Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

牽引免許を取得するコツ10個|トレーラー特有の事故4つ

牽引免許を取得するコツ10個|トレーラー特有の事故4つ
「牽引免許の取得のコツ」とは、どのような点にあるのでしょうか。また、トレーラー特有の事故には、どのようなものがあるのでしょうか。このぺージでは、牽引免許取得のコツや、トレーラーの運転での注意点などについて、考察・ご紹介していきます。

初回公開日:2019年7月10日

更新日:2019年9月17日

記事に記載されている内容は2019年7月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


牽引免許の取得はコツをつかめば難しくない

牽引免許は、日常生活ではあまり耳にせず、また必要となることも少ない免許だと言えそうです。

しかし、運送業などで働く場合には、必要となるケースもあり、取得することで運転が可能な車の種類が増えるなどのメリットもあります。

牽引免許の取得は、誰でも取得できるものではありませんが、コツをつかめば難しくないと言われています。そこで今回は、牽引免許を取得するコツについて考察していきます。

牽引免許を取得するコツ10個

冒頭でも述べたように、牽引免許は簡単に取得できるものではないものの、コツさえつかめば取得が難しいものでもないとされています。

まずは、牽引免許を取得する10個のコツについて考察してきます。

牽引免許の取得を考えている方や牽引免許にご興味をお持ちの方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

自走しない状態の車両総重量が750kgを超える車(重被牽引車)を牽引する場合に必要です。

出典: https://www.kyosyujyo.co.jp/Column/387.html |

コツ1:前進のコツ

牽引免許の取得のポイントの中でも、特に基本的な内容が前進です。

前進をする際は、前方に注意して慎重に運転することが大切で、特に車両の幅などに気を付けることがポイントです。

ですから、前進する時はミラーなどを見て、こまめに車幅や周囲を確認することが大切だと考えられます。

コツ2:バックのコツ

続いて、バックのコツについてご紹介していきます。

トレーラーなどで車を牽引して直線のバックをすることは、特に難しいとされています。連結が固定されていないため、トレーラーと牽引するものが真っ直ぐになりづらいためです。

ですから、トレーラーなどで直線のバックをしたい場合は、ゆっくりとバックし、ズレなどが生じたらその都度ハンドルを切るなどして、少しずつ行うことがコツです。

コツ3:右折のコツ

牽引免許では、右折・左折の試験に特徴があると言われており、縁石沿いに走行するよう指示されるケースも多いとされています。縁石沿いに運転することで、バイクなどを巻き込んでしまうリスクを減らすためです。

そのため、牽引免許の試験での右折のコツは、内輪差を意識することにあります。トレーラーの長さなどでも、内輪差は異なるため、ミラーなどで確認しながら運転することが大切です。

コツ4:左折のコツ

上記でも述べたように、牽引免許の試験において、右折・左折は大きなポイントとなる項目です。

左折をする場合も、右折の場合と同様に、内輪差を意識し、ミラーでこまめに確認しながら運転することがコツだとされており、内輪差を意識した運転感覚を身につけることが大切です。

一般的に内輪差は、牽引するものが長い場合や、小回りをきかせた運転をした際に、大きくなります。

コツ5:方向転換のコツ

方向転換に関する項目は、牽引免許を取得する上で最も難易度が高く、たいていの人が苦労する項目です。

牽引車などで方向転換をするコツは、大きくわけて4つあります。

1つ目のコツは停止するポジション、2つ目のコツはハンドルの角度や切り方、3つ目のコツはトレーラーが折れてきた際にハンドルが戻るのを我慢させて維持すること、そして4つ目のコツは車体を真っ直ぐに伸ばす点です。

6:S字走行のコツ

牽引免許の試験におけるS字走行のコツは、上記でご紹介した右折・左折のコツと似ているとされています。

S字走行をする場合も、内輪差に注意することが大切です。また、S字の途中の切り返しにもコツがあり、切り返しが早いと失敗の原因になるため、S字走行中の真ん中での切り返しはできるだけ我慢することがポイントとなっています。

コツ7:車庫入れのコツ

牽引免許では、車庫入れに関する試験も含まれている可能性があります。

車庫入れのコツは、トラクター等が全体的に前輪の役割を果たしているイメージで運転することだとされており、イメージしながら運転することが重要です。

また、折れ角などを意識して、調整しながら運転することも大切です。

コツ8:ブレーキのコツ

牽引免許を取得する際、ブレーキは基本動作としておさえておくべき項目ですが、コツを覚えないと難しいという意見も存在しています。

トレーラーなどでブレーキを踏む際は、エアブレーキになるため、軽く踏み込むようにすると良いと言われています。また、その際はかかとを地面につけるようにするのが、コツだとされています。

コツ9:下り坂のコツ

牽引免許を取得する際に使用するトレーラーなどの車は、普通車とはさまざまな点が異なるため、普通車との違いを意識して運転することが大切です。

下り坂を運転する際も、慣性により、常にブレーキがかかっているような状態になることがあります。ですから、下り坂での運転の感覚や車の状態は、普通車とは異なるということを意識することも、牽引免許の試験における運転のコツだと言えそうです。

コツ10:ハンドルを回す際のコツ

牽引免許の試験に限らず、トレーラーなどを運転する際全般に共通しているポイントですが、トレーラーでの運転は、ハンドルを回すタイミングが、普通車以上に重要になります。

ハンドルを回すタイミングによって、トレーラーだけでなくトラクターの動きも大きく変わる可能性があるため、どのようにハンドルを動かせば、どのように車が動くのかを覚えることが、牽引免許取得のコツだと言えそうです。

トレーラー特有の事故4つ

上記でも述べたように、牽引免許の試験などで運転することになるトレーラーは、普通車とは運転の仕方やコツが大きく異なります。

そのため、事故などでもトレーラー特有の現象が起こるケースもあると考えられます。

そこで続いては、トレーラー特有の事故について、考察していきます。

事故1:ジャックナイフ現象

トレーラーならではの事故の1つに、「ジャックナイフ現象」と呼ばれるものが挙げられます。

ジャックナイフ現象とは、トレーラーがカーブなどを曲がる際に、バランスが崩れてしまうと起こる現象です。

カーブの際に、トレーラーと牽引しているものの連結部分が「く」の字のような形になる状態を、一般的にはジャックナイフ現象と呼びます。

事故2:トレーラースイング現象

トレーラー特有の事故の1つに、「トレーラースイング現象」という現象も挙げられます。

トレーラーで走行中に、ブレーキをかけると、タイヤがロックされてしまうことがあります。ブレーキによるタイヤのロックが原因で、トレーラーの後部が後ろへと流れていってしまう現象のことを、「トレーラースイング現象」と呼びます。

そのため、トレーラーの走行中にブレーキをかける際は、十分注意する必要があります。

事故3:プラウアウト現象

トレーラー特有の事故に、「プラウアウト現象」と呼ばれる現象も存在しています。

「プラウアウト現象」は、トレーラーとトラクターが、一直線になった状態を指す言葉です。

プラウアウト現象が起こる原因は、カーブなどでの急ブレーキにあり、ブレーキをかけた際に前輪がロックされることで、プラウアウト現象になると言われています。

トレーラーの運転中は、カーブでのブレーキのかけ方に注意することが大切です。

事故4:スネーキング現象

「スネーキング現象」は、スピードの出し過ぎによっておこるトレーラー特有の現象で、事故の原因になることもあります。

スピードを出し過ぎると、トレーラーが左右に揺れてしまうことがあります。単に揺れるだけでなく、操縦不能になる可能性もあるため、重大な事故に繋がることもあると危険な状態です。

ですから、トレーラーを運転する際はスピードにも注意する必要がありそうです。

牽引免許を取得するコツをマスターしましょう

今回は、「牽引免許を取得するコツ」をテーマにして、牽引免許の試験などで合格するためにトレーラーを運転するコツや、トレーラーで起こりやすい事故・現象などについて、考察・ご紹介しました。

トレーラーは、普通車とは仕様や運転の感覚が大きく異なる部分もあるため、運転するのが難しいと思われがちです。しかし、トレーラーの特徴や運転のコツをつかめば難しくないため、この機会に学んでみることをおすすめします。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related