現象です。トラクタとボートの間の折れ曲がり角度が大きくなってしまった場合は、折りたたみ可能なジャック・ナイフのような「く」の字の状態になることから、ジャック・ナイフ現象といいます。

ジャック。ナイフ現象は急ブレーキを踏んだ時や後退走行での運転技術を身につけていない場合に、よく陥りがちです。

7:トレーラーのスネーキング現象

トレーラーの運転技術を十分に身につけていない状態だと、ジャック・ナイフ現象のみならずスネーキング現象を起こしてしまう場合もあります。

スネーキング現象とは急ブレーキを踏んだ時や速度を超過してしまった時に、連結した車両が蛇のように曲がってしまう現象のことです。運転技術が未熟な時に起こりやすく、いったんスネーキング現象が生じると操縦不能になるばかりか、トレーラー自体が転倒してしまうこともあります。

8:トレーラーのスイング現象やロック現象

知っておきたいトレーラーの現象のひとつに、スイングやロック現象もあります。

運転技術が十分に身についていない状態でスピードを出したトレーラーのブレーキをかけてしまうとロックがかかり、トレーラーが左右に揺れるというスイング現象が起きてしまいます。

こうなるとトレーラーの連結部分の操縦が不能になり、重大な事故につながりまねません。

9: トレーラーのプラウアウト現象

重大事故になりかねないトレーラーに現象として、プラアウト現象も挙げられるでしょう。

スピードが出ている状態で、運転技術のないドライバーが急ブレーキをかけるとヘッド部分にロックがかかってしまい、トレーラーとトラクタが直線状態に固まってしまうというプラアウト現象が起こります。

このような状態に陥ってしまわないためにも、ブレーキは緩めるように意識しておくことが大切です。

トレーラーを知るためにおすすめの本3冊

トレーラーの運転技術や現象9つ|トレーラーに関する本3冊

以上では、トレーラー運転手になる上で知っておきたい基本的な運転技術や、トレーラーの現象についてご紹介してきました。

もっと詳しく包括的にトレーラーについて学びたいという時には、トレーラー専門の本で勉強するのがおすすめです。

ここからはトレーラーを知るのにおすすめな本を3冊ピックアップしてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

1:トラクター&トレーラーの構造

トレーラーについて学べるおすすめの本としてまず挙げられるのが、「トラクター&トレーラーの構造 」です。

「トラクター&トレーラーの構造」は、さまざまな種類のトレーラーやトラクターの基本知識に加えて、連結装置の詳しい構造などについてもわかりやすく解説してくれている一冊です。

トレーラーに関する知識が包括的に学べる専門書だと言えるでしょう。

2:Theトレーラー(別冊ベストカー)

トレーラーに関する最新情報をわかりやすい写真つきで学びたいならば、「Theトレーラー(別冊ベストカー)」がおすすめです。

最新のトレーラーやトラクターの情報に加えて、各種の動力性能を徹底比較したフルトライアル情報まであますところなく掲載しています。

掲載車輌のほとんどが現行型なので、非常にタメになる内容でした。現在乗っている方だけでなく、これからトレーラーに乗りたい、または免許を取ろうとしている人も楽しめる本だと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R748SOX2YIUB... |

3:直前版 最新大型トレーラー(けん引)免許

トレーラーの運転手になるためにけん引免許をこれから取得するという方におすすめしたい本として、「直前版 最新大型トレーラー(けん引)免許」をご紹介します。

けん引免許の技能試験について、素人でもわかりやすくひとつずつ丁寧に解説してくれている一冊です。この本をきちんと読みこんでおけば、けん引免許の短期取得も夢ではないでしょう。

どんな本よりもわらりやすくて 読みやすかったです。無意味に分厚い本とはちがいます

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R5V6V5GNPLT2... |

トレーラーの運転には高度な運転技術が必要

トレーラーの運転技術や現象9つ|トレーラーに関する本3冊

今回はトレーラーの運転技術について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。

トレーラーの運転には高度な運転技術が必須ですので、これからトレーラー運転手への転職を目指されている方は、専門書や教習所などでその運転技術や現象についてよく学びましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related