Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2018年06月22日

ダブルタイヤの構造・チェーンの取り付け方法・交換方法・外し方

ダブルタイヤの構造・チェーンの取り付け方法・交換方法・外し方

ダブルタイヤとはどのようなタイヤなのでしょうか。また、ダブルタイヤにするメリットはあるのでしょうか。このぺージでは、「ダブルタイヤ」をテーマにして、ダブルタイヤの特徴やメリット・デメリット、チェーンの巻き方や交換方法などについて、考察・ご紹介しています。


覚えておくと便利!ダブルタイヤについて

ダブルタイヤの構造・チェーンの取り付け方法・交換方法・外し方

車のタイヤの種類や装着形態は、細かく見ていくと、さまざまな種類があります。その中でも、特にトラックなどの大型の車に多いのが、「ダブルタイヤ」です。

ダブルタイヤは、タイヤの車への装着形態の1つとされています。安全性や耐久性の向上のためダブルタイヤにする大型車も多いと言われていますが、実際のところどのようになっているのか、気になるところです。

そこで今回は、「ダブルタイヤ」をテーマにして、ダブルタイヤの構造やダブルタイヤにチェーンを付ける方法、シングルタイヤとの違いなどについて、考察・ご紹介していきます。

ダブルタイヤの特徴

ダブルタイヤの構造・チェーンの取り付け方法・交換方法・外し方

まずは、ダブルタイヤとはどのようなタイヤなのか、特徴について考察していきます。特徴を通して、ダブルタイヤを装着するメリットなどについても、ぜひ考えてみて下さい。

タイヤの装着形態

ダブルタイヤとは、名称のとおり、1つの軸に2本のタイヤが装着された状態を指します。タイヤの種類というよりは、装着形態の1つと言えるでしょう。

冒頭でも触れたように、ダブルタイヤはトラックなどの大型車の後輪に、装着されているのを見掛けることが多いと言われています。一般的な乗用車の場合は、ダブルタイヤという形態でタイヤを装着することは、ほとんどないと言えるでしょう。

ダブルタイヤとは、トラックなどの大型車に多いタイヤの装着形態の1つなのです。

タイヤにかかる荷重を軽減することが目的

トラックなどの大型車に多いと言われているダブルタイヤですが、なぜダブルタイヤにする必要があるのか気になるところです。

結論から言うと、ダブルタイヤとして装着することで、タイヤ1輪に対する荷重や負担が軽減するためだとされています。トラックやタンク車といった大型車は、荷物などを積み込んで走ることが多く、総重量としてはかなりの重さになります。そのため、タイヤにかかる荷重や負担も大きいのです。

上記のような背景から、1輪のタイヤにかかる荷重や負担を軽くし、安全性やタイヤの耐久性を向上させるために、ダブルタイヤにしていると言えるでしょう。

ダブルタイヤのメリット

ダブルタイヤの構造・チェーンの取り付け方法・交換方法・外し方

続いては、ダブルタイヤを装着することで、どのようなメリットがあるのか、考察してきます。

ダブルタイヤを装着する際のメリットをよく知っておくことで、ダブルタイヤの良さや性能を引き出すことができる可能性もあるでしょう。

タイヤの1本がバーストしても走ることができる

トラックなどの大型車は、長距離の走行となるケースが珍しくありません。また、荷物を届ける日時が指定されていることもあり、途中で走行できない時間が生じると、仕事のスケジュールに大きな影響を与える危険性があります。

ダブルタイヤの場合は、名称どおり2本のタイヤが連なった形状となっています。そのため、1本のタイヤがバーストしてしまっても、残りの1本のタイヤで、多少であれば走行し続けることも可能だと言われています。

耐荷重性能の向上

トラックなどの大型車のタイヤには、耐荷重性能と呼ばれる概念があり、荷物を積むなどして耐荷重性能を越えた重量になると、タイヤにトラブルが起こりやすくなると言われています。

ダブルタイヤにすれば、タイヤの数も1本から2本へ増えることで1本あたりのタイヤにかかる負担が減ることもあり、耐荷重性能がアップすると言われています。

コストが安い

ダブルタイヤは、タイヤが2本連なった形状なので、一見するとシングルタイヤの2倍のコストがかかると思われがちです。

しかし実際には、ダブルタイヤは1本のタイヤは細いタイヤとなっており、それらが2本連なっているもののため、安く購入できるケースが多いと言われています。ですから、ダブルタイヤは、耐荷重性能だけでなく、コストパフォーマンスの向上も期待できるタイヤだと言えるでしょう。

ダブルタイヤのデメリット

ダブルタイヤの構造・チェーンの取り付け方法・交換方法・外し方

続いては、ダブルタイヤのデメリットについて考察していきます。

ダブルタイヤのデメリットの1つとして、乗り心地の悪化が挙げられます。ダブルタイヤにすることで、振動などが増加すると言われています。そのため、運転していても揺れることが多く、乗り心地が悪くなりやすいと考えられます。

また、タイヤを交換した場合は、費用が2倍となってしまいます。そのため、交換した際の費用は、シングルタイヤよりも高額になると言われています。

ダブルタイヤの構造

ダブルタイヤの構造・チェーンの取り付け方法・交換方法・外し方

続いては、車のダブルタイヤがどのようなつくりになっているのか、構造について考察していきます。

ダブルタイヤの構造について学ぶことで、ダブルタイヤがどのようなものなのか、ダブルタイヤを使ったことがないという方でも、理解しやすくなると予想できます。

ホイール

ダブルタイヤは、片側の駆動軸にホイールを2本つける形で装着すると言われています。

ダブルタイヤのホイールは、シングルタイヤのホイールとは形状が異なっており、「凹凸」で言う「凸」と言える形をしています。1本目のタイヤをハブボルトに入れた後、2本目のタイヤを裏返しの状態で通し、ナットで止めるという構造になっています。

Bottom banner

インナーナット

JIS規格のタイヤの場合、外のナットを外しても、中にもナットがあるケースもあります。そのようなナットのことを、「インナーナット」などと呼びます。

ダブルタイヤを装着したり交換したりする場合は、外のナットを外し、中にあるインナーナットも外してから、タイヤを交換して、再びインアーナットを締め、外側のタイヤを入れてから外側にあるナットも締めるという手順になると考えられます。

ダブルタイヤにチェーンを取り付ける方法

ダブルタイヤの構造・チェーンの取り付け方法・交換方法・外し方

雪道を走る際は、タイヤにチェーンを取りつけなければならない場合もあるでしょう。一般的なシングルタイヤであれば、チェーンをつけられるという方でも、ダブルタイヤにチェーンを取りつけるとなると、方法がわからないという方も、いらっしゃると予想できます。

そこで続いては、ダブルタイヤにチェーンをつける方法について、考察してきます。

雪道

雪道が挙げられます。雪道でも走ることができるように、ダブルタイヤにチェーンを取りつけるには、どうすれば良いのか考えていきましょう。

豪雪地帯などを走る場合は、ダブルタイヤ用のトリプルチェーンを装着する必要があります。トリプルチェーンは、車やタイヤの種類・サイズに合ったものを選ぶことが大切です。

取りつけ方は、商品によって異なりますが、基本としては、次のような方法が挙げられます。まずは、チェーンのクロスチェーンを整えて、チェーンを取りつけたいダブルタイヤの後ろにチェーンを置きます。そして、真っ直ぐに置いたチェーンの上に、車ごとダブルタイヤを移動させます。

タイヤがチェーンの上に移動したら、たるまないように整えつつ、チェーンの金具を止めます。調整などが必要となるため、あらかじめ練習しておくことをおすすめします。

ダブルタイヤの交換方法

ダブルタイヤの構造・チェーンの取り付け方法・交換方法・外し方

続いては、タイヤの交換をしたい場合、ダブルタイヤはどのように交換すれば良いのか、考えていきます。

ダブルタイヤの場合は、まずは外側のナットを外します。そして、内側にあるインナーナットも取り外します。インナーナットを外したら、新しいタイヤを入れて、インナーナットを再び絞めます。

インナーナットをしっかり絞めることができたら、今度は外側のタイヤをはめていきます。新しい外側のタイヤをはめこんだら、外側のナットも締めていきます。

タイヤの形状や車の種類などによっては、手順や方法が異なる可能性があるので注意しましょう。

ダブルタイヤをシングル化する方法

ダブルタイヤの構造・チェーンの取り付け方法・交換方法・外し方

ここまで、ダブルタイヤの特徴などについて考察してきました。続いては、ダブルタイヤをシングルタイヤと同様のものにする、シングル化について考察していきます。

ダブルタイヤには、安全性や耐久性の向上といったメリットがある一方で、燃費が悪くなるなどのデメリットもあると言われています。そのため近年では、ダブルタイヤに匹敵する、トラックなどのタイヤとしての基準をクリアしつつ、シングルタイヤのように軽量したタイヤが注目を浴びています。

シングル化したタイヤは、ダブルタイヤと比較すると、部品などの数が少ないため、軽量化しつつ積載量や耐久性を維持することが可能だと言われています。

ですから、ダブルタイヤをシングル化したい場合は、上記のようにシングル化されたタイヤを購入し、交換することで手軽にシングル化することができると考えられます。

シングルタイヤとダブルタイヤの違い

ダブルタイヤの構造・チェーンの取り付け方法・交換方法・外し方

続いては、ダブルタイヤとシングルタイヤの違いについて考察してきます。

ダブルタイヤとシングルタイヤの特徴をもとにそれぞれの違いについて比較することで、ダブルタイヤに対する理解や知識が、より深まる可能性もあるでしょう。

ダブルタイヤの特徴

まずは、ダブルタイヤの特徴を確認していきます。

ダブルタイヤとは、トラックなどの大型車の後輪に装着されることが多い、タイヤの装着形態の1つとです。ダブルタイヤにすることで、荷物などを積んで重くなることが多いトラックなどの大型車でも、耐久力や安定性などを心配することなく走ることができると言われています。

また、ダブルタイヤは価格としては、トラックなどに対応しているシングルタイヤよりも、1本あたりが安くなっているとされています。そのため、ダブルタイヤを使用することで、安全性だけでなく、コストパフォーマンスも向上すると考えられます。

シングルタイヤ

続いては、シングルタイヤの特徴について考察していきます。

シングルタイヤは、一般的な乗用車などにも装着されているタイヤです。トラックなどの大型車に装着する場合は、荷物を乗せて重くなることや、長時間走行することから、耐久性や安全性に難があると言えるケースもあります。

しかし最近では、ダブルタイヤの耐久性などを残しつつも、ダブルタイヤより軽量化されている、軽くてダブルタイヤより燃費が良い、シングル化されたタイヤも開発・販売されていると言われています。

ダブルタイヤの外し方

ダブルタイヤの構造・チェーンの取り付け方法・交換方法・外し方

最後に、ダブルタイヤの外し方について、考察していきます。

基本的には、ダブルタイヤを交換する際の方法や手順と似ていると考えられます。ダブルタイヤの外側のナットを外し、まずは外側のタイヤを外します。

JIS規格の場合は、内側にもインナーアットと呼ばれるナットがはめられているため、こちらも外します。そして、内側のタイヤも外していきます。

ダブルタイヤは大型車の耐久性と安全性を向上させる

ダブルタイヤの構造・チェーンの取り付け方法・交換方法・外し方

いかがでしたでしょうか?今回は、「ダブルタイヤ」をテーマにして、ダブルタイヤの特徴やメリット・デメリット、ダブルタイヤにチェーンを巻く方法や交換する方法、ダブルタイヤとシングルタイヤの違いなどについて、考察・ご紹介しました。

ダブルタイヤは、主に大型車の後輪で見ることが多い、タイヤの装着形態の1種です。ダブルタイヤにすることで、荷物などを積んで重くなることのある大型車でも、タイヤの耐久性が増すと言われています。

大型車に乗る方は、ダブルタイヤの特徴や強みを理解して、上手く使いこなすよう方法を考えてみて下さい。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related