Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年08月20日

トレーラードライバーの仕事のメリット8つ|デメリット3つも把握しよう

トレーラードライバーの仕事のメリット8つ|デメリット3つも把握しよう

トレーラードライバーは、拘束時間が長いなどで敬遠される職業の1つですが、その反面人と関わることが苦手な人には人気がある職業です。トレーラードライバーにとって運転技術は大事な要素ですが、確固とした自律心や強い責任感を備えた性格が求められる職業でもあります。


トレーラードライバーの仕事とは

トレーラードライバーの仕事のメリット8つ|デメリット3つも把握しよう

トレーラードライバーの業務内容は、基本的にトラックドライバーと大きな差はありませんが、運搬する貨物は超大型の装置・機械・重機などが対象です。

トレーラードライバーの業務は、運送会社の近隣地域と遠隔地との間を往復する長距離輸送が基本であり、走行時間は専ら道路が空いている夜間帯です。

なお、勤務形態は1泊2日あるいは2泊3日が一般的ですが、業務繁忙期は1週間ほど帰宅できないケースもあります。

必要な資格や免許

トレーラードライバーになるためには「大型自動車免許」と「けん引免許」が必要ですが、普通自動車の免許を持っていることが取得するための条件です。

トレーラーは「牽引自動車」とも呼ばれますが、運転席があるトラクターと貨物などを載せるトレーラーが分離できる構造になっています。

トレーラーには「セミ」「フル」「ポール」の3種類がありますが、日本ではフェリー輸送に有利なセミトレーラーが最も汎用されています。

経験者優遇だが未経験でも働ける

最近の運送業界を取り巻く深刻な人手不足の状況から、一部の運送会社にけん引免許を持っていない大型トラックのドライバーを採用する動きがでてきています。

トレーラドライバーの未経験者を採用後、大型トラックの配送業務に従事しながらけん引免許に必要な教育訓練を行います。

けん引免許の取得後にトレーラードライバーとして実戦配備する方式なので、未経験者のトレーラードライバーにとってメリットが多い制度といえます。

トレーラードライバーの仕事のメリット8つ

トレーラードライバーの仕事のメリット8つ|デメリット3つも把握しよう

運送会社のトレーラードライバーは、長時間労働や低賃金の悪評が高く人材不足が大きな課題となっていますが、その反面、トレーラードライバーにしか味わえない醍醐味や楽しみなどメリットが多い職業といえます。

なお、最近はトレーラードライバーへ転職を目指す人が増えていますが、トレーラドライバーに求められる要件は高度な運転技術もさることながら、なによりも安全第一を優先する性格的な資質が重要視されます。

トレーラードライバーのメリット1:フリーランスよりも安定して稼げる

トレーラードライバーの給料は、当然企業規模や事業地域などによって異なりますが、一般的に25~50万円くらいが相場といわれていますので、フリーランスより安定して稼げるメリットがあります。

ちなみに、歩合制のドライバーは、運行件数が多いほど高収入になるメリットがあります。また、給料制のドライバーは、運行件数と関わりなく一定の給料が保証されかつ定期昇給やボーナスもあるので安定した収入がメリットです。

トレーラードライバーのメリット2:いろんな場所へ行ける

トレーラードライバーの仕事のメリット8つ|デメリット3つも把握しよう

トレーラードライバーの仕事は、内勤者のように事務所や店舗などの狭い場所に留まってやる仕事とは違い、私用や旅行でも行くことがないまさざまな地方や地域に行けるメリットがあります。

目的地直近の高速インターを降りる頃、都会生活では見ることもない朝焼けに迎えられることなど、目に焼き付く感動的なシーンに巡り会えるメリットがあります。

トレーラードライバーのメリット3:運転が上手くなる

トレーラードライバーは、トラックドライバーと比べものにならないほど高度なテクニックが要求されます。

トレーラードライバーのキャリアが長ければ長いほど運転テクニックが評価されるので、キャリアアップにとって大きなメリットになります。

全長が長いトレーラーは桁違いの内輪差があるため、特に交差点などで右左折する際は危険が伴います。瞬間的な目測で適切にハンドル操作しなければなりません。

トレーラードライバーのメリット4:地理が詳しくなる

トレーラードライバーの仕事のメリット8つ|デメリット3つも把握しよう

全国くまなく飛び回るトレーラードライバーは、頭の中に無意識に幹線道路網が刻み込まれてしまうので、日本中の地理にとても詳しくなるメリットがあります。

トレーラードライバーに限らず自動車を運転するときは、あらかじめ自分の頭の中にルートやマイルストーンをイメージしておくことが安全運転にとって大きなメリットになります。

トレーラードライバーのメリット5:初心者でも免許が取れる

最近の運送業界は人材不足で困っているため、大型免許しか持っていない初心者でも会社負担でトレーラ運転に必要なけん引免許が取れるメリットがあります。

運送会社のトレーラードライバーは、低賃金と長時間労働が知れ渡る大変な職業の1つですが、今後は働き方改革の改善効果が望めることから、間違いなく格好良くて稼げる職業に変貌するはずです。

Bottom banner

トレーラードライバーのメリット6:一人でいる時間が長いのでストレスが少ない

トレーラードライバーの最大のメリットは、上司や職場の仲間などに気を使うことなく長い時間一人で黙々と仕事ができることです。

多くのビジネスマンにとっての悩みの種は、狭い事務所で嫌な上司の顔を見ながら一日過ごすことです。

一人で過ごすことに苦痛を感じない人にとっては、トレーラードライバーの仕事は大きなメリットになります。

トレーラードライバーのメリット7:資格を持つと役に立つ

トレーラドライバーになるためには、大型自動車免許とけん引免許が必要ですが、それ以外に危険物免許やフォークリフト免許などの資格を持つと、仕事で評価されるメリットがあります。

ガソリンなどの可燃物のけん引型タンクローリーのドライバーは「危険物取扱乙4類」、貨物集積場の荷積みや荷降ろし作業には「1トン以上フォークリフト」免許が必要なので、免許を持っていると仕事の幅が広がるメリットがあります。

トレーラードライバーのメリット8:美味しいものが食べられる

トレーラードライバーの仕事のメリット8つ|デメリット3つも把握しよう

全国を駆け回るトレーラードライバーは、仕事で行く先々で名物料理や美味しい食材を楽しめるメリットがあります。

トレーラードライバーの一日の疲れを癒やしてくれるのは美味しいご飯ですが、地方の名物料理を料亭で食べるのは少々気後れします。

リーズナブルな料金で美味しいご飯を食べられるトラックステーションを利用できるのは、トレーラードライバーにとって大きなメリットです。

トレーラードライバーの仕事のデメリット3つ

トレーラードライバーの仕事のメリット8つ|デメリット3つも把握しよう

トラッドライバーの仕事は、プロのドライバーの中でも人気が高い職種ですが、1日500km以上走行するハードな仕事なのでいくつかのデメリットがあります。

今までは「トレーラードライバーは女性には無理」との通説がありましたが、最近ではリタイヤする高齢ドライバーの補充要因として、女性ドライバー(通称トラガール)の採用促進の動きが活発になっています。

トレーラードライバーのデメリット1:高齢になると仕事がきつい

トレーラードライバーの仕事のメリット8つ|デメリット3つも把握しよう

トレーラードライバーの1日の走行距離は、概ね300~500kmくらいが一般的です。ところが、中には契約の関係で600kmを越えるドライバーもいますので、とにかく疲れる仕事であることには違いありません。


トレーラードライバーの職種にも高齢化の波が押し寄せていますので、人材確保の必要性が高まっています。その意味でトラガールの育成が喫緊の課題ですが、指導者として高齢ドライバーの活用が期待されます。

トレーラードライバーのデメリット2:長時間労働になる場合がある

トレードライバーの労働条件は勤務内容が特殊なことから、一般的な労働者と比べて長時間労働が避けられないデメリットがあります。

トレーラードライバーの労働条件は、1日の拘束時間が13時間、最大16時間と規定されていますが、4時間走行ごとに30分の休憩が義務づけられています。

なお、2日間の運転時間の平均が上限9時間と規定されているので、1日目が13時間であれば2日目は5時間までしか運転できません。

トレーラードライバーのデメリット3:生活リズムが変わる可能性がある

トレーラードライバーの仕事柄、どうしても生活のリズムが変則的になるデメリットがあります。

トレーラードライバーの仕事は、夜勤帰りで朝ご飯を食べてから就寝なので、馴れないうちは体調が崩れることがよくあります。どんな状況でも布団に入ると直ぐに寝られる習慣を身に付けることが大事です。

また、高速道路の通行状況によって、到着時刻が遅れが生じるとおにぎりかパンなどをかじりながら走行する場合もあります。

トレーラードライバーは需要のある仕事

トレーラードライバーの仕事のメリット8つ|デメリット3つも把握しよう

トレーラードライバーの需要状況は、求人広告や求人雑誌、求人サイトや転職エージェント、ハローワークなどで知ることができます。

一番簡単なのはスマホなどのネット検索ですが、あまり得意でない方にはハローワークの利用がおすすめです。

運送業界の深刻なドライバー不足を解消するため、現在は官民挙げてドライバーの待遇改善と同時に若者や女性ドライバーの育成に力を入れていますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

Bottom banner

Related