Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

大型トラックの免許取得費用・合宿の料金・取得方法・平均年齢

大型トラックの免許取得費用・合宿の料金・取得方法・平均年齢
運転を仕事にしている人にとって、大型トラックの免許があるのかないのかは大きなことです。大型トラックの免許がある事で仕事の幅を広げる事も可能だからです。通販などが盛んになっている今ではトラックなどの物流は重要になっています。時間があれば多くの免許を取りましょう。

初回公開日:2018年6月27日

更新日:2018年6月27日

記事に記載されている内容は2018年6月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


大型トラックの免許取得の為の費用はいくらなのか?

運転を仕事にしている人にとって大型トラックの免許がなければ、その後の仕事を広げることは難しくなります。普通免許では法改正があり、5トンまでのトラックを運転できます。昔のようにミッションがマニュアルのトラックしかないわけではなく、今はオートマの大型トラックの免許も取る事が出来ます。

また牽引や、大型特殊などを一緒に取得する事も可能になっています。合宿でも教習所に通うタイプの取得法でも同じくらいの費用がかかります。中型免許でマニュアルの場合は27万円ほどになり、大型で限定解除の場合は45万円ほどとなります。

普通免許で3年間無事故で運転していることと、年齢が21歳以上ではないと取得できません。

合宿で大型トラックの免許を取った場合の費用とは

大型トラックの免許で8トン限定のマニュアルの場合、27万円ほどになります。大型免許で限定解除の場合は47万円ほどになり、教習所に通うタイプの教習とあまり費用は変わりません。教習所での一発合格などの方法もありますが、自分が必要な免許を選べるようになっています。

牽引と玉掛けを組み合わせたり、2種免許を同時に選んだりと自由ですが、2種や他の免許が増えれば、それだけ難易度が増します。

大型トラックの免許を取る方法ってどうするの?

大型トラックの免許を取るには、教習所に通うしかないです。公安の認定を受けないと車の運転はできません。大型トラックは普通免許を持っていないと取得できないばかりか、3年間の運転経験があり、21歳以上がなければ無理なのでそれらの条件を満たしていれば、誰にでも大型トラックの免許を取る事は可能です。

免許を取るには費用や時間も必要になるので、失業中や会社で必要になれば、取る機会があります。今では助成金なども支払われるので助成金を利用して大型トラックの免許を取得しましょう。

教習所へ通って取得する

県で指定されている免許センターで一発合格を狙う取得方法や、地道に教習所に通うやり方など、さまざまです。仕事をしながら、大型トラックの免許を取得する事もあるので、時間的に難しい事もありますが、取ってしまえばその後の仕事を広げる事が可能です。

どの重さの大型トラックを運転するかで、免許の種類も選べます。自分に合った免許を取り、その後仕事にどう活かしていくのかを考えましょう。

大型トラックの免許取得の主な平均年齢とは

大型トラックの免許を取得する人の年齢は割と高い年齢になります。もちろん20代から大型トラックの免許を取る人もいますが、転職を繰り返して、30代40代となって大型トラックの免許を取る場合もあります。

年齢的には30代から、40代初めの人が大型トラックの免許を取っています。転職や運転での仕事の幅を広げる為など、人により理由はさまざまです。

大型トラックの免許は取りやすい免許なのか

大型トラックの免許は運転技術がないと難しいです。大型トラックの運転は大きな車体を扱うので、体力や運動神経も必要です。運転技術のセンスがないと、取得は難しいでしょう。しかしどんな免許でも根気があれば取る事は出来ます。どれだけ免許への思いがあるかで決まってきます。

教習所で一発合格を狙う場合

教習所での一発合格で免許が取れる人はなかなかいません。運転に慣れている人でも10回通って取れないこともあります。

それだけの時間をかけるならば、教習所に通った方がいいと思う人が多い
ので、教習所での一発合格を狙う人はあまりいないのが現状です。

大型トラックの免許を取得する為に必要な時間

大型トラックの免許を取得するのに必要な期間は10日ほどになります。すでに普通免許があり学科は受けなくてよいことになっています。実技の10日の教習を確実にこなせれば取得が可能です。

10日の教習を受けるには最低でも、3ヶ月は掛かります。教習を受ける日を確保したり、順調に進んでいても、県や都で指定されている免許センターでの試験もあるからです。

それらの問題を解決する為に、合宿免許というものがあります。合宿免許の利点は免許取得に専念できる点があり、合宿を選ぶ人が多くなっています。

普通免許よりも安全性を考えて運転しよう

大型トラックは大きな車体なので、歩行者や他の車よりも注意が必要になります。免許取得の際は安全性を考えて、教習が進んでいきます。もちろん事故を起こせば大きな損害を相手にも与えるので、それだけ普通免許よりも安全性を考えて運転しましょう。

運転中にスマホをいじったり、あおり運転をするような人は大型トラックの免許を取得するには不向きな人となります。

運転を仕事にすることとは

もともと車や乗り物が好きで、運転を仕事にする人はたくさんいます。運転をして仕事をしていく事は物流を支える事にもなっているので、やりがいのある仕事になります。

車のトラブルなどがあっても、すぐに車を修理できる人でないと、とても大型トラックの運転手は勤まらないでしょう。

ハードな仕事もこなせる体力が必要

実際に荷物を荷台に載せたりするわけではないですが、荷台の物を自分で降ろす場合や、勤務時間がまちまちとなるので、体力がないと勤まりません。また、下の道に詳しくないといざという時に困ることもあります。

今までガテン系の仕事をしてきて、その延長でトラックの運転手になるのが一番よいでしょう。

寝る時間もないほど出勤が続く事もある

震災や災害があれば、交通状況も変わり、また燃料が高騰すれば走る道も変わります。大型トラックの運転手はそれなりに収入も見込めますが、寝る時間は自由にならない事を覚悟していないととても勤まりません。

寝る時間がなくても、体力を維持できる自身がなければ大型トラックの運転手で仕事をしていくのは難しいです。

体力があり健康な時にしか出来ない仕事

大型トラックの仕事は、体力があり、健康な時にしかできない仕事です。40代50代となり、大型トラックの運転手をしていて、腰を痛める人も少なくないからです。大型トラックの運転手をしたあとは夫婦で便利屋を営んだりと、体を痛めて転職する人も少なくないです。

若いうちに大型トラックの運転手で資金を貯めて、新たな仕事を探すようにした方が後々楽になります。仕事がなくなってもすぐに動けるように貯金をして、将来どのようにしたいのかを決めておきましょう。

トラックの個人事業主という働き方

東急などの大手の会社の下請けの下請けとして、自営業として働く事も出来ます。他の人と組んで仕事をしますが、トラック自体の運転資金が用意できて、経理なども自分で管理できれば、個人事業主として仕事が出来るので年収800万円ほども夢ではありません。

トラックの大型免許を持っていれば、物流に関わる多くの仕事を得る事も可能となり、健康面にさえ気を付けて仕事をしていけば、長く続けられる仕事です。

物流の動きが盛んな時代になっている

引越しの業者や、ピアノやバイクの輸送などにも必ずトラックの免許は必要になってきます。物流が重要視されている世の中になっているので、トラックドライバーの需要は多いでしょう。トラックドライバーという仕事は時代のニーズに合わせた仕事になっているので、大型免許があり、健康であれば仕事に困る事はよっぽどの場合でないとあり得ません。

サラリーマンでも専門職でも、専門的な資格や免許を取り、その資格や免許が時代のニーズや需要とマッチすれば、どのような仕事にもチャンスは訪れます。そのチャンスを掴む為にも、必要な資格や免許は取得しておきましょう。

運転の仕事をするには大型免許が必要になる!

運転の仕事をしていくには、大型免許の取得は外せない条件となります。資金や時間の確保が出来れば、今よりも収入アップも夢ではないでしょう。トラックは物流の中心となっているので、きちんとした会社へ勤めれば、大きな収入を得る事も可能です。

運転をして仕事をする為には、大型免許の取得は避けては通れないでしょう。バスやトレーラーなども運転できれば、さらに収入が見込める免許となっています。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related