Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月28日

タイヤのスリップサインの見方・見方の違い・注意点|タイヤ側面

タイヤのスリップサインの見方・見方の違い・注意点|タイヤ側面

タイヤスリップサインは、タイヤ側面の三角マークが示す位置の溝の底にある盛り上がった部分のことです。摩耗の原因や長持ちのコツを覚えることで、タイヤをより長く使用することができます。タイヤを長持ちさせるために、日頃の整備・メンテナンス、適切な走行が必要です。

タイヤのスリップサインの見方!

タイヤのスリップサインの見方・見方の違い・注意点|タイヤ側面

タイヤのスリップサインの見方を紹介します。スリップサインは、道路運送車両法によって定められている目印です。見方を覚えるとタイヤの使用限度である寿命が確認できます。

スリップサインとはタイヤに残った溝の深さ1.6mmを示す目安で、タイヤが摩耗してくると現れます。タイヤ全周の4~9カ所に設けられています。

タイヤは走行していると摩耗が進むので、その溝の深さを時々確認することがスリップサインが現れているかをチェックする見方の目安となります。溝が1.6mmになるとトレッド面と高さが同じになります。するとスリップサインが現れる仕組みです。

タイヤの摩耗は空気圧が適正でなかったり、タイヤのローテーションをせずに走行することが原因で起こりやすくなります。タイヤはローテーションして上手に使うと、すり減りを防ぎ、溝が均一に減っていきます。

タイヤ側面の三角マークは?

スリップサインは、タイヤ側面の三角マークが示す位置にあります。三角マーク近くの、溝の底にある盛り上がった部分のことです。スリップサインの見方はとても簡単です。タイヤ側面にある「三角形の刻印」を見つけるだけです。

三角形の刻印(△)は、タイヤ側面に数カ所あります。三角マークの延長線上にスリップサインがあります。タイヤメーカーによって個数に違いがありますが、4~9カ所あるとされています。

スリップサインの見方は、三角形の刻印からタイヤの一つ目の溝までまっすぐ見ます。すると、スリップサインを見つけることができます。スリップサインの見方のコツは、スリップサインは一つではなくすべての溝にあることを知ること、そして溝をすべて確認することです。

タイヤが示す位置の底にある盛り上がった部分は?

タイヤの構内にある盛り上がった部分とタイヤ側面との高低差の確認が、スリップサインの見方です。溝の深さが途切れていたら、そのタイヤは寿命です。タイヤの使用限度は、摩耗でどれほどタイヤの残り溝の深さが減っているか点検して見つけます。

スリップサインは、道路運送車両法により定められている目印です。スリップサインは、車検時などに摩耗状態を点検する際に使用します。スリップサインが出ているタイヤは、使用できないことが法律で定められています。日常の走行前にタイヤの残り溝をチェックしましょう。

タイヤ一周の三角マークを確認するは?

タイヤ一周の三角マークを確認する見方は、トレッド全周(タイヤのパターン面・路面に接する部分)4~9箇所にある三角マークの近くにあるスリップサインをすべて探すことです。三角マークは飾りではなく、タイヤの交換時期を確認するチェックポイントです。

タイヤのスリップサインからの交換は?

トラックのタイヤが摩耗すると、走行上の危険性が生じます。走行性能、ブレーキの効きの低下、さらに雨天時の走行は、排水効果に大きな変化が出ます。限界がくる前に、タイヤ交換しましょう。事故防止につながります。

種類別タイヤのスリップサインの見方の違い!

タイヤのスリップサインの見方・見方の違い・注意点|タイヤ側面

タイヤの使用限度は、一般道路と高速道路で少し異なります。一般道路の場合は、全車両の使用限度が1.6mmと統一されています。これが車検の合格基準です。高速道路の場合は車両により、使用限度がそれぞれ異なっています。

一般道路より高速道理の方が走行速度が速いことから、摩擦による抵抗が大きくなりやすいという特性があります。タイヤの寿命の見方の一つとしては、車検では検査項目に入っているスリップサインの有無の点検があります。

車では?

車検での検査項目の見方は、検査官がタイヤのトレッドから溝の間までを目視で確認して、チェックをするのが一般的です。タイヤ一周の三角マークを確認すれば、スリップサインを発見することができます。

タイヤの見方としては、摩耗の状態を確認することから始めます。溝が1.6mmの場合は、法令で定められた溝の最低ラインです。保安基準である1.6mm未満ではないかと思われると、実測が行われます。溝の深さが1.6mm以上あれば「合格」です。1.6mm未満の場合は「不合格」となります。タイヤ交換は、ディーラーや整備業者に依頼しましょう。

新品のタイヤは?

新品のタイヤは、8mmの溝の深さがあります。スリップサインの見方のポイントは、法令で最低ラインの溝の深さ1.6mm以上であるか確認することです。法律上、溝が1.6mm以下のタイヤは使用できませんので、新品のタイヤに交換しましょう。

バイクのスリップサインは?

タイヤのスリップサインは、トラックや乗用車、バイクのタイヤなどにもついています。見方は一般車両と同じで、車両のサイズや規格に関わらずドライバーさんはスリップサインに注意しなければいけません。

タイヤのスリップサインの見方の注意点!

タイヤのスリップサインの見方・見方の違い・注意点|タイヤ側面

タイヤのスリップサインの見方の注意点を紹介します。車検では検査項目に、スリップサインの確認があります。検査でのタイヤの見方は、トレッドから溝の間までを目視で確認することで行われ、検査官がチェックします。

スリップサインの見方の注意点は、簡単です。スリップサインが現れると、摩耗によりタイヤが使用限度を超えているということです。法律で規制されていますし、スリップサインの現れたタイヤは、雨天時の走行ではスリップしやすく危険ですのですぐに交換しましょう。

サイズや規格に関わらず目印に注意するは?

車両本体を安定させて走行するために必要部品であるタイヤは、日常的に走行している間に少しずつ摩耗で磨り減りが進み、溝が減っていきます。溝の減り具合をドライバーさんに分かりやすく伝える目的で、目印があります。

スリップサインの見方を覚えて、タイヤのすり減りを発見しましょう。まず、溝の奥の盛り上がったところ4~9箇所にあるスリップサインは、道路運送車両法によって定められている目印です。タイヤの使用限度である寿命を、明確にするという重要な目的があります。

摩耗が進み、溝の深さが1.6mmになった場合は、トレッド面と高さが同じとなり、スリップサインが現れる仕組みとなっています。

タイヤのスリップサインの見方は?

スリップサインは、タイヤの構内にある盛り上がった箇所のことです。一般に、トレッド全周の4~9カ所の範囲に設けられています。見方としては、まず目印を点検しスリップサインが現れていないかを確認します。摩耗しているタイヤは、事故を引き起こす可能性があるからです。

タイヤスリップサインの症状から雨天時は?

タイヤのスリップサインの見方・見方の違い・注意点|タイヤ側面

タイヤスリッツプサインの症状を紹介します。症状は、走行性能が低下、ブレーキ性能が低下、雨天時の排水効果に支障が出ることなどです。トラックのタイヤが摩耗すると、走行性能やブレーキ性能の効きが低下するだけでなく、雨天時の走行では、排水効果に大きな変化が出て滑りやすくなります。

タイヤのスリップサインの摩耗原因は?

タイヤのスリップサインの摩耗原因は、空気圧不足・タイヤ周りのズレです。空気圧が低下している状態で走行すると、両端のショルダー部分が早く摩耗する症状を引き起こします。このような片寄った磨耗を防止する対策は、定期的な空気圧点検・空気充填を行うことです。

トラックなどの車両では、タイヤ周りのズレが原因で片側だけ減ることがあります。普段の運転でも、道路から受ける振動によりタイヤ周りにズレが生じています。真っ直ぐ走行していても、足回りのズレが影響して、片側のショルダーだけが摩耗するという症状があります。

摩耗を防止するには、車両のアライメント調整を行います。タイヤ周りのズレを、正常に近づけることができます。

タイヤの整備・メンテナンス!

タイヤのスリップサインの見方・見方の違い・注意点|タイヤ側面

スリップサインからのトラブルを避けるために、タイヤの整備・メンテナンスやタイヤ交換の目安を紹介します。

タイヤ交換は、ディーラーや整備業者などに依頼することができます。寿命の見方は、タイヤのスリップサインが出ているかどうかで判断します。スリップサインが出ていたら、新しいタイヤにを交換しましょう。

タイヤ交換の目安となる走行距離は、運転方法や使用環境によりますが3万㎞~5万㎞程度です。経過年数は、3年~5年程度です。

走行状況などから摩耗の進み具合は変わるため、年数に誤差はありますが、見方の目安としてはタイヤの溝の深さが3mmになったら交換を検討しましょう。日頃の整備・メンテナンス、適切な走行を心がけてください。

Related