Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月14日

ホイールのおすすめ盗難防止策・手口の例・手続き方法|保険

ホイールのおすすめ盗難防止策・手口の例・手続き方法|保険

車のホイールの盗難防止策には、どのようなものがあるのでしょうか。また、ホイールの盗難に保険は適用するのでしょうか。このぺージでは、「ホイールの盗難」について、車種別の防止策や、ホイール盗難の手口の例、盗難された際の対処法などを考察・ご紹介しています。

どうすれば防げる?ホイールの盗難

ホイールのおすすめ盗難防止策・手口の例・手続き方法|保険

盗難は、犯罪とも言える行為です。しかし、どんなものにも盗難のリスクは、多少なりとも
あると言えるでしょう。ですから、盗難されないよう、自分で対策を練ったり予防したりすることも、現代社会においては重要だと言われています。

財布やスマートフォン、自宅などの鍵といった、高価なものに対しては、盗難されないように意識をしている方も多いでしょう。しかし、車のタイヤやそのホイールなどについて、盗難されないよう意識している方は、少ないと考えられます。また、ホイールなどは対策方法がよくわからないという方も、多いと予想できます。

そこで今回は、「ホイールの盗難」をテーマにして、ホイールの盗難に対する防止策や、盗難の手口の例、ホイールの盗難の保険や盗難にあった際の手続きなどについて、考察・ご紹介していきます。

車種別ホイールのおすすめ盗難防止策

ホイールのおすすめ盗難防止策・手口の例・手続き方法|保険

早速、車のタイヤのホイール盗難を防止する方法について、考察していきます。

とはいえ、車種によって、利用できる盗難防止グッズや方法が異なると考えられます。ですから今回は、車種別にホイールの盗難防止策について、考察・ご紹介していきます。

マックガード

まずは、マックガードのホイール盗難の防止策や対策方法について、考えていきます。

マックガードでは、「ホイールロック」という、ホイール盗難防止用のグッズを開発・販売しています。マックガードの公式webサイトによると、ホイールロックはセキュリティ性能が非常に高く、六角ボルト・ナットをそれぞれ1本ずつ交換しただけでも、ホイール盗難の防止策になるとされています。

また、ホイールロックを解除するには、専用工具でなければ外れないと言われています。キーパターンが大変多くなっており、不正な方法で取り外すことは困難だとされています。

安心感があります。アルミホイールにはマックガードの黒が良いでしょう

出典: https://www.amazon.co.jp/McGard-%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%... |

レクサス

レクサスのホイール盗難防止のグッズも、多数開発・販売されています。その中でも、「レクサス『純正タイプ』アルミホイール用ロックナット37mm」は、高い耐久性を誇る盗難防止グッズの1つだと言えるでしょう。

上記のホイール盗難防止グッズは、メッキが4層にもなっていることから、耐久性がかなり高いとされています。ショートナットを使用したホイールで、そのうち1個をロックナットにすることで、ホイール盗難に対する防犯グッズとして機能すると言われています。

スバルxv

スバルxvの場合も、対応しているホイール盗難防止用のナットが開発・販売されています。スバルxvのホイール盗難防止グッズの1つとして、「SUBARU XV スバル XV【GP7】 ホイールロックセット 」が挙げられます。

上記の商品は、専用のキーがないと、ロックナットを外すことが困難な仕組みになっていると言われています。ですから、上記の商品を使用することで、ホイール盗難のリスクは、大幅に減ると考えられます。

ホイール盗難の手口の例

ホイールのおすすめ盗難防止策・手口の例・手続き方法|保険

上記では、ホイール盗難の防止グッズを、車種別にご紹介しました。しかし、より防犯や防止に力を入れるのであれば、そもそもどのようにしてホイールを盗難していくのか、手口についても学んでおいた方が良いでしょう。

そこで続いては、ホイール盗難の手口にどのようなものがあるのか、考察していきます。

ホイール盗難の手口1:コンクリートブロック

ホイール盗難の手口でも、特に多いのが、コンクリートブロックを利用した手口だと言われています。

トラックなどでターゲットとなる車の車体を持ち上げて、車の下にコンクリートブロックを置き、タイヤやホイールを取り外して盗難するという手口です。

上記の手口は、特に野外の駐車場や自宅の屋外にある駐車場に、盗難対策などをせずに駐車している車に対して、使用されることが多いと言われています。

ホイール盗難の手口2:滑り止めマット

高級なホイールには、特殊なナットが使用されているケースも多く、一般的なホイールレンチでは、上手くはまらなかったり、回せなかったりすると言われています。

しかし、ホイール盗難を行う人の中には、滑り止めマットを上手く利用して、特殊なナットでもホイールレンチを使えるようにしてしまうと言われています。滑り止めマットは、場合によっては100円均一ショップなどでも販売されているため、慣れている人は、滑り止めマットを安価で購入して、ホイールを盗難しているとも言われています。

手口3:イモビカッター

最近の車には、「イモビライザー」という防犯機能が備わっていることが多いと言われています。イモビライザーとは、電子キーで照合をしなければ、エンジンがかからないようになっている、自動車の盗難防止システムです。

しかし、イモビライザーを専用の電子キー以外でも解除できるアイテムもあります。「イモビカッター」は、上記で取り挙げたイモビライザーの効果とは関係なく、エンジンを使用できるようにするものだとされています。

イモビカッターを使用すれば、イモビライザーによって盗難防止策が施された車でも、盗難することができると言われています。車体が盗難されれば、ホイールやタイヤもともに盗まれてしまうため、ホイール盗難の手口でもあると言えるでしょう。

ホイールを盗難されやすい車

ホイールのおすすめ盗難防止策・手口の例・手続き方法|保険

続いては、どのような車が、ホイール盗難犯に目を付けられやすいのか、特徴について考察していきます。

ホイールの盗難にあいやすい車の特徴を把握しておくと、防犯に何かと役立つ可能性があります。

広い場所に駐車している

ホイールを盗難するには、タイヤやホイールを取り外す作業しなければなりません。プロの犯行は、大変スピーディーに行われると言われていますが、作業なしでホイールを取り外すことは、どんなに手慣れている人にも不可能でしょう。

ホイールの盗難の作業をする際、最低でも人が1人入ることができるスペースが必要だと考えられます。そのため、広い場所に駐車してある車や、壁や隣の車がない場所にぽつんと止まっている車は、ホイールの盗難犯にとって、作業しやすいためにホイールを取り外しやすい車だと判断されやすいと考えられます。

防犯対策を何もしていない

防犯対策を何もしていない車は、ホイールを盗難しようとしている人にとっては、犯行しやすい車として、狙われると予想できます。

ホイール自体に盗難防止策を施していなくても、防犯カメラやドライブレコーダーが設置してある車や、セキュリティーシールが貼ってある車は、盗難犯にとっては万が一のリスクが考えられるため、実際にホイール盗難に対する防犯効果がないものでも、心理的な面で防犯機能を発揮するという見解もあります。

ですから、ホイールの防犯対策や、その他のセキュリティー対策などを一切していない車は、ホイールの盗難犯に狙われやすいと予想できます。

ホイールの盗難は保険適用になるのか

ホイールのおすすめ盗難防止策・手口の例・手続き方法|保険

ここまで、ホイールの盗難対策について、さまざまな角度から考察・ご紹介しました。続いては、万が一ホイールを盗まれてしまった場合、保険は適用されるのかについて、考察していきます。

結論から言うと、ホイールの盗難に遭った際に、保険が適用されるかどうかは、どのようなホイールを盗難されたかによって、変わると言われています。

純正品のホイールが盗難された場合は、保険に加入していれば、保険の内容にもよりますが、適用となるケースが多いとされています。

一方、盗難されたホイールが純正品のホイールではなかった場合は、保険の内容や保険会社によっては、適用とならないケースもあると言われています。

箇所別ホイールの盗難防止策

ホイールのおすすめ盗難防止策・手口の例・手続き方法|保険

続いては、ホイールの部分や箇所別に、盗難防止の方法について考察していきます。

ホイールの盗難防止策については、さまざまな視点や可能性から考えておいて、損はしないと言えるでしょう。ですからこの機会にぜひ、ホイールの部分別の防止策についても、考えてみて下さい。

ナット

ナットの部分にホイールの盗難防止策を施す場合は、「ロックナット」を使った方法が考えられます。

一般的なナットは、外径などが一致する十字トレンチなどを購入すれば、すぐに外せてしまいます。ですから、ホイールの盗難犯がナットに合うトレンチを持っていれば、ナットを外してホイールを盗難することも可能です。

しかし、ロックナットだった場合は、特殊な構造となっており、専用の工具以外の一般的なトレンチなどの工具では、外すことができないようになっています。

ボルト

続いては、ボルトの部分にホイールの盗難対策をしたい場合の方法について、考察していきます。ボルトの場合も、「ロックボルト」と呼ばれる道具が存在しています。ロックボルトは、特殊な形状をしており、そのロックボルトに合ったアダプターでないと、取り外せないようになっています。ですから、一般的な工具などでは、ロックボルトを外すことはできません。

ロックボルトを外せないと、ホイールを盗むことは難しいと考えられるため、ロックボルトもまた、ホイールの盗難防止策として有効な方法の1つだと言えそうです。

ホイールの盗難にあった時の手続き

ホイールのおすすめ盗難防止策・手口の例・手続き方法|保険

最後に、もしホイールの盗難にあったとき、どのように対処すれば良いのか、手続きや対処の方法について、考察していきます。

ホイールの盗難は犯罪です。もしホイールを盗難されたら、迅速かつ冷静に対応・手続きするようにしましょう。

警察

ホイールの盗難が発覚した時点で、まずは警察に通報しましょう。その際、現場から離れても良いかどうか、車はどのような状態にしておくべきかといったことは、警察の指示に従うようにすることをおすすめします。

基本的には、ホイールの盗難が発覚した時点で、車などはなるべく動かさないようにし、警察に証拠や手口に関するヒントなどが残っていないか、調べてもらうのが確実だと考えられます。

保険会社

警察への通報が最優先ですが、警察の指示や状況次第では、保険会社へ連絡を入れてみることをおすすめします。

どのようなホイールが盗難にあったのか、また保険の内容や保険会社の方針がどのようになっているのかによっても変わりますが、ホイールの盗難は、保険が適用となるケースもあると言われています。

盗難防止策を万全にして大切なホイールを守ろう

ホイールのおすすめ盗難防止策・手口の例・手続き方法|保険

いかがでしたでしょうか?今回は、「ホイールの盗難」をテーマにして、車種別の盗難防止策やホイール盗難の手口、ホイールを盗難されやすい車の特徴や、ホイール盗難の際の保険や対処法などについて、考察・ご紹介しました。

ホイールの盗難は犯罪なので、あってはならないことです。しかし、それでも盗難にあってしまうこともあります。ですから、自分自身でも盗難にあわないよう、さまざまな防止策を練っておくことが大切です。

この機会にぜひ、ホイール盗難の防止策や対策について、見直してみて下さい。

Related