Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年09月26日

海上コンテナ輸送の仕事とは|コンテナ輸送の仕事におけるきつい点11個

海上コンテナ輸送の仕事とは|コンテナ輸送の仕事におけるきつい点11個

海上コンテナ輸送の仕事とは、そしてコンテナ輸送の仕事におけるきつい点11個についてご紹介します。コンテナ輸送のことをドレーやドレージと言います。最近はドレーをするドライバーが不足しています。コンテナ輸送はきついですが、お給料は良いです。


海上コンテナ輸送の仕事とは

海上コンテナ輸送は一般的にドレーやドレージと呼ばれることが多いです。海上コンテナ輸送の仕事は、コンテナは、20フィートと40フィートがあり、重さに応じてドレーの二軸と三軸の二種類があります。

40フィートでは、ハイキューブという背の高いコンテナもあります。コンテナ輸送の仕事は、宅配などと違って、荷物の積み下ろしはしないため、女性でもなりやすいお仕事です。基本的にドライブのみです。

海上コンテナ輸送の仕事におけるきつい点11個

海上コンテナの輸送の仕事は、近年労働者の高齢化が進み深刻な問題となっています。海上コンテナ輸送をしたがらない方が増えていることは、仕事がきついという点が1つの理由です。

では、実際に海上コンテナ輸送におけるきついと思われるポイントをみていきましょう。これらのことをきついと感じないのであれば、海上コンテナ輸送に向いているといえます。

海上コンテナ輸送の仕事におけるきつい点1:待ち時間が長い

海上コンテナ輸送において、きついと思われるポイントの1つが待ち時間が長いことです。納品時間よりも早めに到着して待っている時間だけでなく、コンテナの中身を荷下ろしする際にも待ち時間が発生します。

そして、コンテナを港に取りに行くときにも、他のコンテナ車も取りに来ており、待ち時間が発生することもあります。基本的には時給ではなく、1件単位の報酬となるので、待ち時間が長いときついと感じる方が多いです。

海上コンテナ輸送の仕事におけるきつい点2:免許の取得に時間がかかる

海上コンテナ輸送をする際に必要になるのが、自動車の特殊免許です。免許を取得するまでに、お金と時間がかかるため、海上コンテナ輸送の仕事につくことをきついと感じる方も珍しくはありません。

とはいえ、免許を持っていればいつでもできる仕事なので、その時間と取得における費用を始めに費やしておれば、一生でも仕事ができます。免許は取得さえしてしまえば、デメリットになることはありません。

海上コンテナ輸送の仕事におけるきつい点3:専門用語を覚えるのが大変

海上コンテナ輸送の仕事をするためには、最低限の貿易における知識を身につけなければならず、きついと感じることがあります。貿易の専門用語は普段の生活で耳にすることが少なく、1から覚えなければなりません。

例えば、コンテナを港に取りに行くことをピックと言います。そして、コンテナを間違いなく引き取るために、船名とボヤージュ番号などをチェックしなければなりません。

海上コンテナ輸送の仕事におけるきつい点4:仕事に波がある

コンテナ輸送の仕事は、シーズンにもより波があるためきついと感じることがあります。やはり、大型連休の前後は港がクローズとなるので、大変混み合います。そして、貿易の関税などの都合で、輸入や輸出の量にもばらつきがあります。

その他にも、2020年の東京オリンピックのようなイベントが発生した場合にも、仕事が多くなります。さらに、台風などの気候の影響を受け、仕事に波がでることがあります。

海上コンテナ輸送の仕事におけるきつい点5:トイレに行けない

海上コンテナ輸送の仕事において、きついと感じるポイントはトイレに行きづらいことです。基本的に、車の中で過ごす時間が長く、ドライブ中や待機時間には自分のタイミングでトイレに行けないことがあります。

さらに、渋滞などにつかまってしまった場合にも、長時間にわたりトイレに行けないことがあり、きついと感じることがあります。そのため、体調管理は万全にしておかなければなりません。

海上コンテナ輸送の仕事におけるきつい点6:時間が不規則

海上コンテナ輸送の仕事は、納品時間によっては、早朝からの勤務になり、午後の納品であれば昼からの出勤になることもあります。労働時間が不規則なこともきついと感じる理由の1つです。

また、前ノリをしてコンテナのピックをしなければならないこともあり、仕事の時間配分をきちんとできなければなりません。いつ納品をして、コンテナをいつ引き取るかがポイントです。

海上コンテナ輸送の仕事におけるきつい点7:長距離がある

海上コンテナ輸送の仕事は長距離運転もあるため、きついと感じることがあります。日本にはたくさん港がありますが、納品先から港までが近いとは限りません。荷主は輸送コストの調整をして、長距離の港に荷物を下ろす場合もあります。

長距離になればなるほど、納品時間に対しての出発時間を読むことが難しくなるため、きついと思われる方も珍しくはありません。

海上コンテナ輸送の仕事におけるきつい点8:孤独

Bottom banner

車の中で過ごす仕事なので、ドライブ中や待機時間にトイレに行けない上に、ずっと一人なので孤独感を抱き、きついと感じることがあります。

しかし、コミュニケーションが苦手な方や、1人で仕事をすることが好きな方にとっては、孤独と感じず、むしろメリットと捉えるケースもあります。また、孤独と感じた場合には、イヤホンで電話をすることも可能なので自分の時間を持つこともできます。

海上コンテナ輸送の仕事におけるきつい点9:渋滞

海上コンテナ輸送の仕事だけに関わらず、ドライバーにとって渋滞はきついと感じることが多いです。事故渋滞や工事など、渋滞が発生するケースは多々あります。

また、海上コンテナ輸送の場合は、港付近での渋滞も避けられないです。港周辺は、海上コンテナ輸送のドライバーだけでなく、その他の業者や通関関係者なども多く出入りするために、混み合うケースが多いです。

海上コンテナ輸送の仕事におけるきつい点10:イベントに左右される

東京オリンピックのような大きなイベントがあると、海上コンテナ輸送の仕事は影響を受けやすく、きついと感じることがあります。また、日本で海外製品がはやると輸入量も増加するため、仕事に影響がでます。

その他にも、日本製品が海外に輸出されるケースも同様に影響が考えられます。

例えば、輸入に関しては、ボジョレーヌーボー解禁の時期は、ヨーロッパからのワインの輸入が増加し、海上コンテナ輸送の仕事も影響を受けます。

海上コンテナ輸送の仕事におけるきつい点11:高齢化問題

海上コンテナ輸送の仕事は、高齢化問題が深刻になっており、若い世代がおらず中々引退できなくきついと感じることがあります。海上コンテナ輸送の仕事につく若年層が圧倒的に減少しており、社会問題にもなっています。

コンテナ輸送の仕事は荷下ろしなど力仕事がないため、女性でも勤務する方はいますが、やはり、時間が不規則なのとトイレに行きづらい問題があり、定着することが少ないです。

海上コンテナ輸送の仕事が向いている人の特徴3つ

海上コンテナ輸送の仕事に向いている方は、きついと感じることがデメリットにならない方です。また、その他にも海上コンテナ輸送の仕事をする上で、魅力に感じたり、やりがいを感じられるポイントをご紹介しますので、ぜひともご参考にしてください。

海上コンテナ輸送の仕事が向いている人の特徴1:国際的な役割の一翼を担えることに意義を感じられる人

海上コンテナ輸送の仕事は、直接海外と取引をしていなくても、国際的なことに加担できていると感じられ、やりがいを持てるケースがあります。海上コンテナ輸送は、絶対になくてはならない仕事です。

日本に輸出されてくる商品のほとんどは、輸送費の面から、ほとんどが海上貨物です。そのため、海外取引をする上で、海上仕事は欠かせません。

海上コンテナ輸送の仕事が向いている人の特徴2:使命感の強い人

海上コンテナ輸送の仕事は、決められた時間にきちんと納品することが重要なので、使命感の強い人が向いています。コンテナを間違えることが絶対に許されないので、きちんと仕事を完遂できる使命感が必要です。

万が一、コンテナを取り間違えてしまうと、別の荷主に渡されてしまい大変なことになります。

海上コンテナ輸送の仕事が向いている人の特徴3:効率的にコンテナを運べるスキルを有する人

海上コンテナ輸送の仕事は、コンテナをより多く運べる方が向いています。そのためには、仕事をする上での効率を考えて、計画的に仕事をこなす必要があります。

また、ドレーで待機するときにも、周囲の迷惑にならないように、駐車スペースを確保することも考えなければなりません。

海上コンテナ輸送の仕事は慣れればやりがいのある仕事

「海上コンテナ輸送の仕事とは?コンテナ輸送の仕事におけるきつい点11個」についてのご紹介はいかがでしたか。海上コンテナ輸送は、慣れればとてもやりがいを感じられる仕事です。

どの様な仕事でも慣れるまでには、苦労がつきものです。自分のやり方でペースをつかむことにより、海上コンテナ輸送の仕事が、きついと感じることがあってもやりがいにかわる可能性があります。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は業界最大数の案件を持つドライバーワークスへ!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人