Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

違反者講習の内容・時間・料金|社会参加活動/ボランティア

違反者講習の内容・時間・料金|社会参加活動/ボランティア
ついうっかり交通違反をしてしまい違反者講習を受けることになってしまったという方に必見です。違反者講習を受ける前に、講習の内容を確認しておくとスムーズに受けられます。講習の内容は基本的に交通指導ですが興味深い内容もあります。

初回公開日:2018年6月20日

更新日:2019年10月29日

記事に記載されている内容は2018年6月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


社会参加活動を含む時の違反者講習の内容

日本では18歳になると車の運転免許を取得することができます。運転免許は身分証明にもなるため、車が好きではない方でもとりあえず取得するという方も多いです。

運転免許を取得すれば、ドライブに行く人や、通勤や通学や仕事で利用する人などその使い方はそれぞれです。運転免許を取得できたということは、交通ルールをしっかりと学び危険なドライバーにならないように知識があるということになります。

しかし、その知識を持ってしても、ついついうっかりと交通ルールに違反をして違反チケットを切られてしまうことがあります。その違反を繰り返していると違反点数が積み重なり、免許停止処分、通称「免停」となってしまうこともあります。免停になってしまったときの講習やその内容についてご紹介しましょう。

事前

違反を犯し免停になると違反者は講習を受けて免停期間を免除される制度があります。これが違反者講習です。違反者講習は社会活動をする場合もあり、事前にアサインする必要がある場合もあります。

違反者講習を運転試験所で受ける場合と社会活動をする場合では、受講料が異なります。事前にアサインが必要な内容のものは、受講料が安くすぐにでも免許が必要でない方であればこちらを受けられる方もいます。

当日

違反者講習であれば、事前に予約をする必要はなく自分が受けたい時間に受付を済まし受講することができます。免停になった違反者の多くがこの違反者講習を受講します。

講習の受付時間は免停期間により異なりますので、最寄の運転試験所のホームページなどで最新の時間を事前に調べることが可能です。講習の内容は基本的には同じですが、時期やそのときの社会の状況により異なる場合もあります。内容の趣旨はいずれにしても違反者に再度、違反をしないようにするための内容となります。

ボランティア

テキスト違反者活動のなかにはボランティア活動もあります。主には公共の場所の掃除です。例えば公園のゴミ拾いや、道路の掃除があります。

これは日本よりもアメリカの方が多く、DEYと言って飲酒運転をした人がよく行っています。フリーウェイの脇にて、行き交う人々に知らしめるかのように道路のゴミ拾いや掃除を行っています。

アメリカでは罰則金も高額な上に、飲酒をしてしまうとその後の車の保険料が倍になったりととにかくお金がかかるため、ボランティア活動をして料金を抑えようとする人が多いです。日本ではあまり多くはないボランティアですが、街のためにもなるため違反者講習よりも社会貢献になります。

社会参加活動を含まない時の違反者講習の内容

社会活動を含まない違反者講習を受ける場合は、運転試験所にて講習を受けます。

内容としては主に、運転するにあたっての基本ルールの再確認や実際に起こっている事故など、自分の危険運転で起こりうる可能性がある内容についてのビデオを鑑賞したりと盛りだくさんです。違反者講習を受講すると免停になっている方は免停期間を減らすことができます。

しかし、真面目に違反者講習を受講していないと免停期間を減らすに値しないとみなされ受講したとしても免停期間が減らないこともあります。受講中に寝ていたりと受講態度が悪いなども影響します。そんな、違反者講習の内容についてご紹介しますので、ぜひともご参考にしてください。

運転指導

違反者講習での内容は運転する際の注意やルールの再確認となります。違反者の多くはスピード違反による交通違反により免停になることが多いため、制限速度の重要性についての指導が含まれます。その内容とはもしスピード違反を犯すとどのような事態を引き起こしやすいかとシュミレーション似たものがあります。

スピードを過度に早めるとそれだけ危険の察知が遅れ事故にいたりやすいとか、万が一事故を起こしたときに、事故の大きさを増加させます。あまりにも単純で分かり切っていることであっても、毎年スピード違反者はやみません。車は凶器に変わるか恐れがあるため、運転をするときにはそれだけ注意深くなる必要があります。

大学教授の違反者講習の内容

違反者講習は1日に数時間にわたり行われます。その内容は実車による確認もありますが、そのほとんどが教室による講習です。そのなかには指導者が大学教授によって行われる内容があります。これは講習を受ける場所や時期に大学教授の指導があるかはわかりません。その内容とはなぜ講習者はここに違反者講習を受けることになってしまったかという物です。

違反内容はそれぞれですが、違反をする背景には同じような想いがあるというものでとても興味深いです。単純にスピードを出してはいけないということで違反者は減りにくく、なぜ自分が違反者になってしまったのかという背景を理解することが必要です。

統計による違反者増加

統計学とは理系の一種ですが、昭和時代に比べプロのドライバーが違反者講習を受ける人数が圧倒的に増えています。プロのドライバーとは例えばタクシー運転手や運送トラックのドライバーです。免許を失うと必然的に仕事を失ってしまうことをわかっていながら、なぜプロのドライバーの違反者が多くなっているのでしょうか。

その背景には日本の景気が大きく関わっています。昔はタクシーを利用してアメリカ文化を真似してチップまでをもドライバーに渡す者もいました。

しかし、昨今ではタクシー運転手の収入は減り、バブルが弾けてからは利用者の財布も寂しくなりタクシーの利用が減ったため、ドライバーはできるだけ早くお客様を送り届け、次のお客様を乗せたいという思いでついついスピード違反を犯してしまいます。

テスト

違反者講習の最後には内容をしっかりと理解したかというテストが行われます。このテストの点数で免停の日数がどれだけ減額されるかが決まります。テストの内容は運転免許を取得したときに受けたテストのような内容のため、運転免許を所持している者なら誰でもパスできます。

知識とルールを理解していても違反をしてしまうということは、やはり運転中の危機管理能力の低下や急いでいるというところに違反をする原因があることがわかるでしょう。テストは運転免許を取得したときよりも問題数も少ないためすぐに終わります。

内容別違反者講習にかかる時間

講習にかかる時間は免停の日数により異なります。また、初心者での違反の場合は免停の講習に比べると少ないです。講習を受けるために時間の確保が必要なため必ず講習を受ける前に講習の時間を確認しましょう。

30日間は1日講習

30日の違反者講習の場合、1日6時間の講習を受けると30日免除され1日のみの免停期間にすることができます。

60日間以上は2日講習

60日の違反者講習の場合、1日6時間の講習、2日で12時間を受けると最大半分の日数を免除され免停期間を減らすことができます。

内容別違反者講習にかかる料金

違反者講習の料金は免許30日は12600円、免停60日は21000円、免停90-180日は25200円です。この料金で免停期間が大幅に免除されるので受ける方は多いです。

なぜ違反をするか

スピードやシートベルトなど違反の内容はさまざまですが、違反をする人はほんの少しの気の緩みにより違反をしてしまいます。気を付けていてもついうっかりということは誰にでもありえます。

最近では助手席でもスピードメーターが見えるような構造の車も出ていますが、運転はドライバーに責任があることを忘れないようにしましょう。

安全運転を心がけよう

違反者講習の内容についてのご紹介はいかがでしたか。講習の内容は自分にとってだけでなく道路における全ての人や物に対しても重要となります。スピード違反で取り返しのつかない事故を犯す前に、講習の内容がどれだけ大切かということを再確認して、安全運転をするように心がけましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related