Search

検索したいワードを入力してください

2018年07月06日

ヘッドライトの交換費用相場・店と自分でする場合の費用の違い

車のヘッドライトには様々な種類があります。そこでそれぞれの種類ごとにヘッドライトの交換費用の相場について詳しく解説していきます。また、自分でも交換をしようと考えている方も多いので、お店で交換する場合と自分で交換する場合の費用の違いについても紹介します。

ヘッドライトの交換費用相場・店と自分でする場合の費用の違い

ヘッドライトの種類

ヘッドライトの交換費用相場・店と自分でする場合の費用の違い

昨今の車のヘッドライトは進化し、一昔と比べると信じられないほど明るくなりました。ヘッドライトは車の顔を象徴する部分で、ヘッドライトの進化と共に車の顔も昔と今とではだいぶ異なったデザインとなっています。

ヘッドライトの始まりは石油燃料です。その後アセチレンランプが搭載されました。その後電気式のシールドビームが登場しましたが、切れるとフィラメントだけ交換する事ができずレンズ事交換となりました。

そしてより明るく長寿命のハロゲンヘッドライトが1970年に登場し、現在まで数多くの車種に装着されています。

しかしより遠くまで明るくそしてもっと長寿命のフィラメントを持たないHIDが登場しました。ただし点灯までに時間がかかるデメリットがあります。時間がかかるとはいえ、その明るさはハロゲンランプでは足下に及ばない明るさです。そして今、急速に普及しているのがLEDヘッドランプです。

ハロゲンヘッドライト

シールドビームが主流の中、更に明るく長寿命のハロゲンランプが登場しました。ハロゲンバルブは今では馴染みがありますが、当時はバルブのみを交換できる画期的なヘッドライトでした。今までのシールドビームと違い、ヘッドライトユニットの形を自由に変えることができ、車の顔に色んな表情が生まれました。

白熱電球内にはフィラメントがありますが、使えば使うほどフィラメントは痛みが進みます。しかしこのハロゲンライトは、フィラメントが熱せられて蒸発した金属がハロゲンガスにより再度フィラメントと結合するのでロングライフが可能となっています。

ハロゲンライトは、ハロゲンサイクルにより長寿命になりましたが、寿命末期でも普段と明るさが変わらずあまり暗くならず、いきなり切れるのが特徴です。

HIDヘッドライト

HIDヘッドライトは、ディスチャージヘッドライトとか、キセノンヘッドライトといったように多くの呼び名がありますが、すべて同じヘッドライトです。

HIDヘッドライトは、いままでフィラメントに電気を流して光らせていたのに対し、キセノンガスを注入し、プラスとマイナスの電極間に電子を飛ばすことで光を発します。この原理は家庭の蛍光灯と同じです。

HIDヘッドライトには、バラストとイグナイター(スターター)が必要で、車の12Vの電圧をイグナイターにより瞬時に20,000Vまで昇圧させます。その後電圧を安定させるのがバラストの役目です。

このようにHIDにはハロゲンヘッドライトに比べ、多くの部品が必要になり、故障すると交換 費用も高くなるデメリットがあります。

LEDヘッドライト

現在カーショップでも多く目にするようになったLEDヘッドライトですが、このLEDヘッドライトは長寿命で省電力、しかも低発熱のキャッチコピーで多くの商品が販売されています。

LEDは半導体と半導体を接合させ、一定方向に電流を流したときに電子がぶつかり合い発光する仕組みです。そのためLEDにはプラスとマイナスの極性があり、逆に取り付けても発光しません。

LEDが消費電力が少なく発熱が無い理由は、電流を光への変換効率化高いためで、その効率はハロゲンバルブが10%、HIDでも25%ですが、LEDは90%以上と電流を光に変える効率が桁違いに高いためです。その為発熱量が少なく低電力で長寿命となります。

車種別ヘッドライトの交換費用相場

ヘッドライトには現在3種類がおもに使われていることが分かったので、車種別にヘッドライトの交換 費用の相場を見ていきます。

ここにご紹介する車は、ハイブリット代表のプリウス、ミニバン代表のエスティマ、コンパクトカー代表のノート、セダンやステーションワゴンの代表としてレガシィ、そして外車代表でBMWを取り上げました。

ヘッドライトを交換する場合は、ライトが点灯しなくなりバルブが切れた時がほとんどでしょう。ヘッドライトには、電球のバルブが使われているのそれを交換する必要があります。どの車種も交換 費用に必要なのは部品代と工賃となります。

プリウス

プリウスにはハロゲンヘッドライト、HIDヘッドライト、そしてLEDヘッドライトの3種類があります。

一番簡単で安いのはハロゲンヘッドライトで、片側の交換 費用は1,000円程度で済むでしょう。そして次がHIDでこちらは片側の交換 費用は数千円から1万円程度となっています。

そして最後のLEDですが、このヘッドライトはLEDだけ交換する事ができないので、ヘッドライトが点灯しなくなったらアッセンブリーで交換となり、その交換 費用は片側7万円から10万円となっています。

エスティマ

50系のエスティマはヘッドライトの交換作業がかなり大変となっています。またヘッドライトはHIDなので、純正交換をディーラーで依頼するとバーナー1個で13,000円程度で工賃は方側3,000円程度かかるので、左右の交換 費用は30,000円から35,000円となります。

BMW

BMWのヘッドライトはほとんどがHIDとなっており、純正バーナーをディーラーで交換すると片側5万円以上の交換 費用が発生します。その内訳のほとんどは純正HIDバルブの金額で1個4万円ほどします。

交換 費用の中で工賃の相場としては、1台分で3,000円としているところが多いですがディーラー以外で作業すると光軸調整が含まれていないので、ディーラー以外でヘッドライトユニットを外してバルブ交換した場合には、光軸調整料金が別途必要でしょう。

ノート

日産ノートはほとんどがハロゲンヘッドライトなので、交換 費用は両側のライトを交換しても4,000円程度で済むでしょう。

変わってe-powerに設定があるLEDヘッドライトですが、こちらはロービームのみLEDでハイビームがハロゲンですから、ハイビームの交換はできます。しかしLEDヘッドライトは交換するにはユニットごとの交換となります。その価格は両側で16万円以上と高額です。

レガシィなど

レガシィのヘッドライトはHIDとハロゲンバルブの両方があります。ハロゲンバルブの交換 費用なら、左右で4,000円前後でしょう。しかしHIDの交換 費用はHIDのバーナーが1万円以上する商品がほとんどなので、片側15,000円以上するでしょう。

通販で安いHIDも販売されていますが、中国製の粗悪品だと直ぐに点灯不良を起こすので、安く購入し、持ち込みで取り付けようと考えている方は注意しましょう。

店と自分でする場合のヘッドライト交換 費用の違い

ヘッドライトの交換費用相場・店と自分でする場合の費用の違い

自分でヘッドライトを交換する場合の交換 費用は、ヘッドライトバルブ代だけで済みますが、お店で購入して取り付けを行ってもらうと、交換 費用に工賃が上乗せされてかかります。

そこでそれぞれの場合の一般的なヘッドライトの値段をもとに、交換 費用をそれぞれまとめててみました。

DIYでヘッドライト交換 費用

自分でヘッドライトを交換する場合、ハロゲンバルブでしたら高い物でも数千円のハロゲンバルブ代だけで済みます。またHIDでしたら、1万円前後のバーナーを購入すればそれ以上の費用はかかりません。

自分でヘッドライトバルブを交換すれば、上記のように部品代だけが交換 費用となりますのでかなり出費を抑えることができるでしょう。

オートバックスなどの量販店での交換 費用

オートバックスなどの量販店でヘッドライトの交換をする場合は、店頭で好きなヘッドライトバルブを購入して、その場で取り付けてもらえるメリットがあります。

しかし、品揃えが豊富にあり、直ぐに手に入れることができる反面、ハロゲンバルブもHIDバーナーもネット通販より割高となっています。そして交換費用には取り換え工賃がプラスされます。工賃はハロゲンバルブ交換で500円から1,000円程度となり、HIDでは2,000円から4,000円程度が相場となっています。

車のヘッドライトカバーの交換費用・相場

ヘッドライトの交換費用相場・店と自分でする場合の費用の違い

ヘッドライトカバーを何かにぶつけて傷つけてしまった場合や、いたずらされて破損した場合はレンズが的確な光の照射ができないので非常に危険です。

このヘッドライトカバーは、ヘッドライトユニットと呼ばれ、国産車の場合はヘッドライトのレンズ部分だけの交換はできず、ヘッドライトそのものを交換する事になります。

ヘッドライトユニットは、車種によりその交換費用は全部違ってきます。しかし新品で購入するとなると、最低でも2万円以上します。また最近のLEDヘッドライトではかるく10万円近くします。

またヘッドライトユニットを交換する場合は、ヘッドライトについているランプ類やHIDであればユニット類をすべて移植する工賃も発生します。

ヘッドライトの交換 費用にはフロントバンパーを脱着する必要があるので、その工賃がプラスされてきます。概ねヘッドライト交換を行うと片側で5,000円ほどの工賃がかかります。

HIDの交換には知識が必要です

ヘッドライトの交換費用相場・店と自分でする場合の費用の違い

ヘッドライトの交換費用の相場について解説してきました。昔のハロゲンバルブはそれほど交換 費用は掛かりませんでしたが、HID、そしてLEDとライトがグレードアップするとその交換 費用は高くなります。

ハロゲンバルブの交換は車の取扱説明書にもその交換方法が記載されているので、比較的簡単に自分で交換することができるでしょう。しかしHIDは高電圧がかかる部分なので間違った取り換えは事故のもとです。工賃を払い安全に確実に取り付ける方が安心ですから、知識が無ければお店やデイーラーで交換するようにしましょう。

Related