Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年08月20日

ルート配送について知っておきたいこと|ルート配送の仕事のきつい点8つ

ルート配送について知っておきたいこと|ルート配送の仕事のきつい点8つ

ルート配送の仕事はきつい仕事です。商品管理を徹底させながら、時間通りに目的地に届けなくてはいけません。お店にとってはルート配送の商品が店の売り上げを左右することもあるので、作業がきついと感じてもドライバーは責任を持って仕事をする必要があります。


ルート配送の仕事とは

ルート配送について知っておきたいこと|ルート配送の仕事のきつい点8つ

ルート配送の仕事とは、コンビニやスーパーマーケットと契約を結び、決まった商品をルートに従い配送する仕事です。ルート配送の仕事はお店に品不足を起こさせないためにも、商品の管理をしながら、時間を厳守して届ける必要があります。

ルート配送の仕事をする人は、お店やお客様に与える影響を考えて、仕事に取り組むようにしましょう。

平均的な収入

ルート配送について知っておきたいこと|ルート配送の仕事のきつい点8つ

ルート配送の平均的な収入は18万円から30万円ほどです。勤めている会社の規模や勤務形態、労働条件などでも収入額が変わってきます。

ルート配送の仕事をする人は、届け先に喜ばれる仕事をするようにして、勤務先の信頼を得て、収入を増やすきっかけにしましょう。仮に収入を上げることができれば、きつい作業に耐えることができます。

ルート配送業務のきつい点8つ

ルート配送について知っておきたいこと|ルート配送の仕事のきつい点8つ

ルート配送の仕事をする上できついと感じることが8点ほどあります。ルート配送の仕事は、長時間の運転が多くなり、荷物を上げ下げする時間が多いので、体に与えられる負担が大きくきついです。

ルート配送の仕事がきついと感じる人は、仕事を充実させる努力をしながら、お客様や取引先に感謝される仕事をして、充実感や達成感を感じるようにしましょう。

ルート配送業務のきつい点1:毎日同じ場所を走る

ルート配送について知っておきたいこと|ルート配送の仕事のきつい点8つ

ルート配送業務のきつい点に毎日同じ場所を走ることが挙げられます。ルート配送の仕事は、決められたルートに配送します。毎日同じ道を走るので飽きてしまうでしょう。

ルート配送の仕事をしている人は、本部に違うルートの配送を打診したり、同じルートでも運転中に景色を楽しむことで気分転換をしながら、仕事に向き合うようにしましょう。

ルート配送業務がきつい点2:一人の時間が長い

ルート配送について知っておきたいこと|ルート配送の仕事のきつい点8つ

ルート配送業務がきつい点に一人での時間が長いことが挙げられます。ルート配送の仕事は一人での作業が多くなるので、沈黙に耐えられない人にはきつく感じることがあります。

一人の時間が長いと感じる人は、ラジオを聴いたり、無線での会話をすることで気を紛らすようにしましょう。また、お店の店員さんと何気ない会話をすることも大切です。

ルート配送業務のきつい点3:朝が早い

ルート配送業務のきつい点に朝が早いことが挙げられます。ルート配送の仕事は、車の整備や荷物の確認と積み込みがあるので、早めに出社して仕事をしなければならないので朝が苦手な人には厳しい仕事と言えます。

早朝の出勤が辛い人は、前の日に早く就寝するようにしておき、翌日の朝に疲れを残さないようにしましょう。

ルート配送業務のきつい点4:荷物を運ぶ回数が多い

ルート配送業務のきつい点に荷物を運ぶ回数が多いことが挙げられます。ルート配送の仕事で配送する商品自体は重いものが少ない反面、荷物を運ぶ回数が多くなり、そのことが作業をきつくしています。

ルート配送の仕事をする人は、荷物の大きさや重さを考えて、降ろしやすいように積んでおき、作業への負担を減らすようにしましょう。

ルート配送業務のきつい点5:運転している時間が長い

ルート配送業務のきつい点に運転している時間が長いことが挙げられます。ルート配送の仕事なので、決められたルートでの配送が多いですが、運転をしている時間が長いことで運転自体に飽きてしまい作業がきついと感じることがあります。

運転をする時間が長いと感じる人は、街の景色の変化を楽しんだり、適度な休憩を取り、仕事へのモチベーションを維持しましょう。

Bottom banner

ルート配送業務のきつい点6:天候の悪さが仕事に響く

ルート配送業務のきつい点に天候が悪いことで作業に悪影響を与えることが挙げられます。天候が悪ければ、雨を避けて荷物を運搬する必要があるので、普段よりも神経を使って仕事をしなければいけないのできついと感じることが多くなります。

天候の悪さが気になる人は、あらかじめ雨を避けるビニールなどを持参しておき、荷物にかけておくことで作業の効率化を図りましょう。

ルート配送業務のきつい点7:商品管理に気を使う

ルート配送業務のきつい点に商品管理に気を使うことが挙げられます。食品などは温度設定が決まっており、きちんと管理できなければ商品として扱うことができなくなるので、商品管理に気を使わなければいけません。

ルート配送の仕事をする人は、外気の気温を考えながら、温度設定をして商品を無事届けることに全力を注ぎましょう。また、トラブルがあった場合の対処法も本部に聞いておくようにしましょう。

ルート配送業務のきつい点8:時間を厳守する必要がある

ルート配送業務のきつい点に時間を厳守することが求められます。コンビニやスーパーマーケットは決められた時間に商品を入荷させておく必要があるので、時間を厳守して配送をしなければいけません。

ルート配送の仕事をする人は、道が混雑していたり、工事中の場合を考えて別ルートの道を確保しておくようにしましょう。

ルート配送業務のメリット3つ

ルート配送について知っておきたいこと|ルート配送の仕事のきつい点8つ

ルート配送をする上で生じるメリットがあります。ルート配送の仕事は宅配便のように臨機応変に仕事をする必要がないので、作業をする上で楽な部分があります。

ルート配送の仕事をする人は、他の配送業にはないメリットに注目して、仕事をしていくようにします。どのような仕事にもデメリットとメリットがあるので、良い部分にフォーカスを当ててみましょう。

ルート配送業務のメリット1:複雑なルートを覚えなくても良い

ルート配送について知っておきたいこと|ルート配送の仕事のきつい点8つ

ルート配送業務のメリットに複雑なルートを覚えなくて良いことが挙げられます。ルート配送の仕事は決まったルートを走行するので、宅配便や長距離ドライバーのように複雑な道を覚えなくても仕事をすることができます。

ルート配送の仕事をする人は、ルートの変更や追加があった場合に備えて、担当する地域の土地勘を得ておきましょう。

ルート配送業務のメリット2:多くの場所を回らなくても良い場合がある

ルート配送業務のメリットに多くの場所を回らなくても良いことが挙げられます。担当するルートにもよりますが、決められたルートを走行して配達するので、多くの場所を回らなくても良い場合があります。

ルート配送の仕事をする人は、通常ルートでの作業に慣れる努力をしながら、商品管理に気を回して作業自体の負担を減らすようにしましょう。

ルート配送業務のメリット3:残業が少ない

ルート配送業務のメリットに残業が少ないことが挙げられます。ルート配送の仕事は決められたルートに荷物を運ぶため、突発の仕事がないので残業をする職場が少ないです。

ルート配送の仕事をする人は、残業が少ないことを承知しておき、労働契約を結びましょう。また、残業が必要になった場合はできるだけ応じるようにしましょう。

ルート配送の仕事をする場合はじっくり会社を選ぼう

ルート配送について知っておきたいこと|ルート配送の仕事のきつい点8つ

ルート配送の仕事をする場合は、自分に合った会社をじっくり選ぶようにしましょう。自分の力量や運転スキルに合わない職場を選んでも、長く仕事を続けることができません。

ルート配送の仕事をする人は、ルート配送の仕事はメリットもあれば、デメリットもあることを覚えておき、作業自体がきついことを承知して仕事をするようにしましょう。

Bottom banner

Related