Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月15日

フォグランプの効果・効果がある状況・効果的な色・使い方|バイク

フォグランプの効果・効果がある状況・効果的な色・使い方|バイク

霧の中や激しい雨の中で視認性の向上などの効果を発揮するのがフォグランプです。フォグランプにはハロゲン・HID・LEなど使用するバルブによって効果も特徴も違ってきます。フォグランプの色や効果などフォグランプの知識が得られる情報をお届けます。

フォグランプとは

フォグランプの効果・効果がある状況・効果的な色・使い方|バイク

フォグランプはヘッドライトとどのような違いがあるのですか。ヘッドライトは道路運送車両の保安基準によると、前照灯と呼ばれています。フォグランプは前部霧灯と呼ばれていて、道路運送車両の保安基準によるとフォグランプの光の色、フォグランプの明るさなどに細かな規定があります。

道路運送車両の保安基準のフォグランプの光の色に関しては、白色または淡黄色であり、その全てが同一であること、さらにフォグランプから放される光によって他の交通を妨げないものであることという規定があります。

またフォグランプと同様にヘッドライトにも規定があり、夜間にその前方100mの距離にある交通上の障害物を確認できる性能を持っていなければなりません。またフォグランプをつける位置も地上250mm以上で上縁の高さが地上800mm以下などといった規定があります。

フォグランプの種類

フォグランプの効果・効果がある状況・効果的な色・使い方|バイク

フォグランプの種類には、ヘッドライトにもあるハロゲンランプ・HIDランプ・LEDランプの3種類があります。ハロゲンランプは、白熱電球の一種で、片口金タイプ・ミラー一体タイプ・両口金タイプに分かれます。

フォグランプの種類別の特徴

ハロゲンランプは、白熱電球を同じタングステンを素材にしたフィラメントに通電することでフィラメントが白熱化して光を放つ仕組みのランプで、HIDランプ・LEDランプと比較すると比較的安く購入できます。

HIDランプは、High Intensity Dischargeの略で、ディスチャージヘッドランプとも呼ばれ、電極間の放電によって光を放つ仕組みで、寿命が長いといった特徴があります。

LEDランプは、Light Emitting Diodeの略で、発光ダイオードを利用した消費電力が低く、またLEDランプは光が横に広がりにくいといった特徴を持っているランプです。

フォグランプの役割

フォグランプの効果・効果がある状況・効果的な色・使い方|バイク

フォグランプはどのような役割を持っているのでしょうか。フォグランプは前部霧灯と呼ばれているように霧の中を安全に走るための視認性を高めるためのライトとしての役割を持っています。またフォグランプにはもうひとつ大事な役割があります。

それは濃霧を走行中に対向車をはじめ、他の車に存在を知らせ、視界不良による衝突などの事故を防ぎことです。濃霧を走行中ヘッドライトだけでは、視界が悪い上に至近距離にならないと他の車の存在がわかりにくくいこととなり、車を安全に運転するのに支障をきたすことになります。

種類別フォグランプの効果

フォグランプの効果・効果がある状況・効果的な色・使い方|バイク

ここでは、バイクに使用するフォグランプの効果と車に使用するフォグランプの効果など種類別でみたフォグランプの効果について説明します。

バイクにフォグランプをつける効果とは

バイクの夜間走行でのヘッドライトの点灯はあたり前ですが、周りを走行している他の車や路肩などを歩行する人などにバイクの存在を表す意味で昼間でもヘッドライトをつけての走行するバイクを多く見かけます。

バイクが昼間でもヘッドライトをつけて走行することで接触事故などが未然に防げます。バイクにフォグランプをつけることにより、夜間の霧での安全に走行できることはもちろんですが、昼間でも雨などによって視界が悪い時に使うと、他の車や歩行者人などに存在感を示す効果があります。

車にフォグランプをつける効果

濃霧の状況で、車のフォグランプを点灯しないで走行するには、視界を確保するためにヘッドライトを頼ることになります。しかし、ヘッドライトは車の手前や前方などの視界は確保できますが、横への光の広がりがなく、車の左右のしっかりとした視界の確保ができません。

フォグランプを点灯すると、フォグランプは持っている左右に光を多くまた広く照らすことができるので、濃霧の状況で車の左右の視界の確保に大きな効果があります。

フォグランプにはこんな効果も

また、ケルビン数の高い青白光のフォグランプを車に装備することで、車のドレスアップとしての効果もあります。

フォグランプの効果がある状況

フォグランプの効果・効果がある状況・効果的な色・使い方|バイク

フォグランプの効果が少し理解できたのではないでしょうか。ではフォグランプの効果があるとはどんな状況の時でしょうか。フォグランプのフォグ=霧ですので、霧の中での走行での効果が高いのはもちろんですが、霧の中だけではなく、視界が悪い雨の中でも効果はあるのでしょうか。

雨の中での効果は

フォグランプの効果がある状況は、霧の中を走行する時の効果としては視認性の向上がありますが、雨の中で走行する状況でのフォグランプの点灯の効果はあるのでしょうか。本来は霧の中を走行する状況で効果を発揮するのがフォグランプです。

しかし、雨が降っている状況でも白色のヘッドライトよりもイエローバルブで黄色のフォグランプの方が光が遠くまで届きます。また、左右へ届く光の幅が広いことなどから路肩が見やすくなったといった効果が報告されています。

霧の中での効果は

フォグランプを点灯して霧の中を走行する時の状況でのフォグランプの効果は抜群です。特に濃霧の中の大変視界が悪い状況でフォグランプを点灯させて走行すると対向車をはじめ、他の車に存在を知らせることができ、自分の視界確保と共に、他の車や歩行者に対しての視認性の向上といった効果があります。

フォグランプの効果的な色一覧

フォグランプの効果・効果がある状況・効果的な色・使い方|バイク

フォグランプの効果な色と言えばイエローのイメージが強いですが、イエロー以外のフォグランプは存在するのでしょうか。フォグランプには水滴が空中に浮いている霧の中でも遠くまで光が届きやすい波長が長く乱反射しないイエロー以外に、HIDバルブをつかった少しブルー色の入ったもの、またLEDバルブを使った白色のフォグランプも存在します。

またフォグランプにはヘッドライトと同じように5500Kくらいから白色に近くなり、16000Kまでくるとかなり青白いものとなるなどの色の明るさを表す色温度というものがあってフォグランプに適した色温度は黄色に近くなる3000Kと言われています。

フォグランプにイエロー色を使った理由

フォグランプにイエロー色を使った理由は、本来は霧の中で一番視認性が高いのはレッド色とされていてますが、レッド色の灯火はブレーキランプなどの尾灯や警光灯として使用しているパトランプなどにしか認められないため、ヘッドライトやフォグランプに使用することができないためです。

そこで、レッド色の次に霧の中での視認性が高いイエロー色がフォグランプとして使用されています。しかし、イエロー色が運転する人の目の錯覚により距離感がつかめにくいといった現象が報告されるようになり、フォグランプといえばイエロー色だったのが現在はLEDバルブを使用した白色、HIDバルブを使用した少しブルー色の入ったものなどが主流です。

LEDバルブを使用した白色のフォグランプ

現在のフォグランプの主流になりつつあるのがLEDバルブを使用した白色のフォグランプです。軽自動車のN-BOXをはじめ、タント・ワゴンRなどやカローラ・フィットなどの多くの車種に標準装備されています。また白色のフォグランプにはハロゲンバルブを使用したもの多く販売されています。

車検にパスするフォグランプの色とは

フォグランプの効果・効果がある状況・効果的な色・使い方|バイク

車検にパスするフォグランプの色は、フォグランプの保安基準によるとフォグランプの色は、白色または淡黄色、すべて同一の色を使用することあります。この黄色の薄い色と規定があることから黄色のフォグランプだと車検が不合格になりますので注意が必要です。

またフォグの色が同一であること規定があるので白と黄色を混在させたものは車検をパスすることができません。

車検にパスさせるフォグランプの条件

車検にパスするフォグランプの色は白色または淡黄色とわかりました、では他に車検にパスさせるフォグランプの条件とはどんなものがありますか。まずは車に装備できるフォグランプの数としての規定があります。車にフォグランプは2個までつけることが可能です。

どんなに視認性が向上に効果があるからといって2個以上装備することはできません。また、色の明るさを表す単位のケルビンでも7000Kを超えてはいけないと規定があります。

車検に通る限界のケルビン数とは

車に装備するフォグランプは純正ハロゲンバルブに使用しているフォグランプの色温度が3000ケルビンのことから3000ケルビンが理想とされ、白色から青色に近づく7000ケルビンを超えてはいけないと規定があります。

しかし、車検に通る限界のケルビン数といった数字に規定はなく、車検でのフォグランプの判定は人の目の判断となります。

メーカー別フォグランプの効果的な使い方

フォグランプの効果・効果がある状況・効果的な色・使い方|バイク

ここでは、ホンダの車に搭載されているフォグランプの効果的な使い方ができるシステムについて説明します。

フォグランプを効果的に使うホンダのシステムとは

ホンダの車には、周りに街灯もない夜の暗闇での車へ乗車する祭に手元、足元を明るくしてくれる便利なおもてなしフォグランプシステムがあります。このおもてなしフォグランプシステムは、車から離れた場所でキーレスエントリー機能で解錠すると、フォグランプが一定時間点灯して自車前方を照らしてくれるのでスムーズに車へ乗車することができます。

濃霧に最適なフォグランプを装備しましょう

フォグランプの効果・効果がある状況・効果的な色・使い方|バイク

フォグランプの効果について説明してきました。フォグランプの効果には霧の中や激しい雨の中で車を走行する時にフォグランプを点灯させて走行すると対向車をはじめ、他の車に存在を知らせることができる効果や、自分の視界確保といった効果がありました。

フォグランプは霧の中や激しい雨の中で車を走行するのに欠かせないアイテムと言えます。なぜフォグランプに視認性の向上といった効果があるのかの疑問とフォグランプが効果を発揮する使い方などについて説明してきましたが、フォグランプのことが理解できたでしょうか。

説明したフォグランプ効果や必要性など参考に霧の中や激しい雨の中でも安全に車を走らせることができるフォグランプをつけませんか。

Related