Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

重機回送の仕事内容や適性とは|重機回送の仕事に向いている人の特徴8つ

重機回送の仕事内容や適性とは|重機回送の仕事に向いている人の特徴8つ
重機回送の仕事は重機を輸送する仕事です。建設現場や工事現場などでは重宝される仕事なので、需要が高い職業と言えます。重機回送の仕事をするには玉掛けと大型特殊免許、大型普通免許が必要となるので、重機に慣れる機会を持って資格、免許の取得に励みましょう。

初回公開日:2019年7月10日

更新日:2020年1月21日

記事に記載されている内容は2019年7月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


重機回送の仕事とは

重機回送の仕事とは、工事現場で使用する重機を現場まで送り届けたり、現場から持ち帰る仕事を指します。重機回送の仕事は、重い重機を運搬するので重機を動かすための免許の所持や安全を考えた作業が求められます。

重機回送の仕事をする人は、大型特殊免許やウインチ資格、玉掛けの免許を取得しておき、安全に配慮した仕事をするようにしましょう。

重機の種類

ロードローラー、ショベルカー、ブルドーザーなどが重機回送として運搬される車両になります。重機回送の仕事は、重機の特性を理解して取り扱うことが求められるので、土木作業や建築の仕事に詳しくなければいけません。

重機回送の仕事をする人は、重機の種類に合わせた取り扱いをしながら、重機の特性を把握した操作をして運搬をしましょう。

未経験でも働ける

重機回送の仕事は未経験の人でも働ける場合があります。重機回送の仕事自体が人手不足なので、必要な免許や資格を取得して、安全を考えた作業をすることができれば、未経験の人でも重機回送の仕事をすることができます。

未経験で重機回送の仕事をする人は、工事現場や建築現場での仕事を経験しながら、重機に慣れておき、仕事に必要な免許や資格を取得して重機回送の仕事をしましょう。

重機回送の仕事に向いている人の特徴8つ

重機回送の仕事に向いている人には特徴があります。重機回送の仕事は長時間の運転や、重い物を持たなくても体力を消費する仕事なので、体力の維持や向上に努めることができなければ、仕事を続けることができません。

重機回送の仕事をする人は、勤務以外の日でも体を動かす機会を持つようにして、十分な睡眠をとったり、バランスの良い食事をとることで体調を管理しましょう。

重機回送の仕事に向いている人の特徴1:安全に移動ができる

安全に重機を移動させることができなければ、重機回送の仕事には向いていません。重機回送の仕事は、重機を運ぶので運搬中に道路に車両が落下すことがないように安全を配慮した運転が必要になります。また、重機を移動する際には周囲の安全確認をしなければいけません。

重機回送の仕事をする人は、重機を運搬したり、移動させる場合は、乗用車を扱うときよりも注意を集中させて安全に配慮しながら作業にあたりましょう。

重機回送の仕事に向いている人の特徴2:重機に関する知識がある

重機回送の仕事をするには重機に関する知識が高くなければいけません。重機に対する知識が高くなければ、重機を上手に扱えなくなるので安全を考えた移動ができません。また、車両に詳しくなければ、運搬をする際に気をつけなければいけないことが理解できなくなります。

重機回送の仕事をする人は、さまざまな重機を動かす機会を増やして、重機ごとの特性を掴んで仕事に反映させることが大切です。

重機回送の仕事に向いている人の特徴3:安全確認をしっかりできる人

重機回送の仕事に向いている人の特徴の1つに、安全確認をしっかりすることができる人なのかがあります。重機回送の仕事は、車両の大きいトレーラーやダンプトラックで重機を運搬するので、大事故に繋がらないようにより徹底した安全確認が必要になります。

重機に関わる仕事をする人は、大きな責任感を持って車両を扱うようにして、事故の悲惨さを学ぶ機会を持つようにしましょう。

重機回送の仕事に向いている人の特徴4:重機や大型トラックを扱う免許や資格を所有している

重機回送の仕事に向いている人の特徴に、重機や大型トラックを扱うための免許や資格を持っているかどうかが挙げられます。また、免許や資格だけでなく重機の知識なども必要になります。

重機回送の仕事をしたい人は、免許や資格取得のためのサポートがある会社を選び、それらの資格を取得して、工事現場や建築現場での経験を積むようにしましょう。

重機回送の仕事に向いている人の特徴5:体力の維持や向上に努めることができる人

体力の維持や向上に努められることができるかも、重機回送の仕事に向いている人に求められる特徴の一つです。重い荷物を運ぶ機会がなくても、長時間運転をしたり、重機を操るには体力が必要になります。

重機を扱う仕事をする人は、自分の体に無理がかからないように作業をしながら、休日などは筋トレをする時間を作り、体力の向上に努めましょう。

重機回送の仕事に向いている人の特徴6:臨機応変に動ける人

臨機応変に動けなければ重機回送の仕事に向いているとは言えません。いつも通っている走行ルートが使えない事態が発生した際は、臨機応変に対応をしなければなりません。

臨機応変に対応ができないと、遅延をしてしまい、関係者に迷惑をかける可能性があります。

重機回送の仕事に向いている人の特徴7:長時間の運転や作業が苦にならない人

重機回送の仕事に向いている人の特徴に、長時間の運転や作業が苦にならない人が挙げられます。重機回送の仕事は、重機を運ぶ現場の都合に合わせることが多くなり、また重機を運べる人が少ないため勤務時間が長くなることが多いです。

重機回送の仕事をする人は、勤務時間に割り当てられる休憩時間を会社に確認しておき、適度に休憩を取りながら作業負担を減らしていきましょう。

重機回送の仕事に向いている人の特徴8:集中力や持続力を維持できる人

集中力や持続力がなければ重機回送の仕事には向いていません。重機回送の仕事は周囲への安全を配慮しながら、重機を壊さないように運搬をするため集中力や持続力が求められます。

集中力や持続力がない人は、日々の作業を振り返りながら効率化を図ることで、作業への負担を減らして集中力や持続力が維持できるよう考えていきましょう。

重機回送の仕事に必要な資格

重機回送の仕事をために必要な資格があります。それらの資格や免許がなければ、重機を操ったり、大型トラックを扱えないので仕事をすることができません。

重機回送の仕事をする人は、大型特殊免許と大型普通免許、玉掛けの免許を取っておき、余力があればウインチの資格も取得しておきましょう。

大型特殊免許

重機回送の仕事をするには大型特殊免許が必要になります。大型特殊免許はブルドーザーやキャタピラを装備している車両はもちろん、ロードローラーや除雪車なども運転することができます。

大型特殊免許を取る人は、小型特殊免許を取得しておき、重機に慣れることから始めて、ステップアップさせて大型特殊免許を取得しましょう。

大型特殊自動車 ショベルローダ、フォークリフト、農耕用作業自動車、ポールトレーラなどの特殊自動車

出典: http://www.jta.or.jp/coho/hayawakari/5.kubun.html |

玉掛

重機回送の仕事をするには玉掛けの免許が必要になります。玉掛けの免許がなければ、クレーンを扱うことができないので重機をトラックに積むことができません。

クレーンを扱い仕事をする人は、誤操作で大きな事故につながることをよく認識しておき、周囲の安全をよく確認してからクレーンを操作しましょう。

重機回送はなくてはならない大切な仕事

重機を運ぶためには重機回送の仕事はなくてはならない仕事です。道路や建物を整備するためには、重機回送の仕事が必要になるのでとても需要のある職業と言えます。

重機回送の仕事をする人は心に余裕を持ち、歩行者に配慮した作業をしながら、作業自体を冷静に捉えるようにしましょう。また、一つの過ちが大きな事故に繋がることを認識して仕事をすることが大切です。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related