Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

ハイヤー運転手の年収は?就労パターン3つに分けて詳しくご紹介!

ハイヤー運転手の年収は?就労パターン3つに分けて詳しくご紹介!

今回は多くの人を送迎するハイヤー運転手の年収や就労パターンを3つに分けてご紹介します。ハイヤー運転手が、どういった仕事をどのようなスキルをもってこなしているのかを知って、より良い環境でハイヤー運転手として活躍するための参考にしましょう。

初回公開日:2019年07月10日

更新日:2019年08月20日

記事に記載されている内容は2019年07月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


ハイヤー運転手とは

ハイヤー運転手は営業所で待機して、要望があった際に業務を開始します。

タクシーとは違い、利用する車と運転手を一定時間借りることになるため、タクシーのようにメーターがついておらず流し営業を行ったりしません。なので利用する際は、ハイヤーが車庫を出て戻るまでの時間、ハイヤー運転手にお金を払うことになります。

学歴不問で募集しているところも多い

ハイヤー運転手はサービスや接待の能力、そして、なにより運転の技術が求められます。

採用の条件は厳しく設けられており、どんなに優秀でも会社の採用基準を超えなければ採用してもらえません。逆に言うと、未経験で学歴がない人でも基準さえ満たしていれば、活躍することができる職業です。

ハイヤー運転手になるために必要な技術や知識を知り、しっかりと身につけて理想の職場で働けるようにしましょう。

【パターン別】ハイヤー運転手の年収3つ

ハイヤー運転手の年収はいろいろな要因で変化していきます。ここでは、実際にハイヤー運転手の年収にどういった種類があるのかを3パターンご紹介します。

それぞれのパターンを参考に、自分がハイヤー運転手になる際にどのパターンが当てはまるのかを考え、将来の姿を思い浮かべみましょう。そして、その姿をより良いものにする方法を考えていきましょう。

ハイヤー運転手の年収1:正社員で新卒入社の場合

新卒入社の場合、いずれ幹部への成長を期待したり、本社勤務をさせようという会社が多いです。給与に大きな差はありませんが、数年勤務した後、本社勤務となることが多いです。

本社勤務になると、将来的には営業所の所長など、役職が付くようになるので年収も自然と上がっていきますが上がり方は本人の勤務成績や会社ごとにも違います。将来の年収を上げるためには会社選びも重要になります。

ハイヤー運転手の年収2:正社員で転職した場合

ハイヤー運転手の場合、転職者と新卒者に大きく差はありません。優れた技術を持っていても、ハイヤー運転手として活かせる技術で無ければ意味を持ちません。ハイヤー運転手の経験があったり、二種免許を持っている場合は、給料や年収に差が出る場合もあります。

健康体で業務に支障がなければ、たとえ60代でも雇ってもらえます。あまりに高齢だと先方が嫌がる場合があるります。

ハイヤー運転手の年収3:非正規雇用の場合

ハイヤー運転手の非正規雇用の場合、おおよそ時給で1,200~1,500円程度になっています。正規雇用と比べて、ハイヤー運転手としての経験や技術がなければ採用してもらえる可能性は低くなっています。

逆に、アルバイトとして経験を積むことを前提に募集されている会社もあるので、そういった場所で経験を積むという手段もあります。

ハイヤー運転手の平均的な賃金について

ここまでハイヤー運転手の年収のパターンをご紹介しました。自分の状況や能力と照らし合わせて、どのくらいの年収を得ることができるのかを考えてみましょう。

続いて、ハイヤー運転手の平均的な賃金についてご紹介していきます。ハイヤー運転手の賃金について理解を深めていき、自分にあった環境や求める年収を稼げる職場探しの参考にしましょう。

賞与

ハイヤー運転手で賞与が出る会社は多くありません。大手会社であれば賞与も年に2回、しっかりと支給されますが、そうでない場合は会社によっては賞与が出るかはわかりません。きちんと賞与のある会社を選んで就職活動をすることが、年収を上げるために大切になります。

金額は会社ごとに差はありますが、30万円程度が賞与の相場になってるので、そのことを踏まえた上で職場選びをしていきましょう。

昇給

Bottom banner

ハイヤー運転手の給料には種類があり、勤めている会社の契約先が決めているものや距離によって計算されるもの、勤めている会社が固定給で支払っているものなどがあります。

固定給の場合や将来的に役職が付く場合であれば昇給されることもありますが、距離計算などの場合昇給は難しくなります。

特に、契約先が決めている場合は交渉が必要になるので、どうしても昇給をしたい場合は自社と交渉し契約先に伝えてもらう必要があります。

各種手当

手当ての種類は会社ごとに違いがでます。交通費や残業代、各種福利厚生や勤続勤務手当、二種免許取得などの手当てが存在します。支給額や内容は会社ごとに変わるので、募集要項や説明会で確認しておきましょう。

後々、後悔をすることのないように職場を探す段階から会社を見極めることが、将来にとって大切になります。

ハイヤー運転手として高収入を狙う方法

ハイヤー運転手としてより多くの年収を得るために注意しなければならないことがあります。ここでは、ハイヤー運転手として高収入を目指すために必要なポイントをご紹介します。

これらの必要なポイントを参考に、どう考え行動すればより良い環境や年収を得ることができるのかを模索し、実現できるように行動していきましょう。

高いスキルを身に着ける

ハイヤー運転手には直接年収に繋がる資格などは多くありません。代わりにお客様の考えを読み、最高の状態を保つことが次の仕事に繋がることになります。そうすることで、先方との直接契約に繋がります。距離計算の場合は効率よく走ることで1日の仕事件数を多くこなす事ができます。

こういった察知能力や判断力、コミュニケーション能力などのスキルを高め、身につけていくことが年収をアップさせることに繋がります。

役職につく

より良い運転技術を持っていたり評判の良い接客をすることで、本社から声が掛かり教習教官という役職につけることがあります。その後の頑張り次第では、課長や課長代理などの役職や、営業所所長などの役職につくことができます。

こういった役職につくことで年収を大きくアップさせることに繋がるので、役職につくことを目標に日々の仕事を丁寧に積み重ねていくことが重要になります。

同じ会社で長く働く

ハイヤー運転手は、勤続年数を重ねることで勤続勤務手当を貰える会社があります。会社によって差はありますが5年や10年といった節目に会社から金一封がもらえる制度になります。

また、勤続年数を重ねるほど、仕事の件数も多くなっていくので、より重要な仕事を任せられるようなります。名誉ある仕事につくことでモチベーションを向上させ、同時に年収をアップさせることができます。

仕事の多そうな地域で働く

ハイヤー運転手は仕事柄、東京都内で働いた場合案件が非常に多くなります。都外にもハイヤー運転手の仕事はありますが、ハイヤーを必要とする企業は、やはり東京都内の方が多いです。

そのため、ハイヤー運転手として多くの年収を稼ぐのであれば、東京都内など仕事の件数が多い場所で働くことが重要になります。多くの仕事をこなすことはスキルの上達にも繋がるので、地域選びはかなり重要なポイントになります。

車の手入れはしっかり行う

ハイヤー運転手が車の手入れを怠ることは、年収を落としてしまう要因になります。ハイヤーは契約先の車を借りる場合があります。その車の手入れを怠っていると、給与を減額されることに繋がります。

ハイヤーの車は会社の顔と言っても過言ではありません。汚れた車の場合、次も頼もうと考えられないからです。会社の看板を背負っているという自覚を持ち、車の手入れをきちんと行うことが会社とお客様の信頼を得ることに繋がります。

ハイヤー運転手は高年収も狙える魅力的な仕事

いかがでしたか。今回はハイヤー運転手がどのような仕事で、どのように働いておりどういった給料形態なのかをご紹介しました。

今回ご紹介した、ハイヤー運転手にとって必要なポイントや、知っておかなければならないことを参考に、ハイヤー運転手のことをより深く理解していきましょう。この記事を読んだ方が、より良い環境で活躍されるための手助けになることを祈っています。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人