Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

結婚後に必要な手続き一覧・おすすめの順番・いつまでなのか

結婚後に必要な手続き一覧・おすすめの順番・いつまでなのか
結婚後の手続きは色々あって、何からすればいいのか迷います。とくに姓や住所が変わる場合は、早めに変更の手続きをした方が良いでしょう。どんな手続きを、どんな順番で済ませていけば良いのか説明しています。個々の状況にもよりますが、参考にしてみてください。

初回公開日:2018年6月15日

更新日:2018年6月15日

記事に記載されている内容は2018年6月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


男女別結婚後に必要な手続き一覧・リスト!

これから結婚を控えている方や、近い将来に結婚を考えている方もたくさんいることでしょう。人生の大切な節目となる結婚に、あれやこれやと想像も膨らみます。

めでたく結婚が決まれば、色々な人から祝福を受けたり、幸せムードが漂っていそうです。ご縁があっての2人の門出にも花が咲くことでしょう。

しかし、結婚するということは色々な変更があります。けっこう色々な手続きがあり、すべて終えるまでは、忙しく感じることもあるでしょう。とても大事な手続きばかりですので、忘れることのないように、スマートに済ませたいです。

結婚後は、どのような手続きが必要なのか、リストを見てみましょう。個々の状況により、手続きの内容も変わってきますので気を付けましょう。

苗字変更

結婚すると、苗字の変更を届け出なければなりません。旦那さんの苗字に変更する方がほとんどでしょう。一人っ子や、きょうだいの関係などで奥さんの苗字に変更する旦那さんもいます。

どちらにしても、結婚後に苗字が変わるということですので 名義変更手続きが必要です。書類の欄に、チェックを入れます。

引越し

結婚を機に、引っ越しをする方が多いでしょう。引っ越しの手続きも、結婚の手続きも、スマートに済ませたいところです。引っ越す場合は転出届、転入届の提出が必要です。

まずは、 旧住所の役所で転出届 を出します。国民健康保険証と印鑑登録もあれば、返納をしておくと良いでしょう。引っ越すと、郵便物が届かなくなるのを防ぐために転送手続きも忘れないようにしましょう。

結婚後に引っ越しをしたら、新住所の役所で転入届を出します。婚姻届も提出すると良いでしょう。ついでに、国民健康保険や印鑑登録もしておけば片付きます。

引越し後は、郵便物の転送手続きも忘れずに。自分宛ての郵便を確実に受け取るためにも、必ずおこないましょう。

養子縁組

結婚に伴い、養子縁組をする方もいるでしょう。主に、旦那さんが婿養子となる場合と、子供連れで結婚する場合が多いでしょう。それぞれ、必要な書類がありますので、すべて揃えておきたいところです。

子供の養子縁組をする場合は、 婚姻届を提出してから の方がスムーズです。夫婦となっていない場合の養子縁組は、手続きが大変です。

銀行

結婚により苗字が変わると、銀行の手続きも必要です。氏名と口座名義が違っていると、本人だと見なされず、金融の手続きができない場合があります。後で慌てないように、変更手続きを済ませておきましょう。

結婚後に新しい氏名で通帳などを作るなら、新しい印鑑が必要です。 新しい印鑑を用意しておきましょう。

住民票

結婚して住まいとなる場合が決まれば、 婚姻届と住民票を出すことになります。 場所や、ふたりの状況などで、必要な手続きも変わってきます。

転出届や転入届が必要だったり、住民票の移動が必要な人もいます。世帯主が誰なのかなど、変更が必要なことは手続きをしましょう。結婚後に、住民票は色々な証明となりますので、なるべく早く手続きを済ませたいです。

印鑑など

姓が変わる場合は、 新しい印鑑が必要になります。認め印や印鑑登録用など、準備しておきましょう。

結婚後に印鑑登録の手続きをしたり、銀行の手続きには欠かせません。ちょっとした確認印でも、旧姓のハンコでは証明になりません。忘れずに作っておきましょう。

保険

生命保険など、各種保険に入っている方がほとんどでしょう。とくに、氏名が変わる場合は、速やかに 変更の連絡 をしておきましょう。結婚後に、契約者の名前や被保険者名が違っているままでは大変です。

保険料を引き落としにしているなら、新しい名前で作った口座に変更するなどの手続きも必要でしょう。

結婚後に必要な手続きのおすすめ順番

結婚後に必要な手続きは色々あって、何からすればいいのか迷います。あれをしてこれをして、役所に行ったり来たりしなくていいように順序よく済ませたいです。

まずは、 婚姻届を出すときに、転入届を出すことができると後々スムーズです。婚姻届を出した日に転入届を出すと、住民票が早くできます。早ければ、その日に住民票の写しが取れるようになりますので、各種手続きができます。

結婚後には、住民票の写しがあれば、国民健康保険の手続きや、マイナンバーの手続きができます。

住民票がとれたら

住民票の写しが取れると、 色々な変更手続きができる ようになります。住所の変更、氏名の変更となると、生活にまつわるものはほぼ手続きが必要になります。

運転する人なら運転免許証、銀行の口座とキャッシュカード、持っている人はパスポートやクレジットカードなどは優先的に手続きを済ませた方が良いでしょう。

結婚後に必要な手続きはそれぞれですので、必要な手続きに優先順位を付けておくと良いでしょう。必要な書類なども、あらかじめ問い合わせたりして集めておくとスムーズでしょう。

国民年金

結婚後は、国民年金の変更手続きも必要です。 旦那さんの扶養 になるなど、状況により変わりますので、住所や氏名の変更とともに届け出ましょう。

国民健康保険

結婚後は、国民健康保険(または別の保険)の手続きも必要です。 世帯の状況 などにより変わりますので、住所や氏名の変更とともに届け出ましょう。

印鑑登録

必要に応じて、印鑑登録もしておきましょう。結婚後に必要なこともあります。新しい印鑑 を用意しておきましょう。登録料がかかります。

携帯電話

携帯電話は、ほとんどの方が持っているでしょう。 結婚後は、携帯電話会社へ、住所や氏名の変更を連絡しましょう。

携帯電話料金を引き落としにしている場合は、新しい口座へ変更することも忘れないようにしましょう。

インターネット通販など

インターネットで買い物をされる方は多いでしょう。うっかり変更を忘れると、結婚後に荷物が届かない恐れもあります。住所や氏名が変わったら、早めに変更しておきましょう。

結婚後も夫婦別姓の場合に必要な手続き

結婚後も氏名は変えずに夫婦別姓にするという方もいるでしょう。夫婦別姓にする場合は、手続きが必要です。

健康保険の関係から、住民票を移したら 「同一世帯」にします。 そして、続柄は「夫」と変更します。旦那さんが届ける場合は「妻」と変更しましょう。

扶養に入れるなら、同じ健康保険に入れます。結婚後に夫婦共に収入がある場合は、基準がありますので気を付けましょう。収入が多いと、扶養に入れないこともあります。

結婚後の手続きはいつまでなのか

結婚後の手続きは、いつまでに済ませればいいのか気になります。とくにいつまでという手続きは少ないといえますが、 転入届けや転居届は14日以内に済ませましょう。

身分証明書となるものは、氏名や住所の変更ができしだい早めに手続きをした方が良いでしょう。手続きによっては、結婚前から変更できるものもありますので活用しましょう。

結婚後は、なにかと忙しくなりがちですが、手続きを後回しにしてしまわないようにしましょう。スムーズに手早く済ませるのが得策です。

結婚後の手続きにかかる時間の目安

結婚後の手続きは、たくさんあって時間がかかりそうです。あれもこれも変更となると、いったいいつ終えられるのか、気が遠くなりそうです。

しかし、前もって必要な手続きは何なのか把握して、必要書類など集めたり、 優先順に計画的に手続きができれば何日もかける必要がありません。

前もって、役所に問い合わせたりしておけば、何度も行ったり来たりしなくてすみます。結婚後は、なるべく早く手続きを済ませて、ホッとしたいところです。

1日など

結婚後の手続きは、1日で済ませたい人は多いでしょう。段取りよくできれば、 1日で済ませることも可能 です。

できれば、平日の朝から手続きに向かいたいところです。前もって役所に問い合わせたりして、必要な書類や印鑑を用意するなど準備をしておきましょう。各種証明書類を取るときには、手数料がかかります。

優先順位を決めて、順番に手続きを済ませていけると良いでしょう。結婚後の手続きのし忘れが無いように気を付けてください。1日で手続きが終わると、気分的にも軽くなります。役所の混み具合など、待ち時間もかかる場合もありますが、頑張りましょう。

結婚後の手続きも幸せに

結婚後の手続きは色々あって、すべて終えるまでは大変です。最短1日コースで済ませるのも良いですが、すべての人がそうできるわけではありません。

婚姻届と引っ越しを一緒にできれば住民票も早くできますが、それも人により不可能なこともあります。

結婚後の手続きにあれこれ手間取れば、気持ちに余裕がなくなります。計画的に行動すれば、ムダに走り回ることなく手続きができるでしょう。

またお互いの状況により、手続きも変わります。結婚後に必要なものを前もって揃えたり、手順を問い合わせるなど、段取りをしておけばスムーズです。楽しんでできる気持ちは、幸せに繋がります 。 結婚後のおふたりの大切な届け出ですので、自分に必要な手続きを滞りなく行いましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related