Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

中型免許での限定解除にかかる費用・普通免許との費用の差|5t

中型免許での限定解除にかかる費用・普通免許との費用の差|5t
2007年に改正された道路交通法で、2007年6月1日以前に普通免許を取得した方は、「8トン限定中型免許」の免許区分となったことをご存じでしょうか。今日はこの「8t限定」を解除するための手続き方法とその費用について紹介します。

初回公開日:2018年6月27日

更新日:2019年10月29日

記事に記載されている内容は2018年6月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


中型免許の限定解除とは

普通免許の更新手続きをした時に免許の備考欄に「限定」の文字が入っているのを見たことはありませんか。現在はAT車限定の方だけでなく、MT車限定の方の免許にも「限定」の文字が入ります。なぜ「限定」の文字が入っているのか知っていますか。

教習所に通っている時に普通自動車よりも大きなサイズの車を運転しても良いことは習いましたが、現在、自分が持っている免許で運転できる車の範囲を正確にご存じではない方も多いでしょう。

2007年6月1日以前に免許を取得した方は限定解除の手続きをすることによって、免許から「限定」の文字が外れ、運転できる車の種類が大幅に広がることをご存じでしょうか。今日は中型車の限定解除の方法とと手続きに必要な費用について紹介します。

2007年に改正された道路交通法がポイント

2007年に改正された道路交通法で、普通免許で運転できる車両の幅が大きく変わりました。それまでは普通免許と大型免許の2つしかなかった免許区分に新たに「中型免許」が加わりました。それに伴い2007年6月1日以前に免許を取得した方は、「8トン限定中型免許」の免許区分となり、 免許証の条件欄に「中型車は中型(8t)に限る」と記載される事となりました。

つまり2007年6月2日以降に普通免許を取得した方は、今日紹介する「8t限定解除」はできません。あくまでも2007年6月1日以前に普通免許を取得した方が対象となります。あなたが普通免許を取得した時期はいつでしょうか。お手元の免許を確認してみましょう。

中型(8t限定)と中型免許で運転できる車の違い

普通免許(中型8t限定)と中型免許で運転できる車は以下の表のようになります。限定解除をすることで、中型トラックだけでなく、マイクロバスも運転できるなど、運転できる車の幅が大きく広がります。

中型8t限定中型免許
最大積載量5t未満6.5t未満
車両総重量8t未満11t未満
乗車定員10人以下29人以下

中型免許の限定解除する方法とは

中型免許の限定解除とは、普通免許の「中型車は中型(8t)に限る」という限定をはずし、「中型免許」に書き換えする事を指します。中型免許への書き換えを行うには「技能審査合格証明書」の取得が必要です

技能審査とは、審査官の前で実際に中型車を運転し、その技能を認めてもらうという試験になります。

AT限定免許の方は注意が必要

日本ではAT限定の中型免許というものは存在しません。AT限定の普通免許をお持ちの方は、中型免許への書き換えを行う場合、8t限定解除と同時にAT限定解除の手続きが必要となります。

AT限定を解除するには「限定解除審査」を受け、合格する必要があります。限定解除審査は運転免許試験場で試験を受ける一発試験と、教習所に通い、教習と審査を受ける方法の二つに分かれます。教習所に通う場合AT限定の方はMT車の方よりも教習時間が長く、費用も3万から6万円ほど高くなります。

AT車限定の普通免許をお持ちの方が、限定解除するためには費用と時間の両方がMT車の方よりも多くかかることを念頭に入れてスケジュールを立てることが必要となります。

都道府県別中型免許の限定解除にかかる費用

中型免許の限定解除するためには、「技能審査合格証明書」の取得が必要となります。技能審査合格証明書を取得するための方法として教習所に通う方も多くいます。

教習期間はMT車の方は5日間、AT車限定の方は9日間が一般的です。AT車限定の方はAT限定解除の教習も兼ねるため、教習時間が長く、費用も高くなります。

教習所によって入学金や授業料の内訳が違うため、中型免許の限定解除に必要な費用は通う教習所によって変わってきます。ここでは中型免許の限定解除に必要な費用について代表的な県を3つ紹介します。

東京都

東京都の教習所は入学金が4万~5万円、技能教習料が7千円~8千円程度となっています。検定料を含めた総額は10万~12万円程度の費用が必要となります。47都道府県の中でも中型免許の限定解除に必要な費用は高めな傾向があります。

埼玉県

埼玉県の教習所は入学金が3万~5万円、技能教習料が6千円~8千円程度となっています。検定料を含めた総額は9万~11万円程度の費用が必要となります。東京都の教習所より安めの価格設定となっているため、中型免許取得の費用を抑えることが可能です。

大阪府

大阪府の教習所は入学金が万2~4万円、技能教習料が6千円~7千円程度となっています。検定料を含めた総額は7万~9万円程度の費用が必要となります。大都市でありながら、東京都や埼玉県よりも安い費用で中型免許の限定解除ができます。

中型免許の限定解除にかかる費用

中型免許の8t限定解除は、新たに中型免許を取得するのではなく、免許の書き換えという手続きになります。書き換えのためには、「技能審査合格証明書」の取得が必要となります。

技能審査合格証明書を取得するためには試験を受ける必要があります。技能審査合格証明書を取得するためには運転試験場で試験を受けるか、教習所に通い、教習所で試験を受けるいわゆる一発試験と呼ばれる方法の2つがあります。

ここでは運転試験場で一発試験を受ける方が必要な費用について紹介します。

8t限定解除に必要な費用

普通免許の8t限定解除の手続きのための試験を受けるのに最低限必要な費用は2850円(申請手数料1,400円、 車の使用料1,450円となっています。)

AT車限定の方はAT者限定解除の試験を受ける必要があるため、別途3,000円(試験手数料 1,450円、試験車使用料 1,550円)が必要です

限定解除の試験には「AT限定解除」「5t限定解除」などいくつか種類があるので、間違えないように注意しましょう。

中型免許と普通免許の限定解除にかかる費用の差

中型免許取得と普通免許の8t限定解除に必要な費用には差があります。中型免許取得と普通免許の8t限定解除をする上で最低限必要な費用で、その違いを見ていきましょう。

中型免許取得に必要な費用とは

新規に中型免許を取得するには、20歳以上であることと、普通免許取得後2年経過していることが前提条件となります。この2つを満たしていれば、教習所や運転免許試験場での一発試験に臨むことができます。

中型免許取得までには仮免と本試験があります。各々に必要な費用は、仮免5500円(中型仮免許受験手数料2,850円、中型仮免許試験車使用料1,550円、中型仮免許交付手数料1,100円 )で、本試験が9100円(受験料4,400円、試験車使用料2,650円、免許証交付料2,050円)の他、取得時講習の受講料が20300円が必要となり合計金額は29950円になります。

手数料は自治体によって変わるので、中型免許を取得したい場合は各都道府県の警察のHPで必要な費用の確認をお願いします。

中型(8t限定)解除に必要な費用とは

中型免許取得が仮免許取得から本試験という手順を踏むのと違い、あくまでも免許の書き換えであることから、普通免許の8t限定解除には仮免はありません。

試験を受けるにために必要な費用は2850円(申請手数料1,400円、 車の使用料1,450円)となっています。

中型免許取得と普通免許の8t限定解除に必要な費用は以下のようになります。中型免許取得と8t限定解除では費用が大きく違うことがわかるでしょう。

受験料手数料試験車使用料合計
中型免許7250円(仮免:2850円、本試験:4400円)3150円(仮免:1100円、本試験:2050円)4200円(仮免:1550円、本試験:2650円)14600円
8t限定解除1400円1450円2850円

免許から「限定」の文字を外しましょう

2007年6月1日以前に普通免許を取得した方は、限定解除をすることで運転できる車両の幅が大きく変わります。限定解除をすれば、トラックだけでなくマイクロバスを運転できるようになるので、仕事の選択肢も増えるでしょう。

2007年6月1日以前に普通免許を取得した方の特典と言っても良い制度です。多少の時間と費用は必要ですが、この機会に8t限定解除を検討してみてはいかがでしょうか。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related