Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

車の希望ナンバー取得日数の目安・交付までの流れ・取得日数違い

車の希望ナンバー取得日数の目安・交付までの流れ・取得日数違い
一般希望ナンバーと抽選制のナンバーの交付までの日数はおよそ、4,5日ほどになります。陸運局の封印をしてもらう日数を入れても1週間ほどになります。希望ナンバーを取得するのはそれほど難しくないです。車のグレードが上がれば、字光式のナンバーにも挑戦しましょう。

初回公開日:2018年6月29日

更新日:2019年10月29日

記事に記載されている内容は2018年6月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


車の希望ナンバーの取得目安の日にちってあるの?

車のナンバーを好きな番号にしたい人は少なからずいます。車を商売で使う場合や、自身のラッキーナンバーなどを車に取り入れたい人たちです。希望ナンバーを申し込みたい場合は、陸運局の希望予約センターで予約をします。

一般希望ナンバーの場合はペイント式の場合は4日ほど、また字光式の場合は5日ほどかかります。抽選ナンバーもペイント式は4日で字光式は5日です。普通のナンバープレートよりも3,000円ほど多く費用がかかります。希望ナンバーは、抽選式でも一般希望ナンバーでも入金してから4,5日かかります。

4日の場合

一般希望ナンバーと抽選制ナンバーでペイント式のナンバープレートをもらう際には、4日かかります。申し込みをした日も含めた日数分の日にちが掛かるので、月曜日に申し込めば出来上がりは木曜となります。土日を挟む場合は、土日は計算に入れないで4日ほどかかります。

一般希望ナンバーも抽選制のナンバーも当選して、入金をして4日ほどかかるので、それほど時間はかかりません。陸運局でもし込む方法もありますが、インターネットで申し込む方方法もあります。

またネットの際も、申し込みをして当選メールをもらい、入金をしてナンバープレートがもらえますが、古いナンバーは返納するので実際に陸運局で手続きをした方が確実です。

5日の場合

一般希望ナンバーも抽選制のナンバーも字光式の場合は入金してから、発行までに5日ほどかかります。インターネットでも窓口での申し込みでも流れは変わりません。当選すれば、入金をして古いナンバーを返納して、新しいナンバーをつけるのみです。またETCなどをつけている場合は、それらの設定を変えるようにしておきましょう。

字光式のナンバーはバブル期には流行ったナンバーです。時間とお金に余裕があれば、字光式にしてみましょう。

希望ナンバーの交付までの主な日数の流れとは

まず、陸運局に一般希望ナンバーもしくは抽選制ナンバーを申し込んで、一般希望ナンバーの場合はそのまま4,5日でナンバーが交付されます。抽選が申し込みをした場合は、翌週の月曜日に抽選があるので、その抽選に当選すれば月曜日に申し込みをすれば金曜日に発行されます。

ナンバープレートの代金を支払い、登録を済ませて届け出申請をして、古いナンバーを返納して、新しいナンバーを陸運局に人に封印をしてもらえば完了になります。すべての作業が終わるには1週間ほど見ておけば良いでしょう。

予約をした場合の希望ナンバーの日数の流れ

希望ナンバープレートの交付は予約をしなければ、交付されません。予約をしてから受注生産となっているので希望ナンバーが欲しければ、そもそもの希望ナンバーの予約をしましょう。

抽選制と違い、翌週の月曜日に抽選はないので、抽選制のナンバーよりも一般希望ナンバープレートの方が早く交付されます。番号にそれほどこだわりがなければ、一般希望ナンバーの方がスムーズに交付されます。急いでいる場合で好きな番号が欲しい場合は、一般希望ナンバーを取得するようにしましょう。

ペイント式で4日、字光式で5日ほどかかるので、陸運局の人の封印も含めれば、1週間あれば十分です。

受注生産での日数の流れとは

一般希望ナンバーも抽選制のナンバーも受注生産でナンバーが発行されます。すでにできているナンバーをそのままもらうわけでないので、一般希望ナンバーも抽選制も受注生産のナンバーとなります。

流れ的には、先ほど述べて来たナンバーの受け取り方と変わりません。申し込みをして発行されれば入金をして、登録をして古いものを返納して、陸運局の人に封印を施してもらい、新しいナンバーを付けるのみになります。自分の意思でナンバーを選ぶ場合は一般希望ナンバーも抽選制のナンバーも受注生産のナンバーとなります。

希望ナンバー交付までの日数の流れはどのぐらい

流れとしては今まで述べて来た流れとほとんど変わりません。実際に車に貼付けるまでを考えれば、1週間ほどあれば、希望ナンバーは取り付けられますが、抽選制を選んだ場合は、スムーズに進まないこともあるので、テンポよく進めるようにしましょう。

字光式でも5日ほどなので、1週間から10日の日数は見ておきましょう。

一般制希望と抽選制での希望ナンバーの取得の目安は

どちらも日数がかからないようにするならば、始めからどのような段取りを取るのかを考えておきましょう。日数がかかるかかからないかは、どれだけ段取りがよいのかで決まります。

一般希望ナンバーも抽選制のナンバーもペイント式ならば、4日の日数がかかり、字光式ならば5日ほどの日数がかかります。登録や古いナンバーの返納や新しいナンバーの取り付けも考えたら、どのぐらいの日数が掛かるかの目安を自分で考えて、ナンバーの交付をしましょう。

ナンバー取得の日数の目安は、長くても10日ほどになります。抽選制の方が日数がかかるので、時間がなければ一般希望ナンバーを選んで日数がかからないようにしてもよいでしょう。

好きな番号を取得したい場合は希望ナンバーしかない

好きな番号を取得したい場合は、多少日数がかかっても一般希望ナンバーや抽選制のナンバーを取得するしかないです。好きな番号をもらう楽しみはもちろん、車への情熱や愛情といったものも表す事になるので、多少日数がかかっても希望ナンバーや抽選制のナンバーを取得しましょう。

次に車を買う機会があって日数の余裕があれば、車の入車があるたびに好きなナンバーを取得できます。一度、好きなナンバーを取得する方法さえ覚えれば人より豊かなカーライフを送る事ができます。

余裕があれば希望ナンバーを取得しよう

入車までに日数があったり、時間的に余裕があれば好きなナンバーを手に入れましょう。思い入れのある車ならば、好きなナンバープレートを付けて運転したいと誰もが思うでしょう。

字光式などのナンバープレートも魅力的なので、車のグレードを上げた場合は、多少日数がかかってもナンバープレートのグレードも上げましょう。希望ナンバーをもらおうとする人はなかなかいないので、車を趣味にしている場合はナンバープレートにもこだわりを持ちましょう。

ナンバープレートの不正行為はやめよう!

バイクなどでナンバープレートが見えないようにしたり、車のナンバープレートをフロントガラスに置いてみたりするのはやめましょう。

ナンバーが見えやすいようにしておかなければ、もし事故や事件があって、困るのは本人です。いざという時に疑いをかけられないようにしておくためにもナンバープレートの不正行為や改造はやめましょう。

仕事に合わせてナンバープレートを選ぶこともある

フリーダイヤルの番号を商売に合わせて考えるように、ナンバープレートも仕事に合わせて考える事もあります。可能な限りに移動屋台の屋号に合わせたり、こだわりのある番号にしたりと、運や努力次第で好きな番号に変える事はできます。

好きなナンバープレートを付けるのは、日数や費用がかかるだけなので余裕があれば希望ナンバーをつけるようにしましょう。

ナンバーでなく安全運転が大切になる

ナンバーでなく、車は安全運転があってこそなので、本来の目的や運転の安全性を考える事ができなければ、ナンバープレートにこだわるのはやめましょう。

安全確認をして安全運転ができなければ、どんな番号のナンバーも虚しく響くだけです。ナンバープレート取得にかける費用や日数があれば、その分、学科や運転技術を磨くようにしたほうがよいでしょう。

ナンバーに異常にこだわらないようにする

人に好きなナンバープレートを手に入れて、話のネタにしてもよいですが、あまりナンバープレートにこだわらないことです。湘南ナンバーなども人気がありますが、どのナンバーでもナンバーとしての機能があれば、そんなに異常にナンバーに拘る必要はありません。

日数や費用をかけて、取得したナンバーがあれば、ナンバー登録やETCのセットアップをきちんと変える事も忘れないようにしておきましょう。

好きなナンバーを取り楽しいカーライフを送ろう!

希望ナンバーも抽選制のナンバーも日数は4,5日ほどしかかかりません。トータルの日数として考えても1週間から10日間ほどです。一度、希望ナンバーを手に入れれば、毎回車を買うたびにナンバーの取得が楽しみになります。

車を綺麗に清掃している人ほど、事故が少ないと言いますが、好きなナンバーを手に入れる事も同じです。車の情熱や愛情がどれほどあるのかも問われるので、希望ナンバーや抽選制のナンバーを手に入れる事に一度は挑戦してみましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related