Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年08月20日

クレーンオペレーターの仕事におけるきつい点8つとメリット3つ

クレーンオペレーターの仕事におけるきつい点8つとメリット3つ

クレーンオペレーターの仕事に憧れを抱き、転職する人がいます。自分も興味があるから色々と学びたいという人のため、クレーンオペレーターの仕事とは何か、きつい点は何かをご紹介します。さらに、クレーンオペレーターのメリットもお伝えしますので、参考にしてみてください。


クレーンオペレーターの仕事とは

クレーンオペレーターの仕事におけるきつい点8つとメリット3つ

クレーンオペレーターの仕事とは、クレーンで重い鉄筋や大きな鉄板などを安全に指定された場所へ運ぶことです。

鉄骨をボルトの穴の中に入れたり、低い場所から高い場所に建築資材を上げて移動させたり、工場での荷物の積み下ろしを安全にすることも仕事となります。

また、クレーンオペレーターは、危険が起きないよう事前に周囲の従業員に合図で伝えることも大切な仕事です。

平均的な収入

クレーンオペレーターの平均的な収入は、男性であれば460万円以上になることが多く、基本給が上がればボーナスが減少することが多いです。

女性のクレーンオペレーターの平均的な収入は200万円台となりますが、最近は300万円近くになる場合も多くなっています。

大手の企業の平均的な収入は男性なら500万円以上になり、労働時間も短いなど労働環境も良いのが魅力的です。

必要な資格や免許

クレーンオペレーターの仕事におけるきつい点8つとメリット3つ

必要な資格や免許は、移動式クレーン運転士免許とトラッククレーンであれば小型移動式クレーン運転技能講習を受けて修了も必要です。

オールテレーンクレーンの場合は大型免許と特別車両通行許可証を取得し、さらに5トン以上は移動式クレーン運転士の免許を取得します。

クローラークレーンを運転するには移動式クレーン運転技能講習を修了し、つり上げ荷重を操作する場合は移動式クレーン運転免許の取得が必要です。

クレーンオペレーターの仕事におけるきつい点8つ

クレーンオペレーターの仕事におけるきつい点8つとメリット3つ

クレーンオペレーターの仕事はきついと言われることが多く、せっかくオペレーターとして働ける資格を取得し、転職したのに挫折してしまう人も多いです。そんなクレーンオペレーターの仕事におけるきつい点を8つご紹介しましょう。

クレーンオペレーターのきつい点1:神経を使う

神経を使うところがクレーンオペレーターのきつい点です。大きく、重い建築資材などを運ぶときは車や壁に軽く当てるだけで凹んだり、大きな傷をつけてしまう恐れがあります。

また、重い荷物を落としたときは床が凹み、従業員達に不安を与えては仕事に集中できなくするでしょう。そのため、クレーンオペレーターは安全にレバー操作をしながら仕事をすることが求められるので、神経を使う作業はきついと感じてしまいます。

クレーンオペレーターのきつい点2:事故を起こす危険と隣り合わせ

クレーンオペレーターの仕事におけるきつい点8つとメリット3つ

事故を起こす危険と隣り合わせであるところがクレーンオペレーターのきつい点です。長くて重い鉄柱をクレーンで移動させる時はバランスをとりながら安全に運びますが、注意しても偏って落ちてしまい、下で作業している従業員に当たってしまうことがあります。

鉄柱でも何十キロにもなれば数メートル上から落ちただけで従業員に大怪我を負わせてしまうといった、危険と隣り合わせとなってしまうので、操作するのもきついし大変と感じるでしょう。

クレーンオペレーターのきつい点3:動きが遅いと怒られる

動きが遅いと怒られるのがクレーンオペレーターのきつい点です。資材を運ばないと仕事が始まらない職場では、クレーンオペレーターの仕事次第でその日にどこまで仕事が進むか決まることが多いので動きが遅いと現場監督や職人に怒られます。

時間内に作業を終わらせないと次の作業をするために待つ従業員に迷惑をかけますし、建築現場全体のリズムが狂い、仕事のペースも乱れ、終わらせるべき仕事が進みません。

クレーンオペレーターのきつい点4:同じことの繰り返し

クレーンオペレーターの仕事におけるきつい点8つとメリット3つ

クレーンオペレーターのきつい点は、同じことの繰り返しというところです。クレーンで鉄板・鉄骨ばかりずっと移動させたり、積み上げたりする作業を何十回とやっていると単調な作業に疲れてきついと感じるでしょう。

変化のない作業を何じ間も行うには忍耐力がなければ飽きてしまい、ストレスになってしまうこともあります。

午前中から午後にかけて一人で黙々とクレーンを操作する仕事は、毎日行えばきついと感じる人は多いです。

クレーンオペレーターのきつい点5:事故を起こすと自分が責任をとる

Bottom banner

事故を起こすと自分が責任をとることがきつい点です。現場で一緒に働く職人の指示によって事故を起こしたとしても、クレーンオペレーターの責任となるのがきついと強く感じるでしょう。

事故を防ぐために、自分のペースで仕事をしたくても周囲が忙しく働いていればマイペースで進めるには無理があります。

事故を起こせば取引先に頭を下げて謝り、修理代や治療代を負担しなければならないなど重い責任を負わされるのがきつい点です。

クレーンオペレーターのきつい点6:とび職の人との人間関係が難しい

クレーンオペレーターの仕事におけるきつい点8つとメリット3つ

現場にいるとび職の人との人間関係が難しいのがクレーンオペレーターのきつい点です。クレーンの先が操縦席から見えにくいクレーンオペレーターに対し、とび職人は安全を考えながら指示を出します。

しかし、日頃から職人と意思疎通ができていない場合は作業が上手く捗らないので、喧嘩してしまう場合があるでしょう。

また、折り合いが悪いとび職人には現場で厳しい口調で無理な指示をしてくるのが辛いと感じる人は多いです。

クレーンオペレーターのきつい点7:中年はより過酷な労働をさせられる

中年はより過酷な労働をさせられるのがクレーンオペレーターのきつい点です。最近は不況のために新人を使うだけの予算がないので、多くの仕事を中年のクレーンオペレーターに依頼するから仕事が増えて休日出勤が増えます。

また、新人がミスした場合は長年働く中年オペレーターのせいと言われますし、トラブルを起こせば仕事の依頼も減り、会社がいつ倒産してリストラされるか分からない恐怖がつきまとうのがきついでしょう。

クレーンオペレーターのきつい点8:新人は働きにくい環境

新人は働きにくい環境だからクレーンオペレーターはきついと感じるでしょう。見習い期間中は給料が低く、それでいて覚えることが多いのがきついとの現実があります。

また、やる事がたくさんありすぎて覚えきれないでいると他の従業員から嫌われ、職場で働きにくくなるのがきついところです。

結局はクレーンを操縦することもできずに、基本的な教育の段階で挫折しそうになるのもきついのがクレーンオペレーターの現状となります。

クレーンオペレーターのメリット3つ

クレーンオペレーターの仕事におけるきつい点8つとメリット3つ

クレーンオペレーターに興味がある人も多いでしょう。もし、自分がこの職業に就いて仕事をしたらどのようなメリットがあるのか知りたい人のために、クレーンオペレーターのメリットを3つ取り上げてご紹介します。

クレーンオペレーターのメリット1:給料が高い場合が多い

クレーンオペレーターのメリットは給料が高い場合が多いことです。平均年収は460万円以上となり、給料にすると平均34万円程度になります。

ボーナスは企業により違いはありますが、平均して48万円となり、臨床検査技師に並ぶほど給料が高い場合が多いです。

きつい仕事をどんどんこなし、スキルアップすることで昇給も狙える大型クレーンの免許を取得すれば、さらに高い給料となるでしょう。

クレーンオペレーターのメリット2:作業現場は快適

クレーンオペレーターの仕事におけるきつい点8つとメリット3つ

作業現場は快適なのがクレーンオペレーターのメリットです。外で作業している従業員は、夏は暑く、冬は寒い中で仕事をするのはきついでしょう。

しかし、クレーンオペレーターのいる場所は、夏は冷房が効いているため涼しく、冬は暖房が効いているので暖かな中で仕事ができるため快適です。

また、操縦は座りながらできますし、力を入れなくてもレバー操作するだけなので、きつくはない仕事となります。

クレーンオペレーターのメリット3:免許更新が不要

免許更新が不要なのがきついといわれるクレーンオペレーターのメリットです。有効期限のない移動式クレーン運転士の資格は、一度取ってしまえば更新は必要ありません。

取得するまではきつい学習と実技を乗り越えなければなりませんが、一度取得してしまえば更新する手間を省けます。

しかし、免許証を破損した、紛失した場合は再交付申請をすることが必要ですから更新できる場所を調べて、早めに更新することが必要です。

クレーンオペレーターは安全第一の仕事

クレーンオペレーターの仕事におけるきつい点8つとメリット3つ

クレーンオペレーターは安全第一の仕事です。少しのレバー操作ミスが重大な事故や大怪我を招くことがある危険が隣り合わせの仕事ですので、クレーンオペレーターは安全確認をしっかりして仕事をしましょう。

しかし、作業現場は安全に仕事ができるよう快適になっていますので、ストレスなく働けるのも魅力的です。仕事も慣れればきついと感じることも少なくなり、コツとテクを磨くことで安全に仕事ができるようになります。

Bottom banner

Related