Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

バイクのクラッチ盤の仕組み・交換方法・交換費用相場・交換時期

バイクのクラッチ盤の仕組み・交換方法・交換費用相場・交換時期

こちらの記事では、クラッチ盤についてご説明しております。クラッチ盤は、どのような仕組みがありどのような役割を果たしてくれるのか、交換時期はいつなのか、交換方法や交換にかかる費用なども記載しておりますのでぜひ参考にされてください。

初回公開日:2018年06月21日

更新日:2018年06月21日

記事に記載されている内容は2018年06月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


ドライバーの転職や就職ノウハウを知るなら『はこジョブ』へ!

ドライバーの転職や就職するときに、福利厚生や給料が良い会社位に行きたいという人も多いでしょう。

今すぐ転職しないとしても、知識をつけておけば無駄になることはありません。


ドライバー転職専門のアドバイザーがいる『はこジョブ』なら今より好条件な企業に転職するためのノウハウを得られます!
ドライバーの転職や就職ノウハウを知るなら『はこジョブ』へ!

バイクのクラッチ盤を交換しよう!

バイクを運転するさいにとても大事な役割を果たしてくれるのはクラッチ盤です。クラッチ盤があるおかげで、バイクを発進させることができギアをチェンジしスピードを出すことができます。そんなクラッチ盤ですが、やはり長期間使っていくと消耗していってしまうため交換やメンテナンスが必要です。

今回は、そんなクラッチ盤の役割や仕組み、クラッチ盤の交換方法や交換時期の目安などバイクのクラッチ盤についてご説明していきます。バイクのクラッチ盤を交換しようとお考えの方は、ぜひご参考にされてください。

クラッチ盤はどんな仕組みなの?

バイクを発進させ、ギアをチェンジしていく際、ブレーキと反対側のクラッチレバーという部分を握りギアをチェンジしていきます。そのクラッチレバーを握った際にクラッチは切れます。その切れた間にギアを上げてクラッチレバーを元どおりに戻せばギアがチェンジされている仕組みです。

クラッチレバーを握らないかぎりはクラッチ盤は切れていないのでギアチェンジができません。

クラッチ盤はクラッチを強化する

バイクには、そもそもノーマルクラッチが搭載されているのですが、ノーマルクラッチだけではクラッチはだだ滑りで、ギアチェンジができません。なのでクラッチ盤の枚数を増やしノーマルクラッチを助けている役割があります。

クラッチを切る際に一度エンジンの動力を切る必要があり、クラッチには強い摩擦が起こります。その摩擦に耐えてくれるのがクラッチ盤です。しかしその、クラッチ盤もいつか摩擦によりすり減っていきます。ですので、クラッチ盤は定期的に交換しなければなりません。

クラッチ盤の交換費用

では、クラッチ盤を交換する場合どのくらいの費用がかかるのでしょうか。バイク専門店や自身で行う場合でパターン別に見ていきましょう。

お店でのクラッチ盤交換費用

お店でクラッチ盤を交換してもらう場合の費用は、約3万前後です。しかし、お店では同時にクラッチ盤のただのすり減りなのか、何かバイク側の原因でクラッチ盤がすり減っているのかを点検する場合が多いです。もし、バイク側の故障によりクラッチ盤がすり減っていたら、3万+αになるでしょう。

しかし、バイクの故障も同時に解決してくれるので、初心者やバイクのメンテナンス関係に弱い方はお店で点検してからクラッチ盤を自身で交換するのか依頼するのかを決めるのも良いでしょう。

自身でクラッチ盤を交換する費用

クラッチ盤を交換する際は、クラッチ盤だけを購入するだけではいけません。クラッチ盤交換に最低限必要なものは、クラッチ盤、クラッチプレート、ガスケット、スプリング、エンジンオイル、ドレンボルト、工具です。今は、クラッチ盤の交換キットなども販売されておりご自身の車種に合わせて購入するのも良いでしょう。

さて、交換する際の費用は、クラッチ部品で約10.000円+エンジンオイル約1.000+ボルト工具約2.000円=約13.000円ほどでしょう。

また、エンジンオイルなどにこだわりがある方や、初心者で多めにボルトなどを購入する方は約20.000円ほど用意しておくと良いでしょう。あくまでも、クラッチ部のみの交換費用です。

ゼファー400クラッチセット

ゼファー400のクラッチ盤セットです。価格は¥10.800でクラッチ盤を交換する場合はこちらのセットで揃います。後は、エンジンオイルや工具などを購入するだけで良いでしょう。

クラッチプレートは磨くだけでもいいの?

クラッチ盤を交換する際に、クラッチプレートも一緒に交換する方が良いと考えられていますが、クラッチプレートはヤスリで磨きツルツルにすると再利用できる場合もあります。しかし、何度も磨いていくとクラッチプレートが薄くなってしまうので、磨くのは2〜3回までで止めておきましょう。

また、ヤスリで磨くのはとても時間がかかりますので、電動サンダーなどで行うとスムーズに磨いていけるでしょう。ピカピカツルツルになれば、再利用できるまでに回復しています。お金に余裕のある方は、新しく購入するほうが早いでしょう。

ガスケットの交換は必要?

ガスケットは、排気ガスを外部へ出さない働きがあります。いわば、ゴムパッキンのような機能があり、ガスケットの交換をおろそかにしてしまうと、排気ガスやオイル漏れの原因となってくるでしょう。ガスケットには、強い圧力がかかり劣化も激しいのでクラッチ盤を交換する度に交換していくことが好ましいです。

クラッチ盤の交換時期の目安は?

クラッチ盤には、必ず交換時期がきます。交換せずに走行しているとギアの入りは次第に悪いなりクラッチ盤が滑り始めます。そのため、走行中にトラブルを起こしたり事故に繋がるケースもあります。では、クラッチ盤の交換目安を見ていきましょう。

クラッチ盤の寿命は?

クラッチの寿命は、平均1万キロと考えられています。1万キロに到達するころには、自身で感じれるほどクラッチ盤は滑り始めます。しかし、1万キロだからと言ってすぐにどうこうなる話ではありませんが、1万キロを超えた時点でバイクの状態を見ながら交換準備を進めていくと良いでしょう。

摩擦の影響で交換目安は早まる

バイクを発進させる際、半クラの状態でエンジンを回していきます。すると、クラッチ盤は大きな摩擦を受けます。半クラの状態が多いほどクラッチ盤は摩擦を受けすり減り、交換時期は早まります。

たとえば、小排気量の400cc以下のバイクや、空ぶかしを多くするバイクなどはクラッチ盤がすり減るのがとても早いです。逆に、大型バイクなどは半クラの必要があまりないためクラッチ盤が長持ちする傾向にあります。

クラッチ盤から異音がする場合

Bottom banner

クラッチ盤から、コンコンと異音がする場合はクラッチ盤の摩擦がとても激しいことを意味しています。交換する目安ではありませんが、あまり同様の運転を繰り返すのはやめましょう。また、ゴゴゴという異音はクラッチ盤が滑っている証拠ですのでクラッチ盤の交換時期の目安となるでしょう。

クラッチ盤が焼ける現象

ラッチ盤が、焦げ臭い現象が起きる場合があります。なぜ焦げ臭い匂いがするのかというと、クラッチ盤のつながりが甘く滑って摩擦が起きている状態です。

普通は、クラッチ盤の滑りだけでは、焦げ臭さなどはありませんが、滑りが常態化してしまっている場合は焦げ臭い匂いが起こります。早急に、クラッチ盤のメンテナンスが必要と言えるでしょう。

クラッチ盤単体の値段相場

クラッチ盤の単体購入の値段は、1つ1000円前後とさほど高いものではありません。通常、クラッチ盤は8枚ほどの購入で良いので、全て合わせて約4千円〜8千円程度でしょう。同時にフリクションディスクを変える場合は、クラッチ盤交換キットで約1万円ほどで販売されています。単体購入より、セットで購入する方がお得です。

xjr400クラッチ盤9枚セット

9枚セットで、¥4.712です。一枚あたり、520円ほどです。

クラッチ盤の交換方法

では、クラッチ盤の交換方法を見ていきましょう。クラッチ盤を交換する前に行う手順に注意しながら作業を行いましょう。

暖気をしオイルを抜く

まずは、エンジンオイルを抜いていきます。軽く暖気をする事でオイルの出が良くなりますので、5分ほどエンジンを付けましょう。そのご、オイルのドレンボルトを外し廃オイル入れに古いエンジンオイルを流していきましょう。

エンジンカバーを外す

クラッチ盤は、エンジンカバーの内部に装着されています。エンジンカバーを外す際は全てのボルトを均等に外しましょう。一つずつ外してしまうとカバーが割れてしまう恐れがあります。

クラッチ盤を外していく

エンジンカバーを外すとすぐクラッチ盤が出てきます。クラッチ盤を一つずつ外していきましょう。

初心者の方は、工程を写真で撮っていくとクラッチ盤はめ込んでいく際に間違わずにはめられます。クラッチ盤は、手前に引くだけで外せます。クラッチ盤、クラッチプレートと交互に出てきます。ガスケットとスプリングも忘れずに取り外しましょう。

新しいクラッチ盤にオイルを塗る

クラッチ盤を外した後、新しいクラッチ盤とクラッチプレートにオイルを塗っていきましょう。クラッチ盤は普段オイルに浸っている状態で摩擦を軽減しています。オイルはエンジンおいるで大丈夫なので、交換用のエンジンオイルを少量振りかけましょう。

クラッチ盤をはめ込んでいく

オイルを付けたクラッチ盤とクラッチプレートを交互にはめ込んでいきます。この時、写真を撮っていた方は見ながらすると確実にはめ込めるでしょう。

クラッチ盤をはめ込んでしまったら、ガスケットとスプリングも忘れずにはめ込みましょう。その後蓋をしっかり締めましょう。最後にエンジンカバーを付け、ボルトをしっかり締めクラッチ盤の交換は完了です。

エンジンオイルを入れる

最後にエンジンオイルを入れます。クラッチ盤交換が終わり、エンジンオイルを入れ忘れそうですが、忘れずに入れましょう。この時ドレンボルトがしまっているか確認してください。エンジンオイルを入れ全ての工程が終了となります。

試運転をしよう!

まず、暖気をし新しいオイルを回していきましょう。5分ほど暖気をし車体やオイルが温まったら、試運転をしていきましょう。まずは、国道など車が多い場所は避け、広い敷地での試運転が好ましいです。

クラッチ盤を変更した際に、工程が間違っていたり何かしらトラブルになった場合に通行量の多い場所ですと危険を伴います。できれば、安全が確保できる場所で試運転を行いましょう。

クラッチ盤交換は初心者でもできる?

クラッチ盤交換は、案外簡単にできてしまい初心者でも挑戦できるバイクのメンテナンスでしょう。

初心者の方は工程を、写真で撮っていく事で間違いなく行えます。しかし、途中で分からなくなってしまったら迷わずバイクメンテナンスに詳しい方や、専門店へ依頼しましょう。バイクのメンテナンスは、自己責任で行っていく作業です。自身がない方は、専門店に依頼するか、バイクに詳しい方と一緒に行う事をおすすめします。

クラッチ盤を交換して快適走行!

いかがでしたでしょうか。クラッチ盤は、バイクで走行するための中心の役割を果たしてくれることが分かりました。クラッチ盤交換を放っておくと、大きな事故につながりかねません。また、クラッチ盤交換は専門店に依頼しても、ご自身で行っても、そこまで高価なものではありません。

クラッチ盤が最近滑るなと感じている方や、ギアの入りが悪い方はぜひクラッチ盤を交換してみてください。クラッチ盤を交換する事で快適走行に走行していくことができるでしょう。

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related