Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月26日

車のサイドミラーの修理方法・位置の合わせ方・動かない時対処法

車のサイドミラーの修理方法・位置の合わせ方・動かない時対処法を紹介しています。サイドミラー自体のモーター故障から、サイドミラーごとの交換修理費は車種によります。部品・工賃を含めると、方側で3~4万程です。修理費用の安く済む方法を紹介しています。ご覧ください。

車のサイドミラーの修理方法・位置の合わせ方・動かない時対処法

車のサイドミラーの修理方法!

車のサイドミラーの修理方法・位置の合わせ方・動かない時対処法

車の安全走行・駐停車の確認時に、必要なサイドミラーは調整が必要です。ぶつけたり破損した場合は、すぐに修理しましょう。自分で修理する場合は、部品の取り寄せ、技術など心配です。修理保証を考慮して、業者に依頼しましょう。車のサイドミラーの修理方法を紹介します。

割れた

カバ―部分が割れたけど正常に電動サイドミラーが動く場合は、割れたカバーを交換します。サイドミラーの鏡が割れた場合は、自分で修理できます。難しい作業ではなく、初心者の方でも簡単に作業できます。車のサイドミラーの鏡はネットで購入でき、鏡の価格は3000円程度で購入できます。

気軽に修理できる部分ですが、心配な方はディーラーへ依頼しましょう。サイドミラーのミラーの割れを交換する場合は、2000円程の修理費用がかかります。サイドミラーに電熱線(サーモスタッド)は曇り止め機能があるサイドミラーは、修理費用も高く、4000円程の修理費用がかかります。

車種によりミラーの形状があります。修理期間は部品を在庫している修理工場やディーラーによりますが、取り寄せでは修理に3日程度かかります。

細くて浅いミラーの傷は?

細くて浅いミラーの傷は、ガラス用コンパウンドを使い磨くときれいに修理することができます。ガラス用コンパウンドにも種類があり、研磨成分が「酸化セリウム」が良いとされています。サイドミラーは、車体よりもデリケートな部分です。細くて浅い傷の場合は、ガラス用コンパウンドを使いサイドミラーの修理ができます。

折れた

サイドミラーは車の安全走行に、必要な部品です。常に正しい機能を維持させておきましょう。故障の場合は、速やかに修理を行う必要があります。サイドミラーが折れて全損の場合は、業者に依頼しましょう。外装と中のミラー部分まで損傷の場合は、サイドミラー交換の方が早く、安く修理することができます。

サイドミラーの交換費用は、車種によります。部品代・工賃は、方側30,000~40,000円前後が相場です。サイドミラー交換作業は、部品の在庫があれば30分~1時間程度で交換ができます。

曲がった

サイドミラーが反対側に曲がった程度は、修理工場やディーラーに頼らず、自分の手で力ずくで元に戻すことができます。サイドミラーが反対側に曲がるのは、任意的な設計規定(国の基準で定められています)であり、ぶつかった時に相手の怪我がひどくならないためです。

車のサイドミラーの位置の合わせ方!

車のサイドミラーの修理方法・位置の合わせ方・動かない時対処法

サイドミラーは、進路変更や車庫入れなどに活用します。サイドミラーは、正しい向きに左右両方調整しましょう。死角が増えて、走行中の車線変更に危険だからです。車庫入れには、サイドミラーが正しい位置になっていると、上手く入れる事ができます。

角度

サイドミラーの角度は、運転席から見てミラーの1/3程度に車体が映るくらいが適切です。後方確認は、バック運転での車庫入れに最適なサイドミラーの位置です。後輪がミラーに映るくらい(ミラーを内側に向けて)車の両サイドが映るようにしましょう。

運転姿勢から道路と空の境界が、1:3(地面に水平)になるように調整します。横方向は運転姿勢から、背景が1:3になるように調整します。運転時の右斜め後ろは、一番死角になりやすい部分です。車線変更時やバイクの確認が遅れないように、角度に気をつけましょう。

調整

最近の車はほとんどの車種で、サイドミラーを電動で調整する事ができます。手動で無理やり動かすと故障の原因になります。サイドミラーの調整は、車庫入れ・走行中の死角を減らします。目視で確認しましょう。幅寄せはタイヤが見えるようにサイドミラーを、下に向けます。状況に応じて、運転のし易い向きに調整しましょう。

自動車教習所では、サイドミラーの確認は必須になっています。使用の頻度が高いサイドミラーは、角度や位置を正しい位置に調節しておきましょう。助手席側のサイドミラーの調整は、運転姿勢でボタン操作しましょう。ちょっと姿勢が変わるだけで、ミラーの見え方は大きく変わります。

車種により、調節切替えのスイッチにLとRが表示されている場合もあります。操作方法は、Lは左のミラー、Rは右のミラーが動きます。

助手席側のサイドミラー

助手席側のサイドミラーの調整は、地面がミラーの半分・2/3程度が映るように調節します。左右は、車体が1/4程度映るように調節しましょう。目安は後部座席の取っ手が映る程度です。

運転席側のサイドミラー

運転席側のサイドミラーの調節は、地面がミラーの1/3から1/4程度が映るように調節します。左右は、車体が1/4から1/5程度映るように調節しましょう。目安は運転席の取っ手が映る程度です。

運転者が変わるとミラーの見え方は?

車のサイドミラーの修理方法・位置の合わせ方・動かない時対処法

運転者が交代するとサイドミラーの見え方は変わります。運転を始める前には、必ず車のサイドミラーの調整をしましょう。

サイドミラーは広範囲が見えるように凸面鏡は?

サイドミラーは、広範囲が見えるように凸面鏡になっています。具体的には、実際よりも小さく、遠くにいるように見えます。右左折や車線変更の場合は、必ず目視で確認をしましょう。

車のサイドミラー動かない・開かないときの対処法!

車のサイドミラーの修理方法・位置の合わせ方・動かない時対処法

車のサイドミラーが動かない時は、サイドミラーのモーター故障・寿命の原因が大半です。新車の購入時からは、7年で寿命を迎えます。まれに、ヒューズ切れが原因で、動かないことがあります。サイドミラー自体が動かないときは、サイドミラーが自動で開閉しないように一度ボタンを切り、ドアミラーの開閉を確認しましょう。

工賃・部品代などの修理費用は、片側のサイドミラーだけで2万円程かかります。修理期間は、ディーラーに在庫があれば即日修理でされます。

撥水コーティングをする方法!

車のサイドミラーの修理方法・位置の合わせ方・動かない時対処法

撥水コーテイングする方法を紹介します。サイドミラーにはサイドミラー用のスプレーを使います。撥水コーティングはスプレーを吹きかけるだけです。サイドミラーのコーティングは、風圧で水滴が飛んで、ミラーも見えやすくなります。雨の日にサイドミラーの水滴が気になる方は、撥水コーテイングをしましょう。

サイドミラーが見えにくい!油膜が原因では?

油膜は、視界が非常に悪くなり危険です。走行時の、排気ガスなどの油成分の付着が原因です。定期的に油膜を落とす作業をしましょう。新車でも、油膜除去はされます。油膜を取り除いた後は、コーティングをしておくと、油膜が付きにくくなります。

施工は塗って拭き取るだけで簡単です。雨の日はワイパーいらずで助かります。施工後は、雨の日でもすっきり見え、夜間時での対向車のヘッドライトのギラツキも軽減されます。雨の日の夜間走行は晴天時に比べて、約7倍の事故率です。普段の運転対策に、油膜取り・コーテイングして、雨天時でも安全に走行しましょう。

雨の日は?

車のサイドミラーの修理方法・位置の合わせ方・動かない時対処法

雨天時の車の運転は、注意が必要です。サイドミラーが見えにくくなります。運転に支障をきたします。メンテナンスをして、サイドミラーを見えやすい状態にしておきましょう。撥水コーティングは、使用前に油膜や水垢取りなどの下地処理が必要です。雨天時の走行の危険性が減り安全運転に繋がります。

サイドミラーはフロントガラスと違って風を受けないので、いつまでも水滴が残ります。サイドミラーに撥水コーティングすると、視界がクリアになり、雨天時走行でも安心です。効果持続は、1~3ヶ月です。使用状況や保管環境により異なります。施工は簡単で 油膜を取り除いたサイドミラーに、スプレーを吹きかけて自然乾燥させて完成です。

車のサイドミラーの平均価格!

車のサイドミラーの修理方法・位置の合わせ方・動かない時対処法

車のサイドミラーは、車の発進・走行時の周囲確認・安全確認に必要な部品です。車のサイドミラーの故障には、電動モーター交換があります。部品・工賃の修理費用は、片側2万円、両方4万円程度になります。

修理する料金相場は?

サイドミラー自体が動かない場合は、モーターの故障という可能性が高く、サイドミラーごとの交換になります。工賃・部品代など修理費用は、片側のサイドミラー2万円程です。サイドミラーの修理は、ミラー交換・丸ごと交換でも、複雑な修理にはなりません。ディーラーで修理を頼むよりも、修理工場で修理したほうが安価に修理できます。

ディーラーでは、丸ごと交換、修理工場では、部品交換で対応される場合が多いです。ディーラーで修理すると、修理保証が付くので安心です。

サイドミラーの修理に車両保険は?

車のサイドミラーの修理方法・位置の合わせ方・動かない時対処法

サイドミラーの修理は最大で5~6万円かかります。車両保険を使うと3等級下がることになるので、車両保険は使わない方が多いそうです。サイドミラーの修理は短期的に見れば痛い出費ですが、保険料が上がることを考えると車両保険は使用しない方がお得だと言えるでしょう。車の維持費から見直すと大幅な節約になります。心配な方は、保険を再度確認しましょう。

高性能なサイドミラー

高機能なサイドミラーは非常に値段が高く、新品価格で4~5万円という値段設定が設けられています。最近の車は標準装備として電動ミラー・運転席から角度調整ができるミラーが一般化しています。サイドミラーだからと修理に持っていくと、驚くような請求額がきます。

電動ミラー・角度調整・熱線が入っている高性能なミラーの修理には、自動車部品の中古品を使用すると、新品価格の半額程度の値段となるケースがあります。

手動式サイドミラー

軽トラックやグレードの低い車のサイドミラーは、手動で収納・手動でミラー角度を調整できます。手動式サイドミラー単品の価格は、一万円程で修理費用は安く済みます。

シートベルトをした状態でサイドミラー確認!

車のサイドミラーの修理方法・位置の合わせ方・動かない時対処法

シートベルトをした状態でサイドミラー確認をすると、自然と正しい運転姿勢になります。サイドミラーの合わせ方は正しく調整できます。運転に慣れてくると、サイドミラーの正しい位置調整などは疎かになります。しかし、安全運転の基本は、初心者からベテランドライバーまでサイドミラーの確認です。

車のサイドミラーは、死角を見るための重要な役割があります。いつもの運転姿勢で、正しいサイドミラーの角度の調整を行うことで、駐車・走行中の確認がラクになります。サイドミラーの角度の合わせ方や調節方法は、安全運転のために重要です。車に乗る時は必ず正しい向きに調整して、必要に応じて目視で安全確認をしましょう。

この記事を読んで、車のサイドミラーの修理方法や、サイドミラーの位置確認から安全運転を心がけてください。

Related