Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年08月20日

必要な免許とは?ダンプ業界について知っておきたいポイント10コ

必要な免許とは?ダンプ業界について知っておきたいポイント10コ

深刻な人手不足になっているダンプ業界では、ダンプ運転手を目指す女性や未経験の人の受け入れを広げています。そこで、今回はダンプ業界の仕事内容やダンプ運転手になるために必要な免許について紹介します。ダンプ運転手を目指す人は参考にしてみてください。


ダンプ業界とは

必要な免許とは?ダンプ業界について知っておきたいポイント10コ

ダンプ業界とはダンプトラックを使って仕事をする業界です。この業界で行われる仕事は、荷台に積んだ砂利や土砂などを工事現場や生産工場に搬入することです。つまりダンプトラックを使った物流のお仕事ということです。

ダンプ業界でダンプトラックの運転をしている人は、荷物の手積みや積み下ろしなどの力仕事を行うことはありません。そのため、ダンプ運転手として活躍している女性も増えています。

ダンプ業界の仕事の種類

ダンプ業界で行われている仕事としては、主に3種類に分かれています。

1種類目は建設・工事現場で必要な荷物をダンプカーに積んで現場まで運搬する作業です。2種類目は工場から工場へあらかじめ決められたルートを使って荷物を配送する作業です。3種類目は、公道を走ることがなく一つの工場の敷地内だけで荷物を運搬する作業です。

このように、ダンプ業界ではいくつもの荷物の運搬の仕方が存在しています。

ダンプ業界について知っておきたいポイント10コ

ダンプ業界への転職や就職を考えている人にとって、ダンプ運転手のお給料や勤務時間といった、ダンプ業界で働くために事前に知っておくと良いことがあります。

ここでは、ダンプ業界についての情報を10コまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

ダンプ業界について知っておきたいポイント1:平均収入

必要な免許とは?ダンプ業界について知っておきたいポイント10コ

ダンプ業界の収入は一般的な時給・日給・月給といった給与形態があります。また勤務している企業によってもさまざまな形態があります。平均収入の相場としては次のようになります。

時給の給料は1000円~1350円、日給の給料は9000円~18000円、月給の給料は20万円~35万円となっていて、この他に残業手当などが加算されて、ダンプ業界の平均年収は240万円~400万円ほどになります。

ダンプ業界について知っておきたいポイント2:労働時間

必要な免許とは?ダンプ業界について知っておきたいポイント10コ

ダンプ業界での勤務時間は近距離運転・長距離運転・ルート配送といった勤務形態があります。各企業によっても違いがあるため、1日の出勤時間が長くなることが多いのも少なくありません。

そのため、厚生労働省の「改善基準告示」では1日の勤務時間は「13時間」を基準とされ、「15時間」を超える場合は一週間に2回までと決められています。また最長勤務としては「最大16時間」とされています。

拘束時間とは、始業時から終業時までの時間で、労働時間(手待ち時間も含む)と休憩時間(仮眠時間を含む)の合計です。
・1日の拘束時間は13時間以内を基本として、最高であっても16時間を超えることはできません。なお、15時間を超えることができるのは1週間につき2回が限度です。

出典: https://www.unyuroren.or.jp/home/deals/deals_001kaizenkij... |

ダンプ業界について知っておきたいポイント3:過積載の問題

必要な免許とは?ダンプ業界について知っておきたいポイント10コ

過積載とは、ダンプトラックの荷台部分に「最大積載量」を超えた荷物を積載したまま、道路を走ることを意味します。

過積載をしてしまうと、荷台に積んでいる荷物が落ちて大きな事故を引き起こしてしまう原因になります。それだけに厳しい責任が問われるとともに、最近では過積載に対する取り締まりが厳しくなっています。しかし現状としては過積載による事故が減っていません。

ダンプ業界について知っておきたいポイント4:天候に左右される

必要な免許とは?ダンプ業界について知っておきたいポイント10コ

ダンプ業界にとって厄介なのが「雨休み」という休みがあることです。

雨休みとは、雨が降っている場合、ダンプトラックのタイヤなどついた泥で道路が汚れてしまうという理由から、運搬作業を中止にすることをいいます。

もともと出勤の日であっても天候によっては休みなるので、雨が多い季節は給料にも影響が出る可能性もあります。

ダンプ業界について知っておきたいポイント5:雇用形態

必要な免許とは?ダンプ業界について知っておきたいポイント10コ

ダンプ業界での雇用形態としては、アルバイトや正社員、契約社員などの他に、「持ち込み」と言われる雇用形態があります。

持ち込みという雇用形態は、会社の車ではなく自分の車を使って運搬業務を行う雇用形態です。持ち込みは、アルバイトや正社員などの給料とは少し違っていて、給料の中に車の整備費や保険料が含まれているので若干給料が高く感じますが、格段に高くなっているわけではありません。

ダンプ業界について知っておきたいポイント6:福利厚生や通勤手当・加入保険など

必要な免許とは?ダンプ業界について知っておきたいポイント10コ

ダンプ業界で多い福利厚生や手当・加入保険などは次のようになります。

まず通勤に関しての待遇ですが、多くの企業では車やバイクでの通勤が可能になっていて、通勤にかかる交通費も支給されることがほとんどです。

さらに給料に関しては、社会保険料の加入はもちろん、ボーナスの付与や有給休暇の取得は完備されています。企業によっては、昇給制度や資格取得の支援をしている企業もあります。

ダンプ業界について知っておきたいポイント7:実際の勤続年数や安定性

必要な免許とは?ダンプ業界について知っておきたいポイント10コ

ダンプ運転手の仕事内容としては、トラック運転手と違い荷物の積み下ろしなどの力仕事が少ないこと、月給制で雇用する企業が多いことなどから、長く勤務する人も珍しくありません。

しかしダンプトラックが運んでいる荷物自体が重く、かつ大量であることから、過積載や速度超過などで大事故を起こしてしまう可能性が高いことをいうこと常に意識しなければいけません。危険と隣り合わせの職業でもあります。

Bottom banner

ダンプ業界について知っておきたいポイント8:勤務中の休憩について

必要な免許とは?ダンプ業界について知っておきたいポイント10コ

ダンプ業界で使用している車両は大型車両が多めです。そのため大型車両用の駐車スペースを完備している施設がない場合は休憩に困ることになります。特に食事については、おにぎりなどの軽食を購入して車内で済ませるという運転手は多いです。

長距離ダンプ運転手は食事や休憩はサービスエリアなどで取ることが多くなるため、ゆっくり休憩を取れない場合も少なくありません。

ダンプ業界について知っておきたいポイント9:休日について

必要な免許とは?ダンプ業界について知っておきたいポイント10コ

一週間の勤務と休日をシフト制で設定している企業や、土日・祝日は休日と設定している企業など、休日の設定の仕方は企業によって異なっています。

ひと月で数日しか休みがないという過酷な勤務状態にならないために、厚生労働省が示した「改善基準告示」では、ダンプ業界の休日は「休息期間+24時間の連続した時間」と決められています。そして「30時間」よりも少ない休日になってはいけないとされています。

ポイント2 拘束時間の限度=休息期間の確保
(6)休日の取り扱かいは以下のとおりです
 休日は、休息期間+24時間の連続した時間をいいます。ただし、いかなる場合であっても、この時間が 30時間を下回ってはなりません。

出典: https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/kan... |

ダンプ業界について知っておきたいポイント10:採用状況

必要な免許とは?ダンプ業界について知っておきたいポイント10コ

ダンプ業界をはじめとする物流業界では、運転手の高齢化によりベテラン運転手の引退などの理由から人手不足が深刻化しています。そのためダンプ業界でも若手の運転手の採用や育成だけでなく、女性の運転手も積極的に受け入れています。

今までは経験者が優遇されていましたが、現在は社内研修や免許取得のための支援をする企業が増えており、学校を卒業したばかりの人でも採用されることが多くなりました。

ダンプ運転手になるために必要な免許4種類

ダンプ業界で働くためには車の運転免許が必要不可欠です。荷物を運搬するために必要になってくる免許がたくさんあります。

ここではたくさんある免許の中から、ダンプ運転手になるために必要な免許を4つ紹介します。免許を取得するための条件などがありますので、ダンプ運転手を目指す人は、ぜひ参考にしてください。

ダンプ運転手になるために必要な免許1:普通免許

必要な免許とは?ダンプ業界について知っておきたいポイント10コ

「普通自動車免許」は、満18歳以上であれば指定の教習所などで取得することができる、ダンプ業界で働くためには必ず必要な免許です。

現在の普通免許では「車両総重量が5トン未満」の小型車両を運転できますが、平成19年6月1日までに普通免許を取得していれば、「車両総重量8トン未満まで」の車両を運転できます。しかし、ダンプ業界ではMTのダンプが主流なので、MTで普通免許を取得をしてきましょう。

ダンプ運転手になるために必要な免許2:中型免許

必要な免許とは?ダンプ業界について知っておきたいポイント10コ

「中型自動車免許」は、車両総重量が11トン未満の「4トン車」と呼ばれている車両を運転することができる免許です。ダンプ業界だけではなく、製造業や建設業などで活用されている車両のため、ダンプ運転手としてステップアップするために必要になる免許です。

中型自動車免許を取得するためには、「20歳以上で、なおかつ普通免許または大型特殊免許を持っている期間が通算2年以上」といった条件があります。

ダンプ運転手になるために必要な免許3:大型免許

必要な免許とは?ダンプ業界について知っておきたいポイント10コ

「大型自動車免許」は、ダンプ運転手として最高峰の免許です。大型自動車免許では積載量・車両総重量の上限がなくなることから、ダンプ業界の企業側は、この免許保有者を採用したいと考えています。

大型自動車免許を取得するためには、「21歳以上で普通免許または大型特殊免許を持っている期間が3年以上」といった条件があり、教習や試験の難度も上がります。

ダンプ運転手になるために必要な免許4:その他のもっていた方が良い免許

必要な免許とは?ダンプ業界について知っておきたいポイント10コ

普通免許や中型・大型免許の他にダンプ業界で働くのなら持っておきたい資格はけん引免許です。荷台の代わりに750kgを超える貨物トレーラーなどを連結して引っ張りながら運転することができるため、取得しておくと仕事の幅が広がります。

けん引免許を取得するための条件として「両目で0.8以上、片目で0.5以上」の視力が必要になります。普通免許に比べると厳しい基準のため、自分の視力なども把握しておきましょう。

ダンプ運転手は免許とスキルがあれば目指せる!

必要な免許とは?ダンプ業界について知っておきたいポイント10コ

ダンプ業界で働くための免許として、普通免許や中型・大型免許といったさまざまな免許があります。特殊な運転技術が必要になる免許もありますが、一度取得すれば転職する際にも大きな強みになります。

ダンプ運転手は重い荷物の積み下ろしがないため、力が弱い女性でも働くことができます。必要な運転免許と運転技術があれば長く活躍し続けることができるので、手に職をつけたいという人にとっても魅力的な職業ではないでしょうか。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人