Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年06月12日

フォークリフトの操作は難しい?フォークリフトを上手に乗りこなすコツ5選

フォークリフトの操作は難しい?フォークリフトを上手に乗りこなすコツ5選

フォークリフトに興味を持つ人のために、フォークリフトの免許を活かせる仕事とはどのようなものかご紹介します。さらに、平均年収は幾らになるか、実際に運転を経験した人が操作して難しいと感じる理由と、上手に乗りこなすコツもお伝えしますので、参考にしてみてください。


フォークリフトとは

フォークリフトの操作は難しい?フォークリフトを上手に乗りこなすコツ5選

フォークリフトとは、荷物を運ぶためのつめが車体前面にある車両のことです。車体前面に備えた荷役用のつめは、油圧を利用して昇降・傾斜も可能です。

一度に複数の荷物を積み重ねて載せることも可能ですし、高い棚に荷物を積むことも容易にできます。他にもコンテナ貨物やパレットなどの荷役を行うことができます。

フォークリフトを使うことが多い場所としては、物流倉庫や工場、貨物ターミナル、駅、港などが多いでしょう。

フォークリフトの免許が活かせる仕事

難しい試験に受かった後は、フォークリフトの免許を活かし、稼げる仕事で活躍してみましょう。運転技能講習講師であれば、フォークリフトのハンドル操縦の仕方や荷物の載せ方、降ろし方、リフトの基本的な性能や機能、点検の仕方にメンテナンスなど詳しく教えられます。

他には、倉庫内で箱に入った食品やドリンク、部品を運んだり、土木工事業・建築業、宅配会社で荷物をトラックに運ぶオペレーターなどに活かせる免許です。

フォークリフトを使った仕事の平均年収

気になるフォークリフトを使った仕事の平均年収は、20代なら200万円から250万円になります。ですが、キャリアを積んでいけば30代で年収300万円以上になることは多く、さらに経験を積んだ40代にもなれば、年収は350万円前後も可能な会社は多くなるでしょう。

仕事が多く、給料も高い都市部の上場企業のフォークリフトオペレーターの平均年収は、一般的な企業よりも100万円以上も高くなる場合もあります。

フォークリフトが難しいと感じる理由3つ

フォークリフトの操作は難しい?フォークリフトを上手に乗りこなすコツ5選

フォークリフトの仕事がしたいと考えたけど、難しいなと感じてしまう人が多い現実があります。なぜ、フォークリフトが難しいと感じるのか3つの理由を取り上げて、内容をご紹介しましょう。

フォークリフトが難しいと感じる理由1:資格を取得しなければならない

フォークリフトが難しいと感じる理由の1つ目は、資格を取得しなければならないことです。操作して安全に、正確に仕事をするには講習の受講をしなければなりません。

1トン未満であればフォークリフト運転技能講習とフォークリフト運転特別教育を修了することになり、修了証という免許を取得します。

1トン以上ならフォークリフト運転技能講習を修了し、修了証を取得しなければいけません。

フォークリフトが難しいと感じる理由2:運転に慣れるまで時間がかかる

フォークリフトの操作は難しい?フォークリフトを上手に乗りこなすコツ5選

フォークリフトは、運転操作に慣れるまで時間がかかるところが難しいと感じます。これが2つ目の理由です。なぜ難しいのかというと、フォークリフトはハンドルの施行方回とは逆になる後輪操縦で走ります。

そのため普通の感覚で運転すると車体がブレてしまいます。何度も運転して、ブレないように練習することが必要です。フォークリフトの運転に慣れるまで、早くても1週間から2週間はかかるでしょう。

フォークリフトが難しいと感じる理由3:操作だけでなく正確さや速さも重要

フォークリフトが難しいと感じる理由の3つ目は、運転操作の正確さや速さもが求められることです。狭い倉庫内での荷物の運搬をするにはハンドル操作は落ち着いて行い、正確に道路の幅や荷物のサイズを頭の中に入れて運びます。

慎重に操作しつつ、外輪差を意識してハンドルを回しすぎず、目的地まで速く運ぶことが重要です。

時間を意識しながら早く運ぶことは、フォークリフトの運転士に求められる技術となるでしょう。

フォークリフトを上手に乗りこなすコツ5選

フォークリフトの操作は難しい?フォークリフトを上手に乗りこなすコツ5選

免許を取得したらフォークリフトを上手く乗りこなし、仕事をテキパキやりたいと感じる人は多いでしょう。

では、多くの人が運転は難しいと感じるフォークリフトを上手に乗りこなすコツとはどのようなものかの5選を取り上げ、内容を詳しくご紹介します。

フォークリフトを上手に乗りこなすコツ1:運べる重さの計算方法を知る

運転操作が難しいフォークリフトを上手に乗りこなすコツは、運べる重さの計算方法を知ることが大事です。

荷物のサイズと重さを考えて、荷物を運ぶことができるかまとめた許容荷重表があります。この表は、運転席の見やすい位置に貼ってあることが多いでしょう。

表には、フォークリフトで運べる荷物の重さやサイズなどが書かれてあります。この表をチェックしてから作業をすると、より安全に荷物を運ぶことが可能となるでしょう。

Bottom banner

フォークリフトを上手に乗りこなすコツ2:パレットの材質と特徴を知る

パレットの材質と特徴を知ることが難しいフォークリフトを上手に乗りこなすコツとなるでしょう。材質の木製パレットは重い荷物を運び、傷んだらその部分だけ修理することが可能です。

合成樹脂製パレットは長持ちする材質で、湿気が多い場所で使われることが多く、破損部分の修理は木製に比べると費用が高くなります。

金属製パレットは壊れにくい材質ですから、航空輸送などの現場で重いものを運ぶのに使われることが多めす。

フォークリフトを上手に乗りこなすコツ3:外輪差を意識してハンドル操作する

フォークリフトの操作は難しい?フォークリフトを上手に乗りこなすコツ5選

外輪差を意識してハンドル操作をすることが、難しいフォークリフトを上手に乗りこなす時のコツとなります。

フォークリフトの後輪操舵(こうりんそうだ)は、方向を変えるときに後輪が動きますが、この時に外輪差が起こります。

その時、後ろの部分が車体全部分よりも大きく外側を通ってしまうこの外輪差を意識しながら操作することで、荷物と車体の後ろ部分をぶつけることなく、上手に運転できるでしょう。

フォークリフトを上手に乗りこなすコツ4:ハンドルは最小限に切る

前後のタイヤの大きさが違う操作の難しいフォークリフトを上手く乗りこなすには、前の大きなタイヤが大きく動いてしまわないように、ハンドルを最小限に切ることがコツです。

狭い場所でも小回りが利くよう後ろのタイヤが小さくなっており、ハンドル操作をして曲がるときは最小限にできます。

ハンドルを回しすぎないよう感覚がつかめるまでは、ハンドルを小刻みに回しながら操作して、体に感覚を覚えさせましょう。

フォークリフトを上手に乗りこなすコツ5:リフトのコツは水平か前倒し

リフトは水平か前倒にして、速度を落としてから荷物の上げ下ろしを行えば、難しいフォークリフトを上手に乗りこなせます。

また2段階で行う荷物の上げ下ろし作業でのコツは、リフトを持ち上げる時は少し手前に動かし、フォークをパレットへ完全に刺し直したことを確認してから持ち上げます。

荷物の上に乗せる場合には、リフトを一旦置き、中心になるようにしてから荷物を上に乗せると上手く乗りこなせるでしょう。

フォークリフトの仕事におけるメリットとデメリット

フォークリフトの操作は難しい?フォークリフトを上手に乗りこなすコツ5選

仕事でフォークリフトを操作して、どんどん活躍すれば、どのようなメリットがあるのか、何がデメリットになってしまうのかについて、学んでおきたいという人も多いのではないでしょうか。

では、フォークリフトの仕事におけるメリットとデメリットをそれぞれご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

フォークリフトの仕事におけるメリット

フォークリフトの仕事におけるメリットは、ずっと座って仕事ができることです。体力のない人や高齢の人、身長の低い女性でも容易に仕事ができます。

仕事をしながらレバーやハンドル操作をするスキルを積んでいくこともできます。スキルを積むことでより仕事もスムーズに、的確にできるようになりますので、体にかかる負担も少なく済みます。60代になってもバリバリ働くことができるメリットがあるでしょう。

フォークリフトの仕事におけるデメリット

フォークリフトの操作は難しい?フォークリフトを上手に乗りこなすコツ5選

責任が重大なのが、操作の難しいフォークリフトの仕事におけるデメリットです。大きな荷物を運ぶため、トラックの荷台や棚にぶつけて傷つけたり、破損させないよう慎重に運搬しなければなりません。

ですが、慎重にしすぎると作業に時間がかかり、時間内に運ぶことができないなどの迷惑がかかります。時間との勝負でもある物流で、時間がかかることは迷惑にもなりますので、クビになる可能性もあるのがデメリットです。

フォークリフトの免許を取得しよう

フォークリフトの操作は難しい?フォークリフトを上手に乗りこなすコツ5選

フォークリフトの免許を取得してみましょう。免許を取得した後は思い切ってフォークリフトの仕事を探し、転職して、より高収入を得てみるのもいい方法です。

あえてフォークリフトを操作して、運転が難しいと感じる理由や仕事のデメリットをチェックしてみましょう。

そして、上手に乗りこなすコツを学んで、実践して的確にハンドル操作ができるよう経験を積んでみてください。難しいの先に得られるものは多いでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related