Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

高圧ガス移動監視者は求人に有利なのか・問題例・講習・難易度

高圧ガス移動監視者は求人に有利なのか・問題例・講習・難易度
高圧ガス移動監視者の資格を持っていると、高圧ガスの運搬だけでなく安全性の指揮や監視をする役目も任されます。高圧ガスを扱う仕事をしている人は必携の資格といえるでしょう。今回は、高圧ガス移動監視者の資格が就職に有利なのか、試験の難易度などをご紹介していきます。

初回公開日:2018年7月3日

更新日:2020年1月29日

記事に記載されている内容は2018年7月3日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


都道府県別高圧ガス移動監視者は求人に有利なのか

高圧ガス移動監視者の仕事内容は、危険が伴う高圧ガスの輸送監視を行うことです。高圧ガス移動監視者の資格には2種類あります。すべてのガスを取り扱える「総合」と、「液化石油ガス(LPG)のみ」です。

現代の車社会においては、高圧ガス移動監視者のニーズは高く、安定して働ける仕事といえます。高圧ガスを運搬する際には高圧ガス移動監視者の同乗が必要になるため、運送会社としては高圧ガス移動監視者の資格を持ったドライバーを採用しようとする傾向があります。

地域によってどのような差があるのか、詳しく見ていきましょう。

大阪

大阪での高圧ガス移動監視者の求人は、ドライバー職に多く見受けられます。タンクローリーの運転手、LPガスの配送営業、ガス会社などです。

大阪では、高圧ガス移動監視者の講習が行われていたり、年2回ほど試験が実施されているので、需要の多い資格といえるでしょう。

福岡

福岡では、高圧ガス移動監視者の資格を持っている人向けの求人として、アセットマネジメントや製油所や製造所の設備管理などが多く見受けられます。

大阪と同じように、大型免許を持っていて、かつ高圧ガス移動監視者の資格も持っているドライバー職の求人も多めです。

高圧ガス移動監視者の取得方法

それでは、次に高圧ガス移動監視者の資格の取り方についてみていきます。高圧ガス移動監視者の資格の取り方は、2日間の講習を受けることと筆記試験に合格することで取得できます。

高圧ガス移動監視者の講習と筆記試験についてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

講習を受ける

高圧ガス移動監視者の資格を取るためには、まず講習を受ける必要があります。高圧ガス移動監視者の講習は2日間あり、合計14時間の講習を受けます。

高圧ガス移動監視者「総合」も、高圧ガス移動監視者「液化石油ガス」も、法令講習が3時間と、必要な学識および保安管理の技術の講習が11時間です。

高圧ガス移動監視者の講習費用は、筆記試験費用込で「総合」が11400円、「液化石油ガス」が10600円となります。消費税はかかりません。

筆記試験を受ける

高圧ガス移動監視者講習の受講が終わったら、筆記試験を受けます。講習と筆記試験は別日程となっていることがほとんどです。高圧ガス移動監視者の筆記試験は60%以上の正答率で合格となります。

試験時間は90分で、20問が出題されますので、1問あたり4分ほどのペースで解いていき、残りの時間で見直しをすると良いでしょう。高圧ガス移動監視者の合格率は、約85%と高い数字となっています。比較的、合格しやすい資格試験といえるでしょう。

なお、筆記試験に合格して初めて「高圧ガス移動監視者講習の講習修了」となるため、筆記試験に落ちてしまった場合は、再度、座学の講習を受けて、筆記試験を受ける必要があります。

高圧ガス移動監視者の問題例

高圧ガス移動監視者の試験は、講習で使われるテキストから出題されることが多いです。したがって、14時間の講習をしっかり聞けば、筆記試験もパスできるでしょう。筆記試験は20問で、5つの選択肢から1つを選ぶマークシート方式です。

高圧ガス移動監視者試験の問題としては、「可燃性ガスの充てん容器と酸素の充てん容器とを同一の車両に積載して移動するときは、これらの充てん容器のバルブが相互に向き合わないようにすること」について、過去に出題されたことがあります。

高圧ガス移動監視者の講習内容

それでは次に、高圧ガス移動監視者の講習内容について詳しく見ていきましょう。高圧ガス移動監視者の講習は、高圧ガス保全協会が行っています。「総合」も「液化石油ガス」も、いずれも14時間の講義があります。

なお、講習費用には試験費用が含まれていますが、テキスト代は含まれていません。別途購入する必要があります。テキスト代はおよそ2000円ほどとなっています。

日程

高圧ガス移動監視者の講習会は、2日間にわたっておこなわれます。高圧ガス移動監視者の検定日は4月、9月、11月、2月の年4回ですが、受講場所は9都府県のみとなっていますので、HPなどで確認が必要です。

検定日の1~2週間前に講習が行われるケースが多く見受けられます。

高圧ガス移動監視者は国家資格なのか

高圧ガス移動監視者の資格は民間資格という情報もありますが、国家資格なのか、民間資格なのか、どちらなのでしょうか。高圧ガス移動監視者の資格は、国家資格となります。

国家資格というと合格が難しいイメージですが、高圧ガス移動監視者の資格は、国家資格のなかでも受験制限もなく、合格率も高いことから取りやすい国家資格といえるでしょう。

高圧ガス移動監視者の難易度

高圧ガス移動監視者の資格は、国家資格の中では非常に取りやすい資格に分類されます。高圧ガス移動監視者の合格率は平均すると約85%で、80%から95%の合格率を毎回出しています。したがって、高圧ガス移動監視者の難易度は低いといえるでしょう。

しかし、いくら簡単な国家資格とはいえ、全く知識がない人でも受かるかというと、そこまで甘くないというのが現状です。しっかりと講習を聞いて、大切なポイントをおさえながら受講すると良いでしょう。

高圧ガス移動監視者の合格率

高圧ガス移動監視者の合格率は、約85%となっています。講習会の講義をしっかり聞いておけば、簡単に取れる資格であるとも言えるでしょう。

講習を余程真面目に聞かなかったということでなければ、合格できるレベルの資格試験といえるでしょう。講義のなかで、講師から「ここは重要です」あるいは「ここをチェックしておきましょう」と言われたところが筆記試験に出やすいところですので、聞き漏らさないようにしましょう。

また、講習が終わって家に帰ってから、復習をするのも合格率を上げる大きなポイントです。講義の講習中に、講師が出やすいところを教えてくれますので、そこにマーカーなどでラインをひいておくと、あとから復習するときに効率的に勉強ができます。

高圧ガス移動監視者におすすめのテキスト

高圧ガス移動監視者の勉強におすすめのテキストは、高圧ガス保安協会のHPで紹介されています。高圧ガス移動監視者講習テキストを購入するとよいでしょう。

講義の講習も、このテキストに沿って行われます。計算力に不安がある人は、基礎計算力のテキストもあわせて買うと良いでしょう。また、簡単な試験であるとはいえ、知識がない人でも受かるものではありません。自信がない人は、市販本で高圧ガス移動監視者の過去問がありますので、それを購入して、3年分から5年分の過去問を解くと良いでしょう。

高圧ガス移動監視者の申込方法

高圧ガス移動監視者の申込先は、一般高圧ガス団体、KHK本支部、液化石油ガス教育事務所となっています。高圧ガス移動監視者の申込は電子申請が便利です。この電子申請は高圧ガス保安協会が一元的に行っています。

この電子申請のほか、郵便振替による書面申請でも申し込むことができます。まずは、講習案内書を入手するところから始めましょう。講習案内書は一般高圧ガス団体、KHK本支部、液化石油ガス教育事務所で入手することができます。

高圧ガス移動監視者は魅力的な資格

高圧ガス移動監視者の資格を取ると、仕事の幅がグンと広がる魅力的な資格と言えるでしょう。資格試験も、講習会の受講と修了検定の合格となっており、合格率が約85%と高いことも特徴です。

限られた時期に、限られた場所でしか講習会や筆記試験は行われていないので、事前によく確認しておくことも大切といえるでしょう。

高圧ガス移動監視者の筆記試験に合格すると、高圧ガス保安協会より高圧ガス移動監視者講習修了証が付与されます。高圧ガスの輸送をする際には、この修了証を持っていないといけないので、運転免許証とセットで持ち歩くようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related